FC2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
最近始めたNAF(ネイティヴアメリカンフルート)の姿かたちと音色にゾッコン。学生時代からオカリナも好きです(現在の使用楽器はヒロミチオカリナとフォーカリンク)。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

■「こどものモーツァルト」に苦戦、ちょっと落ち込む。

2010/11/08 10:50

モーツァルトのソナタを弾こうとしたのがきっかけでハマった、スケール(音階)地獄・・・
いまだに抜け出せてはおりません。
でも長期戦覚悟で毎日ちょびっとずつでも音階は弾くよう努めています。
全調で、とはなかなかいきませんが。

そういえば、某大手SNSでも、ちょっと前に、スケールがうまく弾けない愚痴をこぼしてしまいました。
そしたらS師匠から厳しくも優しい(?)書き込みがありました。
タワシは、{音楽をやるのに大事なものをいっぱい持っている}のだそうです。
それがなんなのかよくわかりませんが、なんだか希望のわいてくる表現ですよね。
教え上手な人は励まし上手なんでしょうね。

音階が上手になるまで、モーツァルトは人前では弾かないのが賢明、ということもよくよく悟りましたが、
そんな中、昨日手持ちの楽譜をぱらぱらと見ていたら「こどものモーツァルト」という全音版の古い楽譜を発見。
こんなのいつやったっけ?としばし考えて思い出しました。
一昨年くらいだったかなあ、子供の頃によく弾いていて紛失してしまった「こどものソナチネ」の楽譜を探していて、インターネットオークションで見かけ、競り落としたことを・・・
そのときお目当ての本と他の数冊の楽譜が抱き合わせ(セット)で売りに出されていて、いわばおまけのうちの一冊が「こどものモーツァルト」だったのでした。
当時はモーツァルトなんて特に興味もないし自分でも弾く気はほとんどないし、というわけで、この楽譜も忘れ去られていたんですが・・・

最近自分でもちょっとは、モ-ツァルトの曲をかじるようになっていたので、昨日はパラパラとめくり何曲か弾いてみました。
子供向けの本は目に優しいですね(笑)
40ページの楽譜に22曲もの曲が詰まっていて、まさに小品の寄せ集めという感じですが、後半はタワシにとってはかなり難度高めでした。
ウィーンソナチネや、6つの変奏曲など、モーツァルトらしく・・・粒をそろえて軽やかにきれいに弾けるには、相当練習が要りそう。
初心者向けの楽譜でもこんなありさまか・・・と思うと、ちょっと情けなく、悲しくなりましたが、
でもきっとモーツァルトは簡単そうな曲でも奥が深いんだ!
うまく弾けなくてもそんなに嘆くようなことじゃないさ!
と自分で自分を慰めています。

この楽譜、今は絶版になっていますが、
作品の出典やK番号など一切表記がないのは、大人の目から見ると困ったものです。
「メヌエット」「アレグロ」「アンダンテ」とか記されてなくて、もともと何かの曲の一部なのか独立した小品なのかさえ不明。
子供向けに簡単にアレンジされているかもしれないので原曲の楽譜を確かめたいと思っても、手がかりがなさすぎです。
まあ小さい子供はそんなこと考えないのでしょうけど、大人の視点ではずいぶんと不親切な気はしました。
気が向いたらこの曲集からも面白いものを録音してみたいですけど、何せぼろの出やすいモーツァルトですからね、人前に晒せる程度まで弾けるようになるのに、どれだけかかることやら・・・
Classical music(古典派)TB:0CM:8
コメント
No title
こんばんは。
こどものモーツァルトと言われると分かりませんけど
ウィーンソナチネや、6つの変奏曲と言われれば
なるほど~と言った感じです。(私は弾いた事ありませんけど)
発表会などでもよくお子さんが弾かれますよね。
そんなお子さんに限って、汗汗汗と言うぐらい上手な事が
多いです。
確かに誤魔化しがきかなく、ボロが出やすくその人の技術そのまま
出やすいモーツァルトですが、でも気持ちよく弾けた時は
他の作曲者の曲より何かうれしい気がします。
タワシさんはやっぱりモーツァルトがピッタリのイメージだなぁ。
私としてはタワシさんの「スケールが苦手」と言ってる部分を
逆にきかせてほしいなぁなんて思います。
どの程度の事でそう思われるのか、いろいろ勉強になるかなって。
でもやっぱり嫌ですよね・・。(私だったら嫌・笑)
らべんだ~ #-|2010/11/08(月) 21:07 [ 編集 ]
No title
師匠から、そんな素敵なコメントをいただけるなんて嬉しいですね。ハンカチ王子の斎藤祐樹クンじゃあないけれど、「何かを持っているんです」ね。
モーツァルトは、確かに手強い相手だと思いますが、彼の音楽の持つ「聴いている人を幸せな気持ちにさせる」魅力は、他にはないものがありますよね。演奏者自身もそうでしょう。相手にとって不足なし!ですか?(笑)
例のオフ会の件ですが、年明けて年度末にかからない2月近辺の土か日ではいかがでしょうか?まだアートハウスのご都合も伺っていないのですが。
ばんちゃn父 #aD8rHxOM|2010/11/09(火) 00:46 [ 編集 ]
らべんだ~さん>
小さなお子さんの上手な演奏を聴いたあとでは、ちょっと、同じ曲を弾く気分には、なれないかもしれませんが(苦笑)・・・
でも、モーツァルトの曲も、人生経験を重ねた大人の演奏で聴くと、たとえどんなに上手な子でも子供には出せない味わいのようなものは感じますね。
ミスタッチもせず、すらすらよどみなく弾くというのは私にはまず、無理そうなので、せめてそういう年の功(爆)から来る「味」のようなものだけでも出せたらなあと思います。

