{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>うるわし わが君(アイルランド民謡)

先週に続き、再びアイルランド民謡を取り上げました。
「うるわし わが君 (An Páistín Fionn)」です。
地元では有名な民謡らしいのですが、「歌詞も旋律も、いろいろに伝えられている」と解説にあった通り、
YouTubeでこのタイトルの曲を検索するといくつもヒットするものの、いずれも楽譜とは別物で・・・
歌詞は現代の英語とは明らかに違う言語で書かれており(おそらくケルト語)、単語の意味すらも全くと言っていいほどわからない。が、幸い日本語の訳詞が付いていますので、内容を理解することができます。
バラのように美しい「愛しのわが君」を想って杯を乾し、いく日も幾晩も藪陰(やぶかげ)で彼女を待ちわびるも、わが君は姿を見せず・・・という、なんとも切ない片恋の歌なのです。

今回も練習不足のまま、時間切れで見切り発車しました。何しろ曲を決めたのが今日土曜日、仕事を終えて帰宅してからですから。せめて一夜漬けにはしたいと思ってますがなかなか・・・。
そのせいもあり、目立つミスタッチ数箇所と捏造多数(こっちはまあ、民謡という性格上、容認されるとは思いますが)で、お聴き苦しいとは思いますが、どうぞです〜♪
[広告] VPS

うるわし わが君(アイルランド民謡)
コメント
こんにちは~(・▽・)
先々週と先週 同じアイルランド民謡で
悲恋なのは一緒なのに随分と雰囲気が違ってますねぇ(☆▽☆)
どちらも美しい音楽であることには変わりませんが
コチラの曲はとっても悲しそうで 
お酒をついであげたくなりますね(;◇;)

それでは また今週も楽しみに待ってま~す(^▽^)


2018/07/02(月) 14:41 | URL | いもコン #-[ 編集]
こんばんは
素敵な音楽と演奏をありがとうございます。
今度の曲は、古い時代の響きがしました(この前とり上げられていたヴァージナル曲集に入っていてもおかしくなさそうな感じ??)。
長調と短調の間を揺れ動くような音のはこびが、とても好きです。

ところで、タワシさんのシューイチ録音集のうち、最初の100曲くらいがリンク切れ(?)で聴けないみたいなのですが、ちょっとずつ復刻の予定とかはないのでしょうか?
2018/07/02(月) 21:49 | URL | あるぴあの #-[ 編集]
いもコンさん>
いもコンさん、こんにちは〜♪
いつもシューイチ聴いてくださって感謝です♡

>先々週と先週 同じアイルランド民謡で
悲恋なのは一緒なのに随分と雰囲気が違ってますねぇ(☆▽☆)
→確かにそうですね。長調と短調の違いもあるのでしょうけど。

> どちらも美しい音楽であることには変わりませんが
コチラの曲はとっても悲しそうで 
お酒をついであげたくなりますね(;◇;)
→前回の曲は、相手が既婚者だとはっきり分かり、ある面吹っ切れたのでしょう。バラを育てる庭師のように彼女を見守るというのも切ないですが、本人もそれで十分だと思っている感じですね。
一方こちらの歌は、イタリア民謡などに多い「ほとんどストーカー」系? 笑
実際にその情景を想像すると結構怖いですね。昼も夜も藪陰に隠れて想い人を待つとは。。。
お酒注いであげますか?危ないんじゃ?笑笑
しかし曲は綺麗ですよね。


2018/07/04(水) 10:26 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
あるぴあのさん>
あるぴあのさん、こんにちは!

>素敵な音楽と演奏をありがとうございます。
今度の曲は、古い時代の響きがしました(この前とり上げられていたヴァージナル曲集に入っていてもおかしくなさそうな感じ??)。
長調と短調の間を揺れ動くような音のはこびが、とても好きです。
→こちらこそ、あたたかいコメントをいただき、ありがとうございます。
ピアノの王道から離れまくりの、こんなブログなだけに、このように興味を持って読んでくださる、聴いてくださる方がいることは本当に励みになり、これからも続けていこうという原動力にもなります!!
あるぴあのさんは、古い時代の音楽がお好きそうですね。私、ほとんど聴く機会もない未知の領域だったのですが、数年前からちょっとずつ興味も出初めまして、もっと勉強してみたいなと思っているところです。先日ブログで記事にした楽器(アンデス)が、ルネサンスの音楽と相性良さそうな気がしてますので、これからもっと近しくなれるかも。
そうそう、確かに、長調と短調の間で揺れ動く、あの独特な調性の感覚は、魅力ですよね〜

> ところで、タワシさんのシューイチ録音集のうち、最初の100曲くらいがリンク切れ(?)で聴けないみたいなのですが、ちょっとずつ復刻の予定とかはないのでしょうか?
→過去のシューイチ録音にも興味を持ってくださったようで ありがたい限りです!
なのにリンク切れで申し訳なく思います。
シューイチを始めたころ利用していた「voon」という録音アップツールがサービス終了したので、あのような状態になってしまいました。
その後一時、それに代わるものとして、 Divshareというものを使っていましたがそれも程なくして使えなくなりました。
さらに音源(mp3ファイル)を保存していたUSBメモリが行方不明に(汗) これはひとえに私の責任ですが、本当に悔やまれます。
気に入った曲だけでも弾き直して復刻することができたらいいですが、当分は予定ないです・・・
本当にすみません!

2018/07/04(水) 10:47 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<7月10日> ♪マズルカ Op.63-3 ♪同 KKⅣb Nr..4(ショパン) ♪「小組曲」より、インテルメッツォ、マズルカ1(ボロディン) ♪「ロンドン音楽帳」より、アンダンテ(モーツァルト)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる