FC2ブログ

歌曲からピアノソロへのアレンジ~歌と伴奏、一人二役!

どうやってレパートリーを増やしているのか?どこから曲を見つけてくるのか?
タワシの弾いている曲が、普通にピアノを習っている人の標準的なレパートリーとはかなり違うので、時々こんな質問をされます。
その答えは、とても一度では書ききれないのですが、かなりの割合を占めているのが「歌もの」(歌曲や、オペラのアリア、和・洋のポップスなど)からのアレンジです。
最近アップしたばかりの、「インドの歌」や「緋色のサラファン」などすべてそうですね。
要するに、歌と伴奏のパートを一人二役で弾いちゃうという話。
こう書くとなんかとても大変なイメージがありますが、そこは、選曲と、アレンジ次第です。

アレンジとして一番楽・・・というかアレンジとも呼べないのが、
伴奏パートでメロディーを忠実にフォローしているパターンです。
音節の関係でほんのちょっと歌とピアノが違う箇所があったりしても、基本的にピアノでメロディーも一緒に弾いていく。これはピアノ独奏曲としてそのまま成立しますよね。
こういう曲は実は意外とあって、タワシの録音したものの中では「ちいさい秋見つけた」などもそうです。
「Romantica」などが収録されたカンツォーネの楽譜も、大半がそんな感じでした。  

でもそうでない曲の場合、伴奏のパートをできるだけ生かしながらも、それと一緒にメロディーを、しかも伴奏よりしっかりと、弾かなければなりません。
たとえば「インドの歌」・・・歌の部分が始まって冒頭の2小節はこんな感じです。
「インドの歌」より
基本的には、右手でメロディー(歌)とピアノ(伴奏)パートの右手の部分を一緒に弾きます。
先日のタワシの録音でも、そうしています。
このときにメロディーと伴奏のバランスがとっても大事です。楽譜上は、歌もピアノも同じ「p」の強弱記号ですが、実際にはピアノパートがpp、メロディーはmfくらいの気持ちでないと、旋律をきれいに浮かび上がらせることは難しいと思います。ただし決して強く弾くと言うのではなくて、埋もれないようににちゃんと響かせる意思を持つ、という意味です。
もちろん、部分的には、どうしても物理的に一人で両方のパートの音をすべて拾うのが不可能な場所もいくつもあります。伴奏の一部を犠牲にしたり(=音を削るという意味)、オクターブ上げたり下げたり・・・といろいろ苦心しつつ、できるだけ原曲に忠実なアレンジを目指します。

これとまったく違うやり方ですが、
オリジナルのイメージをがらりと変え、編曲者の色にしてしまうアレンジもあります。
以前録音をアップした「NINA」なんかはこのパターンですね。
クサーヴァー・シャルヴェンカというロマン派の作曲家のアレンジ譜をそのまま弾きましたが、イタリア古典歌曲が、完全にロマン派風のドラマチックなイメージの作品に変わっていましたね。
こういう大胆なアレンジももっとやってみたいです。

という次第で今日からまた新しいカテゴリーを作ってしまった・・・
耳コピの話とあわせて、「アレンジ&ミミコピ」というカテにします。
これをきっかけにアレンジ修行にもまた力を入れたいな、と思うタワシなのでした。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

こんばんは。
え~~!それぞれタワシアレンジだったのですか!
なるほど~。それで納得です。
ピアノの楽譜でどこにこんなにたくさんあるんだろうって
不思議で不思議で。
ホントず~っと疑問に思っていたので、すっきりです♪
そういう弾き方が出来ればいろいろな曲が弾けますよね。
なるほど~なるほど~。
でもメロディーを浮かび上がらるって難しいですよね。
私の今の一番の課題でございます(涙)

タワシさんがいろいろアレンジして弾かれてたんですね(@_@)!
私もそういうアレンジの楽譜があるのあるのかと思ってましたi-202
凄いなぁi-201
でも自分でアレンジできたら、レパートリー増えますよね^^;
このやり方ならいろいろな曲に挑戦できそうですね♪
弾けるかどうかはまた別問題ですけど(笑)。
しかし、メロディを綺麗に浮かび上がらせるって難しいですよね。
私も前にやった曲でとても苦労しました(-"-)

すご~いです

タワシさん、素敵に弾かれてみえると思っていたらアレンジされていたんですね(@_@)
アレンジの工夫を読んでいると、な~るほど と思いましたが
私には、できないので、タワシさんの演奏をきかせてもらって楽しむことにします♪
でもアレンジできたら楽しいでしょうね(*^_^*)

謎が解けました

こうしてテンプレートが変わったのを見ると新しい月になったんだなぁという感じがします。昨日のタワシデジピ(スミマセン、ウケたのでこの言葉を使ってみたかっただけです)での演奏もステキでした♪暖かさの裏に透けて見える哀しさみたいなのが伝わってきました。

ところで、ようやくタワシさんのレパートリーの広さの秘密が明らかになりましたね!ピアノ曲の演奏でもメロディーがハッキリしてて綺麗なのは、こういうアレンジを日常的にしているからなのでしょうか?

