FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
もっと早く記事にしたかったのですが・・・この前の日曜日(練習会の翌日)、市内のクリニックでのサロンコンサートに行ってきました。
https://ja-jp.facebook.com/events/287863268800713/
予約は必要ですが、なんと入場無料です!こちらのクリニックでは、かなり頻繁に無料のコンサートを開催しているようですね。吹き抜けの、美しいホールに鎮座しているピアノはベーゼンドルファー(セミコン?)です!

40席限定ということでしたが、当日来れない人の分を見越して、多めに入場券を発見していたと見え、会場には60人くらいの人が!臨時で用意した席でも足らず、タワシを含め7、8人が2階席に案内されました。
が、これがガラス越しに演奏者を見られる特等席!もちろんピアニストの手元もヨウツベの「上から動画」のようにばっちり見られます。遅めに来てかえってラッキーでした!

前半は自己紹介を兼ねて、ヴァイオリン、ピアノ、チェロ それぞれの小品(各2〜3曲)、後半がブラームスのピアノ三重奏曲第1番という構成でした。
クライスラーの「愛の悲しみ」を、原曲のヴァイオリンとラフマニノフ編のピアノソロヴァージョンで聴き比べできたのは貴重な経験。
コルンゴルドの「ピエロの踊り唄」というヴァイオリン小品、初めて聴きましたが、ベルエポックの香りが馥郁と漂う佳曲!同じ作曲家の「から騒ぎ」を思い起こしました。

ヴァイオリンは、いい意味で女性らしく優しい音色で心地の良い演奏、
ピアノは、ソロよりアンサンブルに向いたタイプの方という印象で、伴奏でもピアノトリオでも安定感がありました。
でもなんといってもチェロが、素晴らしかった〜!

ブラームスのトリオ第1番は全体的にチェロが活躍する曲なので、おおらかで深みのある音色が存分に堪能できました。
アンコールはブラームスのハンガリー舞曲第6番。3人の呼吸もばっちり、中でもチェロのリズム感が抜群で聴き惚れました。アンコール、もう1曲聴きたかったなあ〜

無料でこんなに素晴らしい演奏を聴かせていただいていいのかなあと思いつつ、満ち足りて帰宅しました〜
前日の練習会に続き、音楽のよろこびを大いに味わったタワシでした♫
この余韻で、8月の本番までモチベーション維持して練習に励みたいものです(^o^)

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2019/07/19 08:33】 | 音楽鑑賞(コンサート,CD,DVD,etc.)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック