FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

<今週の録音>輪になって(ヴィルム)

2018.08.11.Sat.22:15
前々回に続いて、ヴィルム(Nikolai von Wilm 1834-1911)の、こども(初級者)向けの曲集「24のピアノ小品(作品81)」から、今回はその第4曲を弾いてみました♪
タイトルは、原語(ドイツ語)では Ringelreihen 、英語では Round となっています。サークル(円)状になって踊るダンスを意味しているようです。(昔、小中学校なんかでよく踊った「マイムマイム」というフォークダンスを、突然思い出したタワシであった・笑)

子どもたちの無邪気な笑顔と、舞曲の軽快なステップをイメージしながら弾きました。
楽しく弾けましたが・・・このところシューイチは子ども向けの曲と世界民謡シリーズの比率がやたら高いですね〜汗
なかなかまとまった練習時間が取れないんで、そんな状況でもサクッと弾けるもの、というとどうしてもそんな路線になっちゃう。まあ、タワシらしいといえばタワシらしいか(^_^;)

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

輪になって(ヴィルム)

コメント

ホントに、タワシさんのお好きな感じが伝わってきます。
簡単に弾いてそうですが、実際にこういう曲をちゃんと弾くのも難しいと思います。
(軽快に弾こうと思うとフガフガになりそうだし・・・)
私も、今一度、ピアノについては考え方を改めようと思っています^^;
簡単な曲を大人がきちんと弾く・・・大切ですね。
anisさん>
anisさん、こちらの記事にもコメントありがとうございます!
>ホントに、タワシさんのお好きな感じが伝わってきます。
簡単に弾いてそうですが、実際にこういう曲をちゃんと弾くのも難しいと思います。
(軽快に弾こうと思うとフガフガになりそうだし・・・)
→楽しく弾いているの伝わりましたか?なら良かったです。
でも、こういう初級レベルの曲でさえも実はサラッとは弾けてなくて何度か録音し直しましたよ。
生涯の目標「易しい曲を美しく!」への道はまだまだ遠そうです。

>私も、今一度、ピアノについては考え方を改めようと思っています^^;
簡単な曲を大人がきちんと弾く・・・大切ですね。
→anisさんピアノの方も今もかなり弾けるじゃないですか!
さらに上を目指しますか〜成果、楽しみです!
その練習の中に、簡単な曲を音楽的に美しく弾く事を取り入れるのもいいですね♪
タワシさん、こんにちは~。

練習会ではお世話になりました(^^)/ 楽しかったですね。
ピアノの伴奏、ソロ演奏、その他。。。。色々な意味で、ますますタワシさんfanになった私です。

で、この曲良いですね。私も楽しい雰囲気ストレートに伝わってきました。
音源の背景に使われている子供たちの踊っている絵のセレクトがまた良いですね~~♬

私も↑anisさん同様、ピアノに関しての考え方変わりそうです。。。
「やさしい曲を美しく」 このスタンスとっても素敵です♡
タワシさんは上級から~シンプル系まで実力的になんでも来い!状態なので羨ましい限りですが、
私もやさしい曲を美しく!っていうのも大切にしたいし、ダメもとでもちょっと背伸びした曲もチャレンジしたいし・・・迷うところですが
でもその時の自分の心境に合わせてやりたいものをやりたいときにやってみよう。練習してみよう!!
そんな感じで良いですかね・・・(;^ω^)
これからもよろしくお願いします。
ちこpiaさん>
先日はお疲れ様でした&ありがとうございました!

>ピアノの伴奏、ソロ演奏、その他。。。。色々な意味で、ますますタワシさんfanになった私です。
→えええ〜ファンだなんて〜何をおっしゃるちこpiaさん!
特にソロはグダグダで残念な思いでいっぱいなんですけど・・・
でもそれはともかく、今回もちこぴあさんん合わせられてとっても楽しかったです。
次回もよろしくです。

>で、この曲良いですね。私も楽しい雰囲気ストレートに伝わってきました。
音源の背景に使われている子供たちの踊っている絵のセレクトがまた良いですね~~♬
→楽しんでいただけて何よりです。
この絵はHans Thomaというドイツ人の画家が、1884年に描いたもののようです。
作曲された年代と同じぐらいの時期のものですね。タイトルもこの曲と同じくRingelreihenなので、これはドンピシャかなと思いました〜

>「やさしい曲を美しく」 このスタンスとっても素敵です♡
タワシさんは上級から~シンプル系まで実力的になんでも来い!状態なので羨ましい限りですが、
私もやさしい曲を美しく!っていうのも大切にしたいし、ダメもとでもちょっと背伸びした曲もチャレンジしたいし・・・迷うところですが
でもその時の自分の心境に合わせてやりたいものをやりたいときにやってみよう。練習してみよう!!
そんな感じで良いですかね・・・(;^ω^)
→何度かブログでも書いてますが、このモットーは、かのロベルト・シューマンの言葉から来ています。一生かけて追求したいと思ってますけど、その道のりは遠いなあってしばしば感じます。
あ、私は上級の曲はおろか中級の曲もまともに弾けませんよ〜 ほぼシンプル系専門家と。。。(汗)
ただ、時々背伸び曲は弾きます。まともに弾けるようにはなりませんが、それでも背伸び曲に挑戦するだけでも力がつくような気がします。ちこぴあさんもぜひ、心のままにやりたい曲に積極的にトライしてくださいね〜
このヴィルムさんの曲集、ブルグ25に匹敵する名曲集だと思います。
軽快で楽しげですね!また、左右と伴奏の箇所による音量調節が見事なため立体感のある飽きさせない演奏になっているように感じました。何度か聴かせて頂きました。
ゆきなぎさん>
いつも拙いシューイチにお付き合いくださって、感謝してます。リピして聴いてくださったとのこと、ありがとうございます。

>このヴィルムさんの曲集、ブルグ25に匹敵する名曲集だと思います。
軽快で楽しげですね!
→はい、この曲集私も大好きです。
どの曲もとても素直でわかりやすく、しかも魅力的です。
また、、子どもたちに対するヴィルムさんの温かな眼差しが感じられるところも素敵です。

>左右と伴奏の箇所による音量調節が見事なため立体感のある飽きさせない演奏になっているように感じました。
→そうですか?本人は全くそういうことは意識してなくって〜(笑)
ただ、最近、各声部のバランスが良くなったねとある人に言われたので、もしかしたら聖歌隊の伴奏者として、各パートの音取りなども含めた練習をしている成果かなとも思っています。左手の音も以前より聞けるようになってきたんですよ!

管理者のみに表示