無事帰宅、そしてピアノの現況。

3泊4日の里帰りを終え、おとといの夜遅く、無事帰宅しました。
短い滞在期間の中で自分なりに精一杯の親孝行をしてきたつもりです。
末期ガンの父は、今週末で積極的治療を終了して退院し、あとは自宅で緩和ケアの段階に入ります・・・。
自宅での看取りは 母一人だったらとても出来ないでしょうが、地元の主治医、ケアマネさん、訪問看護の人たち、親類や母の友人など多くの人の支えがあるので、実現の方向になりました。
田舎ゆえ、在宅での終末医療はまだまだ珍しいケースなのだそうです。
いろんな人たちがそういっていますが、父は幸せ者です。
母の決断を、娘として誇りに思います。
遠方で力になってあげられることがほとんどないですが励まし祈っていきたいと思います。

この間に、タワシのピアノ仲間の皆さんのうち何人かの方に、大きな転機があったようです。
独学仲間だったらべんだ~さんが、突如(実際はその前兆はあったのですけどね)レッスンを受けることになったり、Sleepingさんがこれまで師事してきた先生を卒業して新たな先生に就くことに決めたり、と、大ニュースの連続・・・
皆さん目覚しい進歩を遂げて、なんだか別世界に行ってしまいつつあるような気がします。

そんな中タワシは、今までどおりのマイペースでちんたらちんたら、気ままにいろんな曲を弾きあさっています。
帰宅してまず弾いたのが(さすがに帰宅当日はへろへろでピアノを弾こうという発想さえなかったので、昨日になってようやく5日ぶりに弾きました)シューベルトの「センチメンタルなワルツ」という、1曲ずつが1分もかからない小さなワルツたち というから相変わらずの路線ですね。
(この曲集についてはまた改めて書きます。出来ればMY録音つきで)
本命曲(アルベニスのコルドバ)は・・・なんと言いますか、今、あんまり気分じゃなくて・・・とりあえずさらってはみましたが気乗りしないのです。
う~どうしよう。本番までに、モチベーションまた上がるかな~?
おんそうずのプログラムにもこの曲で載せてもらうし、せっかくS師匠にレッスンもつけてもらったので、もちろんこの曲で行くつもりではいますが・・・

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No title

お帰りなさい。
本当に短い期間で残念でしたけど、お父さまのお顔を見てお話しができたこと、良かったですね。
お母様はこれから大変だと思いますけれど、応援しています。

らべんだ~さんとSleepingさんの話は本当に驚きましたが、でも、こちらも頑張らなければ!と思いました。
タワシさんも5日ぶりのピアノ、またまた違う曲をやっていらっしゃるようですが、ぜひコルドバを完成させてください。
私も放置していたバラードを何とかしようと思っています^^;

No title

こんばんは。
病院にいるのがいざと言う時は一番安心なのでしょうけど、でもやっぱり誰でもお家が一番いいですよね。
私も何度か入院した時は初日から「帰る」って言ってましたし。
ご自宅での介護もお母様お一人では実際問題としてかなりまいってしまうかもしれませんが、協力して頂ける方々がいらっしゃるとの事で、ホントよかったです。
タワシさんも近くにいられないだけにご心配でしょうけど、またすぐお正月ですもんね。(お正月は帰れるのですか?)

>皆さん目覚しい進歩を遂げて、なんだか別世界に行ってしまいつつあるような気がします。

だから、なんでそうなっちゃうの~~。
どんなすごい先生のレッスン受けたって所詮、同じ人間なんだから
あっという間にすごい腕になるなんて事はあり得ないんですよ(笑)
でも自分では分からない自分の良さとかを客観的に見てくれるだろうなぁと言う思いはあるので、上手になると言うよりかは新しい自分を発見できたらなぁとは思います。

気乗りしない時は無理して弾かない方がいいですよね。
そういう時に思うように弾けなかったりするとかえって逆効果だったりする事もありますしね。
気乗りするまでBGMの曲でも物色してて下さい(笑)

お帰りなさい

お疲れ様でしたね。
親孝行ができて良かったですね。
僅かの間でも濃い時間を過ごされたと思います。

シューベルトの小さなワルツ聴きたいです♪
録音待ってます(^O^)

No title

お帰りなさいです^^;
短い期間でしたが、お父様孝行出来たようで良かったです。
しかし、自宅で看護は大変ですよねi-201
お母様も大変だと思いますが、周りに協力して下さる方々がおられるなら大丈夫ですね、よかったi-179
でも、タワシさんご実家から遠くにいらっしゃるのでいろいろご心配ですよねi-201
お正月はゆっくり里帰りして下さいね^^;
って、郵便局はひょっとしなくてもすごく忙しい…?汗

らべんだ~さんとSleepingさんのことは私もびっくりしました(笑)。
でもこれからのレポとか楽しみですね(^^♪
タワシさんは自由に音楽を楽しんでいるのがすごく合ってると思います!
それにお師匠さまたちもいらっしゃいますしね♪

ところで練習、今は気のりしなくても無理ないと思いますし、無理しなくても、浮気曲を弾きつつ気持ちが向くのを待っても良いと思います^^;
コルドバ、素敵な曲ですし、また練習楽しめるようになると良いですね。

No title

お帰りなさい。親孝行できて良かったですね。
お父様自宅に帰られるんですか。
これからお母様大変でしょうが、遠くからでも電話でお話聞いたりいろいろ支えになれると思います。
タワシさんも仕事が忙しい中、実家への行き来もあり疲れると思います。体に気をつけてくださいね。

シューベルトのセンチメンタルなワルツって楽しみ~♪
なんとなく私の好きなタイプの曲っていう予感。
曲集なんですか。ホントにタワシさんはいろいろな曲知ってますね。
アップ待ってます。
(あ、でもコルドバもあるからゆっくりで良いですよ~。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

無事に帰宅されて何よりです。
お父様、在宅で緩和ケアという選択をされたのですね。正直、そういう段階だったということに驚いていますが、積極的治療は辛いことも多いと思いますので、お父様はほっとされているのかもしれませんね。
お母様は大変でしょうが、ずっと一緒にいられるというのは、気持ちの上では安心できるのかもしれませんね。タワシさんも、直接的にはサポートするのが難しいと思いますが、ときどきお話できるだけでもご両親としてはとても嬉しいでしょうしね。

らべんだ~さんは、数々のトラウマを乗り越えて、多分初めてご自分で選んだ先生に師事されるということで、かなりすごいことになりそうですよね。私はまだまだ先生が決まるかどうかも分かりませんからね~、、、目の前が壁っぽかったのが、急に何も無くなって、とりあえず開放感を楽しんでいますよ。

タワシさんのピアノってね~、プロの方が比較的易しい曲を弾いたりすると、タワシさんに似た感じを受けることがすごく多いんですよね。デジピでも、ですよ。聴く人の耳にメロディを伝える何かがあるんですよね。楽譜みて弾いてる感じじゃなくて、心に湧いたものを弾いてるみたいで。本当に本当に、自信を持ってください~~!!

金魚さん>

応援ありがとうございます、とっても心強いです!
やっぱり4日間は短いなあ・・・父が元気なうちに絶対また帰省したいです。
足は不自由になってしまいましたが、酒もタバコもたしなまず元来内臓はとても丈夫なので、まだまだがんばってくれるのでは、と母も周囲の人たちも言っていました。
年末年始は職場が繁忙期で戻れないので、次回に帰省するのはどんなに早くても年が明けて少し落ち着いてからになりますね。

コルドバ・・・これから本番までの機関でモチベーションを再度上げて、完成(に近いところ?)まで行くのはとっても厳しいと思います。
何しろ、今ピアノは弾いていますが、この曲と自分の気持ちがフィットしないという状況で~
金魚さんはそんな経験ないでしょうか?「大好きな曲なんだけど、今は弾く気分じゃないな~」という気持ちわかってもらえるでしょうか?
本格的な発表会とか、、グレード試験とかコンクールとか・・・そういうのを控えていたら、絶対そんなこといってられないのですけどね。
何しろ気ままに楽しく弾くことをモットーにやってきた私ですからねぇ。。。

らべんだ~ さん>

>私も何度か入院した時は初日から「帰る」って言ってましたし
あ~わかるわかる、絶対言いそう(苦笑)
なにしろ、らべんだ~さんは令嬢様ですから(!)何かと束縛の多い入院生活はそれだけで十分苦痛でしょうね。

母の親友や、親類の人たち、ケアマネさんや介護チームの人たち、みんなみんなホントによくしてくださるんですよ!
この人たちの協力がなかったら絶対に在宅での緩和ケアは無理だと思います。
それでも、母の負担は心身ともに、ものすごく大変ですけどね。

私、お正月は今の仕事になってから戻れたためしがありません。
年賀状の山に埋ずもれて悪戦苦闘していますよ~。

>気乗りしない時は無理して弾かない方がいいですよね。
そういう時に思うように弾けなかったりするとかえって逆効果だったりする事もありますしね。
さすがらべんだ~さん!こういうことは人一倍よくわかってくれますね。
>気乗りするまでBGMの曲でも物色してて下さい(笑)
ハ~イ、前回はその場で行き当たりばったりでBGM弾きまくりすぎたので、今回はちゃんと候補を絞ってある程度準備して臨みたいと思ってます♪

kazkolineさんへ>

今回、できる限り長い時間父のそばにいるようにしましたし、それ以外のときは少しでも母の手伝いをしたり、夜は夜で不眠症の母に付き合っていろいろと昔話をしたり。。。と、のんびりする間のないスケジュールでしたので正直疲れました。(いつもは里帰りのたびに、まったりしすぎて体重増えて戻ってきます)
でもそれも母の苦労に比べたら何十分の一、いや何百分の一かもしれないです。

シューベルトのワルツ、本当にささやかな曲たちの集まりなんです。
あまりに短いし技術的にも簡単で、プロはまずめったに弾かない曲ですね。
楽しみにしてくださるならがんばって録音もしなくちゃ。
おんそうとWEB発表会のあとになるかもしれませんが気長にお待ちくださいね♪

No title

タワシさん、お帰りなさい!
お父様の事、お母様はこれから大変な事と思いますが、お父様御自身はご自宅で過ごせるというのは嬉しい事でしょうね。

結婚前、私の祖父は長く家で要介護5の寝たきり状態でしたので、少しですけど大変さを知っています。今も夫の祖母が98歳で家にいるので、それなりに大変な事もあります。
子どもでも孫でも、家に人がたくさんいればずいぶん違うんですけど、お母様はお一人ですものね・・・お友達やご親戚、介護スタッフの方々をどんどん頼って、ご無理がないことを祈ります。
タワシさん、また少しでもお休みが取れて、早く帰れると良いですね♪

シューベルト、私もとても楽しみです!!ぜひ聴かせてください♪

はじめまして(?)

こんにちは。
時々ブログを拝読させていただいております。
コメントははじめてかも……もし違ってたらごめんなさい。

お父様やご家族のことを大事に思ってらっしゃるタワシさんの気持ちがとても伝わってきました。自宅に帰って家族の方と一緒に居られることが一番の幸せだと思います。私の両親、夫、そして私自身にもいずれはやってくる問題。。

きっと、音楽はいつもそっとそばにいてくれて励ましてくれています。
タワシさんが気が乗らなくても逃げては行きませんから
気がのるまでのんびりして無理をされませんように。。





No title

> 大好きな曲なんだけど、今は弾く気分じゃないな~

わかりますよ。今はバラード^^;
でもまぁ、これは発表会が終わったらやらなきゃと思ってますけどね。

精神的に余裕がないと音楽ってムリですよね。
私はピアノの前に座ることすらできなかった期間がありました。
自分から音楽を発するにはエネルギーがいると思います。
悲しい気持ちの時にいくら頑張ってみても楽しい曲は弾けないし(私が短調を弾くといつも長調になるらしいので、私にはできるかも~(^_^;))、楽しい気分の時に暗い曲を弾けばおかしな曲になるかもしれません。

どうしても無理なら、曲目変更もありでしょうか?私は、いつかタワシさんとお会いする日に弾いていただければそれでOKなんですけど(*^^)v

エラニユースさん>

郵便局の宿命で、年末年始の忙しさはもはや殺人的です。
年賀状の差出は減少傾向にありますけど、それ以上に人員を削減していますので、忙しさはかえってアップしているかも。。。(汗)
とても帰省なんてしてられないんですよ~
これまでも、年末年始の繁忙期は絶対にはずして帰省しています。

らべんだ~さんとsleepingさんのことは本当に大ニュースですよね。
さっきsleepingさんの体験レポがアップされてましたね。これからじっくり読みます。
らべんだ~さんも確か今日が初レッスンなのですよね!レポ、いつ読めるかな?
新しい一歩を踏み出すピアノともさんたちを尻目に(もちろん、いい刺激はいっぱい受けてはいますが)相変わらずマイペースのタワシなのであります♪

フクママさん>

父ですが、予定どおりならば昨日退院したはずなんですよ。
母に「お父さん退院できたかな?」ってメールしたんですけど返事が来ないのです。母もよほど忙しいのかな~。電話にも出ないし。
母の心身両面の負担の大きさは、並たいていのものではないだろうなあと、今回の帰省でつくづく思いました。
いろんな人たちの協力がなければ、決して今回のような決断も出来なかったでしょうね。

シューベルトのワルツは、実はとってもたくさんの曲数があります!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84

私が弾いているのはD779の、「感傷的なワルツ」(より一部抜粋)です。

鍵コメさんへ>

暖かいメッセージありがとうございます。心に沁みました(感涙)!
あとで改めてお返事させていただきます。

Sleepingさん>

父の病状 思ったより急に悪くなったように感じられて驚きましたか?
実は今年の5月の段階で余命宣告(らしきこと)は医者に言われていて、
最悪のケースだともうその余命を過ぎているのです・・・。
発見された時点でもうどう見ても早期ではなかったので(他臓器への転移も認められていた)仕方ないですね。
2度の手術(大腸と、転移した肝臓)も上手く行き、抗がん剤の副作用もあまり出なかったので、一時はこのまま完治もあるかも?と期待してしまうほど順調でした。
でも今月になって、がん細胞が脊椎の大事な場所を冒してしまったようです・・・
寝たきりになるとそれだけで気力体力奪われて弱ってしまいますよね~

母は自分はどんなに大変でもいいから、一日でも長く生きていてほしいといっていました。
母の体と心がとても心配ですが、近くに支えてくれる人がたくさんいるのがせめてもの救いです。
親類の人たちもとても協力的でありがたいです。
私は今はメールや電話で励ます暮らししか出来ませんね。
そのうちなんとかまた帰省できたらいいのですが。

>タワシさんのピアノってね~、プロの方が比較的易しい曲を弾いたりすると、タワシさんに似た感じを受けることがすごく多いんですよね。
ほんとですか~?でもそれはさすがに、プロの人たちに失礼ですよ~(汗)
でも・・・あるピアノサークルで、「難易度の高い曲が弾けるわけじゃないけど、やさしい曲を情感込めてとても美しく弾く人」がいらして、私その人をひそかに目標にしているんですよ!
目標に一歩近づいたのかな?(嬉)

めめさん>

私の両親のことと気遣ってくれてありがとうございます。
自宅で最期を迎えたいというのは父自身の希望でもあるけれど、同時に母の強い願いでもあります。
お父さんを病院で死なせたら自分自身が一生後悔するだろう、と口癖のように言っていますよ。
ただし自宅療養していても病状が急変して、自宅では対応しきれず病院で最期を。。。というケースもあるそうなので、絶対ということはありませんが。
父と母の穏やかな時間が長く続きますように、と祈ることしか出来ません。

めめさんも、介護の大変さを身をもって経験しておられるんですね。
数日間一緒にいただけの私でも、母の苦労が伝わってきました。
周りに、たくさんの支えてくれる人たちがいるので少しは安心ですけど。

シューベルトのワルツ、lほんとにささやかな小品(楽譜にして2,3段という短さのも!)なので、弾いても心に留めてくれる人はほとんどいないかな~という感じなんですけど(ましてや私のしょぼい演奏では・・・)、聴いてみたいという声が、意外とあるのかな?
そのうちきっとアップしますね。ビフォー版になるでしょうけど。

piano-classさん>

当ブログを目に留めてくださりありがとうございます♪
コメント・・・確か私の記憶が定かならこれで2度目のような気がするのですが。(思い違いだったらごめんなさい)

ひとは誰でも、いずれは家族を看取り、そして自分自身が年老いていくことは、避けられませんよね。
あまりそのことばかり考えて悩むだけでもいけないし、かといってそういうことに無頓着で楽観的過ぎても良くないし。。。バランスが難しいですね。

親がこのような状態になり、ピアノを弾くことに多少後ろめたさを感じることがないといえば嘘になります。
(面と向かって誰かに責められたことはありませんが)
でもやはり、ピアノがあるからどれだけ心が救われているかわかりません。
やっぱり音楽のない人生は考えられないですね!
音楽を、ピアノを与えてくださった神様に心から感謝しています。

金魚さん>

再コメ ありがとうございます。
そうそう、「エネルギー」!それが問題なのです。
スペインものってエネルギーが枯渇しているときに弾くのはしんどいんですよね~。私はほとんど弾いた経験がないですがベートーヴェンのピアノソナタなんかも違った意味でそうでしょうか。(もっとも本格的なソナタともなれば、どれも相当な気力体力が必要とされるのでしょうね)

でも曲目変更はしない方針でいます!(キッパリ)
せっかくここまで、自分には珍しく集中してがんばってきたし、自分にあった曲だと思うので。
完成といいう域には程遠いと思いますが、今の自分にできる精一杯の演奏はしたいなと思ってます♪

お帰りなさい♪

>あとは自宅で緩和ケアの段階に入ります・・・。
→自宅で緩和ケアなのですね。
お母さま一人でしたらとても大変なことでしょうけれど、地元の主治医、ケアマネさん、訪問看護の人たち、親類や母の友人など多くの人の支えがあり、安心ですね。
お母さまの決断はすばらしいことだと思います。

私の父も癌で、自宅で母が夜中も看護し、地元の主治医が来てくださって、痛み止めの注射を打ったりしてくれました。最終的には病院でなくてはできないことがあり、最期は病院で…。
私は家にいましたが、忙しく働いていて精神的にも母の力になってあげられませんでした…。

タワシさんにはピアノがあります。
ピアノを弾くことに後ろめたさを感じなくてよいと思います。
どんな環境にあっても救いが必要です。

人にはふた通りあって、そういうときにピアノがあるというのは良いことですね。そういうときこそピアノを弾いてくださいね。
私の場合はピアノが救いにならず、なにも手につかなくてただただ母の病院に行くことだけしか考えられなくなっています。
ほかの人に聞いてもそういう時に趣味が救いになったと言う人、
何も手につかなくなったと言う人、それぞれで私は後者です。

タワシさんはご実家に帰り、お父様に親孝行できましたね。
タワシさんは遠くにいてもお父様のことを考え、祈ってさしあげられるのは良いことですね。
ケアをしてくださる方が大勢おられますが、お近くにいつもおられるお母様がたいへんだと思います。
お疲れにならないように…お母様ご自身のお体も気をつけていただきたいと思います。
どうぞおだいじになさってくださいね。

イルカさん>

イルカさんのお父様もガンで自宅療養されていたんですね!
働いていればなかなか思うようにご両親を助けてあげられなかったかもしれませんが、それでもイルカさんがそばにいてくれるだけでお父様もお母様も心強かったと思いますよ。
今もお母様のために毎日本当によく尽くしていると思いますし・・・私と比べ物にならないほど親孝行ですよ☆

最期は畳の上で、と思っていても、やはり容態が急変すると入院もやむをえないことがあるようですね。
自宅ではどうしても出来ないことがあるから仕方ないです・・・
でもうちの父はとっても病院嫌いなので、ぜひとも家で最期を看取ってあげたい、と母も願っています。

>そういう時に趣味が救いになったと言う人、
何も手につかなくなったと言う人、それぞれ
それはあるかもしれませんね。とはいえ趣味が救いになる人も、内心葛藤を抱えていたりするものですよ。
こんなときにのんびり趣味なんかしていていいんだろうかという・・・。
3月の大震災の後も、私そんなことを考えつつ、それでも心の支えとしてピアノを弾いていました。

イルカさんも、無理はしなくていいですが、弾きたいと思う気持ちがあるときはぜひピアノ弾いてくださいね。
音楽は、いつも人の心に寄り添ってくれる存在だと思います。うれしいときも、悲しいときも・・・
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場