FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

<今週の録音>夜うぐいすとの別れ(アリャビエフ) 

Posted on 10:48:51

特に忙しかったり体調を崩してたわけではないんですが、前回の記事から1週間経ってしまいました。最近は相変わらずBWV849のプレリュードと、それに加えてボロディンの「小組曲」のマズルカ第2番の練習に励んでます。もちろん、その他いろいろな息抜き曲も。

そんな中、今回のシューイチは、マイナーな曲路線?(バッハを期待してる方、再び、すみません(^_^;)
ロシアの作曲家・アリャビエフ(1787-1851)の「夜うぐいすとの別れ」です。
アリャビエフは殺人の容疑でシベリアに流刑される(冤罪説もあり)など波乱の生涯を送った人で、歌曲「夜鳴きうぐいす(ナイチンゲール)」で音楽史に名を残しています。

今回の曲は、地元の図書館で借りた、新編世界大音楽全集 器楽編 48 (ロシア・ピアノ曲集 1)に入っていたものです。
名前も聞いたことのないマイナーな作曲家の作品がたくさん収録されていて、実に興味深い1冊です。

「夜うぐいす」すなわち「ナイチンゲール」といえば、上述のようにアリャビエフの代表作のように思われていますが、今回の曲はその歌曲と関係があるのでしょうか・・・?
録音し終えてから色々ネットで検索してみると、このメロディに歌詞をつけて歌っているものが幾つか見つかりました。
歌曲の方が、原曲?編曲者の名前は楽譜にはなかったから、作曲家自身の編曲でしょうか。あるいは、ピアノ独奏曲に、のちに歌詞をつけたのかもしれません。
ロシア語は全くわかりませんが、歌詞の英語訳は見ることができました。
歌詞は、かわいがって飼ってきたナイチンゲールを、鳥かごから自由な世界に解放してやる主人公の心情を歌っており、もう二度とその美声を聴くことができない寂しさが溢れています。
これって・・・「心の離れてしまった恋人(あるいは妻)を自分の元に束縛するのを諦め、自由に去らせる」という意味が込められている可能性も、結構高いかも。

それでは、どうぞ♪


夜うぐいすとの別れ(アリャビエフ)

テーマ - ピアノ

ジャンル - 音楽

△page top

タワシさん、こんにちは
かつです。

大丈夫、期待通りです!
たぶん私だけじゃないはず(笑
アリャビエフの夜鳴きうぐいすは聴いた事があり、この曲を主題にしたグリンカのナイチンゲール変奏曲はいつか弾いてみたいと思っている曲です!
https://youtu.be/pnLa6mg1ZbM

でもタワシさんがupしてくれた演奏は曲調もメロディもなんだか異なりますね...
強いて言えば、リスト編曲『ナイチンゲール』の冒頭に雰囲気が少し似ているかな...位です。
https://youtu.be/Uf1foFMMUc4
いや、無理があるかな(笑

『~別れ』となっているので全く別の曲なのかも...と思いましたがピティナのサイトでは『~別れ』をモチーフにグリンカが変奏曲を作曲したとなっているし...不思議ですね。。。
https://enc.piano.or.jp/musics/3240

リストの編曲から、タワシさんがupしてくれたのは省略されてしまった前奏部分の説を唱えてみます!

長文で失礼いたしました。
今回も楽しかったです!ありがとうございます!!

 | URL | #-

2019/02/17 00:34 * edit *

こんにちは

今回も楽しく聴かせて頂きました!

今、たまたまショパンのノクターンop.32-1の譜読みにさしかかっていたタイミングで、音型が似ていて笑ってしまいました。

この楽譜、IMSLPにも載って無さそうですね!タワシさんの知られざる曲コレクション凄いですね!

試しにググったところ、このピアノ曲“Adieu au Rossignol“でしょうか?

https://musicalics.com/en/composer/Alexander-Alyabyev/Adieu-au-Rossignol-piano

あるぴあの | URL | #-

2019/02/17 09:50 * edit *

かつさん>

コメントありがとうございます。
この楽譜が載っている本 <新編世界大音楽全集 器楽編 48 (ロシア・ピアノ曲集 1)>再度借りてきました〜。巻末の解説になんか書いてあるかなと思って。
それによると、今回の曲『夜うぐいすとの別れ』と、グリンカの変奏曲のテーマになった『夜うぐいす』は やはり別の曲でした。(後者は短調の曲ですよね)
ナイチンゲールはその美しい鳴き声のために、しばしばクラシック音楽(とくに声楽曲)の題材になっているようです。

>ピティナのサイトでは『~別れ』をモチーフにグリンカが変奏曲を作曲したとなっているし...不思議ですね。。。
→ピティナのサイトにも間違いはあるので・・・^^; 書いた人が、混同しちゃっているのかもしれませんね。

>今回も楽しかったです!ありがとうございます!!
私も楽しかったです〜
ロシアのマイナー路線、近々また登場するかもしれませんのでまたお付き合いくださいね〜

私はタワシ | URL | #5eVrhZok

2019/02/20 10:02 * edit *

あるぴあのさん>

いつも拙い録音にお付き合いくださり、感謝しています。

>  今、たまたまショパンのノクターンop.32-1の譜読みにさしかかっていたタイミングで、音型が似ていて笑ってしまいました。
→偶然の一致ですね〜(!?)
ショパン練習してらっしゃるのですね? 録音アップもあるかな〜?楽しみにしてますね。

> この楽譜、IMSLPにも載って無さそうですね!タワシさんの知られざる曲コレクション凄いですね!
→いえいえ、私が凄いのではなくて、この本の編者の目の付け所が、普通とはかなり違うのですよ〜
他に載っている曲も、ムソルグスキーの「展覧会の絵」のようなメジャーなのもあるにはありますが、トルトフスキー、ハンドシキン、ボルトニャンスキー、コズロフスキー、ゲニーシタ、ラスコフスキー、グリリョフ、オドエフスキー・・・とマイナーな作曲者名のオンパレード!(アリャビエフなんてこの中にあってはむしろメジャーですよね〜名前を聞いたことがあるってだけで、もう。笑)

>この楽譜、IMSLPにも載って無さそうですね!
→そうなんですか? IMSLPって、探し方によっては目当ての曲が出てこないことがありますよね。例えば何かの組曲の一部分だとかだったりすると。
でも、あるぴあのさんがおっしゃるのなら本当に載っていないのでしょう。たまにはそんな曲もありますよね!

>試しにググったところ、このピアノ曲“Adieu au Rossignol“でしょうか?
→楽譜のサンプルがないので何とも言えないですが
タイトル的には可能性高そうですね。

私はタワシ | URL | #5eVrhZok

2019/02/20 10:46 * edit *

夜うぐいすの広い世界への旅立ちを祝福しているような晴れ晴れとした中、ところどころに寂しさを残して、という感じがしました。
タワシさんのフレーズごとの切れ目の音を置く感じがとても好きです。

ゆきなぎ | URL | #-

2019/02/23 16:49 * edit *

ゆきなぎさん>

おお、ゆきなぎさん、お久しぶりですね!相変わらずお忙しくしてらっしゃる御様子、そんな中での訪問&コメント、感謝します♫

>夜うぐいすの広い世界への旅立ちを祝福しているような晴れ晴れとした中、ところどころに寂しさを残して、という感じがしました。
→長調なのに寂寥感をたたえた曲調、ということで譜面づらは易しくても表現が難しい面がありました、ちょころどころに漂う寂しさを感じていただけたのなら幸いです。

>タワシさんのフレーズごとの切れ目の音を置く感じがとても好きです
ほんとですか?すごく嬉しいお言葉、感激です〜
→聖歌隊の伴奏を務める中で、フレーズの始まりと終わりには、以前よりも心を配るようにはなりましたね。そういう成果も、少しずつ現れているのかもしれません。

私はタワシ | URL | #5eVrhZok

2019/02/25 09:33 * edit *

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1639-c1e30dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