fc2ブログ

電子ピアノ・音遊びの予想外の効用

だいぶ前の話ですが・・・音大でピアノを専攻した友人に「うちには電子ピアノしかなくて・・・」という話をしたとき、真顔で心配されてしまいました。
彼女曰く「それはよくないわね、本物に触れてないとどんどん下手になっていくから、できるだけ機会を作って、せめてアップライトでもいいから、弾いたほうがいいわ」やっぱりそう来たか。ガチガチのクラシック一筋で来た人だし、なんとなく予想できるリアクションでした。
そりゃ事情が許せば私だって「本物」ほしいです。家にグランドがあるなんてうらやましすぎ。
でも「電子ピアノで練習すると下手になる」とそこまで露骨に言われると、なんだかな~って、正直思いました。

最近、自分なりに、電子ピアノの欠点はもちろんですが、それだけでなく長所も具体的に実感できるようになってきたようです。
タッチとかぺダルとかが本物のピアノと違いすぎるという短所、騒音を気にせず練習できるとか場所をとらないとかの長所は、あまりにも当たり前のことなのでいまさらお話しません。
が、これも当たり前すぎることですが、電子ピアノはいろんな音が出せます。
たいていは標準設定のグランドピアノの音色で弾いていますが、時々音色を変えて楽しんでいます。
これはタワシにとって完全に気分転換、お遊びの感覚でした。
ところがこの音遊びに、意外な効用があることが判明しました。

↓ひと月ほど前に書いた、バッハの末っ子ヨハン・クリスチャンのメヌエットの記事です。
お遊び録音あり・バッハの末息子のメヌエット(←CLICK!)

ここでタワシが使っているのが「ストリングス」という音色。
原曲はハープシコードなので、記事のタイトルも「お遊び録音あり」となってます。
けれども本人の思った以上に反響があリました!ストリングス音色、大好評だったのです。
弦楽合奏を聴いているみたい 室内楽のイメージがよく出ている というコメントをいくつもいただきました。
作曲者ももしかしたら弦楽合奏をイメージしながら、この曲を書いたかなって気がだんだんとしてきます。
そしてこのお遊び録音のあと、なかなかつかめなかった、メヌエット特有のリズム感みたいなものが、体感できたように思えます。これはまったく予期してない効果でした。

このとき以来、曲によっては音色を変えての練習を、意図的に(真剣に、といってもいいかな)やっています。
バロックの曲などは、クラヴィアの曲であってもあえてオルガンで弾いてみたり。
ピアノは減衰音なので音の保持ができませんが、オルガン音色にすることによって長い音符も、音価いっぱいに伸ばすことができます。そうすると、ピアノで弾いていたときは途中であやふやになっていた声部の音の流れがしっかリ把握できるようになったりするんですね。
 
ポピュラー(ポップス)系では、前回ちょっとお披露目したボサノバのように、グランドピアノより、エレピアノンの音のほうが、疑いなくジャストフィットするような曲も多いですが、
クラシックでも意外と「他の音色」も使えるものですね。

自分の大事な相棒ですので、これからも親しく付き合って行きたいです。
そうすれば、これからもこんな風に、予想外の活躍、でタワシの助けになってくれることもあるかも。
楽しみです。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

こんばんは。
私も電子ピアノが悪いとは思いません。
ピアノの先生は電子と言うと嫌な顔したり、先生によっては
「電子ピアノしかない人は見れない」と言われてしまった人も
知ってますが、音大を目指したりしなければ電子でも
全然いいんじゃないかなあって思います。
ただ、私の場合、応用がきかないのでせっかく持っていても
タワシさんのように電子で遊んだりする事が出来ないのが
悲しいところですね(苦笑)
どの曲がどんな音に合うのか分からなくて結局ピアノの音色しか
使ってません。
全く本物に触れる機会がないとさすがに電子だけでは
寂しい気もしますけど、タワシさんもスタジオ借りたり
練習会に出たり、いろいろ機会はあるしでそれで充分ですよね。
私もグランド触りたいなあ。

らべんだ~さん>

私も、まだまだいろんな音色を使いこなせてるわけではないですよ~
>どの曲がどんな音に合うのか
これだってもう手当たり次第にいろいろ試してみてるって感じです。「犬も歩けば棒に当たる」状態か?
バンドでシンセとかキーボードとかいつもやっている人は、音色の選択も手慣れたものですね。(前の教会では少々バンドみたいなコトもやってました)

>タワシさんもスタジオ借りたり
練習会に出たり、いろいろ機会はあるしでそれで充分ですよね
いや=十分には程遠いです。
たまにグランドピアノ弾くと、日ごろの電子ピアノとのギャップに激しく戸惑います。
サークルのオフ会だと一人持ち時間10分程度でしょうか、そのギャップにやっと慣れてきたかな、と思ったころには曲が終わってしまっています。
スタジオももっと頻繁に行ければいいんすけど、貧乏なんで先立つものもなくて・・・

生ピアノ

> 「電子ピアノしかない人は見れない」
大人のレッスンの場合にコレ言う先生っているのかな??

子どもが習う場合に、親が何も疑問を持たずにデジピを買い与えて始めさせようとしているときは抵抗ある先生はけっこういるかなと思うんですよね。「生ピアノの良さを知らないで選んでしまったのでは??」「生ピアノからでないと学べないことがあるのを知らないのでは??」「デジピのまま習って音大に進みたいとかいわれても困る」など。

大人は、いろいろ知った上で「総合的に判断して」やりたいことをやれるようにやってるだけだからね…いいとか悪いとかいわれても。

タワシさんはデジピの良さを特に生かして使ってる人だと思うんですよね。もともと、タワシさんが持っている魅力ある「ノリ」の部分は、デジピの上で損なわれにくい特徴だし、柔軟な工夫の精神もすばらしい。

うちの息子はたいていピアノで練習していますが、ときどきクラビに移動していろんな音色を試しています。「それはないだろ!!」という音色まで試していてなかなか笑えます(^^;; 私のバイオリンで弾きやすい調に合わせるためにクラビのトランスポーズ機能を使ったりとか、とにかく私にはない発想を持っていておもしろいです。

正直、音大に行く様な人は昔からずっとグランドピアノに
触れてきた人なので電子ピアノに関してごく一般的な
特徴しか知らないと思います。それにそのレベルの人だったら
電子ピアノについて詳しく知ってる必要もないでしょうからね~
きっとその方は本気でそう思いタワシさんを心配してくれたのでしょう。

ゼロシンもたま~にグランドピアノ弾きたくなるので
弾いてますが、弾きたくならない人は弾かなくて良いと思います。
それに無い楽器をねだるより、今ある楽器でより良い演奏を
目指した方がよっぽど現実的で楽しいと思います。
グランドピアノじゃなきゃ本当の演奏なんて出来ないとか考えてたら
ピアノ止めるかグランドピアノ買うしかないですからね~

> ところがこの音遊びに、意外な効用があることが判明しました。

オルガンの様に音が減衰しない楽器で練習すると、メロディラインの
レガートが出来ているかいないかがはっきりしますね。
特に小指とかピアノの時は意外と適当に
離してしまっていたんだな~というのを実感します~
タイもあまり適当に弾けなくなりますねw

自分の電子ピアノはどこが凄いのか、他の電子ピアノとどう違うのか
その特徴と魅力が分かってくると愛着も湧いて楽しさ倍増ですよねっ!
これからも色々な音色に挑戦して、電子ピアノの魅力を
たくさんの人に伝えて欲しいです(*´∇`*)

アンダンテさんへ>

>「電子ピアノしかない人は見れない」
そういう先生だと私は完全に門前払いですね。
なかにはそういう先生もいそうな気がします。
もちろん、電子ピアノしかないような環境で音大に進むのは、かなり厳しいと思いますが。

デジピもピンキリで、私の使っているのは入門者用の安いものですから、機能的にも音色的にも不満はありますが(あったらいいなあと思う音色がない、など)、
それでも自分の楽器だから、いいところは精一杯引き出してあげたいし、何より、親しく付合っていきたいと思ってます。

でもトランスポーズ機能は、私には使えません。弾いている鍵盤から、予期しているのと違う高さの音が出るのでかなり混乱します。絶対音感が(曲がりなりにも)ある人がこの機能を使うときは、頭が柔軟で切り替えがぱっとできないと苦しいものがあると、誰かが言っていたなあ。

ゼロシンさんへ>

私、一時は、できるだけ本物のピアノを弾く機会を作らなきゃ、という考えで頭がいっぱいだったんですよ。
でも、ないものねだりばかりして落ち込んだりストレスをためるより、自分が今もっているものをフルに生かして音楽を楽しむほうが絶対得だと、思うようになって。それは楽器のことだけじゃなく、自分の能力についても同じことです。

ゼロシンさんはほんとに電子ピアノのことをよく知っているなあといつも感心してます。
ブログ村のランキング、電子ピアノの部門でずっと1位なのもうなずけますね。
それだけ電子ピアノに入れ込んでいると、
グランドピアノ弾きたくなるのは{たま~に}ですか(笑)

電子ピアノは良い!!

娘がある所でグランドピアノの試弾をした際に聞いた話です。「電子ピアノのだけ弾いている人は、バタバタ弾くので直ぐに分かります。それとピアノの大きさにより弾く力のコントロールができません。」と言われました。
グランドピアノを毎日、弾いている娘ですが電子ピアノのグラビノーバを欲しがります。最大の利点は、弾く時間の制約がされないところです。グランドピアノは、音が大きいので基本的に9時から19時までと娘と決めています。同じ団地内では、日曜日の8時前後からピアノの音が聞こえる家もありますが、いちおうマナーとして守っています。そこにいくと電子ピアノは、好きな時間帯に弾けるので大変魅力があり機種によってはタッチもスタインウェイに近く下手なグランドピアノより弾きやすいと娘は言います。もちろん曲のレベル的な問題もあり、ある程度の連打が必要な曲になると話が違ってくるかも知れません。
タワシさんは、グランドピアノも交え弾いているので十分だとわたしは思います。雑音の出るアップライトやタッチの重いグランドピアノより電子ピアノが好きです。また、YouTubeなどデジタルが浸透した最近では、音源としてデジタルピアノが良質の音の再生ができるのでは?と考えています。

pc2010jpnさん>

こんな昔の記事まで読んでくださってありがとうございます。
YOUTUBEなどにアップするには確かにデジピの{雑音(打鍵音など)が入らない}というのは大きな利点だと思います。
生ピアノでも、非常に美しく録れている方もいらっしゃるので録音の技術と、機械の性能によるところが大きいのかもしれませんが。
早朝や夜間の練習にも使えるのもありがたいですね。

でもご自宅にスタインウェイのグランドピアノがあるなんて本当にすばらしいです!!
全国の皆さんが羨望のまなざしでこのブログを読んでいると思いますよ~
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

今日の練習メニュー 

<4月10日> ♪ママに捧げる詩 ♪ハワイの結婚の歌 ♪ブルーセット(以上「ポップス・オン・パレード」より) ♪私の青いランプ ♪ゴンドリ・ゴンドラ ♪春の祭の日(以上、カンツォーネ・アルバムより) ♪羊を飼うわれ(チェコ民謡)
にほんブログ村

人気ブログランキング


ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

X(旧 TWITTER)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる