『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
今回も締切ギリギリになってしまいました。余裕のあるときに「録り溜め」をしようと思いつつ、なかなかできないでいます。まあ、お尻に火がついたときの瞬発力というのも、育てておいて損はないのかもしれませんが(笑)

前々回、前回と、アイルランド民謡が続いた後、今回はスコットランド民謡です。
スコットランド民謡にもいろいろ名曲がありますね。
日本人には馴染み深い ペンタトニック(五音音階)が使われていることもあって、我が国で古くから親しまれている曲も少なくありません(「蛍の光」「麦畑」など)

今回の曲は、スコットランド民謡のうちで最も有名になっているものの一つだということですが、日本ではそれほどポピュラーではないような気もします。
愛しい恋人に別れを告げて戦場に赴く兵士の曲で、ロッホアーバーというのはスコットランドの地名(山地の名)です。
武勲をたてることができなければ死あるのみ、と悲壮な覚悟を歌っています。が、最後は、「もしも敵を破って帰ることができたなら、その時は決してロッホアーバーを、君のもとを離れない」と曲を結ぶ・・・。これは、軍歌であると同時に、熱烈なラブ・ソングでもあるのですね♡

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

さらば ロッホアーバー(スコットランド民謡)

コメント
この記事へのコメント
あら 素敵な曲♪
軍歌って言うと力強い曲のイメージですが
故郷への帰りたい気持ちが哀愁漂う感じでとっても綺麗です(>▽<)

お誕生日
好きな曲は弾けましたか?
弾き語りとかもしてみたのかな?
楽しい誕生日を過ごせていたら嬉しいなぁ♪

それでは また~(^▽^)
2018/07/10(火) 13:17 | URL | いもコン #-[ 編集]
いもコンさん、こんにちは。いつもコメントありがとうです〜(^o^)

>あら 素敵な曲♪
軍歌って言うと力強い曲のイメージですが
故郷への帰りたい気持ちが哀愁漂う感じでとっても綺麗です(>▽<)
→気に入っていただけて嬉しいです!
曲も美しいですが歌詞も心に響くものがありますね。
戦争に負けたって命さえ無事なら帰ってきてほしいと、女は思うでしょうが、男は・・・。
イギリスの曲には、こういう路線の曲が結構多いような印象があります。ウェイルズ地方には特に・・・。

>お誕生日
好きな曲は弾けましたか?
弾き語りとかもしてみたのかな?
→一応弾きました。当然のことながら誕生日だからといって急に上手くなったりはしませんけどね(当たり前だろ)
弾き語りはあんまりやらないですね〜
いもコンさんは得意ですか?
2018/07/11(水) 09:39 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1559-01aab03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック