「れんしうかい」曲目発表!(切羽詰ってます…)           

来週の土曜日に都内某所で行われる「れんしうかい」。
その、「れんしうかい」のための練習(笑)が、1週間前にしては大幅に出遅れております。

タワシの演奏予定曲は次のとおり。
■フランスもの(余興の余興?)
シャンソンメドレー (巴里の屋根の下~ムーランルージュの唄~アコーディオン弾き~そして祭りは続く)
■ミニレッスン
スカルラッティ  ソナタ ハ長調 K159 (L104) ソナタ ホ長調 K380 (L23)
■あわせもの 
リーディング コンチェルト ト長調 (アンダンテさんのヴァイオリンの伴奏)

メドレーを入れたのと、ミニレッスンも1曲が短いので2曲にしたため、曲数的にはかなりありますね。
実家へ帰省して練習できない日があったりしたので、 進捗状況はかんばしくありません。
まあ、間際になってあせるのはタワシにしてはいつものこと、という声も多数ありますが・・・

ミニレッスンノスカルラッティのソナタのうち、k380は某オフ会で弾いたこともある曲です。
開始早々(10小節目)の、なんと言うことはないシンプルな左手のスケールでコケ、弾き直してやはりコケ、リピートのとき同じ場所でまたコケ、もう一度弾き直してまたまたコケ・・・と完全に蟻地獄状態8になったトラウマ曲でもあります。
リベンジ目指してがんばるのだ~!


Scarlatti - Sonata in E Major, K 380 / L 23 VICTOR GOLDBERG Piano


Irena Koblar, Scarlatti Sonata K. 159 in C major

こんな状況で、シューイチ録音、今週はどうなるんでしょうね?
ほとんど練習しないでほぼぶっつけでいいなら、何かしらアップできるかもしれませんが・・・
できる「かも」ですよ~!

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

この380って有名、、だよね?
全然違うかもしれないけど、何か小鳥のさえずりみたいですごく可愛い曲だなぁと思って。
タワシさんのイメージとはちょっと違ったけど、新鮮な感じで楽しみです。リベンジがんばれ~♪

嵐が来ると困るので、あまりマジメに本命曲ばかり練習しないでね。息抜き(=浮気)しながらギリギリまで引っ張り、華麗に本番決めちゃってください~♪笑

蟻地獄状態8って何~?8って??笑笑笑
ごめん、あまりの微妙さに何だかだんだん可笑しくなってきて、最初はスルーしようと思ったけどできない・・・笑笑笑

シャンソン、かなりかなり楽しみです。最後の曲だけYoutubeで見つけられなかった。。どんな風にまとめられたのかなぁ。

どちらの曲も初めて聴きました。タワシさんの今までのイメージとはちょっと違うような気がしましたけど、上の曲はリベンジの曲なんですね。蟻地獄かぁ…。うちの庭にいくつも開いてますよ、蟻地獄の巣。あっ関係ないか(^^ゞ

聴いている分にはどちらもさわやかな曲ですけど、特にK159の方はものすごぉく難しそうです。

同じれんしう会に行くのにタワシさんはいっぱい練習しないといけませんね(笑)でも、すごく楽しみです、シャンソンもアンサンブルもスカルラッティも。

L23

K380というよりL23としてわたくしの中では特別な曲なんです。この曲を聴くと30年前頃のほろにがい思い出がわき出てくるんですよ。
できれば自分でも弾きたいという思いだけはあるんですがトリルなどがネックでとてもじゃないけど今のところは手に負えません。
ぜひ楽しんでれんしゅうしてくださいね。そしていつか聴けるとうれしいな。

Sleepingさん>

K380は有名ですよ~♪ 
スカルラッティの曲の中で有名なものを挙げたら、確実にベスト5の中には入るでしょう。
しかもテンポも遅めで弾きやすいので、スカルラッティの入門曲として選ばれることも多いようです。(それなのにコケまくった私っていったい・・・汗)
これ やっぱり私のイメージとは違うのね~ なんかそんな気がしていました。スカルラッティ自体が私には似合わないよね。
でもまあここまで来たので、あえて似合わない曲をやってみます。そのほうが勉強になることもあるでしょ?

>蟻地獄状態8って何~?8って??笑笑笑
→これは本人にもわからないな~(爆)
誤変換ではなくて何かの弾みに触ってはいけないキーを触ったんですよ。
ピアノと同じでミスタッチが多すぎますね(恥)
それにしてもそこでそんなにウケなくてもいいんじゃ・・・?

>シャンソン、かなりかなり楽しみです。最後の曲だけYoutubeで見つけられなかった。。
YOUTUBEに音源ありますけど、タイトルが違っていたかと・・・。
私のYOUTUBEの再生履歴を見てみたんですが消えちゃっていたので、また調べておきます。
最後の曲は、実は酔っ払いが主人公の曲です。笑笑

トマトさん>

やっぱり・・・スカルラッティは私のイメージとは違うみたいですね・・・。
ビミョーな選曲をしてしまったかな?
でもこれも、何かしらの勉強にはなるでしょう。

>聴いている分にはどちらもさわやかな曲ですけど、特にK159の方はものすごぉく難しそうです。
→K159は実は耳に聴いた印象よりはずっと弾きやすい曲ですよ。私の好きな8分の6拍子なのでノリが気持ちいいです♪ といっても私はぜんぜん弾けてませんが(滝汗)
この曲もやっぱり跳躍がネックで・・・もう、運を天に任せて跳んでますよ(爆)

>同じれんしう会に行くのにタワシさんはいっぱい練習しないといけませんね(笑)
なんか、安易にシャンソンメドレーと言って、ちょっぴり後悔してたり、ね。これだけで曲数としては4曲ありますからね。
サクッと弾こうと思ってましたが、いくらクラシックではないといっても(!!)やっぱりそれなりに練習しないとマズイです。
アンサンブル(伴奏)もこのままではかなり問題ですね。アンダンテさんにせっかくご指名いただいたんですが、これではきっと私を指名したことを後悔するでしょう。そうならない程度には、がんばります!

ブライアンさん>

>K380というよりL23としてわたくしの中では特別な曲なんです。この曲を聴くと30年前頃のほろにがい思い出がわき出てくるんですよ。
→ふむふむ~。何かかなりいわくがありそうですね。
気になりますが、青春時代の思い出として大事にとっておきたいと思ってらっしゃるだろうから、野暮な詮索はしないことにします(笑)
当時は、この人のの曲はL番号で呼ぶのが慣例だったでしょう?私が学生時代買ったチッコリーニのソナタ集もそうだったですよ。学生時代、クラシック音楽は完全に聴き専門だったので、自分で弾いてみようとも思いませんでしたけどね。

>できれば自分でも弾きたいという思いだけはあるんですがトリルなどがネックでとてもじゃないけど今のところは手に負えません。
→トリルなどの装飾音は楽譜の版が違えば表記も違うくらいですし、無理してまで入れる必要はないですよ。
まったく入れないのもさびしいですが(笑)
スカルラッティの曲の中では弾き易い部類だそうなので、ぜひ実際にトライしてみてくださいませ。
私も近い将来には録音UPできるようにがんばります!

タワシさん、こんばんは。
シャンソンメドレー、いいですね^^

「そして祭りは続く」はイヴ・モンタンが(酔っ払いながら)歌っている曲ですね。
この曲はかなり昔の曲だと思います。
女性のシャンソン歌手が歌っているのは聴いたことがないです。
軽快な曲ですね^^ タワシさんがピアノでどのように表現されるのか楽しみです^^♪
アップを楽しみにしています♪

イルカさん>

この集まりはクラシック畑の人が多いので、シャンソンメドレーという選択肢はナシかな~と最初は思っていたんです。
でもアンケート?みたいなのをとってみたら シャンソンを聴きたいって人が多くて。
驚きながらも張り切って練習しています。

「そして祭りは続く」
実は私の知らなかった曲です、でもどこかで聴いたことがあるような気も・・・
当日が巴里祭の日ということで、「祭り」にちなんだ曲何かあるかなあと思って探していて見つけました。
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場