FC2ブログ

<今週の録音>クロ・シャリン(スコットランド民謡)

今回のシューイチは、ちょっぴり久しぶりに「世界民謡シリーズ」です!
スコットランド民謡「クロ・シャリン」を弾いてみました♫

歌詞が、現代英語とはかなりかけ離れた言語〜たぶんスコットランド語〜で書かれているため、チンプンカンプンで 曲の内容については解説を頼るしかありませんでした。
それによれば、この曲は「クロ・シャリン」という名前の娘に寄せる恋の歌とも、可愛らしいブチの子牛「クロ・シャリン」のことを歌った歌とも、解釈できるそうです。

それでは、どうぞ〜♪
[広告] VPS

クロ・シャリン(スコットランド民謡)

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

comments

広大なスコットランドの自然を思い起こさせる曲ですね。

一体どんな意味なんだろうと興味がわき、少し検索してヒットしたサイトの中でゲーリックから英語への訳と曲にまつわる言い伝えを説明しているものがありました。
https://scotsgaelicsong.wordpress.com/2014/03/18/scots-gaelic-song-crodh-chailein/

シャリンCailean(=コリンColin)が若く美しい娘と結婚するのを羨んだ妖精が婚礼の当日に花嫁を連れ去ってしまいます。姿を見ることは出来ませんが、夫のシャリンは日に一度だけ牛(Chroh)のミルクを絞りながらこの歌を口ずさむ妻の歌声を聴くことが出来ます。一年と一日が過ぎて妻はようやくシャリンの元へ帰ることを許される、といった話のようです。

一昔前の農場で住み込みで働くミルクメイドたちがこの民謡を歌いながら腕を捲り上げて働くシーンを想像させます。

別のサイトではこの曲の2番目の歌詞は父親が亡くなった妻のことを子守唄として子どもに歌いかける内容、と書いてありました。ちょっと悲しいですね。

長くなってすみません。それにしてもタワシさんの音楽の興味の範囲の広さに驚かされます。すてきな(そしてとても珍しく貴重な)曲の紹介と演奏をありがとうございました!


タワシさんこんばんは~(#^.^#)
こうしていつも通りシューイチを聴けることがとても嬉しいです♪
本当に良かったです。
今回も歌心あふれる素敵な演奏をありがとうございます!
とても懐かしい香りがしました。
これからも色々なジャンルの曲を聴かせて下さいませ♪

uk_alienさん>

こんにちは!
この曲について、貴重な情報をありがとうございます。
お忙しい中わざわざ調べてくださったんですか!感謝感謝です〜
それに比べて自分はまだまだ手抜きしてるなあ・・・と反省させられました(汗)

シャリンって娘の名前ではなく男性の名前だったんですね。英語だとコリンになるのか・・・
2番目の歌詞も、悲しくもいわくありげで、気になります。
民話や民謡ってたいてい、その気になって調べたら、いろいろ秘話がでてきますよね!

>それにしてもタワシさんの音楽の興味の範囲の広さに驚かされます。すてきな(そしてとても珍しく貴重な)曲の紹介と演奏をありがとうございました!
→こちらこそ、いつもこんなやっつけ仕事のつたない録音位お付き合いいただき感謝してます!
あまり知られていないけれど美しく魅力的な曲を、こうやって皆さんに知っていただけるのは大きな喜びです。
これからもネタ切れのおそれはほとんどありませんので、健康に今まで以上に(!)留意して、長く続けるつもりです。今後ともどうぞよろしくです。

amyさん>

amyさんこんにちは〜♪

>こうしていつも通りシューイチを聴けることがとても嬉しいです♪
本当に良かったです。
→この度はお騒がせ、ご心配おかけして、ほんとうにすみませんでした。
皆様に申し訳なく、恥ずかしい気持ちでいっぱいですが、このようにあたたかい言葉をいただくと救われます〜❤︎

>今回も歌心あふれる素敵な演奏をありがとうございます!
とても懐かしい香りがしました。
→聴いてくださって感謝です!
日本ではあまり耳にする機会のない曲のように思いますが、にもかかわらずとても懐かしい感じがしますよね。日本の演歌などと同じくペンタトニック(いわゆるヨナ抜き音階ですね)でか書かれているせいもあるのでしょうか。

>これからも色々なジャンルの曲を聴かせて下さいませ♪
→子供向きの曲と世界民謡シリーズにかなり偏っているような気もしますが(笑)いろいろ弾いていきたいと思ってますので、今後ともよろしくお願いします!

タワシさんは色々な表現をされますが、とりわけ優しく柔らかい、安心感のある音を出されるときの感じがとても生かされる曲だと思いました。

ゆきなぎさん>

いつもコメントありがとうございます。

>タワシさんは色々な表現をされますが、とりわけ優しく柔らかい、安心感のある音を出されるときの感じがとても生かされる曲だと思いました。
→優しく穏やかな気持ちで弾けたので、それが音に表れているのなら嬉しいです。

いろいろな表現・・・「グランドピアノならもっとたくさんの音の色で、表現力豊かな音の絵が描けるのかな〜いやいや、ピアノが良くても弾き手の方がそんな力量ないか?」などとあれこれ考えることがありますが、今の環境でできる限りの努力はしているつもりです。さらに精進します!

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<12月18日> ♪Christmas dance (Vezzoli) ♪氷の国の踊り(森垣桂一) ♪コラールプレリュード・甘き喜びのうちに(バッハ) ♪パスピエ1&2(イギリス組曲第5番より)(同) ♪悲しいワルツ(ヴェチェイ) ♪ソナタイ短調・第1楽章(Haessler) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる