fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

ヤフオクで買ったベートーヴェンピアノ曲集(ウィーン原典版)

2022.08.30 (Tue)
最近ヤフオクで「ベートーヴェンピアノ曲集」というウィーン原典版の楽譜を、お安くゲットしました♪
IMG_4168.jpeg

曲目は以下の通り(Amazonの商品ページより引用)
1:アラインガレーゼ、奇想曲のごとく Op.129
2:ロンド ハ長調 Op.51 No.1
3:アレグレット ハ短調 WoO.53
4:ロンド ト長調 Op.51 No.2
5:7つのバガテル Op.33
6:アンダンテ ヘ長調 WoO.57
7:6つのエコセーズ WoO.83
8:幻想曲 Op.77
9:エリーゼのために WoO.59
10:ポロネーズ ハ長調 Op.89
11:ピアノ小曲 変ロ長調 WoO.60
12:11のバガテル Op.119
13:6つのバガテル Op.126
(一曲目「アラインガレーゼ、奇想曲のごとく」は普通には「失くした小銭への怒り」という題名の方がずっとポピュラーですね)

タワシとしては、これに載っている「バガテル」の中で、弾いてみたいのが、いくつかあります。
実は以前から手元にあった「こどものベートーベン」にも同じ曲が載っているんだけど・・・
ウィーン原典版で練習するとピンと背筋を伸ばしたくなるのはなんでだろう

ところでこの中古楽譜、「エリーゼのために」1曲だけにレッスン跡の書き込みがあるんです。
IMG_4169.jpeg

前の持ち主さん、発表会でこの曲を弾いた模様。
「’99 1/23発表会」 と赤鉛筆で書かれています。20数年前の発表会にこの楽譜を持ってステージに上がったのでしょうね。[装飾音]という感じに振り仮名がふってあるところから見ると、たぶん、当時小学生でしょうね。
エリーゼ以外の曲は見事にまっさらな状態でした。発表会用にわざわざウィーン原典版を買うよう先生に勧められたのかな。1曲しか弾かないと随分お高い買い物になるなあと、ビンボー人のタワシは思ってしまいます。

書き込みのある中古楽譜を手にするといつも、前の主さんは今どうしてるだろう、ピアノは今も続けているかしら、と思ってしまいます。
世の中にはピアノ以外にも素敵な趣味は山ほどありますが、それでも、今もずっとピアノが好きで、元気で弾き続けてくれていたらいいなあ、と、期待せずにはいられないのです・・・

コメント

こんばんは。
欲しかったけれど絶版になってしまった曲集を、
ヤフオクやeBayで見つけて何冊か落札してます。

全く書き込みの無い新品同様のものもあれば、
指使いやアーティキュレーション、はたまたミスプリの訂正まで
びっしりと書き込まれているものも。
新品同様はもちろん嬉しいのですが、こういった書き込みのあるものは、
自分への励みにもなりますね。
こんにちは。

やはり、ウィーンであれヘンレであれ、原典版の楽譜を目の前にするとピリッとしますよね。装丁って大事です。同じ中身でも全音の若草色の表紙で出ていたりすると、心なしか有難みが下がりますもん(笑)。全音の若草色は落ち着けるので、それはそれで意外と好きですが…。

エリーゼ1曲のためにウィーン原典版!!

「これからも使うと思うので、せっかくなら原典版を買いましょうね」という話だったのに、他の曲を弾かないうちにピアノをやめちゃったとか…!?

でも、その分、他の曲がまっさらなのでタワシさん的にはお得でしたね。楽しみですね🎵🎵
持つべき人の手に(^^)
こんばんは。
真っ赤な表紙が印象的ですね。
図書館本に書き込みがあるのは、大嫌いだけど、楽譜の書き込みは、「なになに?」と興味津々で読む自分がいます。なんででしょうねぇ? 面白いですねぇ。
私は楽譜は押入れの奥の奥にしまい込んであったので、初心者用以外は殆どそのまま持っています。50年前の定価¥500なんて楽譜も、今は何千円もしそうです。
もし、その売主さんが、私みたいに50年後にピアノ再開となったら、売らなきゃ良かった〜と思いそう(^^;)。でも真っ白なままの楽譜も可愛そうなので、タワシさんのような方に渡って存在価値取り戻しましたね(^ー^)。

真夏の曲は来年に回し、他の曲物色し始めました(^_^;)。
 中古楽譜の書き込みを好意的に見てしまうのはわかります。(^^)

 私も絶版楽譜を中古でGetしたら、前の持ち主さんの先生が書いたと思しき楽しい指導の跡を見つけて「ふふふ♪」となりました(リズムのイメージをふくらませるためか、パーカッションの絵が描いてあったり…(笑))。

 エリーゼを1999年に弾いた誰かさん、今もピアノ楽しんでるかな…。
リュートの奇士さん>
リュートの奇士さん こんにちは。
コメントのお返事が大変遅くなりs理申し訳ありません。

>欲しかったけれど絶版になってしまった曲集を、
ヤフオクやeBayで見つけて何冊か落札してます。
→ヤフオクは時々お世話になりますが eBayは未経験です。
マニアックなものを見つけるのには良さそうですね。でも今、円安で、売るにはいいけど買うには・・・という時勢ではないですか?

>全く書き込みの無い新品同様のものもあれば、
指使いやアーティキュレーション、はたまたミスプリの訂正まで
びっしりと書き込まれているものも。
新品同様はもちろん嬉しいのですが、こういった書き込みのあるものは、
自分への励みにもなりますね。
→書き込みと一口に言っても、自分にとっても役立つものもあれば、本当に落書きみたいなものありますね笑
ミスプリの訂正までするくらい熱心に使い込んでいた前の所有者さん、いまはもう楽器を手にすることもないのでしょうか〜 色々と想像してしまいますね。
Nekoushiさん>
Nekoushiさん こんにちは!
お返事遅くなり、ごめんなさい〜

>やはり、ウィーンであれヘンレであれ、原典版の楽譜を目の前にするとピリッとしますよね。装丁って大事です。同じ中身でも全音の若草色の表紙で出ていたりすると、心なしか有難みが下がりますもん(笑)。全音の若草色は落ち着けるので、それはそれで意外と好きですが…。
→やはり、Nekoushiさんもそうなのですね。他の方のブログでも同じような記述を見たことがあるので、原典版効果って、確かにありそうですね。
全音や音友など、日本の大手出版社の楽譜は読みやすいし、つくりもしっかりしていて安心して使えるのですけどね〜

> エリーゼ1曲のためにウィーン原典版!!
「これからも使うと思うので、せっかくなら原典版を買いましょうね」という話だったのに、他の曲を弾かないうちにピアノをやめちゃったとか…!?
→おそらくそんなところでしょうね。でもこの曲集はもう使わなかっただけでその後も順調にピアノを続けた(or今も続けている)可能性もありますけど。
いずれにせよこの楽譜に関しては、他の曲を弾いた形跡が全くないので、相当高い買い物になったと思います。

> でも、その分、他の曲がまっさらなのでタワシさん的にはお得でしたね。楽しみですね🎵🎵
→はい、私は、エリーゼはもう、弾く意志が意志がないので、そこに書き込みがあっても何の影響もありません。
私の力量的に、ちゃんと弾けそう曲はごく一部で、そういう意味では引き続き、宝の持ち腐れ状態が続くともいえますが(汗)
happypianon123さん>
happypianon123さん こんにちは〜
いつもコメントありがとうございます。またまたお返事遅くなってしまい、ごめんなさい。

>真っ赤な表紙が印象的ですね。
→ウィーン原典版とヘンレ版は輸入楽譜の双璧ですが、表紙が対照的ですね〜
これは当分変わらないでしょうし、変わらないでほしいです。

>図書館本に書き込みがあるのは、大嫌いだけど、楽譜の書き込みは、「なになに?」と興味津々で読む自分がいます。なんででしょうねぇ? 面白いですねぇ。
→私も図書館本の書き込みにはテンション下がります。
だいぶ前のことですが、某ミステリ小説の巻頭の登場人物のページに一箇所だけ蛍光ペンで線が引いてあり、いや〜な予感がしましたが、やっぱりそれが犯人でした〜
楽譜の書き込みには意外と寛容?な人が多いんですね。確かに、面白いです。

>私は楽譜は押入れの奥の奥にしまい込んであったので、初心者用以外は殆どそのまま持っています。50年前の定価¥500なんて楽譜も、今は何千円もしそうです。
→おお〜!物持ちがいいのですね!
楽譜に限らず昔の本って、ブックオフなどではほとんど値がつかなかったりしますが、価値のわかる古書店などでは思いがけず高額で買い取ってくれたりすることもあるみたいですよ。とはいえ、使う可能性があるならば、大事に手元に置いてあげるのが、楽譜にとっても一番幸せだと思います。

>でも真っ白なままの楽譜も可愛そうなので、タワシさんのような方に渡って存在価値取り戻しましたね(^ー^)。
→せっかく落札しても私も使いこなせるわけではない(弾ける曲は掲載曲の一部にすぎない)ので、存在価値を取り戻した、と言っていいものか・・・(^^;
でも少しでも楽譜が前より幸せになれるように、できるだけ使ってあげようと思ってます。

>真夏の曲は来年に回し、他の曲物色し始めました(^_^;)。
→そうですか、季節感をとっても大事にしているhappypianon123さんらしい決断ですね!残念ですが来年の夏には聴けるのですよね?楽しみに待ってますので、来夏には忘れずにUPしてくださいね♫
やぢまさん>
やぢまさん、久々のコメントですね。嬉しかったです。
なのにお返事が遅くなってしまってごめんなさい。

>中古楽譜の書き込みを好意的に見てしまうのはわかります。(^^)
→やぢまさんもですか。他の本の書き込みだとあまり寛容にはなれないのに、楽譜だと・・・なんででしょうね。

>私も絶版楽譜を中古でGetしたら、前の持ち主さんの先生が書いたと思しき楽しい指導の跡を見つけて「ふふふ♪」となりました(リズムのイメージをふくらませるためか、パーカッションの絵が描いてあったり…(笑))。
→前の持ち主さんの先生、イラストも交えて、一生懸命生徒さんにイメージを伝えようとしてたんですね。微笑ましいです。
それにレッスンの指導の跡は、演奏の上で参考になるケースもあるかもしれませんね。

>エリーゼを1999年に弾いた誰かさん、今もピアノ楽しんでるかな…。
→今は30歳前後でしょうか、楽しんでくれてたらいいですね〜
高い楽譜をあっさり手放してしまったところを見ると、ピアノやめてしまった可能性も高いのかな、でも何かの機会に再開するということも十分あり得ますし。
タワシさん、こんにちは
かつです。

全音ピアノで販売されているにもかかわらず、わざわざウィーン原典版とは…
きっと本物志向の先生だったのかもしれませんね。
でもわたしも発表会で演奏予定の作品は原典版を用意してしまいます。
自分でへのご褒美?前祝みたいなもので
((´∀`))ケラケラ

前の持ち主さんは現在30歳くらいでしょうか。
ピアノを再開して「あれ?ベートーヴェンのピアノ作品集、持っていたよね??」と探しているかも
(*`艸´)ウシシシ

お安くゲットできて、ラッキーでしたね♪♪
※タワシさんの『バガテロ』楽しみに待っています
かつさん>
かつさんこんにちは。コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。

>全音ピアノで販売されているにもかかわらず、わざわざウィーン原典版とは…
きっと本物志向の先生だったのかもしれませんね。
→本物思考のない私としては、全音ピースが出てるんだからそれ1部買えば済むのでは?と思ってしまいます。笑

>でもわたしも発表会で演奏予定の作品は原典版を用意してしまいます。
自分でへのご褒美?前祝みたいなもので
((´∀`))ケラケラ
→いいじゃないですか〜
かつさんのよう本番に向けて真摯に練習を重ねるような人にこそふさわしい原典版!
発表会、もうすぐですよね。ステージにもさっそうと原典版を持って上がるのでしょうね(暗譜だったら持って上がりはしないか)
楽しんで演奏ができますように〜

>前の持ち主さんは現在30歳くらいでしょうか。
ピアノを再開して「あれ?ベートーヴェンのピアノ作品集、持っていたよね??」と探しているかも
(*`艸´)ウシシシ
→あるいは完全にピアノのことなど忘れているか。
それはちょっと寂しいですね。やっぱり時々でも弾いててほしい〜

>お安くゲットできて、ラッキーでしたね♪♪
※タワシさんの『バガテロ』楽しみに待っています
→定価ではまず買わない原典版!笑
せっかくゲットできたので本棚の肥やしにならないよう活用したいです。
バガテルは過去に1曲だけアップしてましたね。少なくとも、あと1、2曲はアップまでこぎぎ着けたいものです。

管理者のみに表示