FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

謎の曲 "The King's Morisco"の正体は・・・

前回のシューイチ録音は、作曲者不詳の「王のモリスコ」という曲でしたが、記事にも書いた通り、これがいつの時代のどんな曲なのか、モリスコとはなんなのか、全くわからないまま、手元にあったペラのコピー譜(それもどこからコピーしたかも記憶がない)を弾いてアップしちゃったのでした。

何もかもわからないままでは、さすがに気になって仕方がないので、あのあと、調べてみました。
判明したこともまだ謎のままのこともあるので、今日は「調査結果・途中報告」ということで・・・

「王のモリスコ」で検索した結果はヒット0件でしたが、「The King's Morisco」で検索すると、YouTubeに演奏動画が複数見つかりました。
そのうちの一つがこれ⬇︎です・


こ、これは、ヴァージナル(小型のチェンバロ)!そうか、ヴァージナルの曲だったのですね。
さらに、「Fitzwilliam Virginal Book」という楽譜集の中に入っていることもわかりました。
Fitzwilliam Virginal Book は、ルネサンスから初期バロックにかけての鍵盤音楽の最も大事な資料で、かつては「エリザベス女王のヴァージナル曲集」と呼ばれていたそうです。(女王が所持した履歴がないことから呼び名が変わったとか)
そして何と、無料楽譜サイトIMSLPで閲覧・ダウンロードできるんです!
http://imslp.org/wiki/Fitzwilliam_Virginal_Book_(Tregian,_Francis_(the_Younger))
いい時代になりましたね。
王のモリスコは Fitzwilliam Virginal Book CCXLVIIとありますから、ええと・・・247番?ローマ数字はとっさには読めないなあ(爆)

ついでに、タワシがどこから楽譜をコピーしたかということもほぼ分かりましたよ。
バロック・ピアノ曲集 (新編世界大音楽全集, 器楽編 ; 44)
である確率が極めて高いです。
何年か前、隣市の図書館から相互貸借で借りたことがあるのを思い出しました。(地元の図書館にはなかったため)
https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN08765696に、曲目のリストも載っていて、そこに確かに「王のモリスコ」とあります。さらにそのすぐ上に「コラント / 作曲者不詳 = Corranto / anonymous」とあるのですが、これが、3月にシューイチで弾いたコラントだと思われます。「バロック・ピアノ曲集」をもう一度借りれば、ハッキリしますね。

依然としてわからないのは「モリスコ」とはなんぞや?ということです。
昔の舞曲の名前なのでしょうか?
引き続き調査したいと思います。

最後に、ヴァージナルといえば・・・あのフェルメールに「音楽のレッスン」という絵画があるんですけど、ここに描かれてるのはまさにそのヴァージナルですよね?



[タグ未指定]
[ 2018/05/15 09:02 ] Classical music(ルネサンス~バロック) | TB(0) | CM(12)
何だか、謎解きみたいで、ワクワクしてきました(^^;

推理小説とか(シャーロックとか、ダンブラウンとか、アガサとかのヨーロッパのは特に。)好きなんです(^^;

日本のは、中学生の時に赤川次郎にはまったのですが、それ以降はあまり・・・

フェルメールも好きです。
楽器と女性の絵も結構ありますよね。

私も、ピアノの上にポストカードを飾ってます。

今後の解明も楽しみです。




[ 2018/05/15 14:09 ] [ 編集 ]
持ってます
Fitzwilliam Virginal Book 譜面(Dover)持ってます。
二巻で、ほとんど電話帳の厚さ。気が付きませんでした。

ほんとに良いですね~、タイムトリップ!

調べたら、
「モリスコ (スペイン語morisco、ポルトガル語:mourisco)は、イベリア半島でレコンキスタが行われていた時代に、カトリックに改宗したイスラム教徒を指す名称。」
って、よけいわからない。
なんで「王の~」なんでしょう???
[ 2018/05/15 22:12 ] [ 編集 ]
バージナル
80年代の景気が良かった頃、友人がサロン(小さな演奏会場)付きの自宅を作り、皆を招きお披露目の演奏会を開催。
その時桐朋の学生さん達が弾かれた、リュートとバージナル他のバロック期の楽器。
ここで初めてこれらの楽器の演奏を初めて聴きました。
あの頃の仲間達も皆歳を重ね、中には鬼籍に入ったり病身になったりしています。
バージナルの音色を聴くとあの頃のことが思い出されます。
[ 2018/05/16 08:57 ] [ 編集 ]
タワシさんへ

タワシさんの演奏「王のモリスコ」(2018/05/12)を再度聴かせていただき、 
ウットリとしました - ナイスでした。

>ヴァージナルといえば・・・あのフェルメールに「音楽のレッスン」という絵画があるんですけ
→にわか絵画愛好家のシンミは知りませんでした。
フェルメールの絵は好きだけど、初めてこの絵を見ました。
ヴァージナルについても教えて下さって☆THANK YOUです☆(*^-^)

以前に、「フルートと吹く少女」の絵を描きましたが、演奏中の独特の表情を
捉えるのが難しいかったです。 

(シンミより)
[ 2018/05/16 13:26 ] [ 編集 ]
anisさん>
コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさいね。

>何だか、謎解きみたいで、ワクワクしてきました(^^;
推理小説とか(シャーロックとか、ダンブラウンとか、アガサとかのヨーロッパのは特に。)好きなんです(^^;
⇨私もミステリ好きなんで(今日も、ついさっきまでアガサ・クリスティを読んでました!)ちょっとミステリを意識したようなタイトルになりましたね(笑)

>日本のは、中学生の時に赤川次郎にはまったのですが、それ以降はあまり・・・
⇨赤川次郎!懐かしい!私も10代の頃何冊かは読みましたよ。当時はすごく人気ありました。

>今後の解明も楽しみです。
⇨はい、調査引き続き頑張ります!でも「モリスコ」に関しては、なかなか収穫ないですね・・・もうちょっと粘ってみますが。
[ 2018/05/20 22:27 ] [ 編集 ]
ぴあのけものみちさん>
コメントありがとうございます。お返事すっかり遅くなってしまい、すみません。

>Fitzwilliam Virginal Book 譜面(Dover)持ってます。
二巻で、ほとんど電話帳の厚さ。気が付きませんでした。
⇨なんと!譜面お持ちなのですか?それはすごいです。
無料楽譜サイトIMSLPでちらっと見てみましたが、まず何より曲数&ページ数の多さに圧倒されました。紙の本なら2巻あわせれば電話帳くらいにはなるでしょうね。
当然、把握しきれない曲もあるだろうと思います。

>調べたら、
「モリスコ (スペイン語morisco、ポルトガル語:mourisco)は、イベリア半島でレコンキスタが行われていた時代に、カトリックに改宗したイスラム教徒を指す名称。」
って、よけいわからない。
⇨はい、ウィキペディアウィキペディアにもそのように書いてありましたよね。
しかしここではやはり昔の舞曲の名前か何か、という方がしっくりきます。
[ 2018/05/22 23:48 ] [ 編集 ]
MKさん、ご無沙汰してます。
久々にコメントいただいてとても嬉しかったのに、お返事がすっかり遅れてしまいました。すみません。

>80年代の景気が良かった頃、友人がサロン(小さな演奏会場)付きの自宅を作り、皆を招きお披露目の演奏会を開催。
⇨うわ〜なんという贅沢!お友達当時はかなり若かったのでしょう?バブルの時代というのを割り引いてもすごいですね!でもそういう財産の使い方、本当にいいですね!

>その時桐朋の学生さん達が弾かれた、リュートとバージナル他のバロック期の楽器。
ここで初めてこれらの楽器の演奏を初めて聴きました。
⇨MKさんは若くして古楽器の生演奏を聴くという貴重な体験をされたのですね。
私は数年前までそういう機会がなかったです。レコードやCDではたまに聴いてましたが、CDではピアノもバージナルも(そして大編成のオケでさえ)大差ないボリュームで耳に届きますからね〜

>あの頃の仲間達も皆歳を重ね、中には鬼籍に入ったり病身になったりしています。
バージナルの音色を聴くとあの頃のことが思い出されます。
⇨MKさんにとってはバージナルが思い出の楽器なんですね。
私も最近やたら昔を懐かしむことが増え、歳をとった証拠だなあとしみじみ思います。
[ 2018/05/23 00:01 ] [ 編集 ]
シンミさん、おはようございます!
コメントのお返事遅くなってすみません。

