ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

「給食」のイメージの曲(?)と、嬉しいひとこと

  1. 2011.
  2. 10.
  3. 16
  4. (Sun)
  5. 10:32
最近あまり「ピアノを教える」のカテゴリーが増えていないので、今日は久々に、最近(昨日=10月15日)のレッスンの様子を書いてみます。

最近このブログを知った方は、<万年ソナチネレベル>で人さまにピアノなんて教えているのか?とあきれられるかもしれません。
タワシもそれは百も承知しているのですが、同じ教会の信徒さんに、是非に、とお願いされて断りきれず・・
そして教えているのはクラシックではなくてポピュラーピアノです、コード譜を見て自由にアレンジして弾けるようになるのを目的にしているんです。
(クラシックは基本が大事なので絶対他の人に習ってください、と、固~くお願いしてます)
詳しくは「ピアノを教える」のカテゴリーの過去記事をご覧ください。

最初に小学6年の男の子 S君のレッスンから。
S君は、↓のテキストを使ってます。
imCANIEK9J.jpg
PIANO CHORD PATTERN vol.1

今は、ニーノロータの「太陽がいっぱい」をやっているところ。
副題は「8分の6拍子を弾こう」です(^^)
2種類パターンでのアルペジオの練習です。
コードの変わり目で躊躇するのか、間が空いてしまうところがありますが、今回が2回目なので前回よりずいぶん流れがよくなりました。
そうそう、先週のレッスンで面白い会話がありました。
曲のイメージを、最初の段階からある程度クリアーに持って、演奏することが大事、というわけで、
「この曲ってどんなイメージかな?」とタワシが訊くと、
S君の答えは・・・
「給食!」
「は?」(@_@)
聞けば学校の給食の時間にこの曲がBGMでかかっているので、この曲を聴くと反射的に給食のイメージが浮かぶんだそうです(笑)
この曲で、装飾音がテキストに初登場しました。
でもS君 クラシックピアノの経験がそこそこあるので、難なくクリア!

この曲は引き続き練習してもらう、ということで、とりあえず次へ。
次の曲は、タワシの大好きなナンバーで心が弾みます!
「サウンド・オブ・ミュージック」の中の名曲「私のお気に入り」(My Favorite Things)
しかしちょっとショックなことに、S君この曲をまったく聴いたことがないとのことでした。
CMソングにも使われてかなり有名な曲だと思ったんですけどね。
初見で一通り弾いてもらったけど、曲想がまったくつかめず本人も戸惑っているようです。
というわけで模範(とも言えないけど)演奏してみて、またお母さんには音源を聴いてみるようお勧めしておきました。
機会があればぜひ親子で「サウンド・・・」のDVD観るように、とも~♪

この日は、S君の母さんと結構お話ができました。
クラシックピアノを習っていたときには、お母さんが毎日厳しく練習させて、その反動でピアノが嫌になり練習をやめてしまったこと。
最後は発表会でランゲの「花の歌」を弾いたこと。(最初は苦労したけど4ヶ月くらいでちゃんと弾けるようになったそうです)
一緒に習っていた妹がとても上手で、口には出さないがかなりコンプレックスを抱いていていたらしいこと。
などなど、いろんな話が出ました。
嬉しかったのは、S君のお父さんが、「今のS,あの当時とは表情も音もぜんぜん違って楽しそうに弾いているな」、とお母さんに言ったそうなのです。
お母さんに言わせればご主人は音楽のことがほとんどわからない人で、その人がちょっと聞いても音の違いがわかるというのは、すごい変化なんだそうです。
ピアノの技術も指導法も、ホントに素人そのもののタワシですが、ここまで言ってもらえると本当にありがたいですよね。

このあと牧師夫人Sさんのレッスンがあったのですが、長くなったので今日はこの辺にしておきます。

COMMENT

No title

あら。このお忙しい中、「教える」お仕事もなさってたんですね。
た~いへん(@_@)。

あ、8分の6拍子!タワシさんのお好きな拍子じゃないですか(*^^)v
でもねぇ…「太陽がいっぱい」で給食って、どんな味?^^;
私はちょっと喉につかえてしまいそうなのですけど…。

「サウンド・オブ・ミュージック」はちょっと旧いかもしれないですね。ジュリー・アンドリュース…。
私は観たことありますけど、自分から観たいと思ったわけじゃなくて…^^;内容も内容ですし。
CMの音楽は確かにありましたね。

でも、良かったですね\(^o^)/
教えていてこういうことが最大の喜びですよね。

音楽ってほとんどが気持ちで左右されると思います。
お母様がタワシさんを先生に選んだこと、正解でしたね(*^_^*)

No title

こんにちは。

小学6年生といえば本当に多感な時期ですよね。
指導のおかげで音が変わっていくなんて素晴らしいです。
楽しく練習出来ることって意外に難しいし。
私も自分のことは棚に上げてついつい厳しく言ってしまうので
ちょっと反省しました。

それから子供たちにサウンドオブミュージック、見てほしいですね。
人形劇しながら歌う歌が大好きです。



No title

こんばんは。
音楽って、やっぱり学ぶ前に楽しむものなんですよね。もちろん、上手く弾けた方がより楽しいのでしょうけど。上手い演奏と心に響く演奏は決してイコールではないですものね。S君は、タワシさんの指導のお陰で、音楽の楽しさを思い出したんですね。素敵なことです。

No title

太陽がいっぱいってアラン・ドロンが出た映画ですね。
ちょっと暗めの曲ですよね。これが給食のときに流れてるって不思議な選曲ですね~♪
「私のお気に入り」を聴くと嵐を怖がって子どもたちがマリアの部屋に集まってくる場面が浮かびます。
逆にあの場面を知らないと曲のイメージは浮かばないかも・・・。S君DVD観てくれるといいですね。

S君ピアノを楽しめるようになって良かったですね。
楽しさをわかる前にあまり厳しく練習させられると誰だってやめたくなります。
タワシ先生のもと楽しく練習続けられますように☆

金魚さん>

私もなんで給食のBGMにこの曲なの?と思いました。
いろんな曲がかかっていてそのうちの一つだそうですが、往年の名画の主題曲集とかでしょうかね?
昔の映画音楽は確かにいいんですけど、給食の時にはもっとふさわしいBGMがありそうですね。

DVDで映画観たりする?とS君に聞いてみたら、観てるのは今の流行の作品ばかりでした(ハリポタとか)
でも昔の映画でも「ロッキー」は観るそうですよ。やっぱり男の子だな。
サウンド・オブ・ミュージックはそれよりもっとずっと古いですよね。
「太陽にいっぱい」は私も、ストーリーは知っているけれどちゃんと観たことがないです。

pinao-classさん>

コメントありがとうございます♪
実を言うと、私自身は、教えていてそんなに飛躍的に音が変わったとか考えられなくて・・・
1週間ほとんど練習してないということも時々ありますし(レッスン当日の朝になって、やっとちょっとだけおさらいしたとか・・・
S君 ピアノあんまり楽しくないのかな~、と自分の指導にちょっと自信喪失気味になったりしたこともあった私でした。
でもお母さんのお言葉聞いて、安心したし、やっぱりすごくうれしかったですよ。

サウンド・オブ・ミュージック、pinao-class さんもお好きですか?
楽しく美しい曲が次々と出てきますよね。
テーマソング「サウンド・オブ・ミュージック」と、「すべての山に登れ」も個人的に大好きです♪

No title

私、「太陽がいっぱい」って知らないですね。
曲名を知らないだけかな?と思って調べてみましたがやっぱり知りません(恥)
給食のBGMとしてはちょっと寂しい感じですよね?
でも子供の頃のそういう感覚って大人になっても結構残ってるんですよね。「あ~これよく○○の時、かかってたな~」って。
そういう曲をリアルに弾けるとまたさらに思い出深い曲となっていきそうですよね♪
花の歌を弾けたなんてすごいですね~。
クラシックの基礎力はそれなりなのでしょうから、タワシセンスをどんどん吸収出きれば恐るべしタワシ2号になりそうですね(笑)

No title

私も「太陽がいっぱい」知りませんでしたが、
このイメージが‘給食’って面白いですね~♪
人によって、曲のイメージっていろいろ出てきそうですよね^^;
My Favorite Thingsは私も大好きです!
名曲ですよねー♪
でも、メリーポピンズが大好きで、チムチムチェリーがもっと好きかも^^;
どっちにしろ古いですけど(笑)。
S君、DVD観てくれますよ、きっと♪
このままタワシ先生の効果で、ピアノ楽しく弾きつづけていけると良いですね^^;

ばんちゃんずさん>

私自身がどう転んでも「上手い演奏」はできない人なので、S君にもテクニック的なことはほとんど教えられないのです・・・
お母さんにも最初に、もしそういうことを期待するのなら私ではなくてほかの先生についてクラシックをしっかり基礎からやり直してください、と言いました。
でもお母さんもピアノが上手になることはぜんぜん望んでらっしゃらなくて、逆に、厳しい練習を押し付けてピアノ嫌いにしてしまったのは?と心を痛めていたようなのです。
と言うわけでS君が楽しんでピアノを弾けるようになってくれれれば、それだけでレッスンの目的はほぼ達成のようです♪
レッスン当日の朝になって始めてあわてて練習するようじゃ、ピアノ愛はまだまだかなあ。もっと育てたいですね!

フクママさん>

もちろん給食のあいだじゅうこの曲がずっとかかっているわけでなく、多分何かのCDのうちの1曲なんでしょうけどね。
それでも、この曲で給食てちょっと違和感ありますよね(笑)
アランドロン、昔はスターの代名詞みたいな人だったのですよね。
私はよく知りませんけど。

S君のお母さんは「サウンド・オブ・ミュージック」よく知っているとのことでした。
いまどきの小学生の男の子が見たらどんな感想を抱くのかわかりませんが、親子でDVD鑑賞するにはよさそうな映画かな。ストーリー的に女の子の方が喜ぶ話かもしれないですけどね(笑)

らべんだ~さん>

「太陽がいっぱい」
確か私の使っていた音楽の教科書には載っていたような気がします。中学?高校?
ただ、載っていただけで、歌ったり楽器で弾いた記憶がないので、先生もスルーしたのかな?
でもメロディーは子供のころから、一応耳になじみはあったような・・・?

お母さんお話では「花の歌」はS君の実力より相当上のレベルの曲だったのに、ピアノ教室の先生が発表会用に選んで、相当猛練習したらしいです。
そして最後は(お母さんいわく「奇跡的に」)弾けるようになったそうです。
でもその反動で「もうピアノはいやだ!」という気持ちになってしまい教室をやめたとか・・・
自分のレベル以上の難曲を弾けるようになったら、自信がついてやるきもアップするかと思いきや・・・
そういうパターンもあるのですね。。。

No title

おはようございます。

> そして最後は(お母さんいわく「奇跡的に」)弾けるようになったそうです。
でもその反動で「もうピアノはいやだ!」という気持ちになってしまい教室をやめたとか・・・

Sくんは、周りのために相当がんばってしまったんでしょうね・・・涙 ここで素直にいやだといって一旦止めることができたのは、Sくんにとってよかったかもです。でないと、他のところで爆発してしまうか、爆発さえできなければ心の病気になってしまいそう。

そしてタワシさんに出会えたことも、すごくラッキーでしたね。音が変わったっていうのは凄いことだと思います。タワシさんに教えてもらうこと、というかタワシさんの演奏を間近でたっぷり聴けるだけでも、Sくんにとっては心の癒しになるんだろうなって。私もタワシ先生に習いたいです~♪(ていうかタワシさんの練習中に隣でストーカーしたい 笑)

給食の時間て、結構意外な音楽がかかっていませんでしたか?私の記憶にすごく残っているのは、「フニクリ・フニクラ」です。何で「火の山に行くんだろう?」っていつも思っていました。笑 いまだに、この曲を聴くと給食を思い出しますよ!!笑

エラニユースさん>

ああ、「チムチムチェリー」!あれもいい曲ですよね。可愛くて親しみやすくって。エラニユースさんの好きな短調だし(笑)
今度ピアノで弾いてみてください~♪

男の子って中学に入ると部活で、特に運動部だったりすると、練習もハードだし、勉強との両立だけでいっぱいいっぱいでとてもピアノなんてやってられなくなる、というパターンが結構あるみたいです。
S君サッカー好きなんですよね。いえ、それはとてもいいことだと思いますが。
ピアノとの両立と言うことを考えると、う~ん どうなんだろう?
本人の意思を尊重したいとお母さんも私も思っていますから、もしものときは無理強いはしませんが、ピアノやめるって言われたらさびしいだろうなあ。

Sleepingさん>

そうですね、ブランクがあってもとに戻ってしまった分を差し引いても、「花の歌」は相当背伸び曲だったと思います。無理したんでしょうね。。。
S君のお母さんは日本語ぺらぺらですが韓国の人です。韓国は一般に何事にも熱心な人が多いですからね。
でも、爆発したりん心が病んでしまう前に、教室をやめられて、私もそれは良かったことだったと思ってます。
そして、今こうしてピアノをやっていることは、それ以上に、良かったと思ってます♪

「フニクリ・フニクラ」が給食の音楽ですか!それはまたにぎやかですね。でも「太陽がいっぱい」よりはあってるような(笑)
「フニクリ・フニクラ」は、中学校のとき学校にテノール歌手が来て体育館で歌ってくれたのを、よく覚えています。

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a