ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

「おんそうず」本番目前の誘惑~ポンセ「マズルカ第2番」

  1. 2011.
  2. 01.
  3. 30
  4. (Sun)
  5. 08:21
第1回おんそうず(ブログ仲間の集い)での演奏曲目も決まり(<シャンソン名曲メドレー>ですよ~)、その練習に専念したいところですが、
ここへ来て、タワシの心をわしづかみにする、美しい曲の楽譜が、入手できてしまいました!これはかなりの誘惑だぁ!!

その曲とは、メキシコの作曲家 マニュエル・ポンセの「マズルカ第2番」です。
(またマズルカ?という声が、どこかから聞こえてきそうですね、最近、タワシといえばマズルカ、と思ってらっしゃる方が多いようで…)
ラテンの作曲家のマズルカということで、生気にあふれたノリのいい曲を想像するかもしれませんが、もっとずっとしっとりして切ない感じの曲です。ショパンの、メランコリック系のワルツに似た感じですね。
(この記事のカテゴリは、作曲家の生没年にしたがって「近・現代」ということになっていますが、作風は完全にロマン派ふうです)

YouTubeなどに映像がないか探したんですが、見つけることができなくて残念。
いい曲なんだけど相当マイナー存在なのでしょうか。

音源がないか一生懸命探したら、
↓こちらのサイトで、冒頭の45秒ほど試聴することができるようです。
(フルート用の編曲ですが、奇をてらわないアレンジ、美しい音色で、とっても素敵です)
http://www.amazon.co.jp/%E5%8D%97%E3%81%AE%E6%83%B3%E3%81%84-%E9%AB%98%E6%9C%A8%E7%B6%BE%E5%AD%90/dp/B00005HTSB

今、これにのめり込んじゃうと、おんそうずの曲の練習がおろそかになりそうなので、それまでは「封印」しようと思っています。
というわけで今はまだ、楽譜を眺めるだけでほとんど弾いていません。

有名・無名や、曲のジャンルにこだわらず、いろんな曲にアンテナを伸ばすのは、タワシのいいところかもしれませんけど、裏を返せば浮気性ってことでもあり・・・
ちゃんと弾けるようになって次の曲に進むならいいのですがそうでもないので、「ただいま練習中」のレパートリーだけが、際限なく広がっていきます。。。

<追記>
マズルカ第2番の映像が見つからなかったので、代わりに同じ作曲家(ポンセ)の、「スケルツィーノ・メヒカーノ(メキシコの小さなスケルツォ)」を聴いてください♪

COMMENT

これ、ちょっとしか聴けませんでしたが素敵な曲ですね~i-189i-189
フルで、ピアノヴァージョンで、ぜひ聴きたいです!!
でも、おんそうず終わるまではまずいですよね(笑)。
私は気持ちが盛り上がると我慢出来なくなるのですが、タワシさんも気をつけて下さいね(笑)!
しかし、動画のスケルツォも良い曲ですね~♪
楽器の音色もあるのかいかにもメキシコって感じです^^;

ポンセ!

ポンセはマイナーですが、とても好きな作曲家です。
色々編曲のあるエストレリータ以外は、ギター曲が比較的知られている程度ですが、ピアノ曲も素敵であります。
ピアノ独奏曲のCDは1枚しか持っておりませんが、この曲入っていたかな?確認してみたいと思います。

うわ~!渋くてカッコイイ~!
タワシメキシカン、早く聴きたい聴きたい(*^_^*) もちろん第2回に生で聴かせて下さるともっと嬉しいですが。

それにしてもよく見つけますね~(驚)
記事中でご紹介のアルバム、早速amazonで買おうと思います。またステキな曲を紹介して下さいね(^_-)

日本とスペインや南米の文化って、どこか共通点があるような気がしちゃいます。どうしてこんなに切なく懐かしい感じがするんでしょうね。激しいものはちょっと違うようですが、こういうメロディが美しい曲は魂の故郷が同じところにあるように思えます。

涙腺弱ってる私は、この手の音楽でも泣きそうですよ~笑
タワシマズルカのアップ、気長にお待ちします。

エラニユースさん>

そうなんです!おんそうずが終わるまでは誘惑と戦うのが大変です。
なんていいながら実際は、おんそうずとは何の関係もない曲も毎日結構弾いている私ですが。
ただ、この曲いったん手をつけたらかなりのめりこみそうな気がするので、やっぱりしばらく封印するに限ります。

動画の「スケルツィーノ」はもともとはピアノ曲だったらしいですが、今はもっぱらギターソロで弾かれることがほとんどみたいです。私もギターの楽譜なら(コピーですが)持ってます。クラシックギターの楽譜は一段譜ですが、これ見て、ピアノで弾けないこともないです。だけどこれもおんそうずが終わるまでは封印ですね。

うゎっ!
すっごいタワシワールド!
情熱とはちょっと違うけど、なんかすっごいタワシイメージですね。
美しい~~(憧)
タワシの選曲って、知識は別としていつ頃からご自分に合う曲を考えるようになりましたか?
やっぱり大学時代ですか?
おんそうずのための封印も仕方ないですけど、早く聴きたい~~うずうず。
ってタワシさんが一番うずうずしてるのかな~(笑)
あと2週間近く封印してられるかな~(笑)

golfさん>

こんにちは、コメントありがとうございました。
ポンセがお好きなのですね!私もこの作曲家のこと、そしてその作品を、これからもっと知りたいと思っています。
私にとっても、長い間、「エストレリータ」1曲しか知らなかった作曲家でしたが、大曲も含めかなりいろいろ作品を残しているようですね。
さらに、彼のピアノ曲を集めた楽譜も発売されているのがわかりましたので、チェックしてみようと思います。
今後とも、またいろいろご教示ください。

タワシさんの原点・・♪

最初にYOUTUBEにアップされたグリークの「故郷へ」や、
「星の夢」を思い出しました。
フルートバージョン、
優雅で切ない感じがいいですね!
私も、ラテンの哀愁、南国の光と影、
陽気さと切なさに惹かれます。
まだ聴くばかりですが、自分で表現したいとも思います。
演奏、楽しみにしています♪

つむじねこさん>

タワシ語録がまた増えている・・・タワシメキシカン、何ですかそれ~?はじめてこのブログをのぞいた方は、コメント欄に謎の言葉が飛び交っているので、頭の中が疑問符でいっぱいになることでしょう。

それはともかく、第2回おんそうずの演奏曲、かなり気が早いですが今から思案中です。第1回で弾きたくても弾けない曲もかなりありますから。この曲もマスターできたら候補になりそうです。でも弾いてみたら意外と難しかったりして・・・
つむじねこさんは何を披露してくれるのでしょう。個人的には、アンダルーサ、生で聴きたいです♪

Sleepingさん>

ラテンの曲というとどうしても激しい情熱系の曲とかノリノリのダンスナンバーを想像しがちですが、こういう切なく美しい曲もあるのですよね。
懐かしさ、Sleepingさんもやはり感じましたか?私はこの曲を初めて聴いたとき、ずっと前からよく知っていたような錯覚にとらわれました。もしかしたら本当にどこかでチラッと耳にした可能性も無きにしも非ずですが、でも弾いたことがないのは確かです。それでもすごく懐かしい気持ちになったのです。
魂の故郷が同じところにある、ってうまい表現ですね。本当にそんなような気がします。

らべんだ~さん>

え?この曲タワシワールドに聴こえますか・・・?
私は実は「らべんだ~さんとかSleepingさんが弾いたら似合いそうだなあ」と思っているんですよ。お二人とも音色がきれいで、しっとり系の曲、美しく弾けるし。私は雑で、がさつ なのが音に出ちゃっているからダメですよ(涙)
でもこの曲は似合わなくてもチャレンジしちゃうつもりです。あ、もちろん、おんそうずが終わり次第、ですよ。あと2週間足らず。辛抱辛抱です。

自分に似合う曲を選曲できるようになったのは、ごく最近だと思います。
(大学時代はほとんど聴き専門でしたよ。学生時代所属していたクラシカル音楽研究会は、音楽鑑賞専門のサークルです)
ピアノそのものはほとんど上達できませんが、自分の「身の丈」がわかったことで、背伸びした選曲で自爆することは、だいぶ減ったような気がします。

earlgrayさん>

YOUTUBEの、我が昔(というほどでもないか)の録音、覚えていてくださってありがとうございます。
初めてのICレコーダー操作や、動画の編集、YOUTUBEへのアップなど、機械音痴の私には悪戦苦闘の連続でしたが、無事アップできたときは本当にほっとしましたね。
グリークの曲、そういう意味でも思い出の曲になりました。

ポンセのマズルカ、まだ弾いていないので、なんともいえませんが、楽譜を見た限りでは、テクニック的にとくに難しそうな箇所もなさそうな感じです。
earlgrayさんも弾いてみられてはいかがでしょう。ぜひぜひ~♪

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a