>タワシさんはやっぱりモーツァルトがピッタリのイメージだなぁ
そんなふうに言われたのは初めて!かなりびっくりしました。
自分では「モーツァルトの似合わない女」だと思ってますけどね。。。

>私としてはタワシさんの「スケールが苦手」と言ってる部分を
逆にきかせてほしいなぁなんて思います。
らべんだ~さーん、そ、それは、完全にイジメですよぉー(泣)
また、聴く人の精神衛生上にもよくないですよ!
ブログ訪問者も、ぱったり途絶えてしまうかもです。

私は、らべんだ~さんのニーツァルトがぜひ聴きたいです。
>でも気持ちよく弾けた時は
他の作曲者の曲より何かうれしい気がします。
特に、こういう状態のときの(笑)。
私はタワシ #-|2010/11/09(火) 08:06 [ 編集 ]
ばんちゃん父さん>
師匠・・・といってもたまにオフ会で指導にあずかっているだけですが・・・は、きっと自信喪失で凹んでいる私を慰めようと、そのような言葉をかけてくれたんだと思われます。
でもお世辞を言うような人でもないので、もしかしたらさかさまに吊るして振ったりすれば、「何か」は出てくるかもしれません(爆)

>彼の音楽の持つ「聴いている人を幸せな気持ちにさせる」魅力は、他にはないものがありますよね
さすが、ばんちゃん父さん、深いです!
確かにそういう魅力はあるかも。
私もいつか、そういう彼の魅力を、聴いている人に伝える演奏が出来たらいいなあと思いました。
もうちょっと、がんばってみます。

オフ会の件、2月ならありがたいです。
郵便局も、ニッパチ(2月と8月)は比較的暇だと、昔から言われています。
個人的には土曜のほうがうれしいです。日曜は礼拝の日なので。
でも、めったいないきかいなのいで、会場やばんちゃんずさんや他のみなさんの都合次第で、調整したいと思っています。
皆さんの演奏聴けるのはホントに楽しみ。
今から、とってもとっても期待しています♪
私はタワシ #-|2010/11/09(火) 08:18 [ 編集 ]
No title
モーツァルト、奥が深いですよね~

シンプルなものほど追求しだすとキリがないですね。

私は今ソナタK333を検定試験に向けて練習中です。

piano dolce9 #mh8b6OW6|2010/11/09(火) 08:39 [ 編集 ]
No title
師匠から優しい言葉をかけてもらったなんて
うれしいじゃないですか♪
コツコツやってればきっと綺麗に弾けるようになりますよ。
うん。うん。

それに・・・
タワシさん、大丈夫ですっ
あたしもスケール上手じゃないです(←なぐさめになってない(笑))
一緒にがんばりましょうね♪
のん #mQop/nM.|2010/11/09(火) 23:18 [ 編集 ]
piano dolce9さん>
はじめまして・・・でしょうか。コメントありがとうございます。
若いころは、何でみんなこんなにモーツァルトを持ち上げるのか、いまいちわかりませんでしたが、最近ようやく彼の音楽の奥深さが、少しずつわかりかけてきたような気もします。でも、まだまだ底は見えそうにありません。

K333、名曲ですね。この曲で検定試験を受けられるのですか。
モーツァルトはごまかしがきかなくて、人前で弾くのはかなりプレッシャーかもしれないですが、日ごろの練習の成果を存分に出せますように。
がんばってください。
私はタワシ #-|2010/11/10(水) 11:45 [ 編集 ]
のんさんへ>
師匠は、しょぼい演奏しかできなくて落ち込んでいる私を慰めようと、半分お情けで、優しい言葉をかけてくれたんだと思いますけど、それでもこれからもがんばってピアノを続けてみよう、という希望を、与えてくれる言葉でした。

スケール、プロの演奏家だって日々練習するくらいですものね。
さらに、のんさんも一緒にがんばっていると思うと励みになります。
ちょっと中だるみになっていましたが、今日からまた心を入れ替えて(!!)練習がんばります。
私はタワシ #-|2010/11/10(水) 11:52 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/192-9e83766f

今日の練習メニュー

<3月2日> ♪快い旋律(ダカン) ♪クーラント(リュリ) ♪「青の洞窟」にて♪デルヴィッシュ(レビコフ) ♪ソナタ47番 Hob.XVI/32〜第2楽章メヌエット(ハイドン) ♪はじめのワルツ ふたつめのワルツ 小さなモーツァルトの演奏(ミニョーネ) ♪悲しみ(エルウェル) ♪トッカティーナ(風)(フリード) ♪国王の詔(ウェールズ民謡)

にほんブログ村

人気ブログランキング


ピアノランキング

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

リンク

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Copyright(C) 2006 ようこそ!タワシワールドへ♪ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.