FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 05

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

<今週の録音>ブレイの牧師(イギリス民謡・イングランド地方) 

Posted on 22:08:13

本番もいよいよ迫ってきたのに加え、明日の聖歌隊の曲の伴奏の練習もしなくてはならないので、今回のシューイチはいつもにも増してやっつけ仕事です。お許しください。

ちょっと久しぶりに世界民謡シリーズです。
イングランドで知られている、
「ブレイの牧師」The Vicar of Bray
いう曲を弾いてみました‼︎

曲は、ある実在の牧師のことを歌っています。
宗教改革期のイギリスで政治状況が変わるたびに、彼は、時の権力者に気に入られるため、聖書の解釈や自らの宗教的な主張もコロコロ変えたそうです。
The Vicar of Bray ・・・現在では日和見主義者のことを指す慣用句になっているとか。

この人物、映画やコミックオペラにもなったというから、当地では相当な有名人だったのでしょう。
動画の画像は、そのオペラのワンシーンをイラストにしたものです。

それでは、つたない演奏で申し訳ないですが、どうぞ〜♫

ブレイの牧師(イギリス民謡・イングランド地方)

テーマ - ピアノ

ジャンル - 音楽

△page top

こんにちは

いつも面白い曲を聴かせて下さってありがとうございます。

イングランドの田舎の風景が思い浮かぶような穏やかな曲調からは、こんな由来の題名が付いているとは思いもよりません…。

>宗教改革期のイギリスで政治状況が変わるたびに、彼は、時の権力者に気に入られるため、聖書の解釈や自らの宗教的な主張もコロコロ変えたそうです。

おお、これは"無礼な牧師"ですね(^^;

あるぴあの | URL | #-

2019/08/04 07:11 * edit *

こんにちは。
タワシさんの演奏は、聴いていていつもとても気持ちいいなあ、と感じます^^
そして、曲の魅力を伝えるのがとてもお上手だなあ、とも。

パソコンの状態が悪くてなかなか聴けなかったので、少しまとめて聴かせていただきました。
(「ゲゲゲの鬼太郎」「日本民謡っぽい」、私もそう感じました…笑)

本番、もうすぐなのですね。
どうぞ楽しんで弾かれますように^^

ジル | URL | #hiiZJbic

2019/08/05 11:36 * edit *

こんにちは~(・▽・)

慣用句になるほどとは!
スゴイ認知度ですね(>▽<;)
↑本人は嬉しくないかもですが(汗)

歌詞の内容は知りませんが
賛美歌のようなのに踊りたくなる素敵な曲だなぁ♪
牧師さんが魅力的な主張でも歌っているのかな?

一個前のロシア行進曲は面白かったです!
可愛らしい兵隊さんの行進と思ったら
最後はちょっとオバケっぽくて
壊れたおもちゃの行進曲(〇▽〇;)!?
と想像してちょっと怖かったです~

賛美歌
途中までしか聴けませんでしたが(謎)
伴奏と聖歌隊が息ピッタリでとっても素敵でした!
秋になったらぜひ生歌で聴いてみたいです(☆▽☆)

本番までもうすぐですね
怪我をしないように&体調を整えて
みなさんと元気いっぱいで楽しめますように(^^)

いもコン | URL | #-

2019/08/05 13:50 * edit *

こんにちは

昔からの曲でしょうか、高貴な雰囲気ですね、
イギリス民謡とのことですが、どこかヘンデルにもありそうな曲?というか、これをテーマにした変奏曲があってもよさそうな感じです^^
「調子の良い鍛冶屋」のテーマも民謡の影響をうけた?かのような気がしました。

michael | URL | #xNtCea2Y

2019/08/05 14:21 * edit *

あるぴあのさん>

>いつも面白い曲を聴かせて下さってありがとうございます。
→こちらこそいつも聴いていただいて、感謝感謝です!
ピアノの王道まっしぐらの方には興味のない選曲&話題だろうなと思うのですが、こうやってあたたかく見守ってくださる方もいて本当に励みになってます。
私もいつもあるぴあのさんの個性的な選曲が楽しみで、また勉強もさせてもらっています。

>イングランドの田舎の風景が思い浮かぶような穏やかな曲調からは、こんな由来の題名が付いているとは思いもよりません…。
→なるほど!イングランドの田舎の風景ですか!
私自身は最初予備知識無しにタイトルだけ見てこの曲を弾いてみて、オーソドックスな賛美歌の幾つかに似ているなあと思いました。
いずれにせよ、内容を知ったらちょっとびっくりですよね!

>おお、これは"無礼な牧師"ですね(^^;
ブレイと無礼をかけていたんですね!2度目に読んでやっと気がつきました!暑さで頭がボケていて反応が遅かったです笑

私はタワシ | URL | #5eVrhZok

2019/08/06 07:18 * edit *

ジルさん>

ジルさん、おはよございます!

>タワシさんの演奏は、聴いていていつもとても気持ちいいなあ、と感じます^^
そして、曲の魅力を伝えるのがとてもお上手だなあ、とも。
→ありがとうございます。絶対ほめすぎだと思いますけど、でも素直に喜びます(笑)
曲それぞれの個性を大事にして、それをせいいいっぱい表現しようという気持ちだけは、豊かにあります!技術不足ゆえ、実際には音にできない部分も多いのですけど。

>パソコンの状態が悪くてなかなか聴けなかったので、少しまとめて聴かせていただきました。
(「ゲゲゲの鬼太郎」「日本民謡っぽい」、私もそう感じました…笑)
→PC不調だったのですか。PC使えないと色々困りますよね。・今はもう大丈夫なんですか?
ロシア行進曲への感想もありがとうございます。ゲゲゲの鬼太郎も、やっぱりそう感じました?ね?雰囲気似てますよね?笑

>本番、もうすぐなのですね。
どうぞ楽しんで弾かれますように^^
→はい、来週の月曜日です。久々のステージで緊張するかもですが、楽しんできたいです。

私はタワシ | URL | #5eVrhZok

2019/08/07 07:48 * edit *

いもコンさん>

コメントのお返事遅くなりました!

>慣用句になるほどとは!
スゴイ認知度ですね(>▽<;)
→映画やオペレッタの題材になるくらいだから相当のものですね。
実際 The Vicar of Bray と検索窓に入れてググると、すごい数ヒットします。
でも日本では無名ですよね。私が不勉強なだけ?高校で世界史やってないからかな?

>一個前のロシア行進曲は面白かったです!
可愛らしい兵隊さんの行進と思ったら
最後はちょっとオバケっぽくて
壊れたおもちゃの行進曲(〇▽〇;)!?
と想像してちょっと怖かったです~
→ロシア行進曲楽しんでいただけてよかったです。
最後やっぱりお化けっぽいでしょう?笑
可愛くてちょっぴり怖い行進曲といえばグノーの「マリオネットの葬送行進曲」なんかもありますね。久々に弾いてみたくなりました!

>賛美歌
途中までしか聴けませんでしたが(謎)
伴奏と聖歌隊が息ピッタリでとっても素敵でした!
秋になったらぜひ生歌で聴いてみたいです(☆▽☆)
→え?最後まで聴けなかったですか・・・なぜだろ?他の人からそんな声は聞こえてこないんですが?謎だ〜
秋には是非是非お母様と一緒に聖歌隊の生歌を楽しんでくださいね!楽しみに待ってます♪

>本番までもうすぐですね
怪我をしないように&体調を整えて
みなさんと元気いっぱいで楽しめますように(^^)
→あっという間に本番目前になりましたね〜
本番ではとにかく楽しみたいです!
当日は調律でもお世話になりますね。よろしくお願いします!!

私はタワシ | URL | #5eVrhZok

2019/08/08 07:01 * edit *

michaelさん>

コメントありがとうございます!お返事遅くなってすみません。

>昔からの曲でしょうか、高貴な雰囲気ですね
→調べてみたところ、この曲のメロディーは、もともとは「カントリーガーデン」というタイトルの17世紀の民謡だったようです。1728年作のクエーカー・オペラにこのメロディーが登場しているそうです。
ただ私の第一印象は、伝統的な讃美歌によくあるタイプの曲だな〜というものでした。高貴な雰囲気ってそれと通じるものがあるかも。

>イギリス民謡とのことですが、どこかヘンデルにもありそうな曲?というか、これをテーマにした変奏曲があってもよさそうな感じです^^
「調子の良い鍛冶屋」のテーマも民謡の影響をうけた?かのような気がしました。
→確かにそれもありそうですね。
ただ「調子の良い鍛冶屋」といえばもっとドンピシャでそっくりな民謡が、ありますけど。
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1349.html
⇧これは、似過ぎて、影響を受けたってレベルではないですね。

私はタワシ | URL | #5eVrhZok

2019/08/08 08:39 * edit *

△page top

Secret

△page top

トラックバックURL
→http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1703-9aea8853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