FC2ブログ





伴奏もオカリナも、かなり残念な結果に・・・それでも楽しかった1日。 

素晴らしいお天気に恵まれた11月9日(土)、ブロとものⅠさんとともに、ST Rockerさんの主催する、「知と音楽の世界 第5回」に行ってきました〜
最近の記事で「本番」といっていたのはこのことです。

イベントの中の「ミュージックタイム」の枠内で、プロのフルート奏者・作曲家の上松明代さんの伴奏を(ⅠさんとⅠ曲ずつ)務めさせていただいたり、Ⅰさんの伴奏でオカリナを独奏したりしたのです。

会場のピアノは古いベヒシュタイン。
IMG_1631.jpg
リハの時、未だかつて棄権したことのないほど、鍵盤全体がベタベタしていてびっくり。前に弾いたひとがハンドクリーム塗りまくっていたのでしょうか・・・
ピアノに関してはプロのⅠさんが、鍵盤をきれいに拭いてくれて事なきを得ました。
何年か前、この会場のピアノがやたら弾きにくかった記憶があるのですが、今回はそんなことはなく・・・
年代物のピアノなのでタッチもペダルもちょっとクセはあるのですけど、コントロールできないほどとは感じませんでした。

タワシが伴奏した曲は上松さんの自作で「Black butterfly」という曲です。
中間部でガラリと曲想が変わるのですが、リハでは、その「入り」の部分でフルートと呼吸が合わず・・・
アイコンタクトをしなかった(タワシは楽譜ガン見で、そうする余裕がなかった)のが原因ですが、
中間部のテンポ感自体、練習してきたものとは差があるようでした。
リハの途中で参加者の方々が次々と入ってこられ、予定より少々早く会が始まりました。

STさんの「科学」をテーマにしたプレゼンテーション、Sさん(女性)の写真によるスライドショー・・・
時間があっという間に過ぎていきます。
そしていよいよいよミュージックタイムに〜
オープニングはSTさんと上松さんの共演。久々にSTさんのピアノを聴きましたが、会うたびに確実に上達していて感心します。
ついでIさんとタワシのそれぞれのピアノソロ(欠席者がいて時間が空いたため、当日朝までその予定がなかったのに、ソロを弾く事になりました〜 タワシはこきりこ節とポールモーリアを弾いたけど練習全くしてないので出来悪し!Iさんは余裕の自編曲メドレーや、楽譜ついこの前買ったばかりとは思えない完成度のピアソラ)

会が始まった時は暖かかったのに、途中で会場が冷え冷えしてきて、暖房を入れましたが、すぐはあったまらず、気がついたら手指がすっかり冷たくなっていました。
この状態でタワシのオカリナ演奏(曲=「涙そうそう」)の順番となりました・・・
まずい!この指の状態で大丈夫かなあ〜 という心のざわざわはストレートに音にあらわれ、出だしから思いっきり音程を外しました( ;´Д`)
結局最後まで完全に立ち直れないまま、何箇所も変な音を出し、リズムもぐちゃぐちゃになり・・・
何度もカラオケに通って練習したのに、そして新しいオカリナでなく以前からの相棒を連れて行ったにもかかわらず、本当に残念な結果となりました。
でも、めげてはいませんよ〜 チャンスがあればまた人前演奏に挑戦したいと思ってます。場数を踏めばきっともうちょっとは、いろんな状況に対応する能力も身についてくるはず。

そしてミュージックタイム後半は、お待ちかね上松さんの登場です。
まずは Ⅰさんの伴奏でアルベニスの「セヴィーリャ」を、ラテンの曲にふさわしく情熱的にかつ官能的に演奏!
そのあと短いトーク(作曲と編曲の違いや、これから演奏する自作の作曲の経緯など)があり、いよいよ
「Black butterfly」本番です!
オカリナに続いてフルート伴奏でも緊張で心臓の鼓動はかなり早くなっていて、テンポが走らないように懸命に努力しました。
序盤で一つ大事な音が抜け、それからも数限りなく小さなミスタッチや音抜けはありました。そして問題の中間部はやはりテンポ感をうまく合わせることができず、ハッと気がついたとき、フルートと、完全に一拍分ズレが生じていました。
そこをなんとか踏みとどまって修正し、かろうじて最後は大きな破綻なくエンディングを決めることができました。
音楽の流れを止めずに弾ききったことだけは、自分で自分をほめる、とまではいかなくても「頑張ったね」くらい声をかけてあげてもいいのかな、と思ってます。

とても恥ずかしいのですが、、、
主催者のSTさんが、「自由にブログで使っていい」と、送ってくださった音源を、公開しますね。
Black Butterfly(フルート=上松明代、ピアノ=私はタワシ).MP3

自分自身の演奏はどれもかな〜り痛い結果だったにもかかわらず、二次会も含めてとても楽しく実りの多い1日でありました、
STさん、上松さん、Ⅰさんをはじめ、ご一緒した皆様には、感謝感謝です。
来年、「第6回」でまたお会いできるのを心待ちにしています。
それまで伴奏もソロもオカリナも、もっと修行あるのみだ!!
[ 2019/11/12 20:35 ] 発表会・コンサート | TB(0) | CM(18)

音源嬉しかったです^^
最初の方はアンサンブルがちょっとぎこちない感じ?
でも後半はぐいぐい!盛り上がってきて・・タワシさんもノってる!楽しかったです♪
お疲れ様でした~!聴かせてくださり、(Stさんも、フルートの方も)ありがとうございました^^
[ 2019/11/12 22:55 ] [ 編集 ]

 Black butterfly拝聴しました♪熱さと呼吸が伝わってきて「生きた音楽」という感じがしました!

>心のざわざわはストレートに音にあらわれ

 吹奏楽器のピアノと違うところは、緊張がダイレクトに音色に反映されてしまうことですね…。タワシさんは舞台度胸があると思いますが、100%平常心というのは難しいですよね。

 ともあれ、本番お疲れさまでした!
[ 2019/11/12 23:27 ] [ 編集 ]

タワシさん、こんにちは
かつです。

オカリナ演奏&ソロ演奏&伴奏
お疲れさまでした。八面六臂の活躍ですね!

「Black butterfly」
哀愁がありレトロな雰囲気を醸し出すステキな曲ですね
はじめて聴く曲なのでミスも全然わかりませんよ、大丈夫です!!

それにしても音源がなくてもお手の物なのはシューイチで鍛えられているからでしょうか?さすが!
( ゚Д゚)
わたしもアンサンブルをしたいけれど、テンポが保てないのでグチャグチャになるだろうな…
合唱の伴奏でもいいのでいつかやってみたいです
[ 2019/11/13 00:37 ] [ 編集 ]

さっそく聞かせていただきました!!
素敵な曲ですね~。
Black butterflyという題名からイメージできるフルートの良さが前面に感じられて、そして伴奏のピアノとの兼ね合いやコラボも楽しめる、堪能できた数分間でした。
伴奏のピアノ。私には細かいことはよくわかりませんが、全体的に考えるととてもよくまとまっている感じではないですかね~。
素敵なコラボレーションだと思いましたよ♬
素晴らしいフルートの演奏とタワシさんのピアノ伴奏。
朝から楽しませていただきました。ありがとうございました!!
※ ソロ以外にも伴奏とかコラボ、タワシさんの活躍できる場も益々広がってますね!!(^^♪
[ 2019/11/13 08:31 ] [ 編集 ]

タワシさんへ

5分22秒の演奏を聴かせて頂いて有難うございました。
知識が足りないシンミですが、数回繰り返し聴いていると、この曲に名付けた
題名の(Back Butterfly)が心に浮かんできました。
素晴らしいコラボでした。 (^-^)ノ~~
~ 演奏の終わりに、“大きな拍手”がシンミには、聴こえて来ましたよ ~

(シンミより)
[ 2019/11/13 11:26 ] [ 編集 ]

ありがとうございました!

タワシさん、今回も大変お世話さまでした。
おかげさまで今回も無事終えることができました。
また、いろいろと行き届かないところがあり、失礼しました。
まだまだ手探りであり、かつチャレンジングなイベントですけど、少しでも楽しんでいただいたなら幸いです。
演奏面では今回もさらにタワシさんに活躍いただき感謝しています。
前々からそうですけど、僕はタワシさんの音楽的取り組みには惹かれますね。
最後にBlack Butterflyで締めていただき、よかったです。
それにしても、製造後100年を超えるベヒシュタイン。
よく見ると、鍵盤の幅がわずかながらバラバラなんです。
いつもシンセやPC相手の演奏の僕は、ああいう超アナログな楽器は面喰いました。
自分で企画していながらビビりましたね。
タワシさんを見習って場数を増やさないと。
では、次回もぜひよろしくお願いしますね。
[ 2019/11/13 20:42 ] [ 編集 ]

タワシさんの伴奏、フルートを引き立てるところは引き立てて、ピアノが出るところはしっかりとでていて、すごいな~さすがだな~って思いました。曲もフルートもとっても素敵で、聴かせていただいて嬉しかったです。
ありがとうございました^^
[ 2019/11/13 22:07 ] [ 編集 ]

ねこぴあのさん>

音源聴いてくださってありがとう〜♫

>最初の方はアンサンブルがちょっとぎこちない感じ?
→やっぱり日頃から顔を合わせて合わせ練習してるわけじゃないから、(リハも通して弾いたのは一度だけだし)最初はやっぱりお互いに様子見・・・ってところがあるかもしれませんね〜
私の方はやっぱり緊張もあったし〜😅

>でも後半はぐいぐい!盛り上がってきて・・タワシさんもノってる!楽しかったです♪
→中間部のアンサンブルがかなり怪しかったのですが、なんとかそこを乗り切ったら落ち着いてきました。
最後を無事まとめることができてホッとしてます。終わりよければ・・・なんとやら?

>お疲れ様でした~!聴かせてくださり、(Stさんも、フルートの方も)ありがとうございました^^
→素晴らしい経験のチャンスを与えてくださったSTさんと上松さんには、私もほんとに感謝しまくりです!
次回も楽しみです😃
[ 2019/11/15 10:15 ] [ 編集 ]

やぢまさん>

>Black butterfly拝聴しました♪熱さと呼吸が伝わってきて「生きた音楽」という感じがしました!
→嬉しいコメントいただき感謝感謝です〜
「生きた音楽」すごくいい言葉です!
生身の人間同士がぶつかるアンサンブルは、より「生きた音楽」っぽさが際立ちますよね〜🎵

> 吹奏楽器のピアノと違うところは、緊張がダイレクトに音色に反映されてしまうことですね…
→私はピアノでもかなり音色にあらわれちゃうタイプですけど・・・(~_~;)
しかしやはり、それ以上にあらわれるのが吹奏楽器でしょうね・・・ 呼吸がそのまま音になるのですから。

>タワシさんは舞台度胸があると思いますが、100%平常心というのは難しいですよね。
→いえいえ〜私、めっちゃ本番に弱いです。度胸は全然ないですよ。
本番に強い人が本当に羨ましい。
でもこれでも今回はステージでないだけマシでした。「舞台」は本当にあがります。それなりに場数は踏んだはずなのにまだ足りないのかなあv-390
[ 2019/11/15 10:26 ] [ 編集 ]

かつさん>

かつさんおはようございます。いつもコメントありがとうございますv-435

>オカリナ演奏&ソロ演奏&伴奏
お疲れさまでした。八面六臂の活躍ですね!
→今回、演奏予定の方が二人欠席されたので、出番が増えました(当日朝に連絡があり焦りましたよ〜)
残念ながら、どれも満足のゆく出来ではなかったですが・・・なんとか無事には終わりました。

>Black butterfly」
哀愁がありレトロな雰囲気を醸し出すステキな曲ですね
はじめて聴く曲なのでミスも全然わかりませんよ、大丈夫です!!
→オリジナル曲なのでミスしても分かりにくいという利点はありますね(笑)
それにっ比べてかつさんが取り組んでいるエリーゼは、超有名曲だからミスも一発でわかっちゃいますよね。私はその類の曲を人前で弾く勇気はとてもありません!

>それにしても音源がなくてもお手の物なのはシューイチで鍛えられているからでしょうか?さすが!
( ゚Д゚)
→音源、ちゃんとあるんですよ〜YouTubeに。上松さんとプロのピアニストの方が演奏している動画がアップされています。
私、曲は耳から覚えるタイプなので、音源は必須です。

>わたしもアンサンブルをしたいけれど、テンポが保てないのでグチャグチャになるだろうな…
合唱の伴奏でもいいのでいつかやってみたいです
→アンサンブルの経験を積むことは、ソロの演奏の上でもとてもためになりますよ。とくに「呼吸」を学ぶのには最高の方法だと思います。
自分から働きかけてでもそういう機会を作ることをお勧めします。
例えばピアノの弾き合い会の中で、みんなの知っている曲をかつさんが伴奏して全体合唱するとか、どうですか?
[ 2019/11/15 10:41 ] [ 編集 ]

