『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
今年の3月末に初めて楽譜を開いてから2ヶ月、途中放置していた期間もありましたが、なんとか最後まで通るようになりました。
ミスタッチも、何箇所か、やらかしてますし(何度録音しても、もぐらたたきのようにその都度違う箇所をミスしてしまい、どうしてもノーミスでは録レませんでした〜)、表現の面でも不本意な点が多々ありますが、妥協して<今週の録音>としてアップします。
なお、動画の画像はエステルハージ城公園にある、ハイドンの銅像です。

それでは、どうぞ〜♪


ピアノソナタホ長調 Hob.XVI:22 第2楽章(ハイドン)
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
ハイドン、待ってました!通して聞かせてもらえてうれしいです~~~!!!

ハイドンというと、個人的な印象では「あっけらかんと明るい!」がダントツだったのですが、こちらの曲はしっとりで、でもウェットじゃなく、さらさらととても肌触りの良い短調で、私の中でのハイドンの新たな魅力発見!となりました。演奏も、選曲も、ほんとにおみごとです!

今回聞かせていただいた演奏、練習3日目の録音の時よりテンポダウンで、その時貼ってくれていた動画の雰囲気により近づいたように思いました。ミスなんてあったの?というくらい、流れに引き込まれて最後まで気持ちよく聞かせていただきました。そして、リピートして聞かせてもらっています^^タワシさんの演奏、心地いいんですよ~、拍感でしょうかね、どんな曲を弾かれても、安定しまくってます。 

前の記事でちらりと紹介されていた、2冊の女性作曲家の曲集?興味津々です!シューイチ登場を楽しみに待っていますね♫
2020/05/28(木) 13:28 | URL | ina-kibi #FmSL4M/k[ 編集]
こんにちは~~
私も待ってました!!タワシさんのハイドン♪♪
しっとりと聴かせるハイドンで、とても素敵です。古典派の緩徐楽章はこうでなくては!と思いました(*´▽`*)
動画の背景になっているエステルハージ城公園のハイドンの銅像も雰囲気を盛り上げてくれてますね。
2020/05/28(木) 14:16 | URL | NekoUshi #klq26XPE[ 編集]
わあ~端正かつ表情豊かで素敵です♪流れがあって音のバランスも良くて・・✨

この曲本当にいいですね~
第三楽章もお聞かせくださいね^^
2020/05/28(木) 22:16 | URL | ゆりこ #-[ 編集]
ina-kibiさんこんにちは〜
ハイドンの録音待っててくださったのですね!
ノーミスはやっぱり無理でしたが、なんとか許容範囲の録音はアップできました。

>ハイドンというと、個人的な印象では「あっけらかんと明るい!」がダントツだったのですが、こちらの曲はしっとりで、でもウェットじゃなく、さらさらととても肌触りの良い短調で、私の中でのハイドンの新たな魅力発見!となりました。演奏も、選曲も、ほんとにおみごとです!
⇨演奏はさておき、選曲はわれながら良かったかなと思ってます。そんなに演奏機会の多い曲ではないところが、タワシ的には弾き甲斐があったりするのですよ笑
短調ならではのしっとり感をたたえつつも、絶望的な暗さに陥らないのが、またいいですね。こんな時節がら、救いのないくらい曲は聴くのも弾くのもしんどいです。(そんな曲弾いたことほとんどないですが)

>今回聞かせていただいた演奏、練習3日目の録音の時よりテンポダウンで、その時貼ってくれていた動画の雰囲気により近づいたように思いました
⇨テンポ、速くならないように意識はしましたが、体内時計がせっかち気味なのか、遅い曲では弾いているうちにいつのまにかテンポアップしていることが多いです。メトロ練習を日頃からすれば改善するのかもしれませんがなかなかその気になれず・・・。でも今回、ゆったりひこうとしたのがそちらにも伝わったたようで安心しました。

>タワシさんの演奏、心地いいんですよ~、拍感でしょうかね、どんな曲を弾かれても、安定しまくってます
⇨絶対、褒めすぎですよ〜 でも、心地いい演奏と言っていただけて素直にとっても嬉しいです。

>前の記事でちらりと紹介されていた、2冊の女性作曲家の曲集?興味津々です!シューイチ登場を楽しみに待っていますね♫
⇨他にも楽しみにしてくださってる方がいますので、できるだけ早めに記事だけでも書きたいです。シューイチ登場はそれよりさらに先になってしまうと思いますが、頑張りますね!
2020/05/31(日) 17:45 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
NekoUshiさん こんにちは!

>私も待ってました!!タワシさんのハイドン♪♪
しっとりと聴かせるハイドンで、とても素敵です。古典派の緩徐楽章はこうでなくては!と思いました(*´▽`*)
⇨NekoUshiさんも待っててくださったのですね〜
感謝です!
古典派の緩徐楽章っぽく弾けてましたか?だったらとても嬉しいです。
もともとロマン派大好き人間なせいか、以前はついつい表現が大仰になりがちだったのですが、(ハイドンのどれかのソナタのメヌエットを弾いたら、ディナーミクが大袈裟すぎてゴジラが踊ってるようだと言わたことがありますv-12)最近はやっと感情移入のさじ加減がわかってきたように感じます。

>動画の背景になっているエステルハージ城公園のハイドンの銅像も雰囲気を盛り上げてくれてますね。
⇨画像も気に留めていただきありがとうございます。あの有名すぎる肖像画じゃ、さすがにちょっと芸がないかなあと思い、別の画像を探してみました。エステルハージ城公園 きっと素敵なところなんでしょうね〜
2020/05/31(日) 18:03 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
ゆりこさん おはようございます。

>わあ~端正かつ表情豊かで素敵です♪流れがあって音のバランスも良くて・・✨
⇨過分に褒めていただいて恐縮です! 自分ではどうしてもうまくいかなかったところ(ミスタッチなど)にばかり目を向けてしまいますので、皆さんの、こういう暖かいコメントには救われています〜

>この曲本当にいいですね~
第三楽章もお聞かせくださいね^^
⇨そんなに演奏機会の多い曲ではないですがなかなか魅力的ですよね!ゆりこさんにも気に入っていただいて嬉しいです。
三楽章は左手が難しい箇所があって、練習してもよどみなく弾けるようにならないかも〜 でも(シューイチでなくDustBoxとかでも)いずれアップできたらいいと思ってます。
2020/06/01(月) 06:38 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
タワシさんのハイドンしっとりしてて良いですね〜
ハイドンは子ども時代にあんまりいいイメージがなくて、再開後に興味持てなかったんです。初ハイドンはソナタ1のトップにのってる35番ハ長調ですが、今の先生のねちっこい細かい指導で、長い期間、延々とこの曲をやったので、飽きてうんざりしてしまったというのもあります〜笑(ザ・昭和の指導法ですねぇ。こんな指導だからわたしの先生の教室は今も昔もすぐに生徒がやめちゃうんんですよ〜笑)

子ども時代にソナタ1&2にあるハイドンを弾いた中でわりと気に入ったのが36番嬰ハ短調&34番ホ短調です。単にこの2曲はソナタ1&2に入ってる曲で短調というだけですけど。子どもの頃から生粋の短調好きなんですよ。
前のコメントでina-kibiさんが書かれてますけど、わたしもハイドンは長調の曲はあっけらかんと明るいイメージで(モーツァルトの明るさとはチョイ違う明るさなんだけど)、短調の36&34は男性的な勇ましいイメージ。
今回みたいなしっとりした哀愁のある曲もあるんだなぁと新しい発見です。
ハイドンはザ・古典の王道ですね〜独学で古典を弾きこなせるなんてタワシさんはヤリマすね!!(って前にもコメで言ったけど〜笑)

地味な?ハイドンの魅力は青い子どもにはわからん渋い魅力なのかも。大人が弾く方が良さそう。このハイドンもしみじみとした大人の魅力ですね。
逆にモーツァルトは子どものフレッシュで自由な感性の方がいい雰囲気で弾けそうなイメージなんです。

ベートーヴェンのソナタでも中間の楽章(何か名前がありましたね〜汗)がかなり好きで、他の楽章より短いこともや速くないこともあって、好きでたまに真ん中の楽章で弾けそうなものを遊び弾きしてます。(op,79やop,14No.1など)
ソナタ全楽章だと時間もエネルギーも相当要るので、真ん中の楽章だけ弾いて楽しむのもいいなぁと前から思ってるのですけど。
あまり弾く機会がない作曲家も短い楽章だけ弾いて楽しむのもいいかも〜と今回の記事を拝見&拝聴して思いました♪
ハイドンさんは長生きされたから曲はいっぱいありますよね。
わたしはハイドンの楽譜はソナタ1&2しか手持ちにないのですが、タワシさんが弾かれたソナタは何の楽譜でしょうか?
ハイドンソナタ集とかあるんでしょうかね。
こういう曲もあるなら弾いてみたいかも。

朝バッハ&夜ハイドンも良いですね〜すてきな組み合わせ♪
わたしも朝いちにバッハ弾きたいなぁ♪
2020/06/05(金) 12:58 | URL | きんどーちゃん #Q.el4SCk[ 編集]
きんどーちゃんこんにちは〜
コメントありがとうございます。

>初ハイドンはソナタ1のトップにのってる35番ハ長調ですが、今の先生のねちっこい細かい指導で、長い期間、延々とこの曲をやったので、飽きてうんざりしてしまったというのもあります〜笑
→そうでしたか!多分ピアノ弾く人の間では、ほとんどこれ(35番)が最初にやるハイドンなんでしょうね。ねちっこく延々とレッスンされたら私も確実に苦手意識が生じちゃうだろうと思います。

>単にこの2曲はソナタ1&2に入ってる曲で短調というだけですけど。子どもの頃から生粋の短調好きなんですよ。
→なるほど〜短調の曲というのが選曲の理由だったんですね。
短調といえば私、以前、ハイドンのト短調のソナタを弾いたことがあります。1楽章のみ録音が残ってました。
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/blog-entry-1095.html
この曲 自分としてはかなり練習頑張った記憶があります!
いつかどこかで本番にかけてみたい気持ちもあります!!

> 独学で古典を弾きこなせるなんてタワシさんはヤリマすね!!
→いやいや〜曲がりなりにも弾ける曲がいくつかある程度で、「古典を弾きこなせる」なんて大いに事実から離れています(汗)
古典は、スケールやアルペジオ多いから、ハノンやチェルニーを真面目にやった人は得意そうな印象があります。|(もちろん音楽的な表現はまた別の話で、あくまでも指の廻についての話ですが)

> ベートーヴェンのソナタでも中間の楽章(何か名前がありましたね〜汗)がかなり好きで、他の楽章より短いこともや速くないこともあって、好きでたまに真ん中の楽章で弾けそうなものを遊び弾きしてます。(op,79やop,14No.1など)
ソナタ全楽章だと時間もエネルギーも相当要るので、真ん中の楽章だけ弾いて楽しむのもいいなぁと前から思ってるのですけど。
あまり弾く機会がない作曲家も短い楽章だけ弾いて楽しむのもいいかも〜と今回の記事を拝見&拝聴して思いました♪
→真ん中の楽章?「緩徐楽章」のことですよね?
私もよく、抜き出してそこだけ弾いてますよ〜 
ちなみに・・・楽章が4つある場合(交響曲はたいていそうですが)では第2楽章が緩徐楽章(アンダンテとかアダージョ)第3楽章が舞曲楽章(スケルツォかメヌエットが多い)というのが一般的ですね。

>タワシさんが弾かれたソナタは何の楽譜でしょうか?
ハイドンソナタ集とかあるんでしょうかね。
こういう曲もあるなら弾いてみたいかも。
→私が今回使ったのは春秋社のハイドン集。中古(ヤフオク)で買った、安い楽譜です〜
ハイドンソナタ集ももちろん出てますよ〜。ウィーン原典版、ヘンレ版、全音版などあります。興味があればアマゾンで検索してみてくださいね〜
2020/06/06(土) 10:59 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1815-da46958a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック