『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
バッハやヘンデルと同じ1685年生まれの、ドイツの作曲家・オルガニスト、ゴットフリード・キルヒホッフ Gottfried Kirchhoffの「リゴドン」を弾きました。
カワイ出版の「フレッシュプログラム3」に収録されています。

リゴドンは 南フランスのプロヴァンス地方発祥の、速いテンポの快活な舞曲です。
バロック時代の組曲に取り入れられることが多い、とのことで、この曲もそうなのかな?と思いますが、詳細は不明です。
子供向けの楽譜であっても、曲の出典くらいは記述があるとありがたいのですけどね〜

キルヒホッフという作曲家についてはほとんど知識がありませんでしたがサックっ調べてみました。
農夫の息子として生まれましたが、牧師の援助によってハレの学校に通い、そこでヘンデルとともに学びました。
聖ベネディクト教会、そして(バッハもオルガニストを務めた)マリエン教会で、オルガンを弾き、作曲をし、聖歌隊を指導しました。
作品は宗教曲が中心のようで、カンタータやオルガン曲などがあります。

それでは、どうぞ〜♫(今回も教会のアップライトでの録音です)



リゴドン(キルヒホッフ)
コメント
この記事へのコメント
お辞儀をしながら踊っていそうな曲ですね♪
いつの間にか踊っているメンバーが
たくさん増えていそうだなぁ♪
繰り返し聴いても飽きないです(^^)

イースターにむけて
元気いっぱいに過ごせますように!

2020/03/25(水) 13:54 | URL | いもコン #-[ 編集]
いもコンさんこんにちは〜
コメントありがとうございます!

>お辞儀をしながら踊っていそうな曲ですね♪
いつの間にか踊っているメンバーが
たくさん増えていそうだなぁ♪
→リゴドンってどうやって踊るんでしょうね〜舞曲スキー(好きー)と言いながら意外と何にも知らないんだなあと反省しています。今度調べてみますね。

>イースターにむけて
元気いっぱいに過ごせますように!
→コロナが相変わらず猛威を振るっていて、なかなか雲ひとつない青空のような晴れやかな気持ちでは楽しめませんけど、今こうして好きな音楽と戯れることができているさいわいに感謝しつつ、健康には十二分に気をつけてイースターを迎えたいです!
いもコンさんも、ママン様も、お身体くれぐれもご自愛のほどを。
2020/03/27(金) 18:06 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1793-0db0fbec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック