『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。
よくわかりませんが・・・ ごく一部のブロともさんの間で、「タワシ連弾」とか「タワシ版(楽譜)」とかいう、変な言葉が、流行しております。

それはともかくとして、
恥を忍んでこれまでいくつかの演奏を公開してきましたが、よく言われるのが、
「すっかりタワシさんの世界ですね」「やっぱりタワシワールドですね」「作曲者の個性も埋もれてしまうほどのタワシさんカラー」etc・・というたぐいのことです。
自分ではそんなに個性的な演奏だとは思ってないんですけどね。
少なくとも、自分の個性を前面に出すために、ことさらにユニークな表現をしようとするタイプでは、ぜんぜんないつもりなのですけどね。そんなに個性的なのかなあ???

自分では自分の演奏を客観的に見ることがなかなか難しい、という一面はあると思います。
それでワタシのことを、リアルでもブログを通してでも知っている方にお尋ねしてみたいのです。
タワシワールド、タワシカラーって、具体的にどんなイメージなのですか?

ちなみに今まで言われたことがあるのは
●元気、活気がある
●情熱的
●オトコマエなピアノ
●聴いていると楽しくなる
という声が圧倒的優勢。
でも、たまに
●癒し系
●しっとり系の曲が似合う
と正反対の声も、あるにはあるんですけどね。

今後のレパートリーを増やしていくときに、どんな曲が自分にとって適性があるのか、(もちろんそれだけに左右されたりはしませんが)ちょっとだけ参考にしたいと思ってます。
コメント
この記事へのコメント
私の感じるタワシワールドは・・・やっぱり「歌心」です。
何だか抽象的ですが、明るく元気な曲でのノリの良さ、しっとりした曲での哀しい感じ、民族的な雰囲気・・・それぞれ聴く人の心にスッと入ってくるんですよね。こういうのに共通しているのってやっぱり歌心なんだなぁと思うので。

えっと・・・抽象的すぎて曲選びの参考にはなりませんね。ゴメンナサイ!個人的にはガーシュウィンを弾いて欲しいです。
2010/11/28(日) 22:15 | URL | つむじねこ #-[ 編集]
今日の夕方に帰ってきました~!

タワシさんのカラーといえば、、、かならずしもいつも同じじゃないんですよね。曲によってしっとりだったり情熱的だったり。
一言でいうと、血が通っているといいましょうか。無機質じゃなくて有機的といいましょうか。何か命ある生きた音楽という感じですね。あ、全然「一言」じゃないですね~汗

言葉にすると大げさなんですけれど、そんな感じです。
2010/11/28(日) 22:24 | URL | Sleeping #MJPjo7JA[ 編集]
こんばんは。
え?そんな流行語があるのですか??
タワシ連弾、タワシ版、タワシBGM、タワシワールドなんて
初めて聴いたな~~。(この記事で言ってない言葉も入ってる・汗)

やっぱり情熱的が私の中ではしっくりくるかな?
例えば、リコーダーアンサンブルの曲は普通で考えれば癒しなんで
しょうけど、確かに癒しでもありますが、あのような曲でも
タワシさんが弾くととっても気持ちが込められて情熱的だと
思います。
なんというか、録音聴いていてもタワシさんの演奏姿がなんとなく
目に浮かぶと言うか・・。
個性があるって素晴らしい事ですよね。
やっぱりすべての楽譜をタワシ版に変身させちゃって下さい!
それが一番のタワシ魅力だと思います!


2010/11/29(月) 00:09 | URL | らべんだ~ #-[ 編集]
歌心、感じてもらえましたか!
そう言っていただけるとうれしいですね。

Gershwin・・・いいですよね~結構よく聴いています。
つむじねこさんのコメを読んで、乗せられやすい(?)私は、あれから早速彼の曲をいくつか弾いてみました。スタンダードナンバーとして親しまれている有名なポピュラーソングを3,4曲・・・手元に楽譜もないので記憶をたよりにとってもテキトウな演奏でしたが楽しかったです。
そのうちもうちょっと本腰を入れて弾いてみたいですね!
2010/11/29(月) 09:37 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/29(月) 10:34 | | #[ 編集]
おかえりなさい、Sleepingさん♪
旅の疲れもそのままに、早々と訪問してくださってうれしいです。

その日のよってカラー違いますか?曲の好みも結構雑食性な上、性格もちょっと気ままなところがありますので(→ひとつの事をこつこつと続けるのは苦手)、演奏にも反映されてるのかもしれませんね。
でも「命ある生きた音楽」というのは何よりのほめ言葉だと思います。
ちょっと身に余る賛辞って気がしますけど、それにふさわしい演奏がコンスタントにできるようがんばりますね☆
2010/11/29(月) 19:24 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
あれぇ!またまた、(らべんだ~さんが発信源の!)「タワシボキャブラリー」が増えてる!!

私のイメージって情熱的ですか・・・?
ピアノを弾いてないときの私には「情熱」なんてまったく縁のない言葉です。(注・だからといって私がしとやかで控えめな女性か、といえばまったくそうでもなく・・・)
まあそのギャップが面白いといえば言えなくもないけど。
タンゴが好きなのは、内側にそういう一面も持っているのかもしれないですね。

演奏姿は、かなりオーバーアクションで、教会でも話題になった・・・というか、笑われた(!)実績があります。2月にその実態が明らかになるので恥ずかしいですが、ここまで来たらもう開き直ろうと思っています。
2010/11/29(月) 19:33 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
そうですね~。実際の演奏はまだ耳にしていませんので正確ではないのかもしれないのですが…ストレートというか、真っ向勝負というか、少々のことはあまり気にしないで楽しめる…そんな感じがします。楽しんで弾いていることを人に伝えたいっていう思いを感じます。どうでしょう?情熱が全開になった『ヤマアラシタワシさん』の演奏、聴いてみたいですね。(笑)
2010/11/29(月) 21:30 | URL | ばんちゃん父 #aD8rHxOM[ 編集]
タワシ連弾、密かにうけてました(笑)。
でも、タワシワールドとか言われるのなんとなくわかりますねー、
何だかどの曲もやっぱりタワシさんのカラーがありますよね^^;
そのカラーがどんなものか説明するとなると難しいんですけど、
やっぱり情熱的、でしょうか。
そんなに聴いているわけではないですが、
聴いた曲のどれもとても気持ちがこもっていてそれが伝わってきます。
でも、なんだか良い意味で女の人が弾いてる感じがしないので、
オトコマエも入るのかも(笑)。
上手く言えなくてすみません(^^ゞ
2010/11/30(火) 00:33 | URL | エラニユース #-[ 編集]
最初にタワシさんの演奏を聴いたのは、
グリーグの「故郷へ」のYOUTUBEでした。
もう、初めて聴いた時から、一目、(じゃなくて)一耳惚れでした!

なんていうのか、音、ですね。
どんな曲を弾かれても、ポロンと鍵盤に指を置いた途端、
もうそこは、タワシさんの世界なんですよ。

しっとりと哀愁のある音色に惹かれました。
時に茶目っ気のある可愛いワルツだったり、
私も好きなタンゴのリズムだったり、
そういうの(人の心というのか・・)を表現できるのは、
やはり普段、讃美歌伴奏をされ、
ゴスペルの心というか、
心を込めた演奏をされているからではないかと、思ったりします。

春に受けた大学の公開講座で、
持っている「思い」を表現することが大切であること、
その思いは、曲を仕上げてから出てくるというより、
弾く前から自分の中にあるはず、と教えられました。

その「思い」のようなものを、
いつもタワシさんは、持っていらっしゃるのだと思います。
2010/11/30(火) 09:14 | URL | earlgray #-[ 編集]
タワシワールド…。
タワシさんご自身が楽しそうに演奏されている感じがします。
聴かせる演奏、演奏家の演奏という感じです。
聴いていて安心できるというか…。
タワシさんと一緒に演奏したら楽しそうですね。

2010/11/30(火) 15:29 | URL | freesia #TeHtHwJE[ 編集]
少々のことはあまり気にしないで・・・というところ、一人で勝手に大ウケしちゃいました。
山ののようなミスタッチも「少々のこと」のうちに含めてもらえるのでしょうか。
だったらうれしいなあ。

情熱全開の演奏ですか?クラシックを弾ける人ならベートーヴェンのソナタなんかを思い浮かべるかもしれないけれど、私の場合だとやっぱりそれはタンゴですかね。
当日のソロの候補曲の中にタンゴも考えています。でもがらりと趣の違った癒し系の曲も候補のなかに・・・。さてどっちにしましょうかね。
2010/11/30(火) 16:53 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
タワシ連弾、やっぱりこうして文字を眺めているだけでなんだか笑えますよね。タワシを手に持ったらさすがに弾けないので、ゴムバンドかなにかで手の甲にタワシを乗っけたまま演奏するとか・・・(爆)

冗談はさておき、
やっぱり情熱的ってイメージが強いんですね。フムフム・・・。
女の人が弾いてる感じがしないですか!
教会では韓国やアメリカの人に「日本人が弾いてる感じがしない」といわれたのも同じような理由かな。
けっこう振幅の激しい演奏だからかもしれないですね。
メリハリがある、といえなくもないのかな?
貴重なご意見、参考にさせていただきます。どうも~
2010/11/30(火) 17:00 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
みなさんがおっしゃられているタワシさんのイメージ、
どれもとても納得です!!
情熱的で歌心があふれていて、表情豊かで、
タワシさんの演奏を聴くと、その曲の良さも浮き出てくるように思います♪

あと、すごいな~といつも思っているのが、
曲の最初から最後まで音楽が止まらない事です。
1曲演奏しきるまでのテンションの維持が素晴らしいな~と思います!!
やっぱり、伴奏とか、生のアンサンブルを日々されているからでしょうか?

今後のタワシワールドも楽しみにさせていただきます♪♪
2010/11/30(火) 19:37 | URL | めめ #-[ 編集]
グリークの曲は、私のYOU TUBEデビュー曲ですね。
あのころはICレコーダーの使い方も、録音のアップのしかたも、機械音痴の私にとってはほんとに手探りで、無我夢中でした。
そんなころからずっと聴いてくださってありがとうございます!

折にふれて何度も言っていますが、残念ながら音色はデジピならではの「補正」が入っていますので、かなり割り引いてもらわないとならないです。
変な言い方ですが、グランドピアノで演奏したときに、せめて自分がいつもデジピでだしている程度の音色はせめて出したい、というのが私の「最低目標」なんですよ。

でも、自分なりに「思い」はしっかり心に抱いて、演奏しているつもりではいます。どんな簡単な曲でも、どんなジャンルの曲でも。
それが聴く人の心に届いているのだったらやっぱりうれしいです。
これからも、「思い」を届けられるようにがんばりますネ♪
2010/11/30(火) 19:38 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/30(火) 21:09 | | #[ 編集]
演奏家の演奏みたいだなんて・・・そんなこといったら世のすべての演奏家の皆さんに失礼ですよe-330
でも「楽しんで弾いているのが伝わってくる」とは、そういわれればよく、いろんな人の口から聞きました。
実際の演奏中の表情とかしぐさを見るともっとそう思われるかもしれません。
ただし、私の演奏姿を見て、「オーバーアクションでおかしい」と笑いをこらえていた人がいたというのも事実です・・・(苦笑)
2010/11/30(火) 23:09 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
ありがとうございます。
このブログを訪れてくれる皆さん、ほんとに心がお優しいわ~
でもどう考えてもちょっとほめすぎですよ^^;)

音楽が最後まで止まらないのは、ただ単に私の演奏しているが曲が短いから、という理由が大きいかもしれません。
ほんとに集中力が持たなくて、長い曲弾けないのですよ。
私の参加している、あるピアノサークルでは、弾けるのは演奏時間が10分以内の曲1曲と決まっています。(時間が余ればもう一曲後で弾けることも)みんなほとんど制限時間ぎりぎりの対極なのに、私はいつも2,3分で出番終了。もったいないといわれたこともありますが、長い曲弾けないんだから仕方ないですね。
2010/11/30(火) 23:19 | URL | 私はタワシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/207-31f8dfbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック