FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

王道曲&「身の丈プラスαの憧れ曲」チャレンジその後!

約1ヶ月前、たまにはブラームス!Intermezzo(Op118-2)弾いてみた♪ という記事を書いたところ、当ブログとしては まれに見る反響がありました。(コメント数やランキングポイントがいっぱいほしいなら、やはり有名曲強し!でしょうか。笑)
ですので、一応その後のことを報告しておこうと思います。
実は・・・この記事を書いてから、Op118-2は、1回たりとも弾いていません!
うまく言えませんが「もうお腹いっぱい」という感覚になりました。でも、それって、飽きた、というのとはちょっと、いやかなり違います。
この曲は、ホント美しい曲だと思います。まぎれもない名曲です。
ただ、「これ、自分の曲じゃないな」という感覚が練習中もあったのですが、最初の部分だけとはいえ録音し、アップして、簡単にですが記事も書いて、コメントをいただき、それにお返事して・・・、という一連の過程の中でその思いを再確認した、というところです。

頂いたコメントは、「せっかくここまでやったんだからやめるのはもったいない。ぜひ最後まで!」という声と、「自分の曲じゃないのでこれで撤退したい、という気持ちはよくわかる」という声が、相半ばしてました。どっちかというと前者が優勢だったかな。
まあ、これで一生この曲を弾かない、と決めたわけではないですので、何かのきっかけで再チャレンジする可能性はゼロではありません。
短い間ですけど真剣に練習して、いい勉強にもなりました。
というところで、いいのではないですかね?この曲については。

それから、「身の丈プラスα憧れ曲」ショパンのマズルカOp.63-3 のほうは、
再チャレンジ開始して約半月が過ぎましたが、まだ投げ出さないでやってます。笑
やっぱり本当に好きな曲は違いますね。
ただ、独学のせいもあり、あっという間に進歩が頭打ちになってしまう中、はたしていつまで続けられるのか?
ちなみに現在の進捗状況ですが・・・例の、曲の最後の、絶品のカノンの部分。「よっぽど運が良ければノーミスで弾けることもある」、というところまできました!頑張ったよタワシ!
しかし、全く歌えていない上にただただ「痛い音」になっている内声に、我ながらほとほとがっくりします。
もうちょっと、手が大きければ!柔らかければ!などとつい、無い物ねだりをしてしまいます。

現時点での、練習の成果を、と思い、録音してみたのですけど・・・
やっぱりまだまだDustBoxですら公開できないレベルでした。トホホ・・・
なので、なんとかサマになった冒頭部分(あっという間に終わります)だけ、録り直しました。興味のある方は聴いてみてください。







Mazurka Op.63-3(冒頭部分)



[タグ未指定]
[ 2018/06/13 23:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)
Re:王道曲&「身の丈プラスαの憧れ曲」チャレンジその後!
そうなんですね・・・
外野からだと、せっかくそこまで出来たのに、勿体ないなぁ~っていう感じはしますが・・・

大人ですから、ストレスになってはいけないと思うので・・・
好きこそものの上手なれ・・・ですしね。

好きな曲をやるのが一番だと思います。
(勿論、自分の中での許容範囲ってあると思いますけれど)
自分の中での満足度合で大人は全然OKだと思います。^^

[ 2018/06/14 11:34 ] [ 編集 ]
Re:王道曲&「身の丈プラスαの憧れ曲」チャレンジその後!
未だ半月じゃぁ~無いですか!!!
ショパンを弾けるなら私なら1年掛かっても練習します・・・
ブルグでも1曲練習でそれ位は掛かりましたし・・・
頑張ってください!!!
[ 2018/06/14 18:48 ] [ 編集 ]
Re:王道曲&「身の丈プラスαの憧れ曲」チャレンジその後!
「これ私の曲じゃない」という感覚は、よく分かります!
私はそういう曲だらけ(笑)

頑張って続けてみて世界を広げるか、無理せず距離をおくか、どちらも正しいと思います。
118-2に再チャレンジする可能性がゼロではないとのことですので、気長に楽しみにしてますね(*^^*)
[ 2018/06/14 23:26 ] [ 編集 ]
いつもと違う曲をやってみるのは気分転換にもなるし、勉強にもなるし、自分にとってとてもプラスだと思います。でも、続けていくかどうかは別問題ですよね。タワシさんのお気持ち、了解しました('◇')ゞ 

私もやってみたけれど…というのはたくさんあります。頑張り続けられるのはやっぱり好きな曲(*´艸`) 


また気が向いたらビックリするような曲をご披露ください。

[ 2018/06/15 13:33 ] [ 編集 ]
anisさん>
コメントありがとうございます。

>外野からだと、せっかくそこまで出来たのに、勿体ないなぁ~っていう感じはしますが・・・
⇨私も他の人を見ていてそんな思いを抱くことがあります。
でもやっぱり、続けるもやめるも、その人が決めることですからね・・・

>大人ですから、ストレスになってはいけないと思うので・・・
好きこそものの上手なれ・・・ですしね。
好きな曲をやるのが一番だと思います。
⇨昔、国語のテストで反対の意味のことわざを答える問題が出て「好きこそものの上手なれ」の反対は「下手の横好き」だったのを思い出しました(苦笑)
「下手の横好き」ってまさに自分のための言葉だと思うことがよくあります。でも、それでも、一生ずっとピアノを弾き続けられれば、私はそれだけで十分幸せです。
たまに自分の能力の足りなさを痛感し、落ち込むことはありますけどね〜
[ 2018/06/19 00:46 ] [ 編集 ]
@我楽多さん>
退院後体調はいかがでしょうか?大病されたばかりなので、くれぐれも無理はなさらず。

>未だ半月じゃぁ~無いですか!!!
ショパンを弾けるなら私なら1年掛かっても練習します・・・
ブルグでも1曲練習でそれ位は掛かりましたし・・・
頑張ってください!!!
⇨応援ありがとうございます。
まだ半月と書きましたが、以前位挫折した分も含めたら、相当やってますよ。と言っても、私は音楽に関してはかなり浮気性なので、一つの曲をずっと継続してやっているお友達に比べたら、明らかに練習量は足りてないですね〜汗
我楽多さんにとってもやっぱりショパンは憧れであり、目標ですか。ショパンのなかでも、特にこの曲弾きたい、とかあるのでしょうか?
これまで頑張ってきたブルグも、いよいよ残り少なくなってきましたね。頑張ってください。応援してます!
[ 2018/06/19 09:26 ] [ 編集 ]
Nekoushiさん>
コメントありがとうございます。
 
>「これ私の曲じゃない」という感覚は、よく分かります!
私はそういう曲だらけ(笑)
⇨分かってくれますか Nekoushiさん!
誰にもきっとありますよね、そんな曲が。

>頑張って続けてみて世界を広げるか、無理せず距離をおくか、どちらも正しいと思います。
⇨そうそう!音楽とのお付き合いの仕方に、絶対的な答えなんてないですよね。
ただ、「頑張って続ける曲」は、人を成長させてくれる存在であることは確かなので、できればそんな曲たちが増えてくれたらいいなあと思いますが。

>118-2に再チャレンジする可能性がゼロではないとのことですので、気長に楽しみにしてますね(*^^*)
⇨はい!でもやるとしたら、本人も周りももうすっかり、忘れた頃になっちゃうかも。笑
それに、何らかのきっかけが必要でしょうね。誰かの、すごく素敵な演奏を、生で聴くとか、ね!
[ 2018/06/19 09:43 ] [ 編集 ]
金魚さん>
コメントありがとうございます。

>いつもと違う曲をやってみるのは気分転換にもなるし、勉強にもなるし、自分にとってとてもプラスだと思います。でも、続けていくかどうかは別問題ですよね。タワシさんのお気持ち、了解しました('◇')ゞ 
⇨わかってもらえて嬉しいです〜
金魚さんのお好きなぶらむすさんということで、興味津々のご様子だったのに、こんな形になっちゃって・・・ちょっと申し訳なくも思ってますが、仕方ないですね。やはり、長い期間継続して本気練習するのは「これ、私の曲だ!」と思える曲じゃないと無理!ということがわかりました。
でも確かに、すごくいい勉強になりました。あれから先の、難所の部分もちゃんと真剣に取り組んでたら、もっと勉強になったことでしょう(でも今はこれで十分だけど)。

>私もやってみたけれど…というのはたくさんあります。頑張り続けられるのはやっぱり好きな曲(*´艸`)
⇨ですよね!やっぱり「この曲、好きだ!」という気持ちが、頑張り続けるための、最大のモチベーションです。

>また気が向いたらビックリするような曲をご披露ください。
⇨は〜い、お楽しみに♪
とはいえ、どんな曲だったら金魚さんをびっくりさせられるのでしょうか?笑 超絶技巧系?笑笑 それは99.99999999999…パーセントありえません!!
[ 2018/06/20 06:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。