ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

奉仕のない日曜&生ピアノでがっくりバッハ

  1. 2012.
  2. 03.
  3. 26
  4. (Mon)
  5. 10:18
タワシが今行っている教会までは、自転車で片道30分ぐらい。
昨日や今日のようにさわやかなお天気の日なら。ママチャリでのサイクリングもほどよい運動と言える距離です。
というわけで昨日は自転車で教会へ。
珍しく、ピアノの奉仕がありませんでした。ついでに聖書朗読や祈りなど他の奉仕もなく、まったく普通の会衆としての礼拝参加。こういうことはタワシにしてはかなり異例なのですが、たまにも、何のプレッシャーもなくゆったりと礼拝の恵みにあずかるのもいいものですね。

うちの教会は礼拝出席者が30~40名ですから、礼拝でピアノを弾ける奏楽者が4人もいるというのはかなり恵まれたほうだと思います。
昨日のピアノは高校生のマサ君。
マサ君は中学生でリストのカンパネラをバリバリ弾いていたほどで、クラシックはタワシとは比べ物にならないほどの腕前です。
この前の発表会ではブラームスの間奏曲、その前はベト様の熱情を弾いてたっけなあ。
コードで自由にアレンジして弾くのはまだまだこれからですが、礼拝前の「前賛美」ではバンドでベースを担当していてミミコピでかなり凝った進行も見せてますので、音感もよさそう。前途有望です!
(これまでどこの教会に行っても、ほとんど必ずタワシよりず~っとピアノのうまい人がいます。
聖歌隊には、本格的に歌の勉強した人もたいていいるし。
ヴァイオリン、フルートなどいろいろ楽器をやっている人も多いです
キリスト教会って音楽が好きで能力もある人が、集まる確率高いんですかね?)

さて。礼拝のあと、人気(ひとけ)のない礼拝堂で、誰にも聴かれないことを願いながら、受難日礼拝で弾く予定のバッハの曲を弾いてみたんですが・・・
はじめて生ピアノで弾いてみて、我ながら、あまりにひどい演奏なのにすっかり凹んでいます。
ミスタッチや音抜けが多いのはもういつものことで分かっていたんですが、音がちっとも美しくないし一拍ごとにブチブチ(生徒さんに偉そうなことを言っていたのは誰!?)まったく気持ちがこもっていないようにしか聞こえません!
聴きながら、会衆に、イエスキリストの十字架の受難を想ってもらうための演奏なのに、これじゃタワシの演奏を聴くこと自体がその場にいる人たちにとって受難になってしまいます~

思えばちょっと前まではこの曲はタワシにとって「憧れ曲」のひとつだった存在。
弾こうとおもいたってから1,2ヶ月で、そんな大事な場所で人前演奏っていうこと自体、無理がありましたね。
受難日礼拝で弾いてみたいという早計な発言を不用意にしてしまい、牧師先生の目に留まったのが、なんともはや・・・

ただスローテンポの曲で、物理的にインポッシブルというわけではありませんからね・・・まだ少し日がありますので行ける所まで行きます!

COMMENT

No title

例の曲ですね。
やっぱり持続音がポイントだと思うので、ペダルだけに頼らず指替えを使って極力レガートにつなぐのもひとつの方法かなあと。

No title

初めまして!!!
賛美歌をコード演奏でアレンジできるなんてゴイスーですねぇ~!!!
私にはとても出来ません・・・
賛美歌ってクラシック音楽の原点みたいなものですから、クラシックをアレンジして弾いているようなものでしょうねぇ~・・・
でも、日本の教会は木造で狭いので欧米の教会とは響きが全く違うのが残念ですねぇ~・・・

yogotoya さん>

そうなんですよ~ 例の曲、いまだに苦戦しています。やっぱり私には高望みだったですね~
持続音、できるだけ音価いっぱいに伸ばそうと思っても、その途中で16分音符の内声が同じ音を打鍵するので続けられない箇所が何箇所かあります(この説明で分かってもらえますか?)プロや、うまいアマチュアの演奏を聴くと、ほとんどそんなことを意識させないのですごいなあって思います。
ペダルは、私は日ごろからちょっと頼りすぎですね。指でレガートに弾く訓練のためにもできるだけノーペダルでも練習するようにしようと考えています。

@我楽多さん>

いつも、訪問ありがとうございます!これが初コメントですね。うれしいです。

>賛美歌をコード演奏でアレンジできるなんてゴイスーですねぇ~!!!
でも、どの奏楽者も実際にやっていますよ。それぞれその人のカラーもあり、実際熟練度やセンスにも差がありますけどね。
賛美歌にも昔ながらのオーソドックス(クラシカル)なものから今風のポップス調のまでいろいろあります。コードで弾くのは現代的な賛美(ワーシップとか、プレイズソングなどと呼ばれています)です。
今度受難日に弾くバッハの曲なんかはもちろん、自分で勝手にコード付けてアレンジしたりはせず、楽譜に忠実に演奏しますよ。

>日本の教会は木造で狭いので欧米の教会とは響きが全く違うのが残念ですねぇ~・・・
はい、ごく、一部のりっぱな教会を除いては、音響は悪くて機械(PA)頼みですね。前通っていた教会なんて中華料理店を改築したので音響は最低で、聖歌隊のメンバーもよく「声が会場に吸い取られていく~」などといってました。

No title

>持続音、できるだけ音価いっぱいに伸ばそうと思っても、その途中で16分音符の内声が同じ音を打鍵するので続けられない箇所が何箇所かあります

はいはい、分かります~(=^ー^=)
その音を弾いたあとまた保持すればOKですよ。
この曲はもちろんペダルなしでは弾けない曲なんですが、保持音については色んな考え方があると思います。テヌート部分(コラール)を強めに出してペダルでつないでいくやり方、ペダルも使うけど指替えも使って保持音とレガートにこだわるやり方。
コラールがコラールに聴こえればどっちでもいいと思いますが、手が小さいとしんどいですね::

yogotoya さん>

あの説明で、わかってもらえたようでよかったです。さすが夜毎屋さん!
>その音を弾いたあとまた保持すればOKですよ。
へ~え、そんなことが可能なのですか!考えても見ませんでした。とはいえ、実際にやってみようとしたら指が動きません。今度ぜひ実演してくださいね。
といっても本番前にリアルでお会いする機会がないので、たぶん、
>テヌート部分(コラール)を強めに出してペダルでつないでいくやり方
普通に、このやり方しかできないと思うんです。
問題は、コラールを目立たせようとするとどうしても乱暴な汚いフォルテになっちゃうことですね~ふぅ(ため息)。

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a