『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
一時期かなりの頻度で、シューイチに世界の民謡が登場していましたが、気がつけば最近はご無沙汰気味でした。調べたみたら、なんと!去年の12月のドイツ民謡「ヨーゼフ、わがヨーゼフよ」が最終で、今年になってからは一度もアップしていなかったことが判明しました。
というわけで今回は久々の、そして今年初の、「世界民謡シリーズ」です!

「年老いしロビン・グレイ」というスコットランド民謡です。
主な登場人物は… 若く美しいヒロイン(名前不詳)、彼女とは相思相愛の若者ジェミ、ヒロインに想いを寄せる老人ロビン・グレイの3人。
ヒロインとジェミは愛し合っているがジェミには貯金がなく、結婚資金を稼ぐため海へ出て働くことに。その直後ヒロインは、父の怪我、母の病気、牛を盗まれるなど不運に見舞われる。そんな彼女の前に現れたのがロビン・グレイです。ロビングレイはヒロイン一家を何かにつけて助けます。そしてついに求婚!しかしジェミ一筋のヒロインに想いは届かず。。。 やがてジェミが海で遭難したという知らせが!悲嘆にくれるヒロインをロビン・グレイはずっと愛し支え続け、とうとうヒロインも求愛を受け入れてロビンと夫婦となり、二人は平和な結婚生活を送った。
というのが、詩のストーリーです。これって実話なのかな?ありそうな話のような気もしますが、実話かどうかまでは調べられませんでした。
民謡らしく見開き2ページという短い曲ですが、詩の内容にふさわしく、短調の中間部では曲想が一変してドラマティックになります。



年老いしロビン・グレイ(スコットランド民謡)
コメント
この記事へのコメント
ロビン・グレイの包み込むような愛情にほだされちゃったんですねぇ♪
短調の所は二人とも辛かったでしょうねぇ(;◇;)
何はともあれ ハッピーエンドでよかったです!

新しいオカリナ 楽しみですねぇ(☆▽☆)
鳥のような透き通った音かな?
シューイチとともに 演奏楽しみに待ってます~♪
2020/06/04(木) 15:19 | URL | いもコン #-[ 編集]
いもコンさんこんにちは〜
今日もシューイチ聴いてくださってありがとうです♫

>ロビン・グレイの包み込むような愛情にほだされちゃったんですねぇ♪
短調の所は二人とも辛かったでしょうねぇ(;◇;)
何はともあれ ハッピーエンドでよかったです!
→いわゆる「年の差婚」ですね!ロビングレイおじいちゃん粘り勝ち?笑笑 若くて綺麗な女性に一目惚れしたのかもしれませんが(たぶんそう)、その家族も助けたりして意外と人格者なのかも。

>新しいオカリナ 楽しみですねぇ(☆▽☆)
鳥のような透き通った音かな?
シューイチとともに 演奏楽しみに待ってます~♪
→ソプラノFはこれまで持っていたアルトのCより4度高いだけなので、ピッコロのような高音を想像すると意外と低いと思うかもしれません。同じアケタの製品ということもあって音色は似ています。
運指が・・・たまにしか練習しないのでまだ慣れてなくて、アルトCの運指とたまに混同しちゃいます。もうちょっと吹きこなせるようになるまで、録音はしばしお待ちあれ〜
2020/06/06(土) 10:13 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
スコットランド民謡、スコットランドの民話が元になっているのでしょうか。歌詞がストーリーになっているのですね。見開きの短い曲に、これだけの壮大?なストーリーが…。
物語がわかって聴くと、なおいいですね^^タワシさんの演奏からもドラマが感じられます!
2020/06/07(日) 09:35 | URL | ジル #-[ 編集]
おお!ジルさん、お久しぶりです!!

>スコットランド民謡、スコットランドの民話が元になっているのでしょうか。歌詞がストーリーになっているのですね。見開きの短い曲に、これだけの壮大?なストーリーが…。
→実話なのかフィクションなのかわかりませんが、そういう話が言い伝えられていたのは間違いなさそうですね。フィクションだとしてもモデルがあったのだろうと思います。
曲は見開き2ページですが歌詞は何節もあるので、長いストーリーを読み込むこともできるのです〜

>物語がわかって聴くと、なおいいですね^^タワシさんの演奏からもドラマが感じられます!
→ありがとうございます!長調と短調の対比をきわだたせることで、ドラマチックな効果を狙ってみましたが、ちゃんと伝わっているようで良かったです!
2020/06/08(月) 10:00 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
タワシさん、こんばんは〜
シューいちは民謡系民族音楽系が多い印象がありますが、久しぶりの民謡だったんですね。世界民謡シリーズで世界旅行を味わえますね〜
民謡は特に個々の国独特の音楽性が出ると思うので、よりそれぞれの地域に根ざした深い音楽を味わえそうです。パックツアーできれいな観光地をさらっと巡る旅行ではなく、小さな町や村を歩き回り、食堂に入ってみたりと地元の方々と触れ合うような旅みたいに。

『子どものためのやさしい小品集「世界一周」作品9』
早速、プリントしましたよ〜教えて下さってありがとうございます。これは曲集が丸ごとPDFになっているのでプリントするのが楽でした。高い楽譜はなかなか買わないくせに、お金のかからないものはやる事素早いんですよ〜笑
これで10カ国の旅を気軽に楽しめます♪

スコットランドの民謡のお話も興味深いです。芸術性を追求した音楽も良いですが、素朴な民謡の物語&言い伝えなども魅かれます。
お話を読みながら音楽を聴くと楽しさが倍増です♪

何となくですれど物語を読んでて、ヒロインがクララ・シューマン、早世するジェミがシューマン、一途にヒロインを想うロビンがブラームスを思い浮かべてしまいました〜笑
実際にクララとブラームスは結ばれてはいないようですし、ブラームスはロビンのような年老いた男性ではないですけどね。
音楽と恋愛の物語は切っても切れませんねぇ♥
2020/06/09(火) 21:06 | URL | きんどーちゃん #Q.el4SCk[ 編集]
きんどーちゃんこんにちは!コメントありがとうございます!

>民謡は特に個々の国独特の音楽性が出ると思うので、よりそれぞれの地域に根ざした深い音楽を味わえそうです。パックツアーできれいな観光地をさらっと巡る旅行ではなく、小さな町や村を歩き回り、食堂に入ってみたりと地元の方々と触れ合うような旅みたいに。
⇨いい表現ですねぇ。まさにそんな感じです!
そして、ピアノ音楽の王道と真逆のところにある(?)こんな選曲と演奏にも、目をとめてくれたり、共感してくれる方がいることは、すごく励みになります。

> 『子どものためのやさしい小品集「世界一周」作品9』
早速、プリントしましたよ〜教えて下さってありがとうございます。
⇨お役に立ててよかったです。楽しく、気軽に、弾いてみてくださいね〜

>ヒロインがクララ・シューマン、早世するジェミがシューマン、一途にヒロインを想うロビンがブラームスを思い浮かべてしまいました〜笑
実際にクララとブラームスは結ばれてはいないようですし、ブラームスはロビンのような年老いた男性ではないですけどね。
⇨おお!言われてみれば確かに!シチュエーション的にかなり似てますね。
ヒロインとジェミの恋も結構大変だったのかもしれません。恋人が危険を冒して海に稼ぎに行くくらい貧乏だったのだったら、ヒロインの家族、特にお父さんは結婚に猛反対しそうですよね。そう考えるとますます、きんどーちゃんのこの連想、説得力あります〜

>音楽と恋愛の物語は切っても切れませんねぇ♥
⇨はい、それはもちろん!今も昔もそうですねぇ・・・
2020/06/11(木) 11:02 | URL | 私はタワシ #5eVrhZok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1818-b126accf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック