FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

<今週の録音>小川のほとり(アイルランド民謡)

2018.06.23.Sat.22:40
今週のシューイチは、またまたまた(笑)世界民謡シリーズです。
「小川のほとり」という、アイルランド民謡を紹介します♪

歌詞の内容は、以下の通りです。
主人公(男)が川辺を散歩していた時、緑の着物を着た、美しいアイルランドの女性に出会い、声をかけたが、すでに夫がいる身だから、と断られてしまいます。(「緑」はアイルランド人の愛する色)
そこで男は、彼女をバラの蕾に、自分を庭師になぞらえ、「真心を込めて君を育て、永遠に美しい花を咲かせよう」と、献身を誓います。                                              
                                                 
歌詞は1780年ごろ、メロディは19世紀の中頃にできたものだと言われています。流れるような旋律が、とても自然で美しいですね。 
伴奏も、シンプルながらとても効果的に書かれていると思います。(今回ピアノソロで弾くために、タワシが多少は手を加えていますが、基本的には楽譜に忠実なアレンジになっています)

ところで今回の曲は「世界民謡全集 イギリス編Ⅱ」(昭和33年刊行)という古い楽譜に載っていたものです。
巻頭に解説のページがあり、その巻ごとに取り上げている国・地方と、その民謡についての、総括があります。
そこで、アイルランド民謡について次のように書かれています。

「アイルランド民謡も、たいていは、その発祥地によって性格が違っている。しかし、一般的にいえば、洗練されていて美しく、叙情性に富んでいる。その旋律は、強烈というよりも自然的で、無比に洗練されている。その形式は、普通に、よく均斉がとれ、整っている。そして、内容は、多くの場合、叙情的である。このように美しい民謡を持つところは他にはないかもしれない。イタリアも民謡の美しさでは有名であるが、その民謡がしばしば人為的で、誇張されていて、阿諛的であるのに対して、アイルランドのものは、自然的で、素直で、純情的である」

有名なアイルランド民謡「春の日の花と輝く」などと同様、この曲も、そんなアイルランド民謡の特徴を極めてよく表している典型例といえるでしょう。

それでは、どうぞ〜♪

[広告] VPS
                                                    
小川のほとり(アイルランド民謡)

コメント

Re:<今週の録音>小川のほとり(アイルランド民謡)
アイルランド民謡というと、無印良品の店内で流れているイメージがあります(貧しいイメージですみません…笑)。
でもタワシさんの演奏は、なんだかベートーヴェンかブラームスがピアノ編曲したらこうなるような…という音の感じがしました。
(ブラームスがタワシさんを呼んでいるのでは…)。

前コメントへ返信ありがとうございます。
>ご自身のブログやってらっしゃいます?
じつは、推定読者10人くらいの辺境ブログをひっそりとやっているのですが、コメント欄やメールフォームを設けていないのです(心ないコメントをくらったらピアノ弾けなくなりそうなので…)。
タワシさんにお見せしても恥ずかしくないくらいにコンテンツが充実してきたら、あらためて紹介させて下さい…。
Re:<今週の録音>小川のほとり(アイルランド民謡)
こんにちは~

素敵な曲に、バラの画像が素敵です^^

最初、リズムの割に低い音から始まるのね~っと思いましたが、男性からの語り掛けで、その後の高い音が女性からの返答なのかな?って思うと納得しました。

↑の歌詞があると色々と理解しながら曲が聴けますね^^

ご自身で編曲できるって凄いです~。
そういう能力がないので・・・

一つ、好きな曲のピアノ譜があるのですけれど、ホントはヴァイオリンとピアノで弾いてみたい(もっとヴァイオリンが上達してからΣ(゚Д゚))のですけれど・・・

いつか、楽譜いじってほしいです^^:
Re:<今週の録音>小川のほとり(アイルランド民謡)
自然をイメージさせる演奏ですね!
聴きながら、咲いたばかりの柔らかいピンク色の花と、近くに流れる小川のせせらぎが思い浮かびました。みずみずしく優しい音だと思いました。
あるぴあのさん>
再びのコメントありがとうございました!お返事遅くなってしまいすみません。

>アイルランド民謡というと、無印良品の店内で流れているイメージがあります(貧しいイメージですみません…笑)。
でもタワシさんの演奏は、なんだかベートーヴェンかブラームスがピアノ編曲したらこうなるような…という音の感じがしました。
(ブラームスがタワシさんを呼んでいるのでは…)。
⇨無印良品、大好きですけど、近所には店舗がなくてしばらくご無沙汰しているため、店内のBGMがわからないのですが・・・
それはともかく、ベートーヴェンやブラームスの名前が出て驚きました。たしかに彼らも民謡を歌曲にアレンジしてたりしてますが・・・作曲の勉強もまともにしたことない、ど素人の私のアレンジとは雲泥の差ですよ。

>じつは、推定読者10人くらいの辺境ブログをひっそりとやっているのですが、コメント欄やメールフォームを設けていないのです(心ないコメントをくらったらピアノ弾けなくなりそうなので…)。
タワシさんにお見せしても恥ずかしくないくらいにコンテンツが充実してきたら、あらためて紹介させて下さい…。
⇨そうでしたか、了解しました。「ひっそりとやっている辺境ブログ」と聞くと帰って好奇心が掻き立てられますが(笑)
心ないコメントを寄せる人はめったにいませんが、もし運悪くそういう人に遭遇しちゃったら完全スルーでいいのではないでしょうか?もちろんそんなコメントが来たら私も凹むでしょうが、大好きなピアノはそれくらいのことではやめられないですよ
ともかく、改めて紹介していただける日を心待ちにしておりますので、よろしくです♪
anisさん>
anisさんこんにちは〜 お返事が遅くなってしまい すみません。

>素敵な曲に、バラの画像が素敵です^^
⇨さすが バラを愛するanisさん!しっかり反応しましたね(笑)(笑)歌詞にもバラが出てきたので迷わずバラの画像にしました♪

>ご自身で編曲できるって凄いです~。
そういう能力がないので・・・
⇨いやいや〜 特別な能力とか、全然ないんですよ〜
ただ、若い頃にコードでアレンジして弾く「ポピュラーピアノ」を習っていた経験があるので、簡単なアレンジくらいはできます。今教会で伴奏していても、あの経験は役に立っているなあと思います。

>一つ、好きな曲のピアノ譜があるのですけれど、ホントはヴァイオリンとピアノで弾いてみたい(もっとヴァイオリンが上達してからΣ(゚Д゚))のですけれど・・・¥
いつか、楽譜いじってほしいです^^:
⇨どんな曲でしょう?気になります!
有名な曲なら、意外と、ヴァイオリン用の編曲バージョンもすでに出ているかもしれないですよ。そうでなくても、ピアノ用の楽譜の、メロディーだけ弾くのは、そんなに難しくはないでしょう、anisさんならば!

そうそう、実は、私、PC用の作曲ソフトが使えないので、譜面にするのが一仕事なのです。手書きは恐ろしく遅いし。。。
なので自分でアレンジする時も楽譜には一切書かずにやってます。
ゆきなぎさん>
>自然をイメージさせる演奏ですね!
聴きながら、咲いたばかりの柔らかいピンク色の花と、近くに流れる小川のせせらぎが思い浮かびました。みずみずしく優しい音だと思いました。
⇨いつも、暖かいコメント感謝です♪
安物のデジピでの演奏なのに、そんなふうに言っていただけて本当にありがたいです!
この曲、歌詞を読むと、一途な恋の歌なんですよね。ただ、同じラブソングでも、歌詞といいメロディーといい、ラテン的な激しく直情的な恋歌とはかなり違います。 
ゆきなぎさんが連想した、柔らかいピンク色の花と、近くに流れる小川のせせらぎ・・・そういう自然の風景にも、確かに似合う、穏やかさがありますね。

管理者のみに表示