>タワシさんの演奏「王のモリスコ」(2018/05/12)を再度聴かせていただき、
ウットリとしました - ナイスでした。
⇨拙い演奏なのに、リピで聴いていただき感謝です。

>フェルメールの絵は好きだけど、初めてこの絵を見ました。
ヴァージナルについても教えて下さって☆THANK YOUです☆(*^-^)
⇨フェルメールの絵には他の画家にはない、心を惹きつける何かがありますね!
ヴァージナルは一般的にはまだまだなじみの薄い楽器でしょう、私も数年前初めて実物を見、その音を聞きました(ピアノの響きに慣れてるとその音量の小ささにちょっと驚きます)

>以前に、「フルートと吹く少女」の絵を描きましたが、演奏中の独特の表情を
捉えるのが難しいかったです。
⇨楽器演奏の絵は素敵ですが、描くには色々苦労もあありでしょうね。機会があればぜひまたチャレンジしてくださいませ〜♪
[ 2018/05/23 07:58 ] [ 編集 ]
タワシさん、こんにちは。
かつです。

私、歴史学科卒業しておりますため是非お役に立つ…
いや、わからないな(早々)
役立たずで申し訳ありません(T_T)
でも面白そうなので、推理に参加させてください!

まず「Fitzwilliam Virginal Book」英国出版ですがスウェーリンク等、イギリス人以外の作曲家も含まれていることからkingはイギリスの王とは限らない、
Moriscosという言葉からスペイン王のことではないでしょうか。
ちなみに蔑称のMoriscosという言葉は16世紀前半頃に登場し、16世紀後半に広まったようです。
タイトルがつけられた当初は比較的に新しい言葉なのですね。今で言う流行語?
moroの形容詞のしてのmoriscoは12世紀頃から既に存在する言葉で
"北アフリカ"または "イスラム教徒"らしいです。
太陽も沈まぬ国スペインがイギリスのエリザベス女王に敗れはしたものの、それでも北アフリカ、地中海はスペイン王貴方のものという意味と推測しました。

長くて申し訳ありません(*_*)
返信は不要ですよ!楽しかったです!

※参考
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Morisco
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Moors
[ 2018/05/23 10:43 ] [ 編集 ]
おお、さすがタワシさん!探求心旺盛ですね。
タワシさんは優秀なライブラリアンになれそうです。

そしてバージナル!
フェルメール好きとしては、これはこれでまた気になります♪
タワシさんが絵を貼ってくれて嬉しい~☆
[ 2018/05/23 21:41 ] [ 編集 ]
かつさん>
コメントのお返事遅くなってごめんなさい。
返信は遅くなっても、迷惑メール以外は必ず差し上げてますよ〜

「モリスコ」についての調査はその後全く進んでおりませんが、「謎の曲」というタイトルが人目を惹いたおかげなのか、この記事なかなかの反響ですね!

歴史学科卒業されてるんですね、
私は歴史は好きですけど、日本史専門です。世界史は、高校で選択しなかったのでほとんどわかりません。(中学程度の知識?でもそれももう抜けちゃったかも・汗)
「モリスコ」についての貴重な意見ありがとうございます。確かに、作曲年代を考えても「軽蔑語」ではなかったんでしょうね。

調査の結果 もしまた進展がありましたら記事にしますね。
[ 2018/05/26 11:21 ] [ 編集 ]
やぢまさん>
またまたお返事遅くなっちゃってごめんなさい!

>おお、さすがタワシさん!探求心旺盛ですね。
タワシさんは優秀なライブラリアンになれそうです。
⇨いやいやいや〜決して優秀ではありませぬ。
でも確かに興味のあることに関しては、あれこれ調べまくるの大好きです。

>そしてバージナル!
フェルメール好きとしては、これはこれでまた気になります♪
タワシさんが絵を貼ってくれて嬉しい~☆
⇨美術まにあ(?)のやぢまさんに喜んでもらえて私も嬉しい〜♡
この絵、他の作家の作品と間違えられてたり、イギリス王が絵とセットで売りに出された書物が欲しいがゆえにしぶしぶ購入してたり、と、いろいろいわくがあるようで。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%AE%E7%A8%BD%E5%8F%A4
あと、この絵についてはこんな面白い記事もありましたよ!https://blogs.yahoo.co.jp/sonosono159/69357654.html
[ 2018/05/27 06:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。