父を天国に送って・・・

皆様こんばんは、タワシです。
父の葬儀、滞りなく終わりまして、本日7時半ごろ、実家の富山から茨城へ、無事に帰宅しました。
お通夜、葬式とも、大雪の降りしきる悪天候の中、200名近い方が参列してくださいました。
また、たくさんのブログ仲間のかたがたから、あたたかい心のこもったメッセージをいただき、大きな慰めや励ましとなりました。
ご自身のブログで、追悼の念を演奏というかたちにして届けて下さったかたがたもあります。
今回、コメント不要ですという声が多かったこともあり、弔問のコメントに個別にレスすることは差し控えさせていただきますが、本当に感謝しています。

帰宅して一息ついてすぐ、父を思いながらいくつか曲を弾きました。
初七日とか、四十九日とか、一周忌とか、一定の期間を決めて「服喪」の一端として歌舞音曲(もちろん楽器の演奏も含む)を慎むというひとも多いことを承知していますが、タワシはク(リスチャンなので仏教の風習に縛られていないという背景もあって)、故人をしのびながら曲を奏でることで哀悼の意を表したつもりです。
また父は人とにぎやかにおしゃべりするのが好きな人でしたので、喪中だからといって暗く悲しみに沈んでばかりいることは望まないような気がします。

というわけで、このブログも次回からいつも通りのペースと内容で更新しようと思っています。
今後ともタワシと、当ブログをよろしくお願いします。

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

No title

タワシさん、お帰りなさい。
大雪の中、たくさんの方々に見送っていただいたんですね。お父様のお人柄がわかるような気がします。
しばらくは(気持ちだけでも^^;)ゆっくりなさってくださいね。インフルエンザが流行っているようです。くれぐれもご自愛ください。

ウチも、仏教なのにまーったく関係なく、母は早々に歌を歌いに行き、私は四十九日を過ぎたころピアノを弾き始めました。いつまでもじっとしていることなんて故人は望みませんでしたからね(*^_^*)
タワシさんはタワシさんらしく生きて行ったらいいんだと思います。

No title

タワシさん、おかえりなさい~
本当にお疲れ様でした。mi○○でときどきタワシさんのつぶやきをチェックしていましたよ。悲しみの中にも、日常生活の雰囲気を感じてちょっとほっとしたりしていました。
無事に帰宅されて、安堵されたでしょうね。少しゆっくり休んでくださいね。近いうちにお会いできるのを楽しみにしています。

タワシさんのピアノ、天国のお父様はすごく喜んでくださっていると思います。無理のない範囲で、たくさん弾いてあげてくださいね。

No title

お帰りなさい!いろいろとお疲れ様でした。
大変な事もたくさんあったと思いますが、最後にCDをプレゼント出来てよかったですね。
タワシさんがピアノを弾く事をきっと何よりも喜んで頂けると思うので、お父様のためにもたくさん弾いて下さい。
きっとすぐにお仕事でしょうし、ゆっくり休む間もないかもしれませんが、休める時は少しでも休んで下さいね。

No title

タワシさん、お帰りなさいです^^;
雪国は今の季節は大変ですよね、本当にお疲れ様でした。
お疲れでしょうし、ちょっとゆっくりして下さいねi-201
落ち着いたら、またピアノ聴かせて下さい。
お父様も、タワシさんがピアノを楽しんでる方がきっと喜ばれると思います。
賑やかなのがお好きな方のようですし、きっとタワシさんのお気持ちも届いてるのではないでしょうか^^;

No title

お帰りなさい。お疲れさまでした。
タワシさんらしく送ってさしあげるには、やはりピアノが欠かせなかったのですね。天国のお父様もきっとお喜びだと思います。無理はせずご自身の気持ちに素直にタワシさんらしく過ごしていかれたら、お父さんはきっと安心されるんじゃないでしょうか。とはいえ、ご自身で気づかないうちに、心身ともにお疲れだと思いますのでね、しばらくはゆったりお過ごしください。

No title

タワシさん、お帰りなさい。おつかれさまでした。
早速ピアノを弾かれたのですね。
タワシさんらしくて
天国のお父様もお喜びでしょうね。

雪も大変だったでしょうがこちらもここのところ
この冬一番の寒さが続いてますので風邪なんかには気をつけてください。またお会いできるのを楽しみにしています。

No title

タワシさん、お帰りなさい。
北陸の方は雪で大変らしいですね。そんな中での葬儀でさぞ疲れたでしょう。ゆっくり休んでください。
ピアノ弾いたということで安心しました。少しずつでも普段の生活に戻っていくと気持ちも落ち着いてくると思います。
きっとお父さまタワシさんのピアノ聴いてらっしゃるでしょうね。

No title

本当にお疲れ様でした。
寒さが厳しい中、きっとたくさんたくさん悲しまれた事と思います。
せめて仕事が始めるまでのこの土日だけでも温かい布団でゆっくりと休んでください。

色々な思い出が泉のように湧いてくると思いますけど、我慢なんてしないでたくさん泣いて良いと思うんです。
涙をこらえて得する事なんて何もありませんから。
お父さんとの素敵な思い出、たくさん思い出してあげて下さい。

今日の演奏、お父さんも「お、早速弾いてるな」って思われたかもしれませんよ。
これからのタワシさんにとって特別な曲になりそうですね。

金魚さん>

>大雪の中、たくさんの方々に見送っていただいたんですね。お父様のお人柄がわかるような気がします。
父は親戚も友人も多かったですし、家が商売(船大工)をやっていますから、そのつながりでも顔は広いほうでしょうね。

>ウチも、仏教なのにまーったく関係なく、母は早々に歌を歌いに行き、私は四十九日を過ぎたころピアノを弾き始めました。いつまでもじっとしていることなんて故人は望みませんでしたからね(*^_^*)
母はさすがに四十九日までは習い事(大正琴)は慎むといっていましたが、私は住まいも離れていますし もうすっかり普通の生活に戻っています。
来月には、某所でピアノの集いに参加しますよ~♪一度はお断りしたんですけど、やっぱり自分らしく生きるために普通の生活が大事なように思えたので。そして音楽抜きに、私の普通の生活は語れないのです☆

Sleepingさん>

あ。mi○i、そういえばSleepingさんもやってますよね(笑)
つぶやき見てくれていたなら、結構こちらの様子わかったでしょう。
実家に行った日(亡くなった当日)から、もちろん悲しみやさびしさはあるのですが、それでもにぎやかで時には声をあげて笑ったりもする家族なのです。
ちょっと驚きですがそんな雰囲気おかげで母もずいぶん精神的に助かっているかも。

こんな家族、親族ですから、私ももうすっかり普通の生活に戻りつつありますよ。もちろんピアノも今までどおり弾いています。
近いうちにお会いできますね、ディアパゾンちゃんとは初対面ですね♪楽しみだなあ~
ではまた~!

らべんだ~さん>

昨日無事帰ってきました。
葬儀の後も来会者の名簿整理や香典の計算など結構忙しかったけれど、それくらいのほうが悲しみが紛れていいのかもしれません。
もっとぼろぼろになるのかなと覚悟してましたが、私は、体もココロも、意外と元気ですよ~♪夜もよく寝て食事もよく食べました。肉より野菜が好物なのでマクロビか精進料理って結構好きなんですよ。
今日からでも頑張れば仕事にも行けそうですが、もう一日休みをとってのんびりすることにしました。
これからまたピアノ弾きます!
天国の父にも聞いてもらえますように!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エラニユースさん>

こっち(茨城)でも雪が降っていたようですが、あっちは本当に大雪で、やっぱり雪国だなあと思いました。
帰りの電車(北越線)が雪のため間引き運転になって、乗ろうとした便が運休、高岡駅で1時間以上足止めを食らってしまいましたが、でもそれ以外は影響はあまりなかったですけどね。
いつもは高速バスでの移動なのですが今回電車なので時間も早いし身体も楽でしたよ。北陸新幹線が開通すればもっと早くて楽になりますね。

ピアノはもうすっかりいつものペースで弾いていますよ。
今日の午後にでも何か録音してアップできれば、と思っています♪

トマトさん>

>タワシさんらしく送ってさしあげるには、やはりピアノが欠かせなかったのですね
そうですね、喪に服するために好きなことを絶つ、という考えの人もあるでしょうし、四十九日までは家でつつましく過ごすのが一般的な風習だと思われますが(特に田舎のほうでは)、私はタワシ流ですので、父への思いもみんなピアノに託して表現するつもりで、弾きまくっていますよ。

仕事、一週間休んだらすっかり怠け癖がついて、行きたくなくなってしまいました。
今日はあらかじめ休みだったんですが明日から復帰です。
あ~気が重い!

