PIANOとグルメの宴!行ってきました「れんしうかい」♪

昨日は、ブログ仲間のsleepingさん、らべんだ~さんたちと一緒に、またまた、ピアノとグルメの宴(うたげ)・「れんしうかい」に行ってきました。
3人のお師匠様S(shig師匠、夜毎屋女史、うづらさん)によるスーパーピアノレッスンと、お師匠様たちによるインターナショナルな手料理を楽しむという、とっても濃~いひとときなのです♪

この顔ぶれでのれんしうかい 調べてみたら前回は9月24日でした。
そのときの過去記事がこちら。
「れんしうかい」レポ①~「コルドバ」ミニレッスンのおぼえがき~
「れんしうかい」レポ②~音遊びは愉しいな♪
この日のレッスンをきっかけに、らべんだ~さんにもsleepingさんにも大きな変化があったのは、皆さんもご存知のとおりですね。
 
まずは「腹が減っては戦ができぬ」のことわざどおり、お師匠様たちお手製の豪華なランチをご馳走になりました。
大きなお肉がごろごろ入った、ルーから手作りのビーフシチューと、パン屋さんで調達してきたパン(バゲットかな)、生野菜のサラダ.とっても美味しかったですよ~。もうこれだけでここに来た価値は十二分にあったと思っちゃいました(笑)。

でもやっぱりここはピアノの集まりなのです。第一義的には。たぶん・・・
今回はお師匠様たちとコンサートで共演した経験も持つ、上級者の「とんぼさん」も加わり、一挙にレベルア~ップ!
さらに皆、事前にレッスン予定曲目を申告しておいたため、shig師匠は参考文献や小道具なども入念に準備してこの日に臨んでくれました。
とんぼさん、タワシ、Sleepingさん、らべんだ~さんの順番でレッスンタイムです。
以前はこれを「ミニレッスン」と呼んでいたこともありましたが、時間的にも内容的にもこれを「ミニ」なんていってはバチが当たりますよ。  

とんぼさんは以前からすご~くピアノのうまい方だなあと思っていましたが、実は子供にピアノを教えている「先生」でした(きのう初めて知りました)!
そのとんぼさんのレッスン曲は、年末の発表会での演奏を控えているショパンの「幻想曲」です。
shig師匠の十八番(おはこ)でショパン晩年の傑作!高い技術と音楽性が要求される難曲です!
タワシたち3人は、楽譜を眺めながら見学。
らべんだ~さんと「こんな曲、私たちは一生弾くことはないだろうね」と話しながらも、shig師匠の興味深い講義に耳を傾けていました。
とんぼさんはさすが上級者、これだけの難曲をさらりと演奏して、タワシなどから見たら「これだけ弾けてどこを直すところがあるの?」というできばえなのですが、shig師匠のアドバイスを通して、ショパンの意図が断然はっきりと見えてくるようになるのですごいなあと思いました。

つぎはSleepingさんの予定でしたが 楽譜の準備(コピー)に時間がかかり、タワシが2番手で見てもらうことになりました!
勢いで「ショパンの軍隊弾くのでので見てください!」なんていわなければよかった!まだまだお師匠様たちに見てもらえるような状態ではなかったのでした・・・
そしてやっぱり・・・見事に撃沈しましたよ。
でもミ今回いつもにも増してスタッチの嵐というべき状態で、音をはずしまくったのだけれど、それに関する指摘はほとんどなく、とにかくフォルテの音の出し方が根本的に間違っているということを指摘されました。
「そんなに強くたたきつけたらピアノがかわいそう」とまで言われちゃいました(汗)、ああ、ピアノ君これまで本当にごめんなさい!
「とにかくフォルテ、フォルティシに満ち溢れた曲、ひたすら強音で弾かなくては!」そういう意識が強すぎて、痛-いフォルテになってしまっていたのです。
そしてこれが大問題なのですが、強い音を出すときの体の使い方が、根本的に間違っていました。ついつい、ピアノにおっかぶさるように前のめりになって力を入れまくっていたタワシでしたが、強く弾く時はむしろ背筋を伸ばして後ろに反るんですね!長年かけて正反対の動作が身に染み付いてしまったタワシだったのでした(涙)。

それともうひとつ、これが大問題というほどではないらしいのですけど。。。「音が増えている」と指摘されました!
要するに、楽譜にない音を勝手に付け足してひいている、ということです。
自分では意識まったくしてませんでしたが、確かに確かに、音は増えていました!!タワシのようにコードで大雑把に曲を捉えて弾くスタイルの人には、時々ある現象らしいです。
実際、音を多少足してもコード的にあっていれば、そうそう変じゃないのです。
けれど一度は、テンポを落とし楽譜どおり忠実に(=音を勝手に自分で弾いたり足したりせずに)弾くように!”とのことでした。
タワシのような凡人なら、ついつい音をどんどん重ねてしまうところ、ショパンのような天才は、あえて音を減らすことで、美しい音楽を作ることもあるのですね、
でも。shig師匠も、「気づいたらいつの間にか音が増えていた」ということがたまにあるようで、ちょっと安心しました。

長くなったので続きはまたのちほど・・・

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

おつかれさまでした~!タワシさんがらべんだ~さんに送ってもらったところまでは渋滞してなかったんですよね?お二人とも無事に帰還されたようで、何よりです。

タワシさんのレッスンはかなり面白かったですよ~!オトコマエfffがさらにグレードアップしそうですよね~♪といってもデジピちゃんだと練習難しそうですね。壊さないようにお気をつけくださいね!笑笑 らべんだ~さんと、タワシさんのデジピちゃんて、よく壊れないよねって笑ってたんですよ。笑笑

それに楽譜捏造も現行犯でしたね~笑 楽譜見ながら聴いてても全然気づきませんでしたが、言われてみればその通り!笑 なるほど、こういうことなんですね~!タワシさんとShig師匠には、かなり共通点がありますね。。。爆(練習嫌いとか?笑) あ、私だって練習の「方が」好きなわけじゃないんですよ~(言い訳) 最後に曲を楽しく弾けるように頑張るわけです。なので、どんなに忙しくても、練習曲だけで終わることは無いです!3分の1くらいは曲の練習(遊び?)に確保しますよ。けど、練習「も」楽しめるのっていいでしょ?笑

あ、「幻想曲」ってShigさんの十八番だったのですね!どうりでお手本がすごいなぁと思いましたよ。

Sleepingさん>

sleepingさんこそ強行スケジュールでお疲れ様です~
sleepingさんの帰宅後にいただいた、遅い夕食のグリーンカレーと豚肉の炒め物はとても美味でしたよ。次回はお昼から作っていただきましょうか。

軍ポロ、ほんとにほんとにお聞き苦しい演奏でしたよね~(滝汗) 弾いている本人も顔から火が出そうでした。私のフォルテは「悪い音の出し方」の見本みたいだったですね。トホホ。
 >らべんだ~さんと、タワシさんのデジピちゃんて、よく壊れないよねって笑ってたんですよ笑笑
ああ かわいそうなデジピちゃん。もうちょっといたわってあげないとだめですね。ごめんなさいです。

「楽譜捏造疑惑」も明るみに出てしまいましたね。これまた恥・・・でもshig師匠も同じような傾向があるというのでちょっとうれしかったりします(そんなことで喜んでいいのか?) あと、ポピュラーやジャズ出身の人は曲をコードでざっくりと把握して弾く傾向があるので、同じような仲間が結構いるかもしれません。

>練習「も」楽しめるのっていいでしょ?笑
う、うらやましすぎる~
どうしたら練習を楽しめるようになるんでしょう?私にはまったく理解不能です(キッパリ!)

たわしさん、こちらにもお邪魔しちゃいました。
たわしさんのおかげでまたまた素敵なピアニストにお会いすることができました。
たわしさんの軍ポロホントに楽しみにしてました。そして思っていたとおりでした。たわしさんは「こう弾きたい!」っていうのがすごく明確なのよね。だから聴いていてとても楽しいしわくわくします。
あ~また聴かせて下さいね。

先日はお疲れ様でした~。

なるほど、shigさんの十八番でしたか。
あの曲をあんな風にその場でお手本弾けるってさすがのshigさんでも「はぁ???」と思ってたんですけど(笑)
あの曲って場所によっては私、場所によってはタワシさんと言う感じの曲ですよね。
一人じゃ一生弾けないけど、タワシさんと組み合わせていつか弾いてみようかなぁ(爆)

ffはお互いに「ffだからってそんなに頑張るなよ・・」って事ですよね・・汗
やっぱりffだと頑張っちゃいますよね。
音増やし疑惑は、一瞬でそれを聴き取るshigさんのお耳が信じられない・・汗
タワシさんはご自分でも弾きながら「え?どこ~?」って分かってなかったですもんね(笑笑)
見てる方はかなりおもしろかったですけど~笑
軍ポロはやっぱりタワシさんにとっても合ってると思います。
いつか完成バージョンを聴かせてもらうの楽しみにしてます♪

れんしうかいレポ、ありがとうございました。

私だったらもうご飯を頂いたところでおしまいですね(*^_^*)

タワシさん、「見事に撃沈」と言いながらぜんぜん堪えてなさそうですね(^^♪良かった良かった。
さらにレベルアップした軍隊ポロネーズ、楽しみにしています。

痛いフォルテ…タワシさんの姿、想像しちゃいました。
なるほど…って。かなり勢いよく弾いていたんでしょうね。
あと、音が増えてるって…(^o^)
属7になっちゃってるみたいな?
ショパンの曲はよくありますね、3つの和音だったはずなのにあるとき2つの和音になってて「えっ?」って。両手で合わせた時にいい響きになるように、ショパンはちゃんと考えてたんですね。

軍隊ポロネーズの冒頭の和音、左手がa-aすなわち1-8、右手がa-cis-aで1-3-8(数字はベースから数えた度数)の和音になっているわけです。つまり、aが4つ重複していてもうひとつの音が3度、1-3の和音なんです。
ここで左手にeが入ると1-5-8/1-3-8となってまとめると1-3-5だからこれはちょっと訓練すれば聴き分けられますよね。

... と訳知り顔で話すつもりだったのですが。

ショパンの作品のほとんどがフランス・ドイツ・イギリスの3カ国で別の会社から初版が出ていることはショパン研究者の常識なんですが、この3つの版にそれぞれびみょ~に違いがあるのです。
左手のeはフランス初版には存在しませんが、ドイツとイギリスの初版には存在します。というか今の今までわたしも知りませんでしたf^^;;
5度の音を欠いた和声はちょっと中途半端なので誰か(おそらくユリアン・フォンタナあたり)が加筆した可能性もありますがどうなんでしょうね。わたしはない方がショパンらしいと思うんだけどな。自筆譜あたってみるか... なんにせよ、「あっても問題はない」ってことでOKです。ただ、ゆっくり楽譜の通り音を出す練習はいっぺんやってみるといいと思うよ。

れんしうかい、おつかれさまでした^^;
撃沈と言いつつ、楽しそうで良いなぁ♪
近くだったら絶対見学に行くのになぁ…もちろん聴き専ですが(笑)。
でも、フォルテも、ただ強く叩けば良いってものではなく奥が深いですね。
私も力入れようと前のめりになってるかもです…汗
反ったら力入らなそうなんですけどね~。

音が増えてるのは…笑
って、私増えるどころか、昨日のレッスンでソナチネ全然違う和音を平気で弾いてたりしました…汗
増えるとかも、違和感がなければ気づきにくいかもですね。
でもお師匠さまでもたまにあるようでちょっと安心しました^^;

ところで幻想曲ですが、らべんだ~さんのコメ

>一人じゃ一生弾けないけど、タワシさんと組み合わせていつか弾いてみようかなぁ(爆)

これぜひぜひ!聴きたいです~!
いつかおんそうずでやられるの楽しみにしてます♪
確かに、いろいろ雰囲気変わりますよね、この曲。

松本極楽とんぼさん>

先日は、とんぼさんのおかげで、私たちのとは別次元の(笑)、ハイレベルなレッスンを見学することができ、感謝しております。
近々、またご一緒できることを期待しています♪

でも、
私の軍隊ポロネーズはホントに酷い出来でした。皆さんの記憶からあの演奏を、完全に抹消したいですよ~!
力が入りすぎて気持ちが空回りしているとお師匠様たちに言われてしまいましたが、それでも何か伝わるものはあったでしょうか。だったらうれしいです。

れんしう会お疲れ様でした~m(_ _)m
軍ポロ、タワシさんの熱い気持ちはバッチリ伝わってきましたよ!
それがない演奏はたとえノーミスでも聴いててつまらないじゃないですか。だからイイんです、これから細部を作っていけば(=^ー^=)♪
ところであの時言いそびれたことがいくつかあったんですが、補足しておきますと、
ポロネーズのリズムは1拍目がかなり強く来ます。逆に言えば1拍目の和音をしっかり掴んで響く音で鳴らせば、あとはそんなに頑張らなくてもちゃんとフォルテに聴こえるということなんですね。
で、クレシェンドのかかるところでは開始時にmfくらいに落としておけばちゃんとメリハリがついて聴こえるしクレシェンドにも聴こえるという一石二鳥です。
右手だけでfを作ろうと思わずに左手の助けを借りるとより豊かな響きになります。
fはバスで支えるんですよ~。
このあたりを意識しながら弾くときっと楽になりますよ(=^ー^=)♪

>mfくらいに
mpくらいに、ですね。すみません;;

らべんだ~さん>

>あの曲って場所によっては私、場所によってはタワシさんと言う感じの曲ですよね。
一人じゃ一生弾けないけど、タワシさんと組み合わせていつか弾いてみようかなぁ(爆)
→は?組み合わせて弾くって・・・!(驚)
ぐるぐるシリーズのやりすぎでしょうか、そんな発想が出てくるようになったのは!
スケールとか二人とも苦手な部分があったら、この際Sleepingさんにも手伝ってもらいましょうか(爆)
分担表 作成よろしくです(笑)

音増やし疑惑は・・・
これまでも私、ちょくちょくやっていましたね、たぶん。
で、冒頭の和音自分でも弾いてみたのですが(正しいものと音足しバージョン両方)言われてみれば違いがはっきり分かります(汗)不協和音を出しているわけでないので、ぼっとしていると違いを聞き逃してしまいますけどね。

>軍ポロはやっぱりタワシさんにとっても合ってると思います。
いつか完成バージョンを聴かせてもらうの楽しみにしてます♪
→そんな日が来るんだろうか?
でももしこのまま満足に弾けなくても、この曲にトライしたことは自分にとって大きな意味があったと思うので、それでよしとしたいです。

金魚さん>

>タワシさん、「見事に撃沈」と言いながらぜんぜん堪えてなさそうですね(^^♪良かった良かった。
いや~そんなことないですよ。今も恥ずかしくて恥ずかしくてたまりませんもの。

「痛いフォルテ」、仕事で疲れた体に鞭打ってがんばって出してきたんですね~なんか空しいかも。
ヤマトの伴奏ではそれもオトコマエで通るかもしれませんが(!?)やっぱりそれじゃショパンは美しく弾けないですよね(汗)
問題は、せっかく学んだことも、家でデジピでやってみようとすると、鍵盤の感触とか違いすぎて、練習になってるんだかなってないんだか分からない、ってことです(涙)やっぱり生ピアノ弾きに行くしかないかなあ。

>ショパンの曲はよくありますね、3つの和音だったはずなのにあるとき2つの和音になってて「えっ?」って。両手で合わせた時にいい響きになるように、ショパンはちゃんと考えてたんですね。
→ポピュラーピアノやってるときにね、先生によく言われたのです。「音を加えてより美しくするのはそんなに難しくないよ、難しいのは(不要な)音を減らしてより美しくすることだ」って。ショパンってそれがよくとっても出来た人だと思います。
これはある程度、生まれもったセンスの問題で、努力だけではどうしょうもないのかなと思うこともありますが。

shig師匠>

>左手のeはフランス初版には存在しませんが、ドイツとイギリスの初版には存在します。
おお!そうですか。それではますます、あれでも間違いではなかったのですね!
でもそれはホントにたまたまで、私が楽譜をしっかり見てなかったことについては、言い訳しませんよ!
ほんっとに私って楽譜に真剣に向かう背姿勢がつくづく足りないなあ。ポピュラーピアノを長年やってきた弊害かも・・・。でもそこで得た財産もいろいろあったので、すべてを否定したくはないですが。

ショパンの初版の楽譜、私も確認してみました。
この前、ある人から教えてもらったサイトです
 http://chopin.lib.uchicago.edu/
なかなか面白いですね。軍ポロの連弾版なんかもありました。
shigさんもこれでご覧になったのかな♪

エラニユースさん>

れんしうかい 楽しいですよ。
いつかお泊りで参加しませんか?
おんそうずと同様、ホントに、遠くから来るだけの価値はあると思います☆
そのときはよろこんでお師匠様たちに紹介しますよ~!

>全然違う和音を平気で弾いてたりしました…汗
ありがちなパターンです・・・
私もしょっちゅうやらかしてますよ(爆)

>一人じゃ一生弾けないけど、タワシさんと組み合わせていつか弾いてみようかなぁ(爆)
これぜひぜひ!聴きたいです~!
いつかおんそうずでやられるの楽しみにしてます♪
 うわ、もしかしてかなり真に受けてます~?組み合わせて弾けるような曲じゃないですよ。おんそうずのぐるぐるシリーズじゃあるまいし(苦笑)
らべんだ~脳がお疲れということで、問題発言(!?)が多くなっていますが、その辺考慮してあげてくださいね~

yogotoya さん>

れんしうかいでは今回もまたまたお世話になりました♪

何度も書いていますが、ホントに穴があったら入りたい悲惨な演奏をさらしてしまったのに・・・気持ちはバッチリ伝わっているなんて言っていただいて、もったいないです~。私、ほとんど最初から最後まで無駄に力が入りすぎて、情熱空回り状態だったようですね。デジピで練習する「壁」をひしひしと感じる曲ですけど、もうちょっと、投げ出さずに、がんばってみようかと思います。

また遊んでやってくださいね。
できれば「おろしあおふ」前に一度はキュイさんを見てもらわないと・・・
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場