FC2ブログ

2019-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

<今週の録音>ピアノソナタト長調 Hob.XVI:11〜第2楽章 Andante(ハイドン)

今回はハイドンの小さなソナタ(3楽章制なのに全4ページ!)Hob.XVI:11の中から、第2楽章を弾いてみました。
練習開始四日目の録音です。練習足りなすぎですよね〜

このソナタについてちょっと調べてみたところ、
真正性が疑われる作品だが、1803年にハイドン自身が真作と認めている。
という記述がありました。
それにもかかわらず(?) 
第3楽章(メヌエット)のトリオは真作かどうか疑わしいという意見もある。
とのことです
また、このソナタですが、版によって「第11番」になっていたり「第5番」になっていたりします。(うう、混乱する〜)
まぎわらわしいので ここでは、調とホーボーケン番号のみ書いておきました。

最初にも書いた通りこのソナタは、とてもコンパクトで技巧的にも易しく書かれているため、ソナタというよりソナチネと呼びたくなります。
第1、第3楽章がそれぞれたったの1ページという中にあって、この2楽章は2ページ分あります。
拍子記号は2分の2(アラブレーヴェ)、速度記号は Andante・・・
タワシの中では2分の2は速い曲のイメージがあるので、緩徐楽章での2分の2のテンポ設定にちょっと戸惑いました。
もう少し遅くてもいいような気もしますけど、あまり遅くするとアラブレーヴェの拍感が出なくって・・・このくらいに落ち着きました。
あと、気まぐれにより(笑)今回音色の設定をいつもとは変えています。

それでは、どうぞ〜♪

ピアノソナタト長調 Hob.XVI:11〜第2楽章 Andante(ハイドン)
entry_footer
entry_header

COMMENT

こんばんは(*´-`*)ノ

ハイドンの初期らしくバロックの色彩が濃い感じですね。聞いているうちに、あれ?バッハ?と錯覚を覚えます。ハイドンの曲って、初期と後期の作風の違いがすごく大きくて興味深いですよね~

そして、アラブレーヴェの拍感がタワシさんらしくて素敵🎶

こんにちは

いいですねv 私もハイドンのソナタの1つでもが弾けたらどんなに良いか・・と思っています;
ある教室発表会で小学生の男子が、ハイドンのソナタを立派に弾いたのが光っていて、きっと伸びる子だなと記憶に残っています。
今まで馴染んだハイドンの作風から、少なくともこの楽章は真作のようにきこえますね。

こんばんは

このソナタ、初めて聴きました。魅力的な小品ですね!
さっそくimslpで楽譜をダウンロードしてみましたが、
右手32分音符が出てくるところの前のトリルが、指が絡まってしまってうまく弾けませんでした(;;)

タワシさん、こんにちは
かつです!

私もハイドンのソナタで弾きたい曲がいくつかあるのですが、装飾音が多くてモーツァルトやベートーヴェンと違った意味で弾きにくいですよね。
この曲は装飾も多くバロックを意識したつくりになっているので緩徐楽章というより小品という感じですね
それにしても練習開始四日目でこんなに弾けるなんて…タワシさんの仕上がりの早さにいつも驚きます!!
拍感が良いからなのでしょうかね???

NekoUshiさん>

コメントのお返事、遅くなりました〜、すみません💦

>ハイドンの初期らしくバロックの色彩が濃い感じですね。聞いているうちに、あれ?バッハ?と錯覚を覚えます。ハイドンの曲って、初期と後期の作風の違いがすごく大きくて興味深いですよね~
→ゼクエンツのところとか、バロックっぽいですよね〜♪
私は、バッハもさることながらスカルラッティを思い浮かべましたけど。
ハイドンは多作家で当時としては長生きだったから、いろんな作風の曲がありますね。弾くのはおろか、聴くだけでもそのごく一部しか弾け(聴け)てないです・・・

>アラブレーヴェの拍感がタワシさんらしくて素敵🎶
→そうですか!そう言ってもらえてうれしいですe-257
拍感は大事にしたいと、いつも(どんな曲でも)思ってます。とくに今回は、速度記号より拍子を優先したというところでしょうか。

michaelさん>

michaelさん おはようございます♪
コメントのお返事遅くなってすみません。

>いいですねv 私もハイドンのソナタの1つでもが弾けたらどんなに良いか・・と思っています;
→michaelさんならその気になればいくらでも弾けそうな気がしますよ〜
ハイドンのソナタ、難しいものは難しいですが、テクニック的にやさしいものも結構あります。
とにかく譜読みが楽なのでいいです!笑

>ある教室発表会で小学生の男子が、ハイドンのソナタを立派に弾いたのが光っていて、きっと伸びる子だなと記憶に残っています。
→その子今は何才くらいでしょうかね〜 今も変わらずピアノを弾き続けていてくれると嬉しいですね。順調に続けていれば今頃相当弾けるようになっているのでは?
それにしても、発表会のプログロムなど見てますと、古典派ではモーツァルトが断然多いので、ハイドンは結構印象に残るかも。

>今まで馴染んだハイドンの作風から、少なくともこの楽章は真作のようにきこえますね。
→michaelさんのようにハイドンに詳しくはない私ですが、やはりそう思います。
ただし、第3楽章のトリオはちょっと疑わしいかもという気は確かにしました。主部はとてもハイドンらしいんですけどね。(3楽章もそのうちアップしたいです。あ、もちろん1楽章も)

あるぴあのさん>

あるぴあのさん、おはようございます♪
コメントのお返事 遅くなってすみません。

>このソナタ、初めて聴きました。魅力的な小品ですね!
さっそくimslpで楽譜をダウンロードしてみましたが、
右手32分音符が出てくるところの前のトリルが、指が絡まってしまってうまく弾けませんでした(;;)
→気に入っていただけてうれしいです。
多作家のハイドンゆえ、ピアノソナタだけでもなかなか全部は把握しきれないですよね〜
ソナタと言っても、テクニック的にも規模的にも、私の手にも負えそうな小品が結構混じっているのがありがたいです。
装飾音は難しいですよね〜!
ときにはこんな弾き方でいいんだろうか?と不安を覚えつつ弾いていることもあります(シューイチ等にアップした曲でも)。
キャプションや巻末付録などで具体的な演奏例が載っていても、指が動いてくれないので、音を省いちゃうケースもままあります。
装飾音の弾き方は、私にとっては、独学で感じる「壁」の一部分です。

かつさん>

かつさん、おはうようございます。
コメントのお返事おそくなりました!すみません。

>私もハイドンのソナタで弾きたい曲がいくつかあるのですが、装飾音が多くてモーツァルトやベートーヴェンと違った意味で弾きにくいですよね。
この曲は装飾も多くバロックを意識したつくりになっているので緩徐楽章というより小品という感じですね
→一見、易しそうな曲でも装飾音を綺麗に弾こうと思ったら、ぐっと難易度上がっちゃいますね。私もいつも苦労してるんですよ〜
この曲は緩徐楽章でありながら、このソナタの中では中心的な存在だと思います。独立して一つの小品として弾くのも大いにありでしょう。

>それにしても練習開始四日目でこんなに弾けるなんて…タワシさんの仕上がりの早さにいつも驚きます!!
拍感が良いからなのでしょうかね???
→ありがとうございます。自分の身の丈に合った曲なら「ある程度」の完成度まで行くのは割と早い方かもしれません。ただそれから先が伸び悩んでしまいます。ミスタッチも一向に減らないし。
拍感は・・・どうでしょ?ノリノリで気持ち良く弾ける曲もあれば、曲によっては恐ろしく拍音痴になってしまったりします。子供の頃ピアノ教室でリズム感が悪いと言われたことがあるんで、たぶん基本的には良くないのかな〜

ハイドンいいですね!

タワシさん、ご無沙汰しております~
発表会前後はいろいろコメントを下さって、ありがとうございました❤

燃え尽きてすっかりブログから遠ざかってしまっていたので、久しぶりのコメントでごめんなさい~m(__)m

演奏会も無事に終えられて、多いに堪能されたようで良かったですね♪o(^_^o)

週末に他の用事があっても、シューイチを欠かさないのは尊敬します。なかなか、出来る事じゃありませんよ!
ピアノ&音楽愛も素晴らしい❤
演奏もいつも謙遜されてるけど聴かせる音楽的な演奏だし、ミスもほとんどわかりませんよ~

ハイドンは子供の頃にソナタを何曲か弾いて、大人になってからは全然弾いていないし、弾きたいと思った事もなかったのですが、こういう曲はいいですね♪
他の方の感想にもあるようにいい意味でバッハみたいです~
ハイドン先生は作曲家にしては珍しく長生きだから、時代によっていろんな曲がありそうですね~

子供の頃にはじめてハイドンを弾いた時はターンがいっぱいで苦手でした~今弾いてるベートーヴェンでもターンが出てきてやっぱり上手く弾けません。ターンが出てくる古典は難しいですね~

古典は独特の奏法がありますね~

タワシさんはレッスンをされていないのに古典やバロックをちゃんと弾きこなせていますね~
独学の場合はロマン派の曲よりも古典が難しいと思うんで、タワシさんはやるなっ!(エラソーですいません~汗)と感心しています。

わたしの個人的なイメージ&感想ですが、モーツァルトは女性的なイメージで、ハイドン&ベートーヴェンは男性的なイメージなんです。
女性的なイメージというのは、甘いロマンチックな感じ、軽やかな感じ、華麗な華やかな感じをイメージしてます。
子供の頃はモーツァルト<ハイドン<ベートーヴェンの順で好きでした。
最近自分は男性的な曲が好みと気づきました。タワシさんからお借りした雑誌に載っていた曲を弾いてみたら、甘くて濃厚なシューマンが合わない感じです~f^_^;

こういう感じの曲なら、久しぶりにハイドンも弾いてみたくなりました♪

また、シューイチでいろいろ曲を紹介してくださいね~
楽しみにしています。(^▽^)ノ

発表会で使い果たしたエネルギーをとり戻しつつあるので、また遊びに来ますね~
素敵な演奏会の感想も後ほど~

それでは、また~ヾ(*'-'*)

きんどーちゃん>

お久しぶりです!

>燃え尽きてすっかりブログから遠ざかってしまっていたので、久しぶりのコメントでごめんなさい~m(__)m
→いえいえ〜私の方こそお返事即なりました!申し訳ない!
発表会でエネルギー使い果たしてしまっていたんですね〜。でも、おからだや手の不調じゃなくて安心しました。ブログ更新もコメントも無理のない範囲でしてくださいね。でもブログから撤退する方も多くて寂しいので、願わくは末長く続けてくださると嬉しいです。

>週末に他の用事があっても、シューイチを欠かさないのは尊敬します。なかなか、出来る事じゃありませんよ!
ピアノ&音楽愛も素晴らしい❤
→よく皆さんにそういっていただくのですが、シューイチ継続にここまでこだわるのは、私が三日坊主だからこそです。
一旦お休みしたら絶対に、それをきっかけにズルズルと・・・ということになると思うんです。
あ、もちろん愛はありますよ〜ピアノにも、それ以上に音楽全体に対しても💕

>ハイドンは子供の頃にソナタを何曲か弾いて、大人になってからは全然弾いていないし、弾きたいと思った事もなかったのですが、こういう曲はいいですね♪
→私も長い間ハイドンとは随分疎遠でしたよ。図書館で借りた彼の楽譜、結局1曲も指に当てすすらしないまま返してしまった、という記事を、ブログに書いた記憶があります。あれは何年前だったろう?
ハイドンの場合、このように、規模も小さくてテクニック的にも容易なソナタが、結構あるのはありがたいです。

>子供の頃にはじめてハイドンを弾いた時はターンがいっぱいで苦手でした~今弾いてるベートーヴェンでもターンが出てきてやっぱり上手く弾けません。ターンが出てくる古典は難しいですね~
→ターン、初めてお目にかかったのはソナチネアルバムの中のどれかの曲です。
それからウン10年・・・未だに綺麗には弾けないです〜

>タワシさんはレッスンをされていないのに古典やバロックをちゃんと弾きこなせていますね~
独学の場合はロマン派の曲よりも古典が難しいと思うんで、タワシさんはやるなっ!(エラソーですいません~汗)と感心しています。
→自分では全くそう思わないんですけど・・・
シンフォニアはおろかインベンションすら1曲たりとてまともにやったことはないんですよ。
古典は、スケール(特に左手の)が苦手で滑らかに弾けないのが痛いですね〜
あと、独学で難しいのは装飾音の弾き方でしょうか。馬鹿の一つ覚えみたいに基本的な弾き方を繰り返すのみで、応用が利きません。

>最近自分は男性的な曲が好みと気づきました。タワシさんからお借りした雑誌に載っていた曲を弾いてみたら、甘くて濃厚なシューマンが合わない感じです~f^_^;
→実際に色々弾いてみてわかることって多いですね。好みも、自分に合う曲も。
男性的な曲を力強く颯爽と弾いてのける女性の姿はなかなかかっこいいものがあります。
きんどーちゃんも頑張ってくださいね〜

ではでは。夏ももうすぐ終わりですが、疲れが意外と蓄積してたりするので、おからだご自愛くださいませ。

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1709-cbc8049a

entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

side_footer

side menu

side_header

今日の練習メニュー

<9月17日> ♪Black Butterfly(ピアノパート)(上松明代) ♪「子供のための6つの小品」より夕べの祈り、メヌエット(クレヴァース) ♪アリエッタ(グリーグ) ♪へ調のメロディ(ルビンスタイン) ♪信頼(メンデルスゾーン) ♪石踏み越えて(ウェイルズ民謡)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer