FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。
TOP今週の録音 ≫ <今週の録音>メヌエット変イ長調〜ロンドン音楽帳より〜(モーツァルト)

<今週の録音>メヌエット変イ長調〜ロンドン音楽帳より〜(モーツァルト)

今週は、ときどきシャンソンや、こちらの記事で紹介した本にのっている楽譜で息抜きをしつつも、ほとんどバッハばかり弾いていたような気がします。
平均律第1巻第4番のプレリュード、タワシにしてはかなりの猛練習の甲斐あって、だいぶ弾けるようになってきました。とはいえ当然、今週のシューイチに間に合うはずもなく・・・(バッハは時間かかるのですよ〜)
というわけで・・・今回はほとんど練習なしでサクッと弾ける曲を選ばせていただきました。

モーツァルトの幼年時代の作品を集めた「ロンドン音楽帳」の中から、メヌエット 変イ長調(KV15ff)です。
わずか16小節、リピートしても1分とかからない小品ですが、モーツァルトの個性はすでにはっきりと表れていますね。

それでは、どうぞ〜♪

メヌエット変イ長調〜ロンドン音楽帳より〜(モーツァルト)

Comment

編集
こんにちは〜
バッハは、譜読みに本当に時間がかかって(私の場合(^^;)
遊びたい時期とも重なったりして、お稽古行く迄に、どうしても練習不足ばっかりになってしまって、お稽古に行きたくなくなってやめたきっかけになったのが、平均律でした。あの時にあそこを乗り越えられてたら、違う世界がまっていたかな⁉️なんてf(^_^)
モーツアルトは逆に好きでした。タワシさんも、モーツアルトお好きそうですよね(^^;
早くモツソナの練習再開したいです〜
2019年02月10日(Sun) 12:17
編集
てっきり!今週はバッハが来ると思ってましたよ!!(笑)
これモーツァルトなんですね~タワシさんならこのレベルの曲は楽勝でしょう~
バッハ待ってますね!^^

2019年02月10日(Sun) 15:26
こんにちは
編集
私はバッハよりモーツァルトの方が、弾くのが難しいです。(^^;

結構速いテンポをとらないといけなくて、しかも指まわりの悪さをペダルでごまかせないところとか…(^^;
2019年02月11日(Mon) 08:25
編集
さすがタワシさん、軽快な演奏、かわいいですね。
私はこういう曲は指が上手く回らないから超苦手…。
それにタワシさんの演奏は短い曲であっても歌心が感じられて楽しめます。

バッハ、頑張って下さいね。
2019年02月11日(Mon) 20:12
こんにちは~(・▽・)
編集
可愛らしい曲ですねぇ♪
小さなモツ様が弾いているのを想像して聴いていたら
このあとチビモツ様が曲を展開していって
室内楽のメンバーがいつの間にか参加している!? という
妄想にふけってしまいました(=▽=;)
シンプルだけど魅力的な曲ですね(>▽<)

いっこまえの前奏が長い曲も面白かったです♪
スペインの前菜が美味しいように
前奏がとっても素敵でした(☆▽☆)

今週は忙しさがさらに増すと思いますが
シューイチ楽しみに待ってます♪

2019年02月14日(Thu) 14:41
anisさん>
編集
こんにちは〜コメントありがとうございます。お返事遅くなりなりすみません。

>バッハは、譜読みに本当に時間がかかって(私の場合(^^;)
遊びたい時期とも重なったりして、お稽古行く迄に、どうしても練習不足ばっかりになってしまって、お稽古に行きたくなくなってやめたきっかけになったのが、平均律でした。
→やはり、そうですか!バッハの譜読み、大変ですよね〜
それにしても、anisさんヴァイオリンだけでなく、ピアノの方もかなりのレベルまで進まれていたようですね。
>あの時にあそこを乗り越えられてたら、違う世界がまっていたかな⁉️なんてf(^_^)
→これは、再開組の人はほとんど誰しも思うことがあるようですよ。もちろん私も。
でも私の場合、あのまま無理して音楽教室を続けていたら、今のように、ピアノが、音楽が大好きでいることはできなかったかもしれないので、後悔はありませんが。

>モーツアルトは逆に好きでした。タワシさんも、モーツアルトお好きそうですよね(^^;
早くモツソナの練習再開したいです〜
→正直言って、モーツァルトに関しては好きという気持ちより、まず第一に「きれいに弾くのがとっても難しい作曲家」というイメージですね。
モーツァルトを軽やかに、しかも品良く弾ける人は本当に憧れます!
anisさんはお好きなんですね、モー様が💓
練習早く再開できるといいですね。お手手 早く良くなりますように!
2019年02月15日(Fri) 10:20
ねこぴあのさん>
編集
ねこぴあのさん、こんにちは。コメントのお返事遅くなりました💧ごめんね〜

>てっきり!今週はバッハが来ると思ってましたよ!!(笑)
これモーツァルトなんですね~タワシさんならこのレベルの曲は楽勝でしょう~
バッハ待ってますね!^^
→ご期待に沿えず申し訳ない・・・
バッハは今週(明日アップ分)もお預けです😢
自分なりにかなり頑張ったけどやっぱりどうしてもノーミスで弾けません。
録音は後々まで残るので、こんな状態でアップするのはあまりにも気が引けます。でも生だったら・・・練習会だったらいいんですけどね〜笑

>これモーツァルトなんですね~タワシさんならこのレベルの曲は楽勝でしょう~
→可愛らしい小品ですが、楽勝なんて曲は私には一つもないですよ〜 確かに練習時間は短かったですけど、これも何度か録音し直してます。
2019年02月15日(Fri) 10:31
あるぴあのさん>
編集
コメントありがとうございます。またもお返事が遅くなりまして、すみません。

>私はバッハよりモーツァルトの方が、弾くのが難しいです。(^^;
→そうですか? モーツァルトより、バッハなどバロック音楽の方が、よりお得意というだけなのでは?笑

>結構速いテンポをとらないといけなくて、しかも指まわりの悪さをペダルでごまかせないところとか…(^^;
→モーツァルト、確かにそうですね!さらに弾ければいいというものではなくて、羽が生えたように軽やかに弾かなくてはならないというからハードル高いです。
ただバッハでも、テンポの速い曲、意外と多くないですか?組曲の終曲(ジーグ)とか。ペダルでごまかせないのはバッハもそうですよね?
私にとっては どちらも同じくらい難しいかなあ〜
2019年02月15日(Fri) 11:33
まんまるお月さん>
編集
コメントありがとう〜 お返事遅くなってしまってごめんなさい💦

>さすがタワシさん、軽快な演奏、かわいいですね。
私はこういう曲は指が上手く回らないから超苦手…。
それにタワシさんの演奏は短い曲であっても歌心が感じられて楽しめます。
→暖かいコメント感謝です。
この曲は技術的にはまちがいなくバイエルレベルで余裕で弾けるもので、まんまるさんも、ちょっと練習すればきっと楽勝ですよ〜✌️

>バッハ、頑張って下さいね。
はい!今日もかなり頑張りました。
だいぶ良くなってきてはいますが、やっぱりどうしてもミスがなくならず・・・この分だと録音アップするとしたら DustBoxのカテゴリになっちゃいそう (そういえば DustBoxの名前を変えるという案もあったけどそのままですな)
まあ明後日の練習会では、リクエストされたこともあり、バッハ弾くつもりですけどね。
2019年02月15日(Fri) 21:57
いもコンさん>
編集
おはようございます!いつもシューイチに付き合っていただいてありがとう〜コメントも感謝です♪

>可愛らしい曲ですねぇ♪
小さなモツ様が弾いているのを想像して聴いていたら
このあとチビモツ様が曲を展開していって
室内楽のメンバーがいつの間にか参加している!? という
妄想にふけってしまいました(=▽=;)
シンプルだけど魅力的な曲ですね(>▽<)
→楽しい妄想ですね♬
お父さんも音楽家だし、お姉さんのナンネルも音楽の才能豊かだったそうですから、家族でもアンサンブルができますね〜いいなあ〜💗
この曲、「ロンドンスケッチブック」の中でもとても短くて易しいんですけど、そんな中にもモーツァルトらしさがよく出てて印象に残りました。

> いっこまえの前奏が長い曲も面白かったです♪
スペインの前菜が美味しいように
前奏がとっても素敵でした(☆▽☆)
→マラゲーニャですね〜
そうそう、あの前奏の長さにはビックリでした!グラナドスの歌曲にもそんなものがあるので、スペインの伝統なんでしょうか。実際の曲では、歌手が登場するまで散々じらして、かえって効果を高める狙いがあるのかも。

>今週は忙しさがさらに増すと思いますが
シューイチ楽しみに待ってます♪
→シューイチの準備は今週はちょっと早めで、さっき仕上がりました。
でも今週はそれ以外の記事が全く更新できず、1週間ぶりの記事になります。
とりあえず何があってもシューイチはできる限り死守します!笑
2019年02月16日(Sat) 09:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