FC2ブログ
{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
<今週の録音>ソナチネ ト長調〜第1楽章(エルガー)
2018年10月13日 (土) | 編集 |
「威風堂々」で知られるイギリスの大作曲家エルガー(Sir Edward William Elgar,1857-1954)は、非常に優しく、家族愛に溢れた人だったようです。
今回のシューイチ「ソナティナ(ソナチネ)ト長調」は、彼のそんな一面がよく表れた、心温まる小品です。
 
この曲の最初には
For May Grafton
と記されています。
メイ・グラフトンとは、エルガーの姉・ポリーの娘。つまり姪です。めいのメイちゃんだ(笑)
当時8歳だった彼女のために、エルガー叔父さんが書いた初心者用の練習曲、というわけです。

今回は その第1楽章Andantinoのみ弾きました。
実は昨夜、楽譜をプリントアウトしたばかりですが、お聴きになってわかるように非常にシンプルで音の少ない曲なので、初見の得意な人なら一発で弾けるのではないでしょうか。
ただ、音の少ない分、(練習不足ではあっても)表現には心を配りました。ベースラインの動き、テンポの自然な揺らし方などなど。
「易しい曲を美しく!」という、タワシの生涯の目標・・・それがどれだけ体現できるのか、試されるような曲でもありますね。

それにしてもこんな素敵な練習曲をおじさまに書いてもらえるメイちゃんは幸せ者です。
タワシも、弾きながらこんなに優しい気持ちになれたのは、久々のような気がしました。

皆様にも、ぜひ聴いて(そして弾いて)いただきたいと心から思える1曲です。
それでは、どうぞ〜♪

[広告] VPS

ソナチネ ト長調〜第1楽章(エルガー)
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
No title
タワシさんこんにちは~

わぁ~♪素敵、素敵♬
心温まるとても優しい曲ですね。
ほっこりしました(#^.^#)ありがとうございます!

ちょうどエルガーのピアノ曲を調べたところでしたのでタイムリーでした。
エルガーは遊び心のある人だったようで、曲のタイトルに生徒や友人、家族の名前を忍ばせているみたいですね。
2018/10/13(Sat) 15:02 | URL  | amy #-[ 編集]
こんにちは
エルガーが、こんな素敵なソナチネを作曲しているなんて知りませんでした!
調べてみたら、2楽章構成なのですね。
いつか今度、2楽章も演奏お願いします。m(_ _)m
2018/10/14(Sun) 14:32 | URL  | あるぴあの #-[ 編集]
amyさん>
amyさん こんばんは〜
コメントありがとうございました。お返事遅くなりすみません。

>わぁ~♪素敵、素敵♬
心温まるとても優しい曲ですね。
ほっこりしました(#^.^#)ありがとうございます!
→聴いていただき感謝します!知名度の低い曲ですがもっと広く知られていい佳曲だと思います。
技術的にはハードル低いので、子供にも、初級レベルの大人にもオススメです。(人生経験豊かな大人の演奏だとやっぱり味が出るかな)

>ちょうどエルガーのピアノ曲を調べたところでしたのでタイムリーでした。
エルガーは遊び心のある人だったようで、曲のタイトルに生徒や友人、家族の名前を忍ばせているみたいですね。
→例の企画のためですね!あれ、いつも楽しみにしてるんですよ〜
まだまだ続区ことを期待してます!
作曲家は、遊びゴコロのある人が割と多いのか、けっこう人の名前を自作に取り入れますね。名前のスペルを音に置き換えてモチーフにすることもありますし。
2018/10/16(Tue) 19:46 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
あるぴあのさん>
こんばんは!今回もまた、演奏にお付き合いくださいまして感謝します。私自身とても気に入っている曲なので、こうして聴いていただける(ましてや、気に入っていただける)のはとても嬉しいことです♪

>エルガーが、こんな素敵なソナチネを作曲しているなんて知りませんでした!
→実は私も最近まで知りませんでした!ヴァイオリンの曲は前々からけっこうチェックしていたのですが、ピアノ曲は盲点でした。
素敵な曲との出会いはいくつになってもワクワクしますねよ。

>調べてみたら、2楽章構成なのですね。
いつか今度、2楽章も演奏お願いします。m(_ _)m
→はい。2楽章は1楽章よりテンポも速く、弾きにくそうな箇所もあるので、時間がかかりそうです。でも気長に待っててくださいね〜
2018/10/16(Tue) 19:56 | URL  | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック