やっぱり特別なショパン

前回の記事では、「アニヴァーサリーイヤーを迎える作曲家は、騒がれているショパンだけじゃないよ~!」と声を上げたタワシではありましたが・・・
実は、ショパンの誕生日とされる(異説あり)3月1日以降、やっぱりやっぱり、マスコミや他の方々のブログなどに触発されて、ショパンを練習していたりもします。
ソナチネ上巻挫折組の私の技術では、弾ける曲もホントに限られていて残念な限りですが・・・
マズルカやワルツ、前奏曲などの中でテクニック的に簡単なのをぼちぼちやってます。

去年一時期やってみて、中途半端なまま放置されていた4番のワルツ(通称、猫のワルツ)ちょっと本気でがんばってみました。その結果、予想通りミスタッチの山ながらも何とかインテンポで弾けるようになりました♪あとは少しでもミスを減らして(何せ現状では、正しい音とミスタッチとどっちの割合が多いかわからないほど!!)「必要以上に走って転ぶ」癖を何とかせねば。

この曲は有名な子犬のワルツと同じような傾向の、軽やかでかわいらしいサロン風の小品で、ショパンもリラックスした気分でササッと筆を走らせたものと思われます。
でもやっぱりちょっとした和声の使い方や転調の妙とかに、「さすがだな~、やっぱり違うわ」と思わせるきらっとした一瞬が感じられますね。
そういった瞬間をもっと大事に楽しみながら弾きたいんだけど、今のところとてもそんな余裕がなくて、やっとやっと弾いてます。
何しろ私は跳躍が苦手なので特に左手はしょっちゅう音をはずしまくっています。
でもそれ以上に問題なのは、意識しすぎて余分な力が入り脱力ができないことかな~。
脱力そのもののやり方がわからないわけでは多分ないですが、肝心なところでできないのでは本当に困ります。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場