{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<録音あり>ようこそ、アンデスくん♪〜吹奏鍵盤笛「andes25F」〜

最近、こんな楽器を買いました♪

suzuki_andes_25f.jpg

外見も奏法も鍵盤ハーモニカ(タワシはずっと「ピアニカ」と呼んでいましたが、「ピアニカ」はヤマハの商標名、ちなみにスズキのは「メロディオン」)にそっくりですが、音色は笛(リコーダー)そのもの、というユニークな楽器です。
それもそのはず、構造的には、サンポーニャ (南米アンデス地方に伝わるパンパイプ)
ChileanPanpipes-cutout.jpg
のように、小さな笛が寄せ集まって一つの楽器になった(つまり、各鍵盤ごとに連動した小さな笛を内蔵している)ものなんです。
この楽器についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトを参照してください。製造発売元のSUZUKI(スズキ楽器)の、特集記事です。
https://www.suzuki-music.co.jp/products/22031/#other

せっかくウチにやってきたのはいいけれど、このところタワシが多忙でお疲れモードだったこともあり、ずっと箱に入ったままのアンデスくんでしたが、昨日は火曜で仕事がオフだったので、教会に連れて(持って)行って練習してきました!
想像以上に音が響くので、楽器不可のアパートでは思いっきり吹けないし、と言って公園で演奏するのもちと恥ずかしい。
その点、教会なら、人目をはばかることなく、存分に音を出すことができます。
無人の教会で、30分も練習したでしょうか。
せっかくなので、初練習の記念に、録音してみました。
以前、シューイチにアップしたこともある、ウェールズ地方の民謡「石踏み越えて」です。
練習初日にしては、結構いい音出せたような気がします。ピッチを安定させるのが難しい、ということだったけど、それは、リコーダーや、オカリナとて同じことでしょう。
もっとも、タワシはこの楽器、全くの未経験というわけではなく、他の人が持ってるのをちょっと触らせてもらったことはあるんですが。

そういえば「(リコーダーでは出せない)和音が出せる」というのが、この楽器の売りの一つだというのに、和音出すのを忘れてました。今度、やってみようっと。







石踏み越えて(andes 25F)
コメント
Re:<録音あり>ようこそ、アンデスくん♪〜吹奏鍵盤笛「andes25F」〜
アンデス25F!!実は私もこの楽器持ってます!
私のは限定カラーの桜色ですv-252

再生ボタンを押してみると…ああ、聞き慣れた音色www
音域が高くて音が通るので、なかなか練習場所を選ぶんですよね~。

タワシさんの演奏は、アンデスの特徴を生かしてると思います♪
強弱もついてますし、哀愁も表現できてますね。(^^)/
2018/06/21(木) 20:32 | URL | やぢま #yoUxGug6[ 編集]
Re:<録音あり>ようこそ、アンデスくん♪〜吹奏鍵盤笛「andes25F」〜
後ろで聞こえる「ぱたぱた」という音と、イラストがなければ、リコーダーだよ・・・って言われれば、そうなんだぁ・・っと信じてしまいます^^;

アンデスとリコーダーって合いますね。
カウボーイとか・・・

音は高音だけれど、明るい感じではないですね・・・
ホント、哀愁って感じがします。
2018/06/21(木) 22:33 | URL | anis #ihMNMLjo[ 編集]
こんにちは~(・▽・)
アンデスくん
あじのある いい音を出しますねぇ♪
機会がありましたら
リコーダーの重奏のような音を聴かせて下さいね(☆▽☆)

シューイチ
違和感無く2曲聴きました~
とっても聴きやすくて
身体にす~っと入って来る感じの曲ですね♪

体調は大丈夫ですか?
梅雨寒もありますし 早く元気になりますように!
それでは また~(^▽^)
2018/06/22(金) 16:03 | URL | いもコン #-[ 編集]
美しい音楽をありがとうございます
初めまして。ピアノ好きのアマチュアです。
3ヶ月くらい前にタワシさんのこのblogと出会い、以来今まで隠れタワシファンをさせて頂いていたのですが、タワシさんの演奏があまりにも素晴らしいので、ひと言お礼が言いたくてコメント欄に出てきてしまいました。。。
この笛の音による「石踏み越えて」、何と美しい事でしょう!
こうして無伴奏できくと、私には、魅力的なルネッサンス音楽のように聴こえ、自分もピアノで弾いてみたくなりました!
2018/06/22(金) 20:29 | URL | あるぴあの #-[ 編集]
やぢまさん>
>アンデス25F!!実は私もこの楽器持ってます!
私のは限定カラーの桜色です
⇨おお!なんとやぢまさんも!
しかも限定色ですか。いいなぁ〜
今はグリーン一色しか発売されてなくて、その色に不満があるわけではないですが、もっといろんな色のバリエーションがあったらいいのにと思いました。
そんなに売れる商品じゃなさそうだから、色違いをあれこれ作るとコストがかさんじゃうのかなあ〜笑

>音域が高くて音が通るので、なかなか練習場所を選ぶんですよね~。
⇨そうなんです!まあ当分の間は、教会で練習しますわ。
音域が高いといえば。。。あまりサイズを大きくするわけにもいかないでしょうから、もう一種類アルトのアンデスを作ってくれたら嬉しいですね。ソプラノとアルトのアンサンブルも楽しめそうです。

>タワシさんの演奏は、アンデスの特徴を生かしてると思います♪
強弱もついてますし、哀愁も表現できてますね。(^^)/
⇨そうですか?お褒めにあずかり恐縮です〜(でも素直に喜びます)
リコーダーは、以前、お遊び程度ですがアンサンブル経験もあるので、とても親近感を持っている楽器です。本格的な木製のが欲しいなああ〜(今も一応木製のリコーダー持ってはいますが 民芸品のようなもので音程はかなり狂ってます)
この曲はそんなに暗い曲ではないんですが、やはり短調ならではの哀愁はあるかも。今度は、根っから明るい、長調の曲もやってみますね!
2018/06/23(土) 10:41 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
anisさん>
>後ろで聞こえる「ぱたぱた」という音と、イラストがなければ、リコーダーだよ・・・って言われれば、そうなんだぁ・・っと信じてしまいます^^;
⇨録音聴いてくださり、感謝です♪
「パタパタ音」は鍵盤を抑えた時に出る雑音で、どうしょうもないですね。結構うるさいでしょう?お聞き苦しくてすみませんが、これもライブ録音ならではの、リアル感(笑)ということで大目にみてくださいませ。
音色は完全にリコーダーのものですね。高音域はソプラノのより高い「ソプラニーノ」のリコーダーの音がしますね。

>音は高音だけれど、明るい感じではないですね・・・
ホント、哀愁って感じがします。
⇨短調の曲だから、というのもあるでしょうね〜。
でも基本的にほのぼの系の音色なので、シリアスな暗さの音じゃなく、かすかに哀愁が漂う程度のほの暗さですよね。

次回は、陽気で明るい曲をやってみたいです。
それと、今回忘れていた重音にトライする、というのも課題ですね♪
2018/06/23(土) 10:59 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
いもコンさん>
>アンデスくん
あじのある いい音を出しますねぇ♪
機会がありましたら
リコーダーの重奏のような音を聴かせて下さいね(☆▽☆)
⇨いもコンさんに褒めていただいてアンデスくんも喜んでます!
ただ、アンデスくんは、せっかく重音が出せるのに、すっかりそのことを忘れちゃって、今回は一度も重音を出しませんでした。次回はぜひトライしてみたいです!

>シューイチ
違和感無く2曲聴きました~
とっても聴きやすくて
身体にす~っと入って来る感じの曲ですね♪
⇨毎回シューイチの感想を寄せてくださって、感謝感謝です♡
オードリー・マイヤーさんは流麗でロマンチxックなワルツ調の曲がお好きなのか、そういう雰囲気の賛美歌をいっぱい書いてますね。また機会がありましたら、彼女作の、他の賛美歌もアップしたいと思ってます。

>体調は大丈夫ですか?
梅雨寒もありますし 早く元気になりますように!
それでは また~(^▽^)
⇨ご心配おかけしております。
体調はまずまずですが、このところ慢性的に睡眠不足です、今一番日が長い時期なんで、早く目が覚めちゃうようです。明日教会から帰ってきたら寝溜めしちゃおうかな〜
いもこんさんもお疲れをためないようにね〜
2018/06/23(土) 21:39 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
あるぴあのさん>
あるぴあのさん、初めまして!
3ヶ月前から訪問していてくださっていた、とのこと、本当にありがとうございます。
そして、「隠れタワシファン」だなんて、我が身にあまるありがたきコメントまでいただき、驚いたり感激したりしております。
あるぴあのさんは、ご自分のブログやってらっしゃいます?もしそうなら こちらからも訪問させていただきたいので、ブログのアドレスを教えてくださいませ。(鍵コメントでもいいですよ)

>この笛の音による「石踏み越えて」、何と美しい事でしょう!
こうして無伴奏できくと、私には、魅力的なルネッサンス音楽のように聴こえ、自分もピアノで弾いてみたくなりました!
⇨この楽器に似合うレパートリーってなんだろう?と考えて、頭に浮かんだのが、世界の民謡と、ルネッサンスの曲でした。でもルネッサンスの曲はよく知らないし、楽譜も持ってないし・・・と思っていたところだったのです。
ルネッサンスっぽく聴こえた、というコメント、実に興味深かったです。今後ともいろいろチャレンジしてみますね。またお立ち寄り頂ければ嬉しいです。
2018/06/23(土) 22:05 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
Re:<録音あり>ようこそ、アンデスくん♪〜吹奏鍵盤笛「andes25F」〜
タワシさんへ

アンデスくんの可愛らしい音色で気持ちがくつろぎました。(*^-^)

駅前でボリビア人の楽団が“コンドルは飛んでいく”などを
生演奏しながら、CDを販売していたので一枚購入して今も持ってます。

>公園で演奏するのもちと恥ずかしい。
→偶には、良いと思いますよ。 
ギターを練習されている人を時々見かけますよ。 

(シンミより)
2018/06/25(月) 08:27 | URL | シンミ #tmUIQuR.[ 編集]
おぉ〜、こんな良い楽器があるなんて!!( # ´Д`)
これは楽しそう。

音量はちょっと気を使いそうですね。
でも、呼吸が乗った音って良いですねぇ。。
2018/06/25(月) 22:23 | URL | モル作 #-[ 編集]
シンミさん>
>アンデスくんの可愛らしい音色で気持ちがくつろぎました。(*^-^)
⇨和んでいただけましたか〜それは良かったです アンデスくんは癒し系楽器なんだそうですが、演奏初日から本領発揮できたようで、彼も喜んでいることでしょう!

>駅前でボリビア人の楽団が“コンドルは飛んでいく”などを
生演奏しながら、CDを販売していたので一枚購入して今も持ってます。
⇨私も経験ありますよ。財布の中に余分のお金は持ち歩かない人なので、残念ながらCDは買いませんでしたが〜
学生たちのフォルクローレ楽団が広場で演奏してるのにも出くわしたこともあります。

>>公園で演奏するのもちと恥ずかしい。
→偶には、良いと思いますよ。 
ギターを練習されている人を時々見かけますよ。
⇨ですね〜!
公園ではフルートの練習している若い女性にもサックスを吹いてるおじさんにも会ったことがあります。どちらもかなりの腕前でした。私も上手なら堂々と弾く(吹く)んですけどね〜
2018/06/28(木) 11:15 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
モル作さん>
コメントのお返事遅くなりましてごめんなさいです〜

>おぉ〜、こんな良い楽器があるなんて!!( # ´Д`)
これは楽しそう。
⇨はい!楽しいです〜
モル作さんもいかがですか〜?
楽器としてはお値段もお安いですし、せっかく買ったのにまともに音が出ないという心配(楽器によってはありますよね〜そういうことが!)は一切ありません。

>音量はちょっと気を使いそうですね。
でも、呼吸が乗った音って良いですねぇ。。
⇨そうなんですよ〜音量がね〜
でもあまり音が小さいと他の楽器とアンサンブルするにもバランスが悪いですし、このくらいがちょうどいいのかも。
呼吸はピアノを弾く上でも本当に大事なのですが、ピアノばかり弾いているより、こうやって他の楽器(それも、呼吸しないと絶対に演奏できないもの)を練習する中で体得する方が、ずっと近道だししっかり身につくような気がしますね♪
2018/06/29(金) 10:01 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<7月10日> ♪マズルカ Op.63-3 ♪同 KKⅣb Nr..4(ショパン) ♪「小組曲」より、インテルメッツォ、マズルカ1(ボロディン) ♪「ロンドン音楽帳」より、アンダンテ(モーツァルト)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる