ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

タワシのトラウマ曲・ワースト3

  1. 2011.
  2. 09.
  3. 13
  4. (Tue)
  5. 09:37
いいことも悪いことも言葉にして繰り返しているうちに それが真実になっていくと言われますから、ネガティブな発言はあんまり望ましいものではありません。
とはいえ、ときには弱音を吐いたり、愚痴ったり、つまり自分の心の中にあるマイナスなものをさらけ出して、場合によっては弱さを他人と分かち合うことも必要なんじゃないかなと思います。

というわけで(!?)。
きょうは、タワシが人前(オフ会)で弾いて失敗し、恥をかき、いまだにトラウマとなっている曲たち、ワースト3を紹介したいと思います。

第3位 ショパン マズルカ第39番ロ長調 作品63の1
なんと、大好きなマズルカから、エントリーが出てしまいました(涙)
(しかも演奏全体のできばえで言ったらワーストワンかも・・・・)
タワシが初めてピアノのオフ会というものに参加して、弾いた曲です。
あまりの緊張のために手も足も、遠目から見てもわかるくらいに大きく震え、とても演奏できる状態ではなかったんです。
さらにライトがまぶしくってクラクラ、3,4分の曲なのに冷や汗ぐっしょりかきました。
はっきり言ってまったく曲にならないまま終了。。。最後まで行き着いたのが奇跡的です。
人前での初演奏(教会などをのぞく)ということを考慮して、3位にしました。

第2位 スカルラッティ ピアノソナタホ長調 K380 
スカルラッティの入門曲として、よく演奏されている作品です。明るく軽やかで、かわいらしくもあり、人気があるのがうなづけます。
が、まさかこの曲で、アリ地獄にはまったように同じところでこけまくるとは、想定外もいいところでした。
開始後間もなく(10小節目)に、左手の下降スケールがあり(1オクターブの短いものです)そこでつまづきました。
弾き直してまたそこでコケ、もう一度弾きなおしてまたコケ、あきらめて先に進むも、リピートのときにそこでまたコケ・・・
トータルで5,6回転びました。ホントに恥ずかしいっ。
この大失敗でタワシはスケール苦手意識が増大してしまいました・・・とほほ。

第1位 ベートーヴェン 悲愴 第2楽章
栄えある(違)第1位は、楽聖・ベト様の超有名曲です。
この曲を、あるオフ会で弾いていたとき事件は起きました。
暗譜、とりあえずできていたのですが少し怪しい箇所もあったため、迷った末、お守りとして楽譜を置くことにしました。
楽譜はネットからDLしたものや本からコピーしたものをクリアファイルに入れて持ち歩いています。
が、このときはたまたま気まぐれで、ファイルから抜き出して譜面台に並べました。
ファイルをめくるより並べた紙をちょっとずらすほうが楽かなと思ったのです。
が、これがまずかった! 
譜めくり、と言うか、見終わった楽譜をずらそうと手を伸ばした瞬間、これから弾く分の楽譜が、はら~りと落ち、客席のほうへ飛んでいきました・・・
実はほとんど暗譜はできていたにもかかわらず、このアクシデントですっかり気が動転したタワシ。落ちた楽譜は誰かがすぐに拾って譜面台に置いてくれたんですが、心臓は最後までバックンバックンのまま、そこから先、演奏は散々なものになってしまいました。
この曲はもちろん、ベト様の曲すべてにまで、トラウマができてしまったようです。
さらに「有名曲弾くのが怖い症候群」も悪化しました。
有名曲恐怖シンドロームは、早いとこ治さないと、下手すると今度のプチリサイタル(まだ正式に実現が決まったわけじゃないですけどね)で悪影響があるかもしれません。

以上、苦~い思い出に彩られた曲たちを紹介しました。
本番が近づいたらこんなネガティブな話はやめますよ。今のうち今のうち。。。

※前回の記事のコメントレスが遅れていてごめんなさい。
これから用事があって出かけますので、お返事は帰宅してから順次します。
しばしお待ちを・・・

COMMENT

ウワ~ッi-201読むとこっちまで心臓バクバクしてきます。
自分も思い当たるなァ~・・・。
あまり人前で弾く機会はないけど、似たような状況はあります。
緊張で手足ブルブルになってメチャクチャになったことあるし、レッスンでも一度こけたとこって焦って何回もこけちゃいますよね。
さすがに楽譜ハラ~リはないけど・・・。

でもタワシさんはその状況がトラウマになるんじゃなくて曲がトラウマになるんですね。
曲がトラウマになるんならその曲は避ければいいんだから大丈夫ですよ。
この3曲は忘れてた~くさんある他の曲バンバン弾いちゃってください☆

あはは~(^^)
タワシさんがクラシックやらないわけですね~。
こんなコテコテのクラシックでコケちゃったなんて。
でも、逆に、そんなに好きだったんだな―とも思いました。

タワシさん、マズルカっていうのは「ショパン様」ということでだいぶ緊張した感じがありませんか?
それで…39番って、どんな?と思って聴いてみましたが…難しそう(@_@)
私だったら右手と左手、うまく合わせられないです。

スカルラッティなんて…はは…タワシさんが~!(^^)!
あ、失礼いたしましたm(__)m
まぁ、リズムを考えたらタワシさんもあるかなぁと思いますが、やっぱり基本的に違うかな~。
同じ所で何度もコケたって話はどこかで聞いたような?あれ?誰でしたっけ?
私はそれも怖いんですが、繰り返し部分から抜け出せなくなるような気がして(気がするだけじゃなく実際そうなんですが^^;)なるべく繰り返し部分がない曲を選んでます、ハイ。

うぉ~、タワシさんがベトベンだ~!
やっぱり、それなりに弾いてらした上級者さんでしたね。
聴いてみたいな、タワシさんのベトベン。

有名曲弾くのが怖いって、これらのアクシデントを考えたら、普通の曲でも十分起こりえることですし、タワシさんが有名曲に対して構え過ぎているだけなんじゃないかと思います。
大丈夫ですよ、どの曲だって曲は曲!
またコテコテクラシックにも挑戦してください。
金魚が優しく見守ってあげましょう!(見守るだけだけど(^_^;))

タワシさんにこんな失敗があったということが、
やっぱり信じられません(@_@)
いえだって、いつもさらっと弾かれてるイメージしかなかったですし~i-201
タワシさんでもこんなことあるんだ?!と思いながら読みました(笑)。
クラシック敬遠しちゃうのわからなくもないですねi-201
でも、やっぱりもったいないなぁとも思います。
いつか、タワシさんのスカルラッティとかぜひ聴いてみたいです^^;
しかし、ベートーヴェンの「悲愴」が弾けるなんて、絶対初級者ではないですよ(笑)。

ところで、足は大丈夫でしょうか?
ひどい捻挫のようですしくれぐれもお大事にして下さいねi-201
靭帯やっちゃうとちょっとやっかいだと私も聞いたことありますi-201
タワシさんのことだから、ピアノは弾いちゃうんでしょうね。
でも、ペダルは右だし大丈夫でしょうか(笑)。

フクママさん>

心臓バクバクしちゃいましたか?
私はかなりのチキンハートなのでこうなってしまいましたが、
フクママさんは先生の前でもいつもずいぶん楽しそうに連弾しているし、きっと私よりはずっと度胸が据わっていそうですvv
それでもやっぱり似たようなことはあるんですね~
同じところでドツボにはまると言う話は上級者の人からも聞いたことがあります。

>タワシさんはその状況がトラウマになるんじゃなくて曲がトラウマになるんですね。
曲がトラウマになるんならその曲は避ければいいんだから大丈夫ですよ。
どうなんでしょう?でもトラウマにも応用編のようなものがあるような気もします。あってほしくないけどネ。
たとえばスカルラッティの曲でこけたのがスケールの箇所なので、前にも増して「自分はスケールが苦手なんだ」と痛感するようになりましたね。

ここに挙げた曲に限らず、人前(録音も含む)で思うように弾けなかった曲たち、リベンジしたい気持ちはバンバンにあります。特に悲愴は、ベートーベンのソナタ1曲くらいはちゃんと弾きたいと思っています。2,3楽章はとりあえず独学でやりましたが第1楽章だけはまだ手付かずです・・・

金魚さん>

今も昔もクラシックは好きですよ~
学生時代 入っていたサークルも「クラシカル音楽研究会」と言う名前ですから。なかなか本格的っぽいでしょ(笑) ひたすらクラシック音楽を聴きまくるサークルですよ。ちょっとだけお勉強もしました。和声とか対位法とか音楽史とか・・・

今はこれでも昔に比べれば大分クラシックを弾くようになったのですよ。
昔は私の中で「クラシックは弾くもの。ポピュラーピアノは自分で弾くもの」と 線を引いていたような気がします。
それでも今でもやっぱりポピュラーのほうがずっと楽に自然体で弾けます。楽譜に縛られないで弾けるのが、私の性には合っているのでしょうね。

>うぉ~、タワシさんがベトベンだ~!
やっぱり、それなりに弾いてらした上級者さんでしたね。
→そんな・・・とんでもないですよ~
悲愴は、第1楽章以外は たぶんベトソナの中ではかなり弾きやすいはずです。って、ほかの曲、ほとんど弾いていないので比べようがないんだけど。
ベトべンって私の中ではやはり「クラシックらしいクラシック」の代表格です。悲愴はせっかく独学で2,3楽章をやったのでリベンジして、できれば1楽章もちょっとはチャレンジしてみようかなって気がしますが、その前に2楽章がトラウマ曲になっているというのがなんともはや・・・(汗)
ベト様とはかなり距離(隔たり)を感じるタワシですが、でも、らべんだ~さんのバッハみたいに、年に1回ベト様の曲をなにかアップするというのもいいかもしれません。

エラニユースさん>

>タワシさんにこんな失敗があったということが、
やっぱり信じられません(@_@)
いえだって、いつもさらっと弾かれてるイメージしかなかったですし~
↑そ、そんなに驚かなくても・・・
おんそうず1でも2でも失敗しまくりですよ。気がつかなかったですか?
確かに最近は、以前に比べたら、失敗してもそ知らぬ顔で平然と弾き続けることを身につけつつありますが・・・
人前で、本当に、さらっと弾けたらどんなにいいでしょうね。
いまだになかなか そんな演奏をできません。

悲愴は!だ~から~!トラウマで弾けないって言ってるじゃないですか!!
第1楽章にいたっては本気で取り組んだことさえないですよ。ちょっと楽譜見ただけで無理っぽい気がしましたから・・・
2,3楽章についてはリベンジしたい思いはありますよ。
1楽章もできるものならチャレンジしてみたいですけど。
たぶん妄想で終わりそうです・・・

足は、昨日よりだいぶ痛みが和らぎましたよ。
おとなしく休んでいればたぶん日にち薬でどんどんよくなるでしょう。
でも・・・仕事に復帰したら無理して悪化するのが怖いです。
といって完治するまで休んでいるわけには行きませんからね~

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a