ちこpiaさん>

ちこpiaさんおはようございます。コメントのお返事遅くなってすみません。

>さっそく聞かせていただきました!!
素敵な曲ですね~。
Black butterflyという題名からイメージできるフルートの良さが前面に感じられて、そして伴奏のピアノとの兼ね合いやコラボも楽しめる、堪能できた数分間でした。
→楽しんでいただけて何よりです。
アンサンブルって、聴いても、自分で弾いても、ソロでは味わえない楽しみがありますよね!今回は(も?)上手く弾けなかった点も多く悔いは残りますが、それでもこうしてみなさんのコメントを読んでいると、やっぱりアンサンブルいいなあ、今回も声をかけてもらえて幸せだったなあ、と思えます。

>伴奏のピアノ。私には細かいことはよくわかりませんが、全体的に考えるととてもよくまとまっている感じではないですかね~。
素敵なコラボレーションだと思いましたよ♬
→そうですか!それならよかったです。
オリジナル曲でミスがバレにくいという利点(!?)もあったと思いますけど、記事にも書いた通り、失敗しても音楽の流れを止めずに済んだのが大きかったです。

>※ ソロ以外にも伴奏とかコラボ、タワシさんの活躍できる場も益々広がってますね!!(^^♪
→個人的に、ソロより合わせモノののほうがずっと好きなので、機会さえあれば積極的にやっていきたいです。
オカリナ演奏も今回ちょっと残念な結果になりましたが、是非リベンジしたいです!
[ 2019/11/16 08:54 ] [ 編集 ]

シンミさん>

シンミさん、おはようございます。
コメントのお返事が遅くなり、ごめんなさい。

>5分22秒の演奏を聴かせて頂いて有難うございました。
知識が足りないシンミですが、数回繰り返し聴いていると、この曲に名付けた
題名の(Back Butterfly)が心に浮かんできました。
→録音を(それも繰り返し!)聴いてくださって感謝です。
タイトルにぴったりの、華やかな中に、ちょっとミステリアスな翳りもあり、魅力的な曲ですよね。
私の伴奏が至らず、魅力を伝えきれなかった部分もあるのではと、気がかりでしたが、黒蝶のイメージがしっかり伝わっているようで、安心しました!

>素晴らしいコラボでした。 (^-^)ノ~~
~ 演奏の終わりに、“大きな拍手”がシンミには、聴こえて来ましたよ ~
→お褒めにあずかり恐縮です〜
“大きな拍手”は、さすがプロ、というフルート演奏と、曲の魅力によるところがほとんどだと思いますが、伴奏者としてその場にいられたことを嬉しく思います。

来年もまた上松さんとのコラボを約束していますので、今年以上に楽しんでいただける素敵なアンサンブルを目指しますね!
[ 2019/11/16 09:08 ] [ 編集 ]

コラボ曲もいいものですね~。
背景のようなピアノの音で、フルートの旋律がより生き生きと聴こえる曲に感じました。

それにしても…前の人のハンドクリーム(?)で鍵盤べたべたには笑ってしまいました。ハンドクリーム塗りすぎた本人は弾きづらくなかったのだろうか、と。
[ 2019/11/16 14:58 ] [ 編集 ]

タワシさん こんばんは(*^-^*)

STさんのイヴェントでご一緒させて
いただきました北海道の桜ようかんです!

先日のイヴェントでのタワシさんの
演奏素敵でした(#^.^#)
オカリナ素敵な音色でした(^^)/

またご一緒出来ると良いです♪

リンクをブログへ貼らせていただきました~!今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2019/11/17 19:47 ] [ 編集 ]

ST Rockerさん>

STさん こんばんは!
コメントの返事が大変遅くなりまして、申し訳ありません💦

> タワシさん、今回も大変お世話さまでした。
おかげさまで今回も無事終えることができました。
→こちらこそ、大変お世話になりました!
おかげさまでとても楽しい時間を過ごすことができました。感謝、感謝です!

> 演奏面では今回もさらにタワシさんに活躍いただき感謝しています。
前々からそうですけど、僕はタワシさんの音楽的取り組みには惹かれますね。
最後にBlack Butterflyで締めていただき、よかったです。
→自分の演奏に関しては、記事に書いたようにかなり残念な点が多かったんです。でもSTさんはじめ皆様が、温かいコメントを寄せてくださって、ずいぶん慰められまBlack butterflyも自分としては不本意な演奏(伴奏)でしたが、思いのほか好評でホッとしています。
タイトル通り華やかで演奏効果も高いので「トリ」にはうってつけですね。

>それにしても、製造後100年を超えるベヒシュタイン。
よく見ると、鍵盤の幅がわずかながらバラバラなんです。
いつもシンセやPC相手の演奏の僕は、ああいう超アナログな楽器は面喰いました。
自分で企画していながらビビりましたね。→そうでしたか!それに気づくとは、よく観察されてますねえ。
でもこの前お会いした時より格段に、ピアノお上手になっていて驚きました。ビビっていたなんてとても思えません。むしろアナログな楽器とも相性バッチリなのではないでしょうか?

> では、次回もぜひよろしくお願いしますね。
→はい、こちらこそ是非、次回もよろしくです。次回はピアノもオカリナも練習の成果をちゃんと出せるようにしたいです。
そしてもちろんSTさんのプレゼンも楽しみです!
[ 2019/11/18 05:51 ] [ 編集 ]

ゆりこさん>

ゆりこさん、コメントありがとうございました!お返事が大変遅くなってしまって、ごめんなさい💦

>タワシさんの伴奏、フルートを引き立てるところは引き立てて、ピアノが出るところはしっかりとでていて、すごいな~さすがだな~って思いました。曲もフルートもとっても素敵で、聴かせていただいて嬉しかったです。
ありがとうございました^^
→録音聴いていただき、こちらこそ感謝します♪
オリジナル曲ということで、既存の有名な曲に比べてミスがバレにくい面はあったかと思いますが、実はいっぱい失敗しまくりで、本人としてはかなり残念な演奏になってしまいましたe-441
それでもゆりこさんがそのように感じてくださったとしたら、それは、聖歌隊で何年も伴奏をさせていただいている成果だろうなあと思います。
フルートの音色も楽しんでいただけてよかったです。フルートはゆりこさんにとってこれからますます特別な楽器になっていきそうですねe-265上松さんはもちろん次回以降も参加してくださる予定ですので、お近くなら次回はお誘いして生演奏を楽しんでいただきたいのですが〜


[ 2019/11/18 06:10 ] [ 編集 ]

ゆきなぎさん>

こちらにもコメント、どうもありがとうございます!

>コラボ曲もいいものですね~。
背景のようなピアノの音で、フルートの旋律がより生き生きと聴こえる曲に感じました。
→おお〜そうですか。それはよかった!
とにかく私の未熟な伴奏のせいでプロの方の足を引っ張るのが何より心配でした。フルートを生かす伴奏ができていたのなら、とても嬉しいです。

>それにしても…前の人のハンドクリーム(?)で鍵盤べたべたには笑ってしまいました。ハンドクリーム塗りすぎた本人は弾きづらくなかったのだろうか、と。
→いやあ〜こんなにひどいベタベタは未だ経験がなく、びっくりするレベルでした。しかも鍵盤の端から端までムラなくですよ〜。いったいどんな人だろう?この状態で弾いてたんかな?などとあれこれ考えちゃいました。これでショパンやリストの大曲などバリバリ弾いてたりしたら・・・尊敬しますよ〜笑
[ 2019/11/20 09:16 ] [ 編集 ]

桜ようかんさん>

桜ようかんさん、こんにちは!
先日はご一緒できて楽しかったです。
そしてコメントいただけてとても嬉しく思います。

>STさんのイヴェントでご一緒させて
いただきました北海道の桜ようかんです!
→北海道代表・桜ようかんさん!!名刺の可愛いデザインと共にしっかり私の心に刻まれてますよ〜♪

>先日のイヴェントでのタワシさんの
演奏素敵でした(#^.^#)
オカリナ素敵な音色でした(^^)/
→記事にも書いたように、オカリナとても不本意な出来栄えになってしまったんです。なのに、あたたかいおことば・・・もったいないです。
次回は是非ともリベンジしたいです。昨日も教会でみっちり練習してきましたよ〜

>リンクをブログへ貼らせていただきました~!今後ともよろしくお願いいたします。
→ありがとうございます。こちらからも貼らせていただきます。
次回も、またお会いできるのを楽しみにしています。
ブログの方でも末長くよろしくです〜
[ 2019/11/20 09:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1744-3e6ff5fe