FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

 
09
 
「レビコフのマズルカ?つい最近もシューイチに登場したばかりでは?」と思われた方があるかもしれません。まさにその通りです。3週間前の「クラクフ」がそうでした。
今回のマズルカは、ミニアチュールのアルバム(小品集)「秋の夢」の中の1曲です。

なぜこんなに短いインターバルでまたレビコフのマズルカが登場したかというと・・・
深い意味はありません。
今回アップしようと思っていた他の曲が、どうしても人さまにお聴かせできる状態にならなかった、という・・・、それだけです(滝汗)。

それはともかく・・・
同じマズルカでも前回の「クラクフ」が長調なのに対してこちらは短調ということもあり、だいぶ印象は違います。
また「クラクフ」がポーランドを意識した曲(それでも多少はロシアっぽい)なのに対し、こちらはよりロシア風味が濃くなっています。特に中間部は明らかにチャイコフキーの影響が感じられます。

それでは、どうぞ〜♪


マズルカ〜小品集「秋の夢」より〜(レビコフ)

Comment

2020.06.13 Sat 12:26  |  No title

先週のスコットランド民謡の、優しく音を置くような弾き方、今週のマズルカの軽快な演奏とタッチの違いに表現の幅を感じます。
また、曲の紹介文とともに、いつもながら、聴き手としてその世界観を懐かしむような慈しむような感じを受ける演奏だと感じます。

  • #-
  • ゆきなぎ
  • URL

2020.06.16 Tue 23:00  |  ゆきなぎさん>

ゆきなぎさん こんばんは。ちょっとお久しぶりですね!

>先週のスコットランド民謡の、優しく音を置くような弾き方、今週のマズルカの軽快な演奏とタッチの違いに表現の幅を感じます。
⇨タッチの違いですか。。。実はそんなには意識していなかったかも。
もちろん、早い段階から、各曲ごとの明確なイメージを思い描くようにはしています。イメージが定まったらそれを伝えるのに力を注ぎますが、時として表現がオーバーになることもあるようで・・・さじ加減は難しいですね。

>また、曲の紹介文とともに、いつもながら、聴き手としてその世界観を懐かしむような慈しむような感じを受ける演奏だと感じます。
⇨過分に褒めていただき恐縮です〜
曲の紹介文も締め切り時間が迫ったり、疲れや眠気などのせいで、ずいぶんおざなりになってしまうこともあるのですが、このようにしっかり目に留めてくださる方があるのだから、演奏同様、手抜きせず真剣に臨まなくては!

  • #-
  • 私はタワシ
  • URL

2020.06.25 Thu 21:48  |  No title

タワシさん、こんばんは〜
梅雨に入ってじめじめとた湿度で体調も心身の調子もイマイチになるがちですよね〜梅雨でモチベーションが上がらないとの事でしたが、いかがお過ごしでしょうか?!
わたしも天候に体調が左右されてしまいます。気象病というものの存在を近年ネットで知ってこれだ!と膝を打っちゃいました〜
低気圧や湿度に弱くて心身共に不調になるんです。この時期と台風の時期は最悪です……

今はそれがわかったので、そいうい気候の時は早めに頭痛薬を飲んだり、早めに寝るにようにしたり、無理をしないように穏やかに過ごすようにしてます。
こういう鬱陶しい時期は美しい穏やかな音楽で癒されたいものですね♪


レビコフさんの曲はなかなか叙情的で良いですね♪
タワシさんが教えて下さった世界一周の子どもの曲を全曲ダウンロードしてプリントしたので、気になるものをちょこちょこ弾いてます。
東洋の曲は何となくイメージがピンとこないんですけど〜(レピコフさん、ごめんなさい〜)イタリアとスペインの曲調が好みで弾いてみたいと思いました♪
スペインの曲はやはりグラナドスやアルベニスっぽいですね。リズムとか。
レビコフさんはシューいちで知った作曲家ですけど、なかなかロマンシチズム溢れる叙情的な曲で良いですね〜
大好きなグリーグの叙情小曲集に近いイメージを持ちました♪

今週のしゅーいちの賛美歌もなかなか叙情豊かでした。ストリングスとボイスの音も合ってますね♪どうやら調べてみるとうちのピアノも10種類くらいの音色に出来るようでストリングスもありました。
賛美歌は全然知りませんけど、短調と長調が交互にくる曲は珍しいのかな?!
わたしは短調と長調をしつこく繰り返すシューベルトに夢中です♪
和声の進行と短調と長調が交互にくる事と和声の進行に萌え萌え♥
あっ〜またフランツ愛を語ってしまった〜汗
これ以上滞在したらシューベルトについて熱く語ってしまいそうなので退散します〜それでは、また〜

怪我した指をお大事に。ピアノを弾く事に響かないといいですけど。(紙でスパっと切れるのは結構痛いですよね〜泣)

  • #Q.el4SCk
  • きんどーちゃん
  • URL
  • Edit

2020.06.28 Sun 18:26  |  きんどーちゃん〉

きんどーちゃん、こんばんは!
またしてもコメントのお返事が遅くなってしまいゴメンナサイ〜
 
>梅雨に入ってじめじめとた湿度で体調も心身の調子もイマイチになるがちですよね〜梅雨でモチベーションが上がらないとの事でしたが、いかがお過ごしでしょうか?!
→低空飛行ながら、倒れることもなく無事にやってはいます。
梅雨苦手な人は多いですね。ほんとに早く明けてほしいです。
でも暑いのもきついなあ。今年はマスク熱中症も心配ですよね。ウチの職場、仕事中は外せないから、ユーウツです。
 
> レビコフさんの曲はなかなか叙情的で良いですね♪
タワシさんが教えて下さった世界一周の子どもの曲を全曲ダウンロードしてプリントしたので、気になるものをちょこちょこ弾いてます。
→レビコフさん、気にいっていただけてよかったです!
もちろんもっと技術的難易度の高い大人向けの曲もたくさんあるのですが、これくらいの可愛い小品だと練習の合間に気分転換にサクッと弾くのにいいですよね。
今度お会いする機会があれば、ぜひ、きんどーちゃんの演奏でレビコフが聴きたいです!

> 今週のしゅーいちの賛美歌もなかなか叙情豊かでした。ストリングスとボイスの音も合ってますね♪
→シューイチの讃美歌も聴いていただきありがとうございます。
音色いろいろ変えているのはほとんど遊び心からです。会っていると言ってもらえて安心しました。

 賛美歌は全然知りませんけど、短調と長調が交互にくる曲は珍しいのかな?!
→讃美歌は圧倒的に長調の方が多いんですよ。私がこれまで使った讃美歌、聖歌はどれも、短調の曲は1割もない印象です。短調の讃美歌は、最後だけ長調の和音で終わる「ピカルディ終止」が目立ちますが、この曲のように、短調と長調が半々というのはかなり珍しいですね。

> わたしは短調と長調をしつこく繰り返すシューベルトに夢中です♪
→シューベルトの曲はたしかに、短調と長調が行ったりきたりすることがよくありますね。
揺れ動くこころのあらわれなのでしょうね。
今後も遠慮せず、いつでも、フランツ愛を堂々と語ってくださいませ。

  • #5eVrhZok
  • 私はタワシ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/1820-b96a2fd1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<8月4日> ♪「無言歌集」より岸辺にて、追憶、巡礼の歌(メンデルスゾーン) ♪小ロンド(ニーマン) ♪メヌエット(滝廉太郎) ♪母の歌(橋本国彦)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Copyright © 私はタワシ / Designed by Paroday