FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>着せかえ人形(奥村一)

最近シューイチでは、子ども向け、あるいは初級者向けの曲が登場する確率が高いですが、今回もまたです・・・
奥村一(1925〜1994)のピアノ曲集「こどもの広場」から「着せかえ人形」という愛らしい小品を弾いてみました。
タワシが小学生の頃ピアノ教室で使っていたオムニバスの小品集の中に、確かこのひとの名前を見たような気がします。
しかし曲名のほうがどうしても思い出せないんです。

着せ替え人形は服を替えることで印象ががらりと変わりますが、この曲も短い中でに何度も場面転換があり、曲調がガラッと変わります。昨日練習を始めたばかりで、まだ細やかな表現はできていませんが、「ここではどんな服に着替えたんだろう?」などと妄想(?)しつつ、その変化を楽しんでいただければ、と思います。

それでは、どうぞ〜
[広告] VPS

着せかえ人形(奥村一)

[タグ未指定]
[ 2018/04/14 23:32 ] 今週の録音 | TB(0) | CM(8)
タワシさん、こんにちは。

奥村さんは大好きな作曲家さん
『着せかえ人形』も大好き!動画Upありがとうございます。
ピアノ曲集『こどもの広場』の楽譜をもっているのですが
なかなか難しくて…(泣

紙の着せかえ人形って懐かしいですね。
たしかにリカちゃん人形より紙の着せかえ人形のほうがイメージ的にあってます。
[ 2018/04/15 20:34 ] [ 編集 ]
なるほど、ころころ曲調変わって面白いですね笑
楽しい演奏でした!

しかしこれ、タワシさんみたいに相当な曲数弾きこなしてるからこそ違和感なく弾いてますが
私がこれ弾いたら、奏者が曲調の変化についていけなさそうです(・∀・;)

[ 2018/04/16 15:26 ] [ 編集 ]
 着せ替え人形!そんな曲があるんですね。大人になっても着せ替え人形が好きな私にはとっても気になる曲です。次々と変わる曲調が本当に着せ替え人形のようですね。

 ここで出会えて、タワシさんの演奏で聴けて良かったです。ありがとうございます♪
[ 2018/04/16 20:19 ] [ 編集 ]
かつさん>
かつさん、こんにちは!コメントありがとうございます(お名前が書いてなかったですが、URLをたどると、かつさんでした)

>奥村さんは大好きな作曲家さん
『着せかえ人形』も大好き!
⇨おお。そうでしたか?
お好きな方の前で、練習不足で拙い演奏を晒し、恥ずかしいです(・_・;

>ピアノ曲集『こどもの広場』の楽譜をもっているのですが
なかなか難しくて…(泣
⇨実は曲集の中で一番弾きやすそうな曲を選んで弾いてみたのです。パラパラっと見てみたところ、特に後半はリズムや和声などかなり現代的で、バイエルやチェルニー、ソナチネ等しかやってない者には、厳しそうな気がしますね〜。

>紙の着せかえ人形って懐かしいですね。
たしかにリカちゃん人形より紙の着せかえ人形のほうがイメージ的にあってます。 
⇨わらべ歌を連想させる箇所など、和風な要素の多い曲なの、でやっぱり西洋風のお人形さんだとちょっとイメージ違う、って感じですね。
紙の着せ替え人形、子供のころ私もよく遊びました。当時からぶきっちょで、ハサミを持つ手が滑って人形の首をちょん切りそうになったりもしましたね(爆)
[ 2018/04/18 09:31 ] [ 編集 ]
びこさん>
びこさん、こんにちは〜!コメントありがとうございます。

>なるほど、ころころ曲調変わって面白いですね笑
楽しい演奏でした!
⇨楽しんでいただけてよかったです。
子供向けの曲集ということで、教育目的もあるのでしょう、いろんな曲想を表現する練習?

>しかしこれ、タワシさんみたいに相当な曲数弾きこなしてるからこそ違和感なく弾いてますが
私がこれ弾いたら、奏者が曲調の変化についていけなさそうです(・∀・;)
⇨いやいやいや〜
びこさんなら大丈夫ですよ、いつも表現力豊かな演奏をする方だなあと感心してますもの!
確かにいろんな曲を数多くこなす中で、初めての曲を見ても曲想を掴みやすくなる、ってことが、あったりはしますが。経験が浅くても、持って生まれた音楽的センスでちゃんと曲の本質にたどりつける人もいますよね。びこさんもそんなタイプのような気がします。

[ 2018/04/18 09:41 ] [ 編集 ]
やぢまさん>
やぢまさん、こんにちは!いつもコメントどうもです〜♪

>着せ替え人形!そんな曲があるんですね。大人になっても着せ替え人形が好きな私にはとっても気になる曲です。
⇨ほんとに!この曲、着せかえ人形を愛するやぢまさんに、ぴったりですよ♡
FC動画に貼り付けるのに「着せ替え人形」の画像を検索していたら、ブライスの写真も出てきて、やぢまさんのことが頭に浮かびました。
ただ、この曲は和風の要素が強いので、昭和レトロな、紙の着せかえの写真を貼りましたけど。

>次々と変わる曲調が本当に着せ替え人形のようですね。
⇨作曲者もそんな思いでこのタイトルをつけたのでしょう。・・・と思いましたが、巻頭の作曲者自身の言葉によると、先にタイトルがあって(「薩摩忠」という詩人が考えたもの)そのタイトルからイメージ膨らませて作曲したようですね。

>ここで出会えて、タワシさんの演奏で聴けて良かったです。ありがとうございます♪
⇨喜んでもらえて嬉しいです。短いし、テクニック的にも簡単な曲なので、やぢまさんもサクッと弾けると思います。ぜひ弾いてみてくださいね〜v(^_^v)♪
[ 2018/04/18 09:54 ] [ 編集 ]
こんにちは~(・▽・)
着せ替え人形遊びの設定とストーリーが
子ども独特の感性で 
どんどん変化していってしまう感じ
曲にすごくでてますねぇ♪

お人形遊びは姪っ子と時々しますが
微妙に現実世界の設定が混ざっていて面白いです
自由な発想はいつまでも持っていたいですね(^▽^)
[ 2018/04/19 14:35 ] [ 編集 ]
いもコンさん>
こんばんは〜 いつもコメントありがとうです〜♪

>着せ替え人形遊びの設定とストーリーが
子ども独特の感性で 
どんどん変化していってしまう感じ
曲にすごくでてますねぇ♪
⇨この曲集は作曲の経緯がちょっと変わっていて、まず曲のタイトルになりそうな言葉を、創作パートナーである詩人に考えてもらい、その中から作曲者が「音楽的なもの」を選んで曲をつけたそうです。
「着せかえ人形」は作曲家として大いにそそられる題材だったんでしょうね。

>お人形遊びは姪っ子と時々しますが
微妙に現実世界の設定が混ざっていて面白いです
自由な発想はいつまでも持っていたいですね(^▽^)
いいですね!そういう経験(というより現在進行形なのか!)が、いもコンワールドの中に、確かに生かされてると思います♪(v^_^)v
[ 2018/04/21 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。