ちなみに・・・ばんちゃん父さんのコメントの「稼ぐ」・・・完全に「嫁ぐ」と空目しました。数十秒眺めてやっと気づきました(^_^;)

らべんだ~さん>

謎が解けましたか?(笑)
ほかにもレパートリー拡大ルートはいろいろありますので、少しずつ紹介していきますね。
「タワシアレンジ」といっても、こういうパターンだとオリジナリティーはゼロに近いです。でもほかの楽器の曲にも応用できるので、マスターしておいて損はないですね。

らべんだーさん メロディーを浮かび上がらせるの苦手なんですか!知らなかった・・・。今までの録音で、気になったことはなかったですけどね。
弱い5や4の指で旋律を弾くことが多いので、確かに最初はバランスとるのが大変ですね、でも慣れですよ。がんばってくださいネ♪といって自分もそんなにちゃんとできているわけではないですけどね・・・

なるほど~!
これぞ元祖?3声ですね~!!
こうしてタワシワールドのレパートリーはどんどん広がっていくんですね。

こういうときって、CDとか聴かれて「これ弾いてみたい」と思って探すんですか?それとも楽譜を先に見てからが多いですか?

私は楽譜だけ見てもインスピレーションが湧かなくて、どう弾いていいか分からないことが多いんですよね。普段から曲を聴く習慣がないので、レパートリーが増えない構造になっております…笑笑 タワシさんの音楽ライフ、興味津々です~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エラニユースさん>

私、ポピュラーピアノ暦は結構長いので、アレンジは(できばえはともかくとして)そんなに苦労せずにできるんですよね。とにかく、本人の演奏技術がソナチネレベルから先にいっこうに進んでいませんので、それにあわせて難しいところはすべて端折ってしまっています(苦笑)。こんなのででいいのか・・・と自分でも思うこともしばしばですけど、好きで楽しむためにピアノを弾いているので、細かいことはまあいいかって感じです。

メロディーを浮かび上がらせるのって結構難しいですね。以前、アルベニスのコルドバという曲で、ピアノのオクタープと、それにはさまれたフォルティッシモの旋律(鐘の音)を右手一本で弾かなくてはならない箇所があり、絶対無理だと思いましたが、最後に何とかかんとか曲がりなりにも弾けるようになりました。あれは苦労したなあ・・・

florallyさん>

歌とピアノの3段譜を弾くのはちょっとコツがいりますが、ピアノ伴奏が歌のパート(メロディー)をそのままフォローしている編曲だったら、そのまま弾くだけですね。歌ものの楽譜を日ごろからチェックしてると、結構こういう伴奏はありますよ。

アレンジは、昔ポピュラーピアノを2年間ほど習ったとき、基本的なことを教わりました。
入門者用のやさしい本もたくさん出ていますし、florallyさんも、機会があればアレンジやってみると楽しいですよ。

つむじねこさん>

タワシデジピ、受けましたか(笑)。何度も書いていますがホントに、数万円の安物なのですよ。オフ会では立派なスタインウェイなので、勝手が違って、一段としょぼい演奏になってしまう確率大ですが、ばんちゃん父さん以下、心優しい参加者の皆様ならあたたかく見守ってくださいますよね??

メロディーラインをはっきり目立たせるのは、ポピュラーピアノの先生に「各声部のバランス」ということをしょっちゅう指摘されたので、そのころから、割と意識ははしていたかな・・・
でもいまだに難しさを感じてますよ。タッチコントロール、なかなか納得いくレベルまでいかないです。

ばんちゃん父さんの{稼}と{嫁}の引っかけ。つむじねこさんも見事にひかかってしまったのですね。
おやぢギャグだけでなくいろんなタイプの芸がおできになるみたいですね。恐るべし、ばんちゃん父さん!

Sleepingさん>

私も楽譜だけでは、(よほど簡単な曲でない限り)イメージがわきにくいです。基本的に耳で曲を覚えるヒトなので・・・。
私は学生時代はクラシック音楽を聴くのが専門のサークルに入っていたので、それなりに曲は知っているほうかもしれません。(でも今もYOUTUBEや図書館で借りてくるCDなどで未知の曲といっぱい出会いますよ)
知っている曲だと、自分で弾く『弾ける』かどうかはおいておいて、楽譜ではどうなっているのか確認したくなります。
今は無料サイトなどでも容易に楽譜が見られますから、助かります。

でも楽譜が先で曲と出会うことももちろんありますよ。
そんなときもできるだけ音源は捜しますが。
基本的に耳で曲を覚えるタイプなので・・・。
楽譜だけだと不安なんですよね。譜読みの間違いとか、曲のイメージから外れすぎてないかとか、心配になるのです。

何か恐れられているような感じですが…(笑)。
体と声が大きい分、度胸は小さいのでお手柔らかにお願いしますね。(笑)

らべんだ~さんのブログで、『タワシ連弾(←騙し連弾のダジャレ)』と書いてから、『タワシ☆☆』が大流行していますね!来年の流行語大賞取れるかなあ?(笑)
『タワシグッズ』を考えて、みんなでそれを身につけたりするなんてどうですかね?『タワシコサージュ』『タワシシュシュ』『タワシスリッパ』…うーん、何か楽しくなってきました!おもしろ新企画にできないかなあ(爆!)

「タワシワールドがいかにして生み出されていくのか…その秘密が今明かされた!」
っていう感じですね。音楽的に、ジャンルにこだわらず幅広い感覚を持っているからこそのテクですね。さすがです!アレンジのパワー!!凄いです!!

これで謎が解けました!それでテンプレートを変えたんですね?何か、油汚れにも強いとか。タワシと最高の組み合わせということですね!

「それはアレンジじゃなくてオレンジの力!」…チャンチャン♪


こんにちは♪
アレンジされていたのですか~♪
すごいですね。3段の楽譜を弾くのって難しそうですね。
でも、タワシさんなら簡単なのですね。
コードだとアレンジしやすいと聞いていたのですが、タワシさんなら
コードでなくても簡単にできるのですね。

>選曲と、アレンジ次第です。

すごい!あたしの知らない世界です^^;
耳コピってすごく大事なことだと思って
自分でもチャレンジしようとか思うんですけど
めんどくさいわ、わからないわで
そのままになっています(笑)
耳コピできたらすばらしいな~
(´∀`*)ポッ


ばんちゃん父さん>

え?度胸が小さい・・・?ばんちゃん父さんがですか!?誰も信じてくれないのではないでしょうか、あのノリノリで歌い、会場をリードしている映像を見た後では。

それはそうと、毎回苦労してギャグを考えてくださり、ほんとうに苦労がしのばれます。
オレンジパワーのテンプレートは、タワシとは最高のコンビなんですね。はい、これで一ヶ月がんばります。(毎月1日にテンプレを替えるのが我が慣習ですので)

タワシグッズはごわごわして痛いし、なんと言っても見掛けがダサすぎますから、まったく流行らないでしょう。私自身、身に着けるのは絶対いやですもの(爆)!!

freesiaさん>

三段譜・・・だいぶ見慣れてはきましたが、らくらく弾いてるわけではないですよ~!
最初(選曲)の段階で、できるだけ弾きやすそうなのを選んでいますし、そのあとも一人二役ならではの苦労をけっこうしていますよ。
あと、私のアレンジは、実はとーっても適当です。自分の演奏技術にあわせて、難しいところはごまかしまくりです。

のんさん>

ミミコピは、子供のころ最初に通った音楽教室で、かなり厳しく聴音を仕込まれたのである程度できるようになったのかもしれません。でもあまり要求されるレベルが高すぎて、凡人の私にはついていけず・・・ハノンがいやだったのもありますが、それと並んで、教室をドロップアウトする原因になってしまいました・・・。
私のはミミコピといっても完全コピーとは程遠いですよ。弾けない所や音が拾えないところは、勝手に作りまくっていますし(汗)・・・

ピアノ、ピアニッシモの弾き方、
大学の公開講座で、習った時の曲が、p やppが多い曲で、
ピアニッシモは、「遠くて弾いている様に」弾くと教わりました。
ただ弱いというのではなく、
遠くでハッキリ、聴こえる様に、という弾き方、
指を立てて鍵盤をしっかり押さえるようにして、弾くと、
たぶん、少しできるようになりました。
あくまで、私の場合で、たぶん・・ですが・・。^ー^

earlgrayさん>

私も「ピアニッシモでもただ弱いだけではだめだ」とよく注意されましたよ。(ポピュラーピアノを習っていたときの話)どんな弱い音でも、一本芯は通っていなくちゃだめだそうです。
いまだに芯の通ったピアニシッモというのは難しいと思います。電子ピアノではそれなりにきれいな音が鳴りますけど、グランドピアノだと難しいですねぇ・・・。まだまだ修行が足りません!
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
オカリナ吹きます(「フォーカリンク」と「アケタ」を使ってます)。時々、リコーダーやティンホイッスルなども。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*今日の練習メニュー
<11月23日> ♪椿(井上明美) ♪トランペットを吹いて(広瀬量平) ♪まつりばやし(羽田健太郎) ♪こもりうた変奏曲(保田正・編)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*リンク
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*ブロとも申請フォーム