FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

10 | 2019 / 11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





早いものでもうすぐ2月も終わり、そろそろ教会では、受難日そしてそれに続くイースターに向けて準備を始める頃です(もちろんもっと早くから周到に準備するところも多いですが)。
我が聖歌隊でも、「イースター(の曲)どうしよう?」「受難日はどうする?」などと意見を交わしました。
練習時間の面でも、現在の我々の実力的にも、受難日礼拝とイースター、二週続けて本格的な曲をやるのは無理なので、今年は受難週に力を注いでスペシャルなものをやり、イースターは讃美歌の中から復活をテーマにした曲を歌う、ということになりました。

そして(まだ正式に決まったわけではないですが)受難週の特別賛美として現在最有力候補に挙げられているのが、フォーレ作曲の「棕櫚(しゅろ)の葉」です。
フォーレと言ってもあの有名なガブリエル・フォーレではありません!同じくフランスの作曲家ですが ジャン=バティスト・フォーレ(Jean-Baptiste Faure) という人です。バリトン歌手として活躍し、マネ、モネ、ドガら印象派絵画の熱心なコレクターでもありました。

しゅろはイエス・キリストの殉教のシンボルです。
キリストの受難直前、人々はしゅろの葉を振って「ホサナ!」と叫びつつ、エルサレムに入城するキリストを熱狂的に歓迎しました。
が、喜ばしく迎え入れたかと思うと、手のひらを返すように彼を十字架にかけたのです。
その罪を覚えるという意味で、カトリックには「枝の主日」と呼ばれる記念日があるそうです。(プロテスタント教会でも「しゅろの主日」と呼んでその日を覚えます)
この曲はそれを題材にしています。
タワシのこれまでの教会生活の中では、歌ったことも、もちろん伴奏したことも、一度もない曲ですが、YouTubeには独唱も聖歌隊の合唱もいろいろアップされていて、受難日の賛美としては定番曲のようですね。

一昨日の日曜、初見で伴奏を弾くよう要求されましたが、かなり悲惨なことになりましたので(それでも聖歌隊の皆は大いに誉めてくれましたが)、今日から真剣に練習スタートしました。
重音の連打が多いのですが、実はタワシはこれが結構苦手で・・・ついつい無駄な力が入って音が汚くなってしまうのよね・・・(~_~;)
でも、歌詞の意味をを味わいつつ、美しい音で弾けるように頑張ります!

今日は、往年の名テノール、エンリコ・カルーソーの歌唱でお聴きください。


Caruso sings "The Palms" (Les Rameaux) - sacred music by Faure

ジャンル:音楽 - テーマ:クラシック



:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 +