FC2ブログ

ああ無謀!一人で弾く「ラシーヌの雅歌」(フォーレ)

一部のピアノのお友達の間で話題になっているフォーレですが、実はタワシはこの人の作品(というより、ピアノ曲)をまともに弾いたことがほとんどありません。
連弾「ドリー」の前半3曲だけは。お師匠様のS氏やY女史にセコンドをお願いして、タワシがプリモをひいたこともありますが、ソロのピアノ曲は「経験なし」といっていいほどです。

が、最近らべんだ~さんが、この人の無言歌に挑戦中で、それは作曲者10代のころの作品だ、とか何とか、コメント欄で話しているうちに、やはりフォーレが18歳のときに書いた「ラシーヌの雅歌」という曲のことを思い出しました。
タワシは、フォーレの作品の中ではこの「ラシーヌ」が一番好きなんです!

ラシーヌの雅歌とは・・・
『ラシーヌの雅歌』(Cantique de Jean Racine)作品11は、フランスの作曲家ガブリエル・フォーレが、17世紀フランスの古典劇作家ジャン・ラシーヌの宗教的な詩に基づいて作曲した、オルガン、あるいはハーモニウムと混声四部合唱のための合唱曲である。 (Wikipediaより引用)
作曲者が18歳の時、ニデルメイユール音楽学校の卒業作品として書かれ、1等賞をとった作品なのです。
曲名は「ラシーヌ賛歌」という訳もあるんですが、これだと「ラシーヌを讃える歌」と誤解される恐れがあるので、あまりいただけないと思います。

18歳でこれだけの曲が書けるってまさに天才ですね!(もちろん音楽史には、モーツァルトをはじめ早熟の天才たちがたくさんいますが)
でもタワシが感心するのは音楽的な才能ももちろんですけど、
この若さで、よく、こんなにも静かで清らかな心の境地に達することができたなあ、と・・・
この曲を聴くたびに思うのですよ。

それはさておき、これだけ好きな曲ともなればやっぱり自分の手で弾いてみたいですよね。
前述のとおり、この曲はオルガンと混声四部合唱のために書かれています。
興味のある方はこちらを参照。こんな楽譜です!
http://imslp.info/files/imglnks/usimg/3/3a/IMSLP04370-Cantique_de_jean_racine_-_faure_-_satb_organ.pdf
タワシは無謀にも、これを何とか一人で弾けないか?と考えました。
もちろん、上級者の方ならいざ知らず、ソナチネレベルのタワシに、そんな芸当は無理です。
でも、とにかく主旋律だけはきっちり拾い、あとは原曲の雰囲気をそれらしく出す程度のアレンジだったら?
人さまにお聞かせするのは絶対無理でも、自己満足の世界ならば許される程度には弾けるかもしれません。

かくして!三段譜ならぬ六段譜とにらめっこしつつ、タワシの無謀なチャレンジが始まりました・・・

そういえば、フォーレのレクイエムからPIE JESUで、同じようなことをやったことがあったのでした。
あれは震災直後のこと・・・
喪に服する気持ちと、デジピの電気を消費するのも気が弾ける節電ムードの中,葛藤しながらも祈りを込めて弾いた曲です。
(前にも貼り付けた演奏ですけどもう一度貼っておきますね)

[VOON] PIE JESU (FAURE)
これはまだ歌がソロなので、三段譜で済んでいましたが、今度は四部合唱ですからね~六段譜になっちゃいますね。
難易度確実にアップですよ、トホホ~

それにしても、いいんでしょうか。おんそうずとWEB発表会を前にこんなことをしてて。
しかも来週末からは富山に帰省して、数日間ピアノに触われなくなるというのに。
今、ブログのお仲間の間で巻き起こっている空前の「浮気ブーム」(爆) その流れに、しっかり乗ってしまったタワシでした~

MY演奏 いつの日か プレビフォー版くらいはアップしたいですが、今は何がなんだか収拾がつかない状態で、とてもとても貼り付けられません(泣)
というわけでYOUTUBEの美しい演奏をお聴きください♪


Cantique de Jean Racine

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

comments

No title

6段譜(@_@)!
それをピアノになんて想像つきませんが、さすがタワシさんi-201
この綺麗な曲がどんなふうなアレンジになるのか、UPすっごく楽しみにしてますね!
プレビフォー番って…ちょっとうけましたけど~笑
でも、他の方にもですが、浮気はほどほどに(笑)。

No title

まるで教会で聴く歌のようですね。宗教的な詩に基づいて~だからなんですね。
これをピアノに編曲ってどんな風になるんだろう。
楽しみな反面・・・、心配ですよ~i-201
タワシさんおんそうずやweb発表会もあるし、プチリサイタルだって来年とはいえ準備に時間がかかるでしょうし、大丈夫ですか~。
浮気もみんなでやれば怖くないって気分になってますね。
タワシさんのことだからこの曲もあっという間にでき上がるんでしょうが・・・、いっそのことリサイタルの1曲にしたら?
とりあえず六段譜のピアノ編曲、楽しみにお待ちしてます♪

No title

ああ無情…え?違った…無謀って?!
本当に無謀ですねぇ、タワシさん。
今度はフォ―レ!
しかも、6段譜ですって~(@_@。

こういうのって、タワシさんの血が騒いでしまうのでしょうね。
しかも好きな曲だし…。
しかたないでしょうか。
将軍様に厳しく叱られてください(^^)

それから…流行りはフォーレさんになったのでしょうか?
でも私は乗りませんよ~。
今、それどころじゃないし―(;_:)

でも、素敵な曲でした(^^♪
ちょうど合唱を聞きたいと思っていたのでそれもよかったです。
タワシバージョン、お待ちしております。

エラニユースさん>

実はピアノでは音がブチブチ切れちゃうので雰囲気があまり出ず、デジピのストリングス系の音(それに少々オルガンの音をかぶせたもの)で弾いてます。

プレビフォー版っておかしかったですか?
ビフォー版とも呼べないレベルのもの、という意味ですが。
でもここで恥をさらしておいたほうが、あとあとなにかと気が楽かなあ。
いえ、いつもアップしている演奏だって、ミスタッチやおと抜け続出で、十分に恥はさらしてますけどね(;_:)

フクママさん>

エラニユースさんへのコメントレスにも書きましたが、デジピの設定をピアノではなくてストリングス系の音にして弾いています。
本物のピアノで原曲の雰囲気を出して弾くのは、いっそうハードルが高くなってしまいますね。
私には無理でした・・・(ガックリ)
そういうわけで、もしある程度弾けるようになったとしても、リサイタルでは無理ですね。

>浮気もみんなでやれば怖くないって気分になってますね。
ほんとにね~
とくにおんそうずでは、某EXP殿が率先して浮気しまくりなんですから、
私はただ{流れ}に乗っただけですよ~(!?)

>タワシさんのことだからこの曲もあっという間にでき上がるんでしょうが・・・
それはないです、6段譜、手ごわい~っ(>_<)
どう考えても一人で全部の音を拾うことはできないのでどこかを切り捨てなくてはなりませんが、主旋律がいつもソプラノにあるわけではないし、対旋律でもぜひ拾いたいところもあるので全部のパートを丁寧に見ていかなくちゃ。。。

金魚さん>

>ああ無情…え?違った…無謀って?!
はい、ちょっともじって遊んでみました。
でも今は「レ・ミゼラブル」という原題のほうが一般的で「ああ無情」っていわれてもわからない人もいるかも。

われながら無謀だと思っています。
らべんだ~さんのところで下手にコメントなんてして、それがきっかけでその気になっちぃいました。まさに「墓穴を掘った」って感じですかね?

>将軍様に厳しく叱られてください(^^)
いやそれはありえません。
将軍様自身が、EXPというご自身の立場もわきまえず、浮気し放題ですからね。
ほかの誰に怒られても甘んじて受けますけど、将軍様にだけは言われたくないです。ってそもそも、将軍様もそれくらいはわきまえてらっしゃるでしょうから、何もおっしゃらないと思います。
(さあ、らべんだ~さんの反応が楽しみだな)

No title

あっ・・いや・・その・・「無言歌に挑戦中」なんてそんな・・・え~~ん泣
無言歌に真面目に挑戦しなくてはならなくなっちゃうじゃないですか~!
大体、コメでちょっとお話しただけで何でこんな6段譜に挑戦なんて事になってしまうのですか・・。
「レ・ミゼラブル」って昔、ミュージカル見に行ったなぁ・・なんて事はどうでもいいですけど、ストリングス・・・ストリングスを試そうと思ったらハープシーコードのボタンが出現して・・・・私はあの時、タワシさんに何か教えて頂いてストリングスを試してみようと思ったのですがやらないうちに忘れちゃった~汗

教会繋がりでどこかでパイプオルガンがあるような教会でこの曲を弾けるような機会ってないんですか?
そしたらすっごく素敵ですよね~♪

浮気はねぇ、もういいんですよ。
こればっかりは性格なのでお互い無理に1曲に集中したってきっと良い事ないのです・・・たぶん・・。
でも私はおんそうずしか予定ありませんけどタワシさんはweb発表会もあるしプチリサイタルもあるしもし私がタワシさんだったら浮気なんてせずきっととっても真面目に取り組んでると思います。
だからきっと私の方が真面目で良い子。タワシさんはダントツ悪い子。
それに富山に帰省されたらピアノに触れないんですよね。
あっ、でもまたピアノの音が聴こえてきてピアノ愛でむずむずして
すっごい情熱的なコルドバが聴けるかもしれませんね~。

らべんだ~さん>

>ストリングス・・・ストリングスを試そうと思ったらハープシーコードのボタンが出現して・・・・
出ました!幻のボタン出現!のちのちまでも語り継がれることでしょう!もはや伝説ですね。

パイプオルガンは普通の人じゃ弾けませんよ~!
すごく高価なものだからある場所だって限られてますしね。
でも教会用の小型のリードオルガン(チャーチオルガン)だったら、市内の教会でもあるところを知ってます。
これなら一応は弾けると思うけど、本当はピアノとは演奏法がかなり違うそうです。

浮気・・・お互いにこれからも止まりそうにないですね。
せいぜい浮気菌をブログ仲間の皆様にまき散らさないように、ちょっと自制しましょうか。もうすでに感染している人もいるようですが。。。
>私がタワシさんだったら浮気なんてせずきっととっても真面目に取り組んでると思います。
それはどうでしょうかね?かな~り怪しいゾ。

今日は朝からコルドバ一回も弾いてませんよ(いいのか)
一方、ラシーヌは2時間くらい弾いたかな。
だって難しいんだもん~
6段譜だし~調性は♭5つだし~

No title

あれ、今度はらべんだ~さんのせいで、フォーレ様に浮気ブームが・・・笑
しかも、タワシさん結構本腰入ってませんか?
今日だけで2時間も・・・これはもう、是非何か形に残していただきたいですね。CDにするか、楽譜を売り出すか・・・笑

しかも、4声とオルガンですか~!ピアノにしにくいことこの上ないですね。そりゃあ音も切れますよね。「あぁ無謀」とはまさにこのことですね~汗

でも難しいことほど夢中になったり、ダメと言われるとますますのめりこんだり、人間てあまのじゃくなんですよね。まぁしばらくは深みにはまって頂いて、そのうち本命に戻ってくることでしょう。

コルドバの本番、あと1ヶ月ないですよ~~♪笑

No title

レクイエム4番、厳かで神々しくてステキな演奏でした。
音色も曲の雰囲気にとても合ってますね。

話の流れからするとこの曲はタワシさんの採譜、あるいはアレンジという事になるのでしょうか。
フォーレの曲って体に浸み込んでくるようなシンプルなメロディーとは逆に、和音が予想しない方向に変化するので難しいと思いますけど、必要な音が全て入っていてとても原曲に忠実だと感じました。
恐らくタワシさんの事だから楽譜には残していないのでしょうけど、こんなに完成度が高いともったいないって思ってしまいます^^;

らべんだ~さんのブログコメント見てご存じと思いますが、ゼロシンも11月のおんそうずに参加させて頂く事になりました。
タワシさんの生演奏楽しみにしてます^^v

フォーレ好きです。

曲は好きなんだけど、フォーレ自身のことはよく知りませんでした。
スゴイ人だったんですね。

いい音楽聴いていい気持ちになりました。
ありがとうございますm(__)m

Sleepingさん>

ホントに、はっと気がつけばあとひと月を切ってしまいましたね~
早く本命に復帰しなくては!
でも、その前にもう一回くらい大きな浮気をしそうな予感がします(汗)
根拠はないけどなんとなくそんな気がするのです。。。

この曲はちゃんと仕上げようとしたら相当時間がかかると思います。おんそうずが過ぎても多分出来上がっていないでしょう。
なのでごくごく一部だけ(めめさんのマズルカ並みの短さで?笑)プレ版としてアップして、それでおしまいにしようかなと思ったりしてます。

>4声とオルガンですか~!ピアノにしにくいことこの上ないですね。そりゃあ音も切れますよね。「あぁ無謀」とはまさにこのことですね~汗
ピアノじゃ無理ですね。少なくとも私の演奏とアレンジの腕前じゃ。
なので今回もレクイエムのときみたいに、デジピの「ほかの音色」頼みです、たぶん・・・

ゼロシンさん>

レクイエムの演奏聴いてくださって感謝します。
>厳かで神々しくてステキな演奏
だなんて、ほめすぎですよ~ でも嬉しいです☆

この曲は、歌(ボーイソプラノまたは女声ソプラノ)とオルガン用に編曲された楽譜を見ながら、できる限りその音を忠実に拾おうとがんばったものです。(編曲と呼べるほどのものでもありませんね)
歌と伴奏を一人二役で弾くというパターンは結構慣れてきたので、その流れで何とかサマになりました。
でもさすがに6段譜になるときついです、D♭(変ニ長調)という私にとっては弾きにいキーですし。ふう~。

おんそうず参加されるの もちろん、らべんだ~さんのブログで知っていますよ♪
ホントに楽しみです。
デジピとは思えないダイナミックな演奏をするゼロシンさんですから、グランドピアノだといっそうカッコイイ演奏になるんでしょうね(=^ー^=)♪

kazkolineさん>

シャンソンがお好きなkazkolineさんですから、クラシックの中でもやはりフランス物に一段と心惹かれるものがあるのでしょうか。
フランスの音楽って、独特の雰囲気。。。香気っていうのかな、がありますよね。
自分の演奏ではとてもとてもそういうものは表現できなくて、鑑賞専門ですが。

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
今日の練習メニュー
<12月18日> ♪Christmas dance (Vezzoli) ♪氷の国の踊り(森垣桂一) ♪コラールプレリュード・甘き喜びのうちに(バッハ) ♪パスピエ1&2(イギリス組曲第5番より)(同) ♪悲しいワルツ(ヴェチェイ) ♪ソナタイ短調・第1楽章(Haessler) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ)
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター
リンク
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる