FC2ブログ





「楽しそうにピアノを弾く」という 取り柄 

いまだに「ピアノと戯れるの会」の余韻が残っているタワシ。朝錬にも結構熱が入ってたりして。
現在は完全に独学のタワシ、モチベーションをキープするためにも、やっぱりこういう場に積極的に参加して、(恥をかいても)人前で弾き、いろんな人の演奏を聴き、そしてピアノ仲間と語り合うことをしなければ、と改めて認識してるところです。

今回、2次会(懇親会)は、遠方なので辞退しようと思っていましたが、夕飯も食べなきゃならないことだしせっかくの機会なので途中までだけでも、と参加しました。
会場は、多摩センター駅前のサイ○リア。お財布にやさしいのがうれしいですね~

二つのテーブルに分かれて座り、まずは、夜毎屋さん、シグさん、アンダンテさん、成瀬さん、それどさんと相席になりました。
次々とテンポよく運ばれてくるお食事に、テーブルの上が自転車操業状態!必死に食べまくるタワシでした…
もちろんお話のほうも大いに弾みました。
3つのブログを、日々コンスタントに更新し続けるアンダンテさんには、皆さん賛嘆のまなざし!
成瀬さんから聞いた、プロの伴奏者としてのウラ話も興味深いものでした。
途中から、戯れ会の主催者・ヨーコさん(プロのピアニストさんです!)が隣に座り、いまどきの音楽教育事情などいろいろ教えてくれました。
以前から聞いてはいましたが「音楽の道を本格的に歩むにはお金がすごくかかる」って本当なんですね。ビンボー人のタワシにはまったく別の世界の話で、ただただ圧倒されます。

ところで、今回も結果的にまたまたミスタッチ満載の情けない演奏をしてしまったわけですが、心優しきメンバーの皆様の間では意外と好評価で。。。
今回もまた「こんなに楽しそうに弾けるのは才能だ」みたいなことを言われましたよ(笑)
発言者の方によるとれっきとしたほめ言葉だそうで、ありがたく受け取ります(*^▽^*)
これネ、以前からいろんな人によく言われるの。
ピアノ弾いてる後ろ姿だけでも、楽しんでいる様子が伝わってくるそうです。そうかなぁ。
自分の演奏姿を録画してもらってみたことがありますが「ウワァ、姿勢悪っ!」としか思わなかったけどなあ。
しかしこの「楽しそうな演奏姿」ってもしかしたらタワシのほとんど唯一の取り柄かもしれないです。
長所は大事に伸ばさないとね。

というわけで、いつまでも、「音楽が大好き、ピアノが大好き」というこころを持ち続けたいなあ・・・と思っております。

<追記>
今回ご一緒したアンダンテさんの記事もあわせて読むと、当日の様子がよりよくわかっていただけると思います。

いいピアノ、いい音響、ピアノと戯れるの会

みんなほんとにピアノ好きなんだねぇ

タワシの名前も一部出てきてますがアンダンテさん絶対ほめすぎですから、割り引いて読んでくださいね!
[ 2011/05/02 09:39 ] 練習会・弾き合い会 | TB(0) | CM(17)

No title

こんばんは、ばんちゃん父です。

なかなか充実したオフ会だったようですね。気力も充実して、タワシパワー全開!って感じでしょうか。その勢いで「おんそうず2」もよろしくお願いします。

そうですね。人前でも楽しみながら演奏するって、もしかすると究極の目標かもしれませんね。苦しんだり悩んだりしながら演奏するのを聴きたいって、当然ですがあまり思いませんものね。演奏する方が何を感じてどう表現するのか、そこにどれだけの想いや情熱を傾けているのか…そんなことを感じたい、共感したいって思いますものね。

その意味では、タワシさんはすでに素晴らしい武器をお持ちということですね。
[ 2011/05/02 23:47 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/03 00:00 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは(^^ゞ
こんな時間にお邪魔します♪
余韻が残るような、ホントに素敵な時間だったんですねー。
タワシさんの記事、そして紹介して下さったアンダンテさんの記事で、
私も楽しませて頂きました^^;
2次会も楽しそうですね♪

アンダンテさんの記事読ませて頂きましたが、
すっごく褒めて下さってますね!
仰ってること良く分かりますし、褒めすぎなんてことないと思います^^;
弾いてる楽しさが伝わる演奏、一番の理想かもと思います♪
[ 2011/05/03 02:28 ] [ 編集 ]

No title

タワシさんの演奏は録音を聞いてるだけで楽しくなる演奏ですからね。
音楽をやる者のとって一番大切な事なのかも知れないし、当たり前の事なのかも
しれないけど、なかなかそれが出来ないのが現実ですよね。
タワシさんの場合はブログを読んでるだけでも音楽の楽しさがとっても
伝わってきますし、いろいろな意味で皆さんに元気を与ええてくれる存在だと
思います。
[ 2011/05/03 09:24 ] [ 編集 ]

大切なこと

楽しそうにピアノを弾くv-266…それが私にずーっと欠けていたモノです。
タワシさんの演奏からはそれが伝わってくるからとても滑らかで雰囲気のある世界が生まれるのだと思いました。
私の場合、せっかく幼少のころに習い始めたのに、先生が変わったあたりから楽しかったはずのピアノが辛く苦しいものになり、やめてしまいました。
先生は厳しいばかりで音楽を楽しんでいる姿って見たことなかったんですよね。
以来ピアノに触ることもなく中年(T_T)になり、この期に及んで再開^^;
今度は楽しく長くやりたいと思っています。

ご紹介のアンダンテさんの記事も読ませていただきましたv-87
みなさんと、「音の会話」を満喫されたご様子ですね。
素敵なピアノと素敵なお部屋、そして素敵なお仲間に囲まれて、本当にうらやましい。
私も一段落したらどこかサークルを探してみたいと思います(*^_^*)
[ 2011/05/03 09:41 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。
コメントありがとうございました。
たわしさんの楽しみながら弾けるというのは、確かにすごーい才能だと思います。大人になってからのピアノは皆さん「ただただ楽しい」とは仰いますが、人前で弾くのは又別。「どうしてこんなことになっちゃうのかしら??」って仰ってますよ。
これからもずーっとお続け下さいね。
教会にもいっってらっしゃるクリスチャンの姉妹というのも嬉しいことです。
どうぞよろしくお願い致します。
[ 2011/05/03 11:10 ] [ 編集 ]

才能

ピアノって感情がそのまま音に表現されると思うので楽しそうに弾く
ことが聞き手に良い印象を与えると思います。

素晴らしい才能をお持ちです。
[ 2011/05/03 17:21 ] [ 編集 ]

ばんちゃん父さん>

チキンハートな私・・・人前では、まだまだ楽しんでピアノを弾く余裕なんてないんですよ。
なのに、みんなに「楽しそうに弾いている」といわれるのはなぜなんでしょうね(謎!)

おんそうず2、はい、もちろんとってもたのしみにしていますよ。
EXP殿のブログなどを見ていると、連休明けにも本格的に始動するのではないかと思います。
ばんちゃん父さんピアノ演奏のほうはだいぶ形になってきましたでしょうかね?
相変わらず殺人的にお忙しそうですが GW後半は何とか、骨休めできますように!
[ 2011/05/04 06:55 ] [ 編集 ]

エラニユースさん>

アンダンテさんの記事、すごくよく様子がわかるでしょう?
仕事もお持ちで、3人の手のかかる年頃のお子さんの母で、ピアノとヴァイオリンやってて、しかも毎日3種類のブログ(それもしっかり長文)を更新って、どれだけ時間があるの?って突っ込みたくなるほどですよ。
当日もしっかりブラームスのソナタ仕上げてきました。
だけど私への評価は、どう見てもほめすぎです。

弾いている楽しさが伝わる演奏ってたしかにいいですよね。
でもあの場に集まった全員がそういう演奏だったと思います。曲の難易度や演奏のできばえはまったくばらばらですが。
[ 2011/05/04 07:10 ] [ 編集 ]

らべんだ~さん>

>いろいろな意味で皆さんに元気を与ええてくれる存在
これってまさにらべんだ~さん自身のことじゃないでしょうか。
らべんだ~さんがしばらくブログを更新できないでいるときは、本当になんか灯が消えたような寂しさがありましたよ。

でも私のブログでも、ちょっとは皆さんの心を明るくするのに役立っているとしたらうれしいですね。
まじめに書いているつもりのコメントがあちこちのブログで妙に受けていたり、私って意外とお笑い系の素質があったりするんですかね(爆)
[ 2011/05/04 07:15 ] [ 編集 ]

金魚さん>

厳しい練習で、ピアノが苦しいものになってしまった時期があったんですね~
ピアノの先生は、何をおいてもまず、ピアノ、音楽の楽しさを生徒に伝えることが大事だと思うんですけど、往々にして苦しさだけを植えつける結果になってしまう先生がいるのは残念なことです。
私だって、ピアノそのものは嫌いになりませんでしたけど、子供時代のトラウマで、ハノンやチェルニーのような機械的な練習曲に、いまだにひどいアレルギー反応があります。
でもお互い、いろいろあったけど乗り越えて、今楽しんでピアノを弾くことができているのだから、ほんとによかったです!

サークル、ぜひぜひ参加してみてください。
お近くならぜひ、ご一緒したいです。
サークルにはレッスンを受けている人もかなりいます(私のような独学のほうが少数派です)
習っている人にとっても、日ごろのレッスンとは違う気づきを与えてくれるようですよ。
[ 2011/05/04 07:24 ] [ 編集 ]

yukoさん>

わがブログに訪問&コメントしてくださって、どうもありがとうございます!
お近づきになれて嬉しいです。
もちろん同じ主にある姉妹同士としても。
教会での様子は「教会のpianist」というカテゴリで書いていますので、機会があったらまたのぞいてみてください。
それから、フィギュアスケートもお好きなんですね。そちらの話題でも、おおいに盛り上がりましょう!
というわけで、今後ともよろしくお願いします♪
[ 2011/05/04 07:29 ] [ 編集 ]

pc2010jpn さん>

才能って・・・
そういう表現は私にはまーったく無縁だと思いますけど。
pc2010jpn さんの娘さんみたいな人に使う言葉でしょう!

でも音楽を心から楽しむ気持ちって、たしかに、人から人へと伝播していきますよね。
だからみんなで音楽の喜びを共有することができる。素敵なことですよね!
[ 2011/05/04 07:35 ] [ 編集 ]

No title

「ピアノと戯れるの会」の余韻がまだ残っているのですね。
わかります。私もおんそうず1回目の時はそうでした。
私はピアノを免除していただいたのですが…。

「こんなに楽しそうに弾けるのは才能だ」確かに才能だと思います。
大勢の前ではなかなか緊張して弾けない私です。
タワシさんはほんとうにいつも楽しそうに弾いていらっしゃいますね。
私もそういうふうに弾けたらいいなと思います。

懇親会もいらっしゃれてよかったですね。
いろいろなお話も聞けますし…。楽しかったと思います。
私もサイ○リア時々行きます。お財布にやさしいのは嬉しいですね^^
[ 2011/05/04 12:16 ] [ 編集 ]

No title

タワシさんの弾かれたグリーグ、僕もグリーグのCDで聞いたことがあったんですが、そのとき感じた、青い空の下に真っ白な欧風なお城が佇む雰囲気を、タワシさんの演奏でも感じることができて感動しました~!

同じくグリーグの「郷里にて」もぜひ生で聴きたいなぁ。。タワシさんのあの録音は強く印象に残っているんですよ。

最初に弾かれていたスペインのセレナーデも、いつか生で、最後まで聴けることを願っています♪
[ 2011/05/04 21:02 ] [ 編集 ]

イルカさん>

実は私もすごくあがり症なんですよ。あんまり、そんな風には見えないようだけれど。
初めてオフ会に行ったときの手足の震えぶりは、後ろの席の人でもはっきりわかったそうです。それからそれなりに場数は踏んだかもしれませんが、やっぱりいまだに人前演奏は緊張しますよ。
それでも皆さんに、「とっても音楽を楽しんでいるのが伝わってくる」といってもらえるのは、考えてみると不思議ですね。

そういえばイルカさんは前回のおんそうずでは弾かなかったですね。
でも次回は皆さんとも顔なじみになったことだし、ぜひぜひシャンソンなど弾いてください。
楽しみにしてます。
[ 2011/05/05 21:45 ] [ 編集 ]

でごさん>

戯れ会ではご一緒できて楽しかったです。
ショパンのあのマズルカ、でごさんの十八番だそうですね。さすがに余裕のある素敵な演奏でした。ジャズにも通じるあの曲の即興性がうまく表現されていたと思います。

それに引きかえ、私のグリーグは・・・どう見ても練習不足でした!
過去のブログを見ると4月14日に練習始めたようです。それでよく人前にかけたなあ。我ながらあきれます。
でも楽しんで弾けたおかげで?意外にも好評でした。

スペインのセレナーデ、途中でやめなければよかった。いま思えばかなり残念ですが、またの機会にはしっかりリベンジしますよ!!
[ 2011/05/05 22:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/310-6a44642d