FC2ブログ
『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
タイトルを見て、バッハとグノーの、時を超えた共作『アヴェ・マリア』のことを連想した方もおられると思いますが、今回はその話ではございません。
4月5日の「棕櫚の主日(イースターの1週間前の主日)」でタワシが弾く「特別賛美」の曲目についてです。

前の牧師先生の時は、受難日(イースター直前の金曜日)の夜に礼拝を行い、タワシはその中でイエス・キリストの受難をテーマにした曲を何か1曲ピアノソロで演奏するのが恒例でしたが、今の先生になってから受難日礼拝自体をやらなくなりました。(受難週の朝の「早天祈祷会」は変わらず続けています)
今年は、タワシの方から申し出て、棕櫚の主日の献金の時に1曲弾かせていただくことになりました。

その曲目として、グノーの Ave Verum Corpus を提案して了承してもらったのですが・・・

受難週ということなら、やはり、まっさきに頭に浮かぶのはバッハの受難曲。
1年前、このブログでも紹介した「マタイ受難曲」の中の 「悔いの悲しみは」という曲が大好きで、ピアノソロ用に編曲した楽譜も手元にあるので、この機会になんとか弾けないかなあという思いが湧き上がってきました。
曲目は間近になったら改めて知らせてほしいと牧師先生に言われているので、変更の余地はあるということでしょう。
今朝からバッハの曲をマジモードで練習中ですが・・・難しいですね、やっぱり。インベンションの1曲たりともまともにやったことがないタワシにはハードル高いです。

どうしても無理な場合は予定通りグノーを弾こうと思います。
(グノーは音数が少ないこともあり、昨日教会のアップライトで久々に弾いてみたのですが問題なく最後まで通せました)

この時期はどこの教会でもそうだと思いますが、受難日・受難週と、そのあとのイースター、対照的な2つの大事な日に向けて準備しなくてはならず、気持ちの切り替えがちょっと大変だったりしますね。
それに加えて今年はコロナのせいでこんな状況になり、気持ちを集中させるのが難しかったりもしますけど、祈りつつ最善を尽くせたらいいなと思います。

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2020/03/23 10:21】 | 教会のpianist
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック