ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

YouTube・マイ動画への反応 

最近、特別にスランプとか、体調を崩してるというわけでもないのですが、なかなか新しい録音がアップできません。
未完成のままでも「ビフォー・アフター」ってことで、もっと堂々とアップしてもいいのかもしれないけど。タワシの場合、ある程度弾けるようになるとあとがてんで進歩しないから「ビフォー」と「アフター」の差があんまりなくて聴き比べてもつまんないんですよね~。
でも近日中に何かしら録音します。こんな拙い演奏でも、待っていてくださる方もいらっしゃるので。

VOONをはじめてから、そのほうがお手軽なので、YouTubeへの投稿がかなり減ってしまいました。
今確認したところ 2010年08月17日に「ちいさい秋みつけた」をアップしたのが最後ですね。
そろそろこっちにも顔を出さないと。
ただ、YouTubeのほうがはるかに多くの、しかも全世界の人々の視聴するところとなるので、あまりにもひどいものはさらせないなあという思いがあります。
いろんな曲に目移りしてしまう移り気なタワシですが、本気でやると決めたらもっと集中して完成度高めなきゃ、ネ。

タワシがこれまでYouTubeで公開した曲は9曲。
そのうち最もアクセスの多いのが、
セヴラックの「休暇の日々」第1集より<ミミは伯爵夫人の扮装をする> 
というかわいらしいメヌエットです 。



En vacances I ~No 4, Mimi se d éguise en Marquise

この曲 確か練習始めて10日目くらいでアップしたんですよね。もっと弾きこんでからにしろよ、って言われそうですが・・・
それなりに雰囲気は出てるかなあ。
でもミスタッチとか、テンポの狂い(無意味な加速)とか、いつもながらの課題満載です。
好きな曲なので、いつかはもっとまともな演奏を差し替えたいんですが。
ちなみにこの曲、現在までに1142回再生されています。
自分の感覚では、そんなに知名度の高い曲じゃないtことを思えば、かなり多くの人に聴いてもらっているなあと思います。

ちなみに、
マイ動画で2番目に再生回数の多いのは・・・
グリーグの叙情小曲集より「故郷で」(608回)

3番目は・・・
ドヴォルザークのマズルカ第3番(532回)
でした。

セヴラック意外と人気?
アクセスした人の国もわかるようになっているんですが、それを見るとフランスが多いのです。
フランスの作曲家だから当然といえば当然ですが、日本と同じくらい聴かれているのはちょっと驚きました。
海を越えた遥かな外国で、タワシの演奏を聴いてくれている人がいるなんて、かなり感激モノです♪

さあ 次回のアップ曲は何にしようかな?
( 2010/10/29 10:43 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(8)
フランスの人もたくさん聴いてるなんて、
凄いですね!
タワシさんの演奏、心に響くものがあり、
世界レベルだと思いますよ。
何度も聴きたくなります。
5月頃、初めてYOUTUBEにアップされたのを、
お聴きした時、ちょっと感激でした。

グリークの「故郷」、憂愁があって一番好きです。
「星の夢」というのも、星空を見上げる切なさがあって、素敵です。
この「休暇の日々」、
いかにもフランスっぽい可愛さ♪

どれも、お気に入りに入ってますよ~。
[ 2010/10/29 23:56 ] [ 編集 ]
どの曲もスゴイ再生回数!
1000回以上・・・単純に人数にすると、大ホールじゃないと入りきらないくらいの人に聴いてもらったことになるのですね。
タワシさんの演奏を心待ちにしている一人として次のアップも楽しみにしています♪
[ 2010/10/30 07:38 ] [ 編集 ]
セヴラック…初めて聴きました。フランスものらしい曲ですね。軽快さの中にも、小洒落たというか小粋なというか、そんな雰囲気がします。いい演奏ですね。聴いていて気持ちがいいです。
[ 2010/10/30 21:41 ] [ 編集 ]
ちょっと(いや、完全に)ほめすぎですよ~
でも私の演奏を、お気に入りにまで入れてくださっているなんて!とっても嬉しく光栄です。
知名度の低い地味が曲が多いので、聴いて下さるだけでありがたいのですから・・・

休暇の日々、機会があったらCDなどでぜひ全曲聴いてみてくださいね。
「休暇の日々・第1集」は8曲、作曲者の死で未完に終わった「第2集」は3曲からなる曲集なんです。第2集は技術的に難しいんですが、第1集は何とかなるかも。私も第1集の他の曲にもそのうち挑戦してみたいと思っています。
[ 2010/10/31 08:34 ] [ 編集 ]
>1000回以上・・・単純に人数にすると、大ホールじゃないと入りきらないくらいの人に聴いてもらったことになる
ほんと、そうですよね。言われてみて改めて気が付きました。あまり知名度のないささやかな小品ばかり、しかも演奏しているのがテクニックゼロの独学のど素人、それにしてはとてもたくさんの方に聴いていただき、しかもあたたかい言葉もかけていただいて、ほんとにもったいなく思っています。
今後もいろんな曲をアップできるようがんばりますので、よろしくお願いします。
あ、つむじねこさんの演奏も、恥ずかしがらないで(!?)どんどん聴かせてくださいね。期待しています。
[ 2010/10/31 08:46 ] [ 編集 ]
セヴラックは初めてですか?なかなかチャーミングな曲を書く人でしょう?
earlgrayさんへのコメントにも書きましたが、これは組曲の中の一曲です。この他にも魅力的な作品がたくさんあるので、機会があればぜひ「休暇の日々・第1集、第2集」を聴かれることをお勧めします。(第1集の終曲「ロマンティックなワルツ」がこの作曲家の作品では一番有名なものだそうです。私も以前からこのワルツだけは、知っていました)

練習不足ですのに、気持ちのいい演奏といっていただけて嬉しいです。ありがとうございました♪
[ 2010/10/31 09:05 ] [ 編集 ]
フランスの曲らしい感じですね~♪
フランスの人も大勢アクセスして聴いているなんてすごいですね^^♪
10日目でこんなにすてきに演奏できるなんてすごいです♪
さすがですね~^^
[ 2010/10/31 10:19 ] [ 編集 ]
YOUTUBEのすごい点の一つは、アクセスしている人の国籍や年齢層、どこからこのサイトを見つけたか、まであっという間にわかることです。世界地図が表示され、その動画の視聴者のいる国が緑色(人数に応じて色の濃さが違う)で表されます。フランスは日本に次いで濃い緑色になってました。
本場の人に聴いていただいて嬉しいけど、あちらの人にとっては地元の音楽、どんなふうに聴こえているのか、ちょっとどきどきものですね。
[ 2010/11/01 08:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア