FC2ブログ

■ヘラー「子守歌Op.73-3」原曲はメンデルスゾーンの歌曲?

かつさんの「レア・ピアノミュージック・チャレンジ」(http://r40piano.blog.fc2.com/blog-entry-442.html (前半)http://r40piano.blog.fc2.com/blog-entry-444.html(後半))に、参加中です。知名度は低いながら素敵な曲が揃ってますよ〜

タワシのエントリー曲は、ステファン・ヘラー(Stephen Heller 1813-1888)の「子守歌op.73-3」です。

実はこれ、3年前の録音で、シューイチにも登場したことがあるのですが、今回新曲を録音する余裕がなかったので使い回しをさせていただきました(極力、グランドピアノ録音の音源の中から選びたかったし・・・)。

ところで ピティナ・ピアノ曲事典によると
ヘラー :メンデルスゾーンの歌による奇想曲、即興曲、即興曲 子守歌 Op.73-3
Heller, Stephen:Capricen, Impromptus, Improvisationen über Mendelssohn's Lieder Wiegenlien Op.73-3

とあります。
原曲はメンデルスゾーンの歌曲?
手元にメンデルスゾーンの歌曲選集の楽譜があるので調べてみましたが 残念ながら収録された曲の中には該当するものがありませんでした。
自分でも引き続き調査するとともに、皆様からの情報提供求めます!

今回過去のシューイチ曲をチェックして、大好きと公言している舞曲もさることながら、子守歌もかなり比率高いなあと思いました。
世界民謡シリーズでも多数登場してます。どの国・地方でも、またどの時代でも、必ずと言っていいほど歌い継がれているのが子守歌ですものね。

そして、次回の「レア・チャレ」で弾こうと思っているのが、またまた子守歌なのです。
日本で普通に売っている楽譜に載っていた曲なので、激レアというわけではないですが、少なくともYouTubeでは動画を一つも見つけられなかったので、一応資格はあるかな、と。
さらに、それとまた別の子守歌も練習中です。
ちょっとしたマイブーム、と言ってもいいかも。

■コメント

■ [Erakko]

Capricen, Impromptus und Improvisationen über Lieder von F. Mendelssohn-Bartholdy が Op. 72 の曲名として付けられたのは確認できましたが、 Op. 73 についても同名としているのはピティナ・ピアノ曲事典だけのようです。ピアノ曲事典が誤って書いた可能性もあると思います。以下のリンクはオーストリア国立図書館が公開している Hofmeister: Musikalisch-literarischer Monatsbericht の中の、ヘラーの Op. 72 と Op. 73 が掲載されたページです。
http://anno.onb.ac.at/cgi-content/anno-buch?apm=0&aid=1000001&bd=0001851&teil=0203&seite=00000027&zoom=1
http://anno.onb.ac.at/cgi-content/anno-buch?apm=0&aid=1000001&bd=0001851&teil=0203&seite=00000064&zoom=1

■ [狸茶]

こんにちは♪ヘラーの子守歌、とっても素敵ですね!癒やされてよく眠れそう~~子守歌というと、私は上皇后美智子様の作詩の「ねむの木の子守歌」で育った世代なのですが(^^;)日本の子守歌とクラシックの子守歌はずいぶん趣も違って、民族性がよく現れているのだなと感じました。
また子守歌シリーズ、楽しみにしています♪

■ []

タワシさん、こんにちは
かつです!

ご連絡が遅くなり申し訳ありません!
ステキな作品、演奏ありがとうございました。
メンデルスゾーンの作品がモチーフになっているのですね!!
無言歌ならわかるかもしれませんが、歌曲はわからないや…

次回も参加いただける?!うわー楽しみ♪
わたしも夏にぴったりの曲を準備していますが、、難しすぎて全然仕上がらず
主催者なのに「途中まで」という暴挙に出るかも
(;´Д`)

ちなみにニールマンの小ロンドもレアチャレかと思いました
((´∀`))ケラケラ

■Erakkoさん> [私はタワシ]

Erakkoさんこんばんは!
レア曲についてわからないことがあるときはこの上なく頼りになるErakkoさん!今回も実は期待してました。
期待通り貴重な情報を提供してくださって感謝感謝です。

その後も元ネタ(?)探しに奔走したものの、やはり該当する歌曲には行き着かず。。。
おっしゃるとおり、ピティナピアノ曲事典の記述が間違っている可能性がかなり高いですね。作品72と73を部分的に混同しているのかも・・・

■狸茶さん> [私はタワシ]

狸茶さん、こんにちは!
かつさんのサイトでまたご一緒できてうれしかったです。
その中でも 狸茶さんの演奏は、お世辞抜きに出色だと思いました。選曲も私好みです。またそちらにコメントに伺いますね〜
そんな、憧れの狸茶さんからコメントいただいてとっても感激したのに、お返事が遅くなりすみません。

>ヘラーの子守歌、とっても素敵ですね!癒やされてよく眠れそう~~子守歌というと、私は上皇后美智子様の作詩の「ねむの木の子守歌」で育った世代なのですが(^^;)日本の子守歌とクラシックの子守歌はずいぶん趣も違って、民族性がよく現れているのだなと感じました。
⇨ヘラーの子守唄、気に入っていただけて嬉しいです!
優しくおだやかな気持ちになれる、いい曲ですよね。
ねむの木の子守唄、私は子どもの頃にはあまり聴いた記憶がないのです。大人になってCDで聴きました。
幼い頃、シューベルトやフリース(伝モーツァルトの子守唄は歌ってもらったことを覚えていますが、一番印象に残っているのは
♪むかしむかしよ きたのはて オーロラの ひのもえている ゆきのおしろが ありました〜♪という歌詞の子守唄で、さっき検索してみたら 「野上彰・作詞、團伊玖磨・作曲」だそうです。

>また子守歌シリーズ、楽しみにしています♪
⇨はい!練習頑張りますのでまたお付き合いくださいね。
狸茶さんの演奏もいろいろ聴きたいです。かつさんのところでまたお会いしましょう!!

■かつさん> [私はタワシ]

かつさん、こんにちは。
こちらこそコメントのお返事が遅くなって申し訳ないです。
今日の定休日は猛暑で朝から家にこもっていますので、やっとPCにゆっくり向かう時間ができました。

>メンデルスゾーンの作品がモチーフになっているのですね!!
無言歌ならわかるかもしれませんが、歌曲はわからないや…
⇨それがですねぇ・・・Erakkoさんとのやりとりを読んでいただければわかると思いますが、どうやら「メンデルスゾーンの歌による」というのは作品番号が一番違いのOp.72(だけ)で、ピアノ曲事典の記述は間違っているようです。
原曲(?)を求めて手持ちの楽譜や無料楽譜サイトをあちこち見て回りましたが、無駄な労力だったみたいです〜(爆)
ま、こんなこともあるさ・・・。

>次回も参加いただける?!うわー楽しみ♪
わたしも夏にぴったりの曲を準備していますが、、難しすぎて全然仕上がらず
主催者なのに「途中まで」という暴挙に出るかも
(;´Д`)
⇨ハイ、できれば12月まで全回参加したいです!
ネタは尽きないんですが演奏が(人様になんとか聴いていただけるレベルになるのが)間に合うかどうか・・・
かつさんは難曲にチャレンジされるのですね。しかも夏っぽい曲?なんだろう〜楽しみです!

>ちなみにニールマンの小ロンドもレアチャレかと思いました
((´∀`))ケラケラ
⇨ニーマンですね。あれも確かに他に弾いている人めったにいませんね。でもレアチャレではないです〜笑
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

月別アーカイブ

今日の練習メニュー

<9月22日> ♪ポロネーズ変ロ長調(オギンスキ) ♪子守歌(バッケル=グロンダール)♪思い出(同) ♪告げてよ、何故かや(グリンカ) ♪アズラ(ルビンシテイン) ♪讃美歌いろいろ

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

TWITTER

follow me

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム