FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

あの曲をあの巨匠が弾いていた!

先日の本番(ピアノふれんず)でタワシが弾いた「フランス民謡のガヴォット」ですが・・・
実はYouTubeをはじめとするあちこちのサイトで、音源を探していたんですが、全く見つけられないまま当日を迎えてしまいました。
「子供のバイエル」(音楽之友社版)に、昔(タワシが子供の頃)も今も、載り続けているんだから一つや二つくらい演奏がアップされててもいいのにね。
まあ、譜読みはたやすいし、解釈にも迷うところはないので、音源については無ければ無しでいいや、くらいの気持ちではありましたけど。
ただ、指定のテンポがかなり速いように感じたので、その点はできれば確認しておきたかったですね。

そして・・・
あれから半月余り経った昨日、BGMに何かいい曲ないかな〜と思いつつ、「アマゾンプライムミュージック」を物色していた時、たまたま、往年の名ヴァイオリニスト、フリッツ・クライスラーの小品集のアルバムに行き着いたんです。
そういえば、大学生のころ、クライスラーの自作自演集のLPがうちにあったなあ、いかにも古めかしい録音だったけど、あの甘美な音色と独特の節回しが好きで、よく聴いてたっけ〜、と、懐かしい気持ちでいっぱいになって聴き始めたら・・・
なんと、数曲めに、あのガヴォットが流れてきたではないですか!
曲名の表記は、Altfranzösische Gavotte となってました。古いフランスのガヴォット、ですね。
へえ〜こんな大巨匠が弾いていたのね。なんか、嬉しい。
演奏は、いかにもクライスラーらしい、甘く暖かく、そして「粋」を感じさせるものです。
そういえば、気になっていた、テンポはどうだろ?タワシの使った楽譜に書いてあった指定速度は♩=152だけど絶対そんなに速くはないな。メトロで合わせてみたところ、(もちろん、自在にルバートかけてはいますが)だいたい♩=130ちょっと、というところか。

このガヴォット、本番では不本意な出来に終わってしまって、もう当分弾きたくないやと思っていましたが、巨匠の名演奏に刺激されて、もういっぺん仕切り直ししてみようかな、という気になりました。
「メトロノームの数字には縛られないぞ」、という記事を書いてた割には、やはり心のどこかで、その数字をちょっぴりは意識していて、「できることならもうちょっとスピードアップしたいなあ」という気持ちがあったかも。そして本番の緊張と相まって、指慣らしのはずの1曲目(ヘ長調のガヴォット)で焦って大コケした(^^;; 指慣らしでつまづけば、当然メインの曲にもその失敗は尾をひく。というわけで、なんとも痛い結果になったわけですが。
もし、またこの曲を人前で弾くことがあれば、あるいはこの曲でなくても次に舞台でピアノを弾く時には、このひとのように、ただただ純粋に心から音楽を楽しみながら弾きたいなあ、と思うタワシでありました。

埋め込みコードが表示できるようなので貼っておきます。例のガヴォットは4曲目です。
このリンクからは一部分だけが試聴できるようですね。


[タグ未指定]
[ 2018/03/28 21:55 ] 音楽鑑賞(コンサート,CD,DVD,etc.) | TB(0) | CM(2)
No title
クライスラーって、こんな感じだったんですね。
名前や作品は知っていても、演奏は初めて聴きました。

古典タンゴのバイオリンがこんな感じです(録音のザーザー具合も含めて)。
[ 2018/03/29 00:22 ] [ 編集 ]
クレモナさん>
>クライスラーって、こんな感じだったんですね。
名前や作品は知っていても、演奏は初めて聴きました。
⇨もう100年前の録音ですからね〜すごい昔です。
録音も演奏も時代を感じますよね〜
作品はヴァイオリンのレパートして超有名なものもいくつもありますが、弾いたこともおありですか? 

>古典タンゴのバイオリンがこんな感じです(録音のザーザー具合も含めて)。
⇨古典タンゴとは? ラ・クンパルシータとかのことでしょうか?
タンゴ好きですよ♡ヴァイオリンの音にとってもよく合いますよね〜
[ 2018/03/30 10:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。