FC2ブログ





浮いているなあ、と思うとき。 

昨日の礼拝での、プロ歌手の方の「特別賛美」の伴奏は、何とか無事終了いたしました。
あいにく、風邪をひいてらして熱もあり、コンディションが悪いとのことでしたが、それでもさすがプロという見事な歌唱でした。
タワシの伴奏は・・・うーん、最善を尽くしてがんばったんですけど、かなり不本意なものでした。リハーサルの後、「私のテンポに合わせてくださいね」といわれたので、本番は相手にできるだけ合わせようと思って様子伺いをしているうちに、どんどんテンポが遅くなってしまって。2節目は軌道修正しようとして、今度は急に途中から走ってしまいました。
言い訳になりますけど言葉の壁もあったと思います。相手の方は韓国の人なんですけど、タワシはハングルがわかりませんので。
でも短い期間で最善は尽くしました。
歌手の方にも、教会の方々にも、「とても素晴らしかった」と声をかけていただきましたし。
不本意な出来ではあったけれど、いい勉強をさせてもらいました。
きっとこの経験は、自分のこれからのピアノにとって、いい財産になるでしょう。

さて、ひと山越えて、タワシの参加する次なるイベントは、11月20日、新宿御苑のスタジオでの、ピアノサークル(mixiのコミュ) の月例会です。
ここは、四百数十人のメンバー(いわゆるユーレイ会員も多いと思われますが)を擁する、かなりの大所帯で、参加者のレベルもかなり高いものがあります。
正直、タワシはレベル的に明らかに場違いな存在なのですが、たまにはこういう場で刺激を受けるのもいいかなと思って、あつかましくも参加しているのであります・・・
ここは、オフ会1週間前になると、参加者と演奏順、曲目がmixiのコミュ上で発表されます。
今回のプログラムも、先だっての土曜日に発表されました。
それを見ると、タワシは完全に浮いてます。
他の参加者はみんなクラシック。ショパン、フォーレ、ブラームス、ベートーヴェン、ラヴェルなどの本格的なレパートリーばかりです。
タワシのエントリー曲は・・・
「ローマのギター」ですよ。タンゴというか、カンツォーネというか。。。
演奏時間も3分ほどです。短っ!
タワシは、ジャンルによって音楽に貴賎があるとはまったく思っていません。
でも・・・やっぱり一人だけ毛色の違う曲を弾けば、目立ちますよね。
せめてもうひとりくらい、ポピュラー系の曲を弾いてくれる人がいたらなあと思いました。
過去にも、アニメの曲や、ゲーム音楽などを演奏する人が結構いたのですが。
その場で曲を変更することも可能といえば可能ですが・・・
かといって代わりに弾ける曲もない以上、予定通り、この曲でいくしかないですね。
あと数日しかないですけど、ラストスパートかけてがんばります。
あ、それと・・・
時間が余れば2巡めで何か弾けることもあります。その曲も今のうちに考えておかなくちゃ。
2曲弾けるなら、もう1曲はできればクラシックにしてみたいですね。

これが終わったら、12月1月は仕事が忙しいので、次のオフ会はは2月あたりかな。
2月のオフ会といえば・・・
そうです、今あちこちのブログで話題の「ばんちゃんず」さんと、その人徳を慕って集まったブログ仲間たちが一同に集う会ですよ!
こちらでは、何をやる(弾く)かさえ、まったく決めていませんが、大いに楽しみです。

こういういろんなつながりがあるから、独学でもピアノが続けられています。ありがたいことですね。
[ 2010/11/15 22:44 ] 未設定 | TB(0) | CM(8)

No title

こんばんは。
伴奏お疲れ様でした!
私だったら、「私のテンポに合わせてくださいね」は私の台詞に
なっちゃいそうです~。
どなたか通訳出来る方はいらっしゃったのですか?
かなり緊張しそうですけど、でもホント素晴らしい経験ですよね。

11月のオフ会の参加人数って何人ぐらいなのですか?
曲目だけ考えるとクラシックの方々の中ではちょっと異色
なのでしょうけど、でもタワシさんは何を弾いても決して
軽く見られちゃうような演奏ではないですし、
逆にクラシックしか弾かない人から見れば羨ましいと思いますよ~。

あ・・あの、前回の記事のコメ、「さん」つけてなかったです~(泣)
なんかすっごく偉そうになっちゃってごめんなさい~~。
[ 2010/11/15 23:19 ] [ 編集 ]

No title

「特別讃美」演奏お疲れさまでした!
なかなか良い経験をされたようですね。
合わせるって一口に言いますが、難しいですよね!呼吸ですから。お互いが分かりあうまでには、少なからず時間がかかると思います。短いリハで、言葉の壁がある中、精一杯の演奏ができれば120点!もちろん、ご自分の中では反省点があると思いますが、それは自分の明日からの精進の糧とすればいいと思います。
12月のオフ会、頑張って下さいね!おっしゃる通り!音楽に貴賤はありません。クラシック=本格的なんてこともありません。もちろん、長ければいいってものでもないですし。
音楽を心から愛している方は、そんなことは決して思わないですよ。だって、音楽は自己表現でしょう?それを馬鹿にしたり低く見たりするっていうことは、その人自身を馬鹿にするっていうことに等しいはずです。音楽は人間性。もしそんなことをする人がいるのなら、そんな人の音楽こそ聴く価値はないと思います。気後れなんかすることないですよ。心ある方にはきっと想いは届きます。
ブログでPRしていただいて、有難うございます。私に人徳があるかどうかは???ですが、それぞれがそれぞれを認め合い、エールを送りあい、元気になれる会になるよう頑張ります!
[ 2010/11/15 23:35 ] [ 編集 ]

No title

特別賛美の伴奏、おつかれさまでした!
あれだけ伴奏がお上手で、場数も踏んでいるタワシさんでも難しいのだから、伴奏っていうのは難しいものなんですね。どちらかに「合わせる」っていうのは頼む方は簡単だけどやりにくそうですね…(歌手の方、ごめんなさい)もしかすると、言葉や文化の壁のせいかもしれませんね。

けど聴いている方からは絶賛だったのですから、やはりタワシさんは自分に厳しいんだな~と思います。それだけ上を目指しているってことで素敵です。

タワシさん、本当に積極的にオフ会に参加されていますね。そんなに本格クラシックばかりの会だと、タワシさんのような選曲がかえって新鮮で、皆さんに良い刺激を与えられるんじゃないでしょうか。もっとバラエティに富んだプログラムになるとお互い楽しいでしょうね~タワシさんが出ることで、他にもそういう方が増えていったらいいですね。

ばんちゃん父さんとらべんだ~さんの吸引力に吸い寄せられて(ウソ、人徳に魅せられて 笑)オフ会参加を決意したSleepingでした!笑笑
[ 2010/11/15 23:57 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした!

肩の荷も降りてホッと一息でしょうか^^;
私は伴奏の経験がないので分かりませんが、
相手に合わせるのってとても難しいのでしょうね~i-201
でも、タワシさんは不本意な出来だったと仰ってますが、
歌手の方や教会の方たちはとても褒めて下さってますし、
きっととても素敵な演奏だったのだろうと思います。
本当にお疲れ様でした(^^ゞ
でも、すぐまた次があるようですし大変ですね(@_@)
曲、確かに系統が少し違うかもですが、
ほとんどがクラシックが多いプログラムの中では
新鮮に聴こえて却って良いのではと私も思います^^;
私も教室の発表会はほとんどの人がクラシックを弾きますが、
その中で映画音楽とか弾いたりしました
(クラシックを弾く勇気がまだあまりないのもありますが・笑)。
素敵な曲ですし、あまり気にせず堂々と演奏されたら良いと思います!
頑張って下さいね(^^♪
[ 2010/11/16 00:32 ] [ 編集 ]

らべんだ~さん>

はい、何とか無事、任務終了しましたよ。
伴奏の出来栄えはともかく、肩の荷が下りた開放感は味わっています。いい勉強もさせてもらえましたし。
通訳は牧師先生がしてくださいました。完全にバイリンガルで、韓国語と日本語 どちらのほうがより得意なのかわかりません。あ、英語も堪能だからトリリンガルということになるんでしょうか。

今度参加するオフ会は、演奏者が12,3人、見学者が4人程度だと思います。
一人当たり持ち時間は10分以内です。
新しくてきれいなスタジオ、ピアノはなかなかひきごこちのいいスタインウェイです。

あ、呼び捨てのことお気になさらず。何とでも呼びやすいように呼んでください、
[ 2010/11/16 20:43 ] [ 編集 ]

ばんちゃん父さん>

暖かい励ましのお言葉、感謝します。
伴奏の難しさを身にしみて学んだ今回の体験でした。
この体験が、きっと今後の貴重な糧になってくれることを信じます。

気持ちを切り替え、今度はオフ会に向けて集中しなくては。
といいながら、今日はせっかくの休みなのに、今のところ演奏予定曲目はまったく練習してなくて、柄にもなく、ショパンの録音なんぞに精を出していました。
でもやっぱり私はポップス(ポピュラー)系の曲のほうが、やっぱりしっくり来ますね(笑)プログラムにバラエティを与えるという利点(?)もあるので初志貫徹で、カンツォーネ弾きます!

ブログの宣伝、こんなのでよければお安い御用です。
あちこちのブログで、今、話題沸騰中なのではないですか!?
[ 2010/11/16 20:53 ] [ 編集 ]

Sleepingさん>

普通の賛美歌(いつもの礼拝のプログラムの中でみんなで歌う)の伴奏なら、それなりに場数は踏んでいるので何とかこなせるんですが、ソロの伴奏なんてめったに機会がないですからね・・・しかも今回は、当日初顔合わせ、さらに言葉の壁もある、というかなりキビジイ状況でした。
伴奏の出来栄え、不本意ではあるけれど、、そんな中でせいいいっぱいやった満足感のようなものはあります。

オフ会は、レッスンを受けていない私にとっては、練習のモチベーションをキープするためにもとっても大事な場所です。
それに、自分の演奏を聴いた人から、できるだけ率直な感想を聞かせてもらうようにしてます。
でも12月から1月前半ごろは、仕事が多忙で、とてもオフ会なんて行ってられそうにないです。
2月のばんちゃん父さんの集まりには満を持して(!?)参加しますので、よろしくお願いします♪
[ 2010/11/16 22:26 ] [ 編集 ]

エラニユースさん>

はい、おかげさまで、(不本意な出来ではありましたけど)何とか無事に役目を果たし、肩の荷が下りました。
伴奏はやはり難しいですね。特に日ごろ慣れていない相手と合わせるのは。今回は言葉の壁もありましたし、なおさらです。
でもなかなか有意義な経験でした。きっと、自分にとって今後の糧になってくれると期待しています。

エラニユースさんは、発表会では映画音楽を演奏なさったんですか。
映画音楽、昔(往年の名画!)から名曲の宝庫ですね。私も好きです。
私も土曜日は、堂々と、「毛色の違った曲」を弾いてきます。
順番的にもちょうど真ん中あたりなので「箸休め」って感じですね。
[ 2010/11/16 22:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/197-13f70b7b