FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪


『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。


プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ



Calender

10 | 2019 / 11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の練習メニュー

<11月11日> ♪「無言歌集」より「なぐさめ」「タランテラ」(メンデルスゾーン) ♪悲しい夢(ドイツ民謡) ♪50のソルフェージュ(トスティ)(抜粋) ♪コブルゲルマーチ(作曲者不詳)


にほんブログ村


人気ブログランキング


ピアノランキング


FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking


FC2カウンター


リンク


(ページビュー)アクセスランキング


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


TWITTER


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





4月21日の日曜日はイースターでした。
既にご案内の通り、聖歌隊の特別賛美は、 ジャン=バティスト・フォーレの「棕櫚の葉」
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1642.html
です。
聖歌隊員一同、2月から練習を重ねてきたこの曲でしたが・・・

タイトルの通り、タワシの伴奏はありえないほどのお粗末なものになってしまいました。
長年聖歌隊の奏楽(伴奏)者をやっていて、ここまでひどかったのは記憶にありません。
言い訳になりますが、前夜遅く、風邪の症状が強かったので風邪薬を飲んだんです。
そのせいで頭がひどくぼーっとしてしまい、著しく集中力を欠いてました。
当日朝のリハの時も思いっきり音を外して(フォルテの箇所だったので大いに目立つ)聖歌隊席が笑いに包まれるという一幕もあったのですが・・・
本番はそれに輪をかけてボロボロでした。
何と言っても前奏から崩れまくりで・・・
謙遜抜きで別の曲のようでした。それも不協和音に満ち満ちた前衛音楽のような。
初見の時だってそこそこまともに弾けていたのに・・・
最初から弾き直したい誘惑に駆られつつも、根性(?)で前に進み、聖歌隊の歌が加わると本当にホッとしました。
「みんなの歌声に支えられてる!」という感覚を味わったのは、実に珍しい経験でした。
そんな次第で後半は少し持ち直しました。
最後の、トレモロからの和音の強打がなんとかまともに収まり、よろよろと席に戻るときには、ピアノの発表会でボロボロだった時の苦い記憶が一瞬頭をよぎりました。

日頃からミスタッチや音抜けは人一倍多いタワシですから、平素の伴奏でも色々やらかしてはいるのですが、幸いにもそれはあまり気にならないことがほとんどだったみたいです。
しかしこの日はさすがに絶不調がバレバレで、「大丈夫?」「どうかしたの?」と言われること複数回・・・
しかし薬の副作用で不調だったという事情を話すと、聖歌隊長以下、皆さんに温かい言葉をかけていただきました。

その日の夜,教会メンバーのSNSグループトークに隊長の書き込みがありました、
「体調も良くない中で伴奏は本当に素晴らしいです。ありがとうございました」
感謝の言葉を言わなければならないのはこちらなのに。

なお、薬の効果が切れてきたメッセージ(説教)後の伴奏では、今まで通りの演奏ができました。
締めくくりに聖歌隊の特別賛美をもう一度(1節のみ)繰り返すことになっているのですが、それもほぼ完璧に弾けました。
眠気を誘う薬の服用後は、車の運転や機械の操縦はタブーですが、ピアノの演奏もそれと同レベルで避けたいですね。
このところ寒暖差が激しかったりして風邪をひきやすいのも無理なかったとはいえ、健康管理にはもっと気を配りたいです。

ジャンル:音楽 - テーマ:日記



No title
タワシさん イースターの伴奏お疲れ様でした〜
あの タワシさんでも外しまくる事もあるんだ〜 と思いながら読みましたが、やはり薬のせいだったのですね。
やはりピアノ演奏では 集中力が大事と言う事ですね。
タワシさん〜 私なんて 薬飲まなくても
人前演奏や、録音の時など そんな状態ですから〜 アハハ〜

有名なプロのピアニストでも調子が悪いと らしからぬミスを連発すると言う のは聞きますし、あまり気になさらないように!

ここまふぃん | | 2019/04/27 04:22 [編集]


ここまふぃんさん>
コメントありがとうございます。
週末(後ほど記事に書きますが)ピアノの集まりなどでお出かけしていましたので、お返事がすっかり遅くなってすみません。

>タワシさん イースターの伴奏お疲れ様でした〜
あの タワシさんでも外しまくる事もあるんだ〜 と思いながら読みましたが、やはり薬のせいだったのですね。
→薬の影響は大きかったと思いますが、今思えばそれだけでなくいろんな要因があったと思います。
一通り弾けるようになってから気を抜いて練習量がめっきり減ってしまい、特に直前の1週間はサボリまくりでした。
神様に対しても聖歌隊のメンバーに対しても礼拝に参加している教会員に対しても、とっても失礼な、体たらくぶりでした。。。

>有名なプロのピアニストでも調子が悪いと らしからぬミスを連発すると言う のは聞きますし、あまり気になさらないように!
→そのようですね。
時にはお金を払って損したと思うくらいのぼろぼろな演奏もあるそうで...私はそこまで酷いのは未経験ですが
プロはそういうの引きずらないでさっと気持ちを立て直せるんですかね?
トラウマになったりしないんでしょうか。
まあ私は、(ここまで酷いのは珍しいとしても)これまでなんども崩壊演奏を人前で晒してますので、免疫は付いてます(苦笑)から、大丈夫ですよ〜
私はタワシ | | 2019/04/30 09:00 [編集]


:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 +