もでらーとさん>

さすがに今回の帰省ではピアノが弾けなくて禁断症状ということにはなりませんでした。
でも、「つくばに戻ったらすぐにでも、私の奏でるピアノで父を送ってあげたいな」という思いはありましたね。
特に帰りの車中なんかは、帰ったら弾きたい曲を頭の中で次々と再生してました。

あっちでは、ものすごい大きなぼた雪が降っていました。特に火葬場へ行くバスの窓から見た雪は、すごかったです。
つくばに戻ってきたら少し溶け残った雪が残っていて、ああこっちでも降ったんだなあと思いました。
やっぱり向こうのほうが寒いですかね。灯油がすごいペースでなくなるのに驚きました。

フクママさん>

あっちの雪はすごかったです。
それでもウチのある氷見市は、富山県の中では一番雪の少ない地域です。
能登半島の付け根にあるので、半島が楯になって寒風から守ってくれているんです。
あと、温暖化で昔(私が子供のころとか)に比べてもずいぶん雪は減りましたよ。

ウチの家風なのでしょうか、お通夜や葬儀の当日でさえ、多くの人(主に親戚の人たち)が出入りしてにぎやかな家です。時々笑い声さえ起こったりして、一瞬葬儀のために戻っていることを忘れそうになったりします。人と話すのが好きな社交的な父でしたので、これでいいのかも。
こんな実家から戻ってきたのでピアノを弾くことにもあまり気兼ねのようなものもなく、もうすっかり普通の生活をしている私です。

ゼロシンさん>

泣いて泣いてティッシュひと箱カラにしちゃうかも、と思っていたのですが、(夜は母と布団で抱き合って泣いたりもしましたが)以外と、泣いたりしんみりしたりしている暇はなかったです。
葬儀の後も弟やおじさんと一緒に、香典の計算やらお返しの品の袋詰めやら遠方の人(郵送)の分の宛名書きやらでバタバタ。
それで気がまぎれたので、かえってよかったのですけど。

本当に父がもういないんだということを実感して悲しみが実感できるようになるのは、もう少し先なのかもしれません。
ただいつも一緒にいた母は、がらんと広い家の中で、どんなにか寂しい思いをしているだろうと思うと・・・
私も心が痛いですね。
時が少しずつ解決してくれるのを待つのみです。

職場一週間休みましたが、さすがに明日からは行かなくてはなりません。
休み癖がついているので出勤が憂鬱ですね。
はあ~。
2月にはオフ会もあるので、それを楽しみに仕事もがんばろう!
(一度はキャンセルも考えたのですが結局行くことにしました。もしかしたらゼロシンさんにもお会いできるのかな?だったらうれしいですが)

No title

お父様を天に送られて、お疲れが出ませんように。
私たち、クリスチャンにとって、この世は仮住まい、天こそが永遠の住まいですから、また再会の望みがありますね。
救われているお父様で羨ましいです。私の父はまだなんですよ。まだまだ元気ですが、大地震も4年以内にくる確率が高いと聞いて、うかうかしていられません。
たわしさんがピアノを弾いている姿をお父様は喜んでいらっしゃることでしょう。ピアノとの最初の出会いを作ってくれたのは親ですものね。私もそれは感謝しているんですよ。長々と失礼しました。

祐子さん>

訪問&コメント どうもありがとうございます!
同じクリスチャンお方からのメッセージ、とてもうれしいです。
ですが・・・私の言葉が足りず誤解を与えてしまいましたか・・・
我が家は、初穂の私以外、誰もクリスチャンはいません。
信仰心があるかどうかは別として、家は浄土真宗の檀家です。
ただ私の叔父さん(母の弟)が熱心なクリスチャンで、しかもおじの通っている教会の牧師夫人が、父のケアマネージャーを務めているということもあって、福音にふれる機会はあった父ですので、父のことは完全に主の御手にゆだねている私です。
今後は、残された母の心と身体が支えられるよう、祈ってくだされば幸いです。
私も祐子さんとご家族のためお祈りさせていただきますね。
またいつでもお気軽に、我がブログにいらしてくださいませ。
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場