FC2ブログ





(追記あり)マズルカ第38番、本気モード発動するも・・・ 

今日はこれから教会の人にピアノのレッスンをつけて、それから職場へ直行というタイトなスケジュールの中、もう朝から2時間程度はピアノの練習をしています。
もちろん、目下の本命曲、ショパンのマズルカ38番(Op59-3)を相手に、奮戦しているんです。
本気モード発動中です!

それでも・・・
なんでこんなに難しいの?っていうくらい難しいです。
楽譜をちょっと見た目の難しさは、ショパンのほかのマズルカとそんなに変わらないですよ。
特別アクロバティックな超絶技巧が出てくるわけでもないし。
なのに何なのでしょう、この難しさは。

shigさんも夜毎屋さんも「マジで難しい」と言っていたのはやっぱり真実でした。
考えてみれば、お師匠様たちが難しいと思う曲が、タワシなんぞが弾けるはずないんです。

でも・・・
弾けるようになる気はしないけれど・・・
もう少し・・・
あがいてみてもいいですかね?

(練習5日目でまだ長調に転調するとこまで行かず~先は長いぞ)

今日はホロヴィッツさんの演奏を貼り付けて見ます。
楽譜つきなので興味ある人は見てください。
その気になったらぜひ弾いてみてください。
でも・・・繰り返しますが、見た目よりずっと難しい曲です。



Mazurka in f sharp minor op. 59 n°3 by F. Chopin (Horowitz)

(追記)
練習5日目 Op59-3 冒頭部分 録音してみました。
ビフォー版というのもはばかられる相当にひどい演奏です。勇気のある方のみ、覚悟の上お聴きくださいませ。


[VOON] マズルカOP59-3

あ~!途中♯6個になってる(@_@。
私はこれがどうも苦手でというか未知の世界です(汗)。。が
タワシさんのこの曲聴きたいのでぜひ頑張って~ください♪
[ 2012/02/25 10:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/02/25 15:43 ] [ 編集 ]

なるほど~。実は前回、この曲を聴いた時に譜面が思い浮かばなかったんです。三連符+四分音符の後の四分音符の前のタメ(?)がどんな風になってるかリズムがわかんなくて大混乱。左手も…。楽譜見て四分音符3つだったんだ~って(赤面)。逆に言うと、曲を聴かずにこの譜面を私が弾いたら全然違うものになっていたな~と(滝汗)#いっぱいとか、リズムが難しいとか、そういう見た目の難しさ+αがありそうですね~確かに…。勉強になりました…。

でも、タワシさんならできますよ、きっと。だってタワシ臭もとい、タワシさんの香り(笑)がプンプンしてますもの(^^ゞ素敵な曲ですし、頑張ってくださいね。
[ 2012/02/25 17:38 ] [ 編集 ]

言うほど悪くないと思いますよ。
ただ、フレーズが読めてない気がしますね。リズムも。
そのあたりを楽譜とじーっとにらめっこしてから、上に貼ってあるホロヴィッツの演奏を聴き直してみてください。うまいってこういうことなんだ、ときっと気づくことがあると思います。
[ 2012/02/26 08:39 ] [ 編集 ]

私はタワシさん お上手ですよスキ━(*´∀`*)━ !!!

 私はタワシさん おはようございます。
私のブログにコメント ありがとうございましたm(_ _)m

 あ~、ショパンのマズルカ38番(Op59-3)だぁ((´∀`))
この曲の入ったホロヴィッツのショパンアルバムのCDを、私は持っています(・・。)ゞ テヘ
 私も昔から知っている名曲で、楽譜を見て割と簡単そうに見えた(これがそもそもの間違い(‘-‘*)エヘ)ので、練習を始めましたが あえなく挫折(p_q)エ-ン
 私はタワシさんは、お上手じゃないですかぁ( ´∀`ノノ゙☆パチパチ
尊敬しちゃいます(#ノ▽ノ#)

 ではまた☆
[ 2012/02/26 09:16 ] [ 編集 ]

shigさんのコメと読んで、動画の楽譜を見ながら
タワシさんの演奏をよ~く聴いてみましたが
私には何がおかしいのか分からない・・汗
ビフォー版とは言え、一部でも5日でアップできるぐらいの曲なんですから、マズルカとして難しい曲だったとしてもタワシさんにとって、そんな難しい曲ではないのだとやっぱり思いますけどね。
こういう曲ってゆっくり練習するのもそれはそれで難しいでしょうから、やっぱり難しいのかもですね。
♯がミがファになっちゃうのが私だめ~泣
譜読み中の4小節で苦戦してる曲もそれが原因なの~~超高速だし~。汗
その上、ダブル♯とか出てきたらもうアウト状態で・・汗汗
このマズルカも臨時記号多いし、譜読みそのものがつらそう・・汗
とにかくまだ日にち的には一般的に考えると弾いてないも同然ですから、”これから”頑張って下さいね。
[ 2012/02/26 13:30 ] [ 編集 ]

♯6個のところから譜読みきつそうですね~
♭6個は経験あるんだけど(猫ふんじゃったです・・・)♯はないです。
タワシさんの演奏も良かったです。すごくタワシさんっぽいですね~。
5日でこれだけできるならきっと最後までいけますね。
ぜひ頑張って♪
[ 2012/02/26 19:51 ] [ 編集 ]

もでらーとさん>

>途中♯6個になってる(@_@。
今ここの譜読みに入ってますがやっぱりきついです~
最後は「耳頼み」ということで、楽譜とにらめっこしつつCDやYOUTUBEを聴きまくっております・・・

>タワシさんのこの曲聴きたいのでぜひ頑張って~ください♪
ほんのちょっとだけですが録音貼り付けてみました。
shig師匠のご指摘のとおり、フレーズやリズムがおかしいのでくれぐれも繰り返して聴かないようにネ(汗)リズム音痴が感染ったら大変!
[ 2012/02/27 10:17 ] [ 編集 ]

カギコメさんへ>

ありがとうございます。たしかに受け取りました。
また後ほど個人的にメールしますね~♪
[ 2012/02/27 10:18 ] [ 編集 ]

トマトさん>

>この曲を聴いた時に譜面が思い浮かばなかったんです。
なるほど~確かにそうかもしれませんね。
マズルカのリズムって独特ですものね。私はこれまでショパンのもそれ以外の作曲者のも含めて、ある程度の数はマズルカの楽譜を見てきたので、何となくは分かります。

>そういう見た目の難しさ+αがありそうですね~確かに…
たぶんたいていの人はこの曲を弾いてみて「見た目以上に難しい!」と実感するのではないでしょうか。
今まだ、見た目どおりにも全然弾けなくて難儀していますが(汗)

>タワシ臭もとい、タワシさんの香り(笑)がプンプンしてますもの
もとい・・・なんていわなくても「タワシ臭」でOKですよ!
こういうタイプの曲が私のイメージにちょっとでも合っていると思ってもらえたのなら、うれしいですネ~♪
[ 2012/02/27 10:29 ] [ 編集 ]

shig師匠>

お恥ずかしい演奏をさらしてしまい、耳汚しでごめんなさいデス

>フレーズが読めてない気がしますね。リズムも。
自分でも感じていますがまだ音を拾うのでせいいっぱいの段階なんですよ。
余裕がないとどうしても、3拍子の曲はみんな「ずんちゃっちゃ」のワルツ調になってしまいますね。いかにも初心者が弾いているって感じがにじみ出てますね~

>そのあたりを楽譜とじーっとにらめっこしてから、上に貼ってあるホロヴィッツの演奏を聴き直してみてください。うまいってこういうことなんだ、ときっと気づくことがあると思います。
ホロヴィッツはうまいなあ♪とホントに思います。でも実際に弾くときに絶対にお手本にしてはだめな演奏家だと聞いた(読んだ)ことがあります。まあ真似しようとしてできるわけもないですから、そんな心配も不要でしょうけど。
[ 2012/02/27 10:39 ] [ 編集 ]

コウさん>

あらら、途中で挫折してしまったのですか。それはもったいない!
確かに譜面見た目より難しい曲ですよね。でもバラードも弾いていたコウさんなら、頑張ればきっと・・・!
機会がありましたらぜひぜひまた再チャレンジしてください。

私はここから先が本当に弾けないし、今回録音した分でさえも問題点山積みで(ビフォー版以前なのですから仕方ないといってしまえばそれまでですが)先ははるかに長いです~
[ 2012/02/27 10:51 ] [ 編集 ]

>実際に弾くときに絶対にお手本にしてはだめな演奏家だと聞いた(読んだ)ことが

こう考えたらどうでしょうか。
そういうことを言う人は、楽譜をちゃんと読むことができてなくて、だからホロヴィッツが楽譜をキチンと読み取って弾いているということが理解できないから、「楽譜通りに弾いていない」と思い込んでいるのだと。
上に貼り付けられた楽譜付きの演奏を聴いていて、つくづくホロヴィッツは楽譜を正しく読んでいるなぁと再認識しました。大体、巨匠と呼ばれるピアニストがそういうことができていないわけがない。

しばしば語られる、「ピアニストの演奏と学習者の模範とは違う」という言い方に以前から疑問を感じていて、今ではそれは勘違いであると考えるようになりました。
ではなぜ?いろいろな理由があるのでしょうね。ひとつの大きな理由としては、楽譜の読み方がわからないまま「ピアノの先生」になってしまう、それ故いい加減な楽譜の読み方が伝承されてしまう、という問題があるのだと思います。
[ 2012/02/27 15:13 ] [ 編集 ]

らべんだ~さん>

>動画の楽譜を見ながら
タワシさんの演奏をよ~く聴いてみましたが
私には何がおかしいのか分からない・・汗
ひとことでいえば、フレージングがまずいのです。楽譜を見るとスラーが3拍めから始まり2拍めで終わっているのがわかると思いますが、私の演奏は(ワルツのような)普通の3拍子に聞こえますね。
スラーを無視していたわけでは決してないのですが、いざ弾き出すと、楽譜どおりの音を拾うのに精一杯になってしまい、フレーズのことは頭から飛んでしまっていました・・・(汗)

>難しい曲だったとしてもタワシさんにとって、そんな難しい曲ではないのだとやっぱり思いますけどね。
こういう曲ってゆっくり練習するのもそれはそれで難しいでしょうから、やっぱり難しいのかもですね。
将軍様、文章がなんか変ですよ~言いたいことが不明です。。。
で、この曲ですが、難しいです。何度も言ってるじゃないですか~!

>とにかくまだ日にち的には一般的に考えると弾いてないも同然ですから、”これから”頑張って下さいね。
そうですね。らべんだ~さんが本気になればとっくに仕上がっている日数ではありますが(笑)一般的には・・・まだまだこれからですよね?
[ 2012/02/28 06:27 ] [ 編集 ]

フクママさん>

>♯6個のところから譜読みきつそうですね~
はい、苦労してますよ~
できるだけ音源に頼らず、自力で楽譜を読む習慣を身につけようとしているんですが、やっぱりムリでした・・・
楽譜見ながらCDを聴いて、自分があっちこっち間違った音で弾いていることを悟り、譜読み力の無さを痛感しています。

>5日でこれだけできるならきっと最後までいけますね。
ぜひ頑張って♪
音楽的な表現はともかく、技術的に難しいところはすべてここから先に登場するので、そこを乗り越えないことには・・・
時間がかかっても何とか最後まで弾けるようになりたいものです!
[ 2012/02/28 06:34 ] [ 編集 ]

shigさん>

なるほど~。
とても説得力のあるコメントですね。
「ピアニストの演奏と学習者の模範とは違う」ということは確かにあちこちで語られていますが、だからといってそれが真実ってわけじゃないですよね。私、先入観にとらわれていたかも!

>上に貼り付けられた楽譜付きの演奏を聴いていて、つくづくホロヴィッツは楽譜を正しく読んでいるなぁと再認識しました。大体、巨匠と呼ばれるピアニストがそういうことができていないわけがない。
そっか~。「巨匠レベルになると自分の解釈をいっぱい付け加えて演奏する傾向があって、巨匠ゆえにそれも許される」という誤った認識が、私にもあったかも。こういう認識自体、たぶん本とかほかの人の話からの受け売りで、刷り込まれてしまったのでしょう。音楽を聴くときもアタマとココロをニュートラルにして、先入観から解放されないとね・・・
[ 2012/02/28 06:51 ] [ 編集 ]

そりゃぁすぐには無理でしょうけれど、でも、こういう曲ってそういう「感覚」が備わった人じゃないと(分かりますか?(^_^;))弾けないと思うんですよね。
タワシさんなら出来ると思いますよ~。
今は確かに「きっちり3拍子」になっちゃってますけど^^;弾けるようになったばかりじゃ仕方ないですよ。
私だってもう…いつまでも表現をつけるまでに至らなくて…(;_:)

こういう曲を弾くためにタワシさんがいるんじゃないですか!完成を楽しみに待ちたいと思います。
1年後でも2年後でもいいですから、是非。
[ 2012/02/28 12:40 ] [ 編集 ]

はじめまして^^

訪問いただいて、ありがとうございます。ピアノ音楽は大好きですが、弾く方は幼稚園の時習って、辞めてしまいました。ずっと続けるんだったと後悔しております。

ショパンのマズルカはずっとルービンシュタインのLPで聞いていましたが、水戸芸術館というところで、アファナシエフの哲学的で官能的なマズルカを聴いて、衝撃を受けました。このホロヴィッツの演奏も素晴らしいですね!ショパンではマズルカが一番好きです。

たまに立ち寄らせていただきます。よろしくお願いいたします。
[ 2012/02/28 13:42 ] [ 編集 ]

金魚さん>

>こういう曲ってそういう「感覚」が備わった人じゃないと(分かりますか?(^_^;))弾けないと思うんですよね。
タワシさんなら出来ると思いますよ~。
へ?「感覚」ですか?いまいちピンと来ないですが。。。
でも皆さんに「タワシ=土着民族」などといっていただいているとおり、こういうたぐいの曲は体質的にしっくり来るような気はたしかにしますね。
とはいえ、うまく弾けるかどうかはまたベルの問題でして・・・(汗)最新の日記にも書きましたが、今もろに壁にぶち当たっているところです。

>こういう曲を弾くためにタワシさんがいるんじゃないですか!完成を楽しみに待ちたいと思います。
1年後でも2年後でもいいですから、是非。
気長に待っててくれるんですね。感謝します。
なにしろ三日坊主なので、どこまでモチベーションを保ち続けられるかが最大のポイントですが、あきらめずに続けていけば亀の歩みでもそれなりに前には進んでいくのでしょうね、きっと。
[ 2012/03/01 10:22 ] [ 編集 ]

HAMLET寅さん>

はじめまして!ようこそ、わがブログへ~♪
せっかくの初コメントなのに、お返事が少し遅くなってしまいましたね。すみません。

HAMLET寅さんは今はピアノは鑑賞専門でいらっしゃるんですね。
思いがあれば今からでもやり直して見られたらいかがでしょう?
私のお友達にも「再開組」の方、けっこう多いです。皆さん、やってよかったとおっしゃっていますよ♪

水戸芸術館にいかれたのですか!茨城県民なのに、私は行ったことがないのですよ。
つくば在住なので、水戸へ行くよりはTXで東京に出るほうがずっと楽、ということもあり、県庁所在地なのになかなか足が向きませんね。

またいつでも訪問してください。お待ちしてます!
[ 2012/03/01 10:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watashiwatawashi.blog12.fc2.com/tb.php/500-850d7cca