FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

数ヶ月ぶりにモーツァルトを弾いています!しかもなんと、身のほど知らずにもコンチェルトですよ!!
ピアノ協奏曲イ長調K488から第2楽章。

Mozart. Piano Concerto N 23. Adagio. Christoph Eschenbach.

なぜこんな身分不相応(?)の曲を弾いているかといいますと・・・
ちょっと前に、ヤフオクで、セットで競り落とした楽譜の中に、
NHK趣味百科・ピアノで名曲を〜バッハからプロコフィエフまで〜
のテキストがあり、そこでモーツァルトの曲として採用されていたのがK488第2楽章だったというわけです。

平成6年に放送されたいうことですが、タワシはこの番組を見たことがありません。
驚くべきことは、当時の「生徒」の中に 上原ひろみさん、上原彩子さんという現在それぞれジャズとクラシックの第一線で活躍している「W上原」がいたということ!ひろみさんはシューマンの「飛翔」「なぜに」、彩子さんはリストの「愛の夢」「忘れられた円舞曲」を弾いていました。
20190702120006d7a.jpeg

それはさておき、数あるモーツァルトの名曲の中から(独奏曲ではなく)あえてコンチェルトが選ばれているのが興味深いところです。
オーケストラ(その場では第2ピアノでしたが)とのアンサンブルの中で、初めて学べることも多いですよね。

タワシはもっぱら第1ピアノ(ソロパート)を練習していて、今日で3日目です。
普通の楽譜と違ってところどころに講師のアドバイスが小さな青文字で書き込まれているのですが
冒頭に「透明でよく歌う、優しい音を発見して。」とあるのが印象的でした。
「〜音で」。ではなく、「〜音を発見して。」なんです。
20190702120007e12.jpeg

モーツァルトらしい理想の音が出るまで、何度もなんども試行錯誤を繰り返して、それに近づいていくんですね・・・
うちの安物のデジピで、どれだけのことができるだろうと思ったらちょっと悲しくなりましたが。
まあデジピでやれるだけのことはやって、近々またグランド練習に行くとしましょうか。





【No Subject】
タワシさんこんにちは~

わぁ♪モーツァルトコンチェルトですか!!
この曲大好きなんですよ~~
練習されているのですね~是非アップして下さい!
待ってます(^^♪

”優しい音を発見して”ですか~(・_・D フムフム
理想の音をイメージして試す、そして聴くことが大切なんでしょうね。
どんな曲にも当てはまることですね。
【こんばんは】
上原さんの写真、二人とも若すぎ(中高生!)で驚きました(^^)

K488の第2楽章、ピアノ・ソロだけで曲としてうまくまとまるような編曲方法があったら、ぜひ教えて下さいm(_ _)m
【amyさん>】
amyさんこんにちは、コメントありがとうございます♪

>わぁ♪モーツァルトコンチェルトですか!!
この曲大好きなんですよ~~
→やはりそうですか!短調大好きなamyさんですものね♥
モーツァルトの短調の中でも K304(ヴァイオリンソナタ)の第2楽章と並んで美しい曲ですよね〜

>練習されているのですね~是非アップして下さい!
待ってます(^^♪
→実力よりかなり上の曲なので、完璧にはひけないと思いますし、コンチェルトなので一人で弾いても・・・って部分もあるかもしれませんが、DustBox(ネーミング変更するとか言っていて結局そのままになっている・・・笑)あたりにのせられれいいなと思います。
気長にお待ちを〜

>優しい音を発見して”ですか~(・_・D フムフム
理想の音をイメージして試す、そして聴くことが大切なんでしょうね。
どんな曲にも当てはまることですね。
→自分が出す音で「発見」という発想が、私にはこれまでなかったです。おっしゃる通りどの曲にも当てはまることですよね〜
頭(心)の中に響きをイメージする→自分の指で実際に試す→自分の耳で聴く
そういう過程を何度も何度も繰り返していく努力、大事ですね。
【あるぴあのさん>】
あるぴあのさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます♪

>上原さんの写真、二人とも若すぎ(中高生!)で驚きました(^^)
→この二人が揃って生徒として出ているというのにも驚きましたし(特にひろみさんの方はジャズの人ですからね)おっしゃる通り写真の若さにも!彩子さんの写真は、中学時代の同級生に激似でした!笑

>K488の第2楽章、ピアノ・ソロだけで曲としてうまくまとまるような編曲方法があったら、ぜひ教えて下さいm(_ _)m
→私にそんな高度なアレンジ技術なんて到底ないですよ〜
そもそも私には、ソロパート弾くだけで手一杯です。
ただ、調べてみたらこんなのがありましたよ!
http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/9/97/IMSLP540855-PMLP15393-Adagio_KV488_Sasaki.pdf
【K.488】
1つの弱音に神経を集中させる所って、多々ありますよね。
第2楽章、ソロが始まった2小節目の低音E♯が印象強く、オケに入ってクラリネットがすごく物悲しく引き付けます、シチリアーノに乗った名作は多いですが、古典派にこれほど情緒深い曲、他にあっただろうか・・と考えてしまいます。
【No Subject】
タワシさん、こんにちは
かつです。

『ピアノで名曲を』ですね♪
大好きで欠かさずビデオ録画して見ていました。
そして自分が下手だと知ってしまったのもこの番組をみてからです(気が付くのが遅い!)
モーツァルトとベートーヴェンの回は小学校低学年の男の子でした。
特にモーツァルトを弾いた男の子はとっても上手なのに曲が不相応な感じがして、「もう少し違う曲が聴きたかった…」と思ったのを覚えています。
小さい子供が弾くエリーゼのために現象なのでしょうか?あらためて聴くといい曲ですね!!

タワシさんのモーツァルト。いつか聴かせていただけるのでしょうか。
楽しみに待っています♪
【この曲大好きです!】
タワシさん、こんにちは^^

モーツァルト!私もこの曲、大好きです!
ソロパートだけでもきれいですよね。癒されます〜^^
音源アップ、楽しみにしています。

実は、私もモーツァルトのコンチェルト(2台ピアノ)に取り組んでいるので、お仲間ができたみたいで、ちょっと嬉しいです。
私の場合は、本当に無謀曲なので、絶賛苦戦中ですが^^;、それでも楽しいです。
【こんにちは~(・▽・)】
コンチェルトって楽しいですよねぇ♪
私もちゃんとは弾けてないですが
2台ピアノで合わせてもらうと
音のふくらみや掛け合いがすっごく楽しいです~
お相手がいるので練習もはかどるかもです(>▽<)

シューイチのフォスターさん
あら可愛い曲!!と思いきや
明るい中にも悲哀が込められていたんですねぇ
命には限りがあるからこそ一層輝ける!
人生をたくさんエンジョイしましょ~(^▽^)
【michaelさん>】
コメントのお返事遅くなってすみません。

>第2楽章、ソロが始まった2小節目の低音E♯が印象強く
→あわわ〜無神経に弾いちゃってました(・_・
このコメントを頂いてから前より意識してその音を響かせています。今度グランド練習するときに響きを確かめたいです。

>シチリアーノに乗った名作は多いですが、古典派にこれほど情緒深い曲、他にあっただろうか・・と考えてしまいます。
→この曲テンポはゆっくりなのですが、音楽が常に動いているのが感じられ,弾いていてとても心地いいものがあります。そうか、シチリアーノなんですよね♪
モーツァルトのピアノソナタにも幾つかシチリアーノのスタイルで書かれた楽章はありますね。一番有名なところではK331の第1楽章のテーマでしょうか。

>古典派にこれほど情緒深い曲、他にあっただろうか・・と考えてしまいます。
→私のモーツァルトのイメージは第一には明るく透明な長調なんですが、心に響くのはやっぱりこの手の曲ですね!
【かつさん>】
かつさん、おはようございます!
コメントのお返事 また遅くなってしまってすみません。

>『ピアノで名曲を』ですね♪
大好きで欠かさずビデオ録画して見ていました
→おお、なんと!そうでしたか!
テキストには講師のピアニストと中村紘子さんの対談も載っていましたね。

>そして自分が下手だと知ってしまったのもこの番組をみてからです(気が付くのが遅い!)
→このときの生徒だった人の名前を検索してみたら、かなりの確率で、現在ピアニストとして活躍してました。
生徒もみんなエリートなんですね。だからうまくて当たり前ですよ〜
比べて落ち込む必要なないですよ〜

>モーツァルトとベートーヴェンの回は小学校低学年の男の子でした。
特にモーツァルトを弾いた男の子はとっても上手なのに曲が不相応な感じがして、「もう少し違う曲が聴きたかった…」と思ったのを覚えています。
→きらきら星練習曲とか、トルコ行進曲つき(K331)とか、いろいろ選択肢はあったと思うのですが、先生としてはこの曲に特別に思うところがあったのかもしれませんね。
でも小学生の男の子がどんなふうにこの曲を弾いたのか興味はあります。そして年齢を重ねた今だったらどんな風に弾くのかも・・・
【ジルさん>】
ジルさん、コメントありがとうございます!
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

>モーツァルト!私もこの曲、大好きです!
ソロパートだけでもきれいですよね。癒されます〜^^
音源アップ、楽しみにしています。
→おお、ジルさんもこの曲お好きですか!嬉しいです!
第1楽章も、これぞモーツァルト!って感じでいいですよね(私は聴くの専門ですが)
第2楽章とのコントラストも絶妙です!

>実は、私もモーツァルトのコンチェルト(2台ピアノ)に取り組んでいるので、お仲間ができたみたいで、ちょっと嬉しいです。
→私のように、お遊びで音を出してみているのと違い、お相手と一緒に本格的に取り組んでらっしゃるのでしょう。
2台ピアノ、憧れます〜♪
私も、簡単な曲で体験させてもらったことはあるのですが(ブルグの25番を2台ピアノ用に編曲したものなど)
コンチェルトのような本格的な曲だと、苦労も楽しさもそれとは比べ物にならないでしょうね。
2台ピアノのある場所にはあてがないわけでもないので,いつかこの第2楽章だけでもお相手と合わせられたらものすごく幸せです!

録音・・・いつになるかわかりませんが気長に待っていただけたらと思います。
もちろん2台で弾ける機会があったら、出来はさておき、録音しますよ〜
【いもコンさん>】
いもコンさん、こんばんは!
ブログ読みましたが体調悪かったようですね〜(T . T)大丈夫ですか・
早く完全に元気になりますように!

>2台ピアノで合わせてもらうと
音のふくらみや掛け合いがすっごく楽しいです~
お相手がいるので練習もはかどるかもです(>▽<)
→2台ピアノは、連弾とはまた違った魅力がありますよね。
響きが豊かだし、それぞれの奏者が連弾以上に伸び伸びと個性を発揮できるような気がします。
2台、できる場所は限られているけれど、もしチャンスがあれば積極的に合わせてもらいたいなぁ。・・・という気になりました(笑)もちろんこの曲も!

>シューイチのフォスターさん
あら可愛い曲!!と思いきや
明るい中にも悲哀が込められていたんですねぇ
→そうなんです、フォスターの作品で、草競馬やおおスザンナなどは陽気で楽しい曲ですが、しっとりした曲も多く、それらは単にロマンチックな恋の歌というのもある一方、愛しい人の死を歌った曲なんかもあったりします。でもほとんど長調なんですよ・・・長調の曲に秘められた悲しみや寂しさを表現するのはなかなか難しいです。
【モーツァルトいいですね♪】
タワシさん、こんにちは(゚▽゚)/

暗ーい曲が大好きなので明るく軽やかなモーツァルトは今まであまり興味が無かったのですが、この曲はとても気にいってしまいました!

ちなみにモーツァルトで弾いてみたい曲が幻想曲ニ短調。短調萌えどころじゃない陰鬱な暗ーい曲好きです~(ノ∀`)
年をとったら明るい長調の曲に惹かれそうな気もしますけどね~
(充分いい年ですけど~笑)

モーツァルトのピアノ協奏曲を聴いたのもはじめてで(クラシック好きとは言えませんねぇ~)新鮮で何度も聴いてしました♪
幻想曲に加えてこの曲も弾いてみたいなぁ~(^◇^)

それにしても、ダブル上原にビックリ!
二人とも既に天才少女として名を馳せていてお声がかかったんでしょうねー
わたしはダイナミックな女性ピアニストが好みなので、二人とも好きなんです♪(〃▽〃)

YouTubeで上原ひろみさんのこの番組の演奏動画を発見しました!シューマンの飛翔の演奏だけですけど、中学生とは思えない演奏でしたよ~

自分では聴かない曲で好みの曲を知ることが出来て良かったです♪(*’▽’)

いつかタワシさんの演奏を聴かせてくださいね~o(^▽^)o

【きんどーちゃん>】
きんどーちゃん、おはようございます!コメントありがとうございました。

>暗ーい曲が大好きなので明るく軽やかなモーツァルトは今まであまり興味が無かったのですが、この曲はとても気にいってしまいました!
→気に入っていただけて嬉しいです!
モーツァルトといえばまず第一にはやっぱり、明るく軽やかなイメージです。そして作品は圧倒的長調が多数。でも、こういう、心の奥底に響く名曲には短調が多いんですよね。

>モーツァルトのピアノ協奏曲を聴いたのもはじめてで(クラシック好きとは言えませんねぇ~)新鮮で何度も聴いてしました♪
→え、そうなんですか?それはちょっと意外です。
きんどーちゃん、もうすでに、クラシックの名曲はほとんど聴き尽くしているような気がしてました。
でも初めて知った曲だけに新鮮な気持ちで聴けるのは、いいことですよね〜♫
未聴の曲が多いということははそれだけ、これからもいろんな出会いがあるということですし。
短調がお好きなら、ピアノ協奏曲K466あたりも聴いてみられたらいいかと思います。

>ダブル上原にビックリ!
二人とも既に天才少女として名を馳せていてお声がかかったんでしょうねー
わたしはダイナミックな女性ピアニストが好みなので、二人とも好きなんです♪(〃▽〃)
→ね〜、本当にびっくりでしょ?しかも見開き2ページのの真ん中に、二人並んで写真が、というのがまた、すごい偶然だと思います。
おそらくピティナとかヤマハとかのコンペティションで優秀な成績をあげた子を、生徒として選んだのでしょうが。

>YouTubeで上原ひろみさんのこの番組の演奏動画を発見しました!シューマンの飛翔の演奏だけですけど、中学生とは思えない演奏でしたよ~
→おお!そうでしたか?やはり当時からめちゃ上手いかったんですね。
それにしても動画残ってたんですか!私もあとで検索して覗きにいてみようかな。

>自分では聴かない曲で好みの曲を知ることが出来て良かったです♪(*’▽’)
→自分ではあまり聴かないタイプの曲との出会いも、ブログをやっていることの収穫の一つでもありますよね〜!

>いつかタワシさんの演奏を聴かせてくださいね~o(^▽^)o
→ハイ、いつかそんな日がありますように!これはできることなら2台のできる会場で誰かと合わせられたら最高です!!
この記事へコメントする















私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

<8月13日> ♪ピアノソナタト長調 Hob.XVI:11 全楽章(ハイドン) ♪スラブ舞曲 ホ短調Op.72-2(プリモ)(ドヴォルザーク) ♪枝折戸(オブーホフ) ♪アズラ(ルビンシテイン)
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

名前:
メール:
件名:
本文: