fc2ブログ

ようこそ!タワシワールドへ♪

『やさしい曲を美しく弾く!』が生涯の目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾き(時々オカリナ吹き)の、ユルくて熱い音楽日記。

<今週の録音>我が心の皇帝〜オペレッタ「お気に入り」より(シュトルツ)

2022.10.30 (Sun)
WEB発表会のことでアタマがいっぱいで、シューイチのアップが遅くなってしまいました(^^;;
以前は何があっても締め切り厳守する気力と体力があったのに・・・今は「長く続けるためにも無理はしすぎないようにしよう」と思うようになったので、自分にすっかり甘くなってしまったタワシです。

今回の曲は、実はWEB発表会の「愛」テーマ部門の候補のひとつでした。
作曲者のロベルト・シュトルツ Robert Stolz(1880-1975)は、オペレッタの作曲家として、また指揮者として親しまれたオーストリア人です。彼の作品の中でもっとも有名なのは「プラーター公園の春」というウィンナリート(ウィーン風歌曲)でしょう。タワシも大好きな曲です。
今回紹介する「我が心の皇帝」はオペレッタ[お気に入り](Der Favorit)の中の1曲で、ヒロイン役のソプラノ歌手が歌うナンバーです。
終盤で思いっきり音を外してしまいました(ToT) その他細かいミスタッチが多数あります。
それではどうぞ〜♫



我が心の皇帝〜オペレッタ「お気に入り」より(シュトルツ)

コメント

いつも、知られざる曲(私にとってだけか汗)のご紹介と演奏、ありがとうございます。

この曲は、私の数少ない映画情報の中の、「ローマの休日」の船上ダンスパーティの場面を思い出させ、なんだか懐かしい気分になりました。シュトルツさん米国亡命というのを読み、当時の米国の音楽にも影響を与えたの?はたまた与えられたのか?などとボンヤリ思いました。

また「プラーター公園の春」も聴き、これってウィーンのどこ?と調べたら、ドナウ川の向こうでした。手前の、ト音記号で有名な王宮庭園迄は行ったのですが、なんせガイドブックを誰も持って来なかった(><;)という個人旅行だったので、名所を幾つもミスして来たもので💧

この世界状況と私の年齢から、多分もう海外に行く機会はなさそうですが、こうして未知の曲から未知の場所へ思いを馳せるひとときを頂け、嬉しいです♪
happypianon123さん、こんにちは〜
コメントありがとうございます。

>いつも、知られざる曲(私にとってだけか汗)のご紹介と演奏、ありがとうございます。
→今回の曲はオペレッタのナンバーとしてはそこそこ有名らしく、YouTubeにもいくつか動画が上がっていましたが、ピアノで弾く人はあんまりいないでしょうね〜
私が弾くのは比較的マイナー(レア)な曲が多いのですが、たまにですけど「こんな無名な曲ばっかり紹介しているこのブログって、果たして需要があるんだろうか?」と思うことがあります。happypianon123さんのように暖かく見守ってくださる方の存在が、本当にありがたいです。

>この曲は、私の数少ない映画情報の中の、「ローマの休日」の船上ダンスパーティの場面を思い出させ、なんだか懐かしい気分になりました。
→この曲がオペレッタの中のどんな場面で使われたのかわかりませんが( ストーリーも不明)確かにダンスパーティで流れていそうな感じの優美な曲ですね。

>また「プラーター公園の春」も聴き、これってウィーンのどこ?と調べたら、ドナウ川の向こうでした。手前の、ト音記号で有名な王宮庭園迄は行ったのですが、なんせガイドブックを誰も持って来なかった(><;)という個人旅行だったので、名所を幾つもミスして来たもので
→happypianon123さん、ウィーンに旅行されたことあるのですね。素敵!私、海外はハワイしか行ったことないんですよ〜
ト音記号で有名な王宮庭園!ああ、ブルクガルテンですね!ト音記号、モーツァルト像のそばにあるんですよね。テレビとかネットとかでしか見たことありませんが。
ガイドブック持っていったとしても、時間には限りがありますから、名所すべては回り切れないですよね。

>この世界状況と私の年齢から、多分もう海外に行く機会はなさそうですが、こうして未知の曲から未知の場所へ思いを馳せるひとときを頂け、嬉しいです♪
→私もたぶんもう海外へ行く機会はなさそうです。happypianon123さんとは違って英語も堪能ではないので、国内旅行で十分です!
テレビやネットで旅番組をゆったり見るのも良いですが、音楽から空想の翼を広げるのも楽しいですよね。地理的にも、歴史的にも。

管理者のみに表示