タワシの誕生日~礼拝ダブルヘッダーで奏楽!

咋日はタワシの「20歳代○○回目(爆)」バースデーでありました。
プロフの、「永遠の20代」というj表記、さ~す~が~に、冗談にしてももう限界、そろそろ書き換えなくちゃと思っております。

タワシと、ウチの教会のお誕生日は、なんと一日違い。
25年前の7月7日に、教会は産声を上げたそうです。
そんなわけで咋日は(1日遅れですが)25周年創立記念礼拝{あわせて勧士(←教会の役職の名前)就任式もあり}でした。
午前中は通常通りの礼拝があり、セレモニーは夕方4時から。
タワシは、どちらもピアノ伴奏の奉仕をさせていただきました。
聖歌隊との合わせ練習や、午後の単独練習なども含めると、かなり長い時間ピアノを弾いていたような気がします。

礼拝で歌う賛美歌は、教会によってものすごくカラーが違います。
同じクラシックといってもバロック、古典派、ロマン派、印象派、現代音楽・・・などでぜんぜん違うように。
今通っている教会は比較的オーソドックスな聖歌、賛美歌中心ですね。
楽譜はSATB(ソプラノ、アルト、テノール、バス)譜で、しっかり(=クラシックスタイルで)で書かれてます。
本当は、タワシ的には、コード譜で自由にアレンジできるプレイズソング(今ふうの賛美歌)のほうが演奏するのは得意なんですけどネ。
でもそれは弾きやすさの問題であって、曲としてはそれぞれに良さはあります。

昨日のセレモニーで弾いた3曲はいずれも古くから良く歌われている有名な賛美歌で、タワシも弾きなれているし、かなり気に入りの曲だったので助かりました。
さらに、他教会からのゲスト(牧師や信徒の皆さん)がとても力強く歌ってくださったので、逆にこちらが自然に乗っかるという気持ちで楽でしたよ。
まあ いつもぶっつけ本番のタワシにしては練習もがんばりましたし。「練習は裏切らない」ですね、やっぱり。

昨日の聖歌隊の賛美の曲です。
さかえにみちたる
↓ドイツ国歌としても有名です。

German National Anthem - Deutsche Nationalhymne ドイツ国歌斉唱
大作曲家ハイドンの名曲だけあって、堂々としてかっこいい曲ですね♪

さて、大事な神様の奉仕も無事に終えられたことだし。これからは、週末の「れんしうかい」に向けて本気モードになりますよ~!

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

タワシさんのブログを読むと、いつも勉強になるんですが、今日もまたへぇボタンを押しちゃいましたよ~~。ドイツ国家は賛美歌なんですね。それって何か問題にならないのかしら?と思ったら、いろいろゴタゴタはあるようですね。

難しい話は置いておいて、いい曲ですよね~この曲も。信徒さんの歌が力強くて、演奏が自然にのっかるなんて、弾いてて気持ち良かったでしょうね。大役お疲れさまでした。

誕生日おめでとうございます。
プロフ書き換えなくて良いですよ(^^)タワシさんはぜひ「永遠の20代」でいてください♪

ダブルヘッダーの奉仕お疲れ様でした。
この曲聴き馴染みあります。表彰式とかでよく聴きますよね。
ハイドン作曲の賛美歌なんですか。知らなかったです。堂々として良い曲ですね。

お誕生日おめでとうございます♪
永遠の20代は「永遠」なんだからずっとでいいんですよ(笑)

賛美歌と言うとどうもしずか~~な空気の中で神聖に歌うイメージがありますけど、こういう曲もきっとたくさんあるのでしょうね。
こちらはどうしても賛美歌と言うより”国歌”と言うイメージですけど(笑)
周りの皆さんがこれを歌ってタワシさんがまた伴奏すると気持ち良さそう~。

ぎゃ~~!一番大事なこと書き忘れてる。

お誕生日おめでとうございます。
夏生まれなんですね。
楽しいことでいっぱいな二十○歳でありますように…。

って…。とってつけたみたいだよね(>_<)
私ってバカァ。ごめんね、タワシさん(凹)

おめでとうございます♪

タワシさんは昨日が誕生日だったのですか!
私は今日です。
1日違いですね♪
健康で何事も無く誕生日を迎えられることに感謝です。

ハイドンのこの曲ドイツの国歌ってことは知っていましたが賛美歌とは知らなかった(ノ´▽`)ノ

タワシさん、お誕生日おめでとうございます(^^)

プロフは今のままでいいのでは☆
きっと若いですよね。腰痛もむくみもないようですし(笑)、元気なイメージがありますね。
ピアノも生き生きとしていいですよね~

ドイツの国歌なんですね。全然知りませんでした~
堂々とした讃美歌もあるんですね。

祝!20歳代○○回目のお誕生日!!!

いやぁ~目出度い!って事で!!!
しかしドイツ国歌「世界に冠たる我がドイツ」(Deutschland, Deutschland über alles)が賛美歌だったとは知りませんでした・・・
多分歌詞も違うんでしょうねぇ~・・・
賛美歌が先なのか、国歌が先なのか・・・
ん~この関係は興味がそそられますねぇ~!!!

Happy birthday☆

お誕生日おめでとうございます☆
タワシさんは20と何歳で、全然平気ですよ!
私の同僚にもずっと23歳のままの人がいるし(笑)
素敵な1年を重ねられますように♪

そうそう、こないだタワシさんの「黄金伝説」を聴いた
うちのどら息子ちゃんたちが、とっても感動していました。
こんなにかっこよく弾いてみたい!というので
「バイエル終わったら楽譜買ってあげるよ~ん♪」と
美味しいエサにしました(爆)

トマトさん>

2度のコメントありがとうございます。
まとめてレスさせてくださいね(笑)

>タワシさんのブログを読むと、いつも勉強になるんですが、今日もまたへぇボタンを押しちゃいましたよ~~。
お師匠様Sに比べたら百分の一の知識もないと思いますが、私も甥っ子同様、知ってても何の役にも立たないような雑学をたまに知っていたりします。面白ネタがあったらまた披露しますね♪
賛美歌は、やっぱり日ごろ使いますからね~書こうと思えばいろいろ話題はあります。
ひとつの曲にいくつもの歌詞がついている例とか、賛美歌になった通俗曲とか、賛美歌の中の大作曲家とか・・・。

>信徒さんの歌が力強くて、演奏が自然にのっかるなんて、弾いてて気持ち良かったでしょうね
はい、他教会からのゲストは牧師さんや役員クラスの信徒さんが多いので、賛美歌も良く知っていて大きい声で歌ってくださいます。歌をしっかり歌ってもらえるとリードメロディーを弾かなくてよくて、伴奏に徹することができるので、アレンジも幅が広がりダイナミックになりますね。

>ぎゃ~~!一番大事なこと書き忘れてる。
いえいえ、某SNSではしっかり祝っていただいたから大丈夫ですよ。
お気になさらず~v

フクママさん>

>プロフ書き換えなくて良いですよ(^^)タワシさんはぜひ「永遠の20代」でいてください♪
→おお!そうですか、それはすごくうれしいです。
それじゃ、お言葉に甘えても、う少しだけ、永遠の20代と名乗らせていただきますネ。

>この曲聴き馴染みあります。表彰式とかでよく聴きますよね。
→ワールドカップなどのスポーツ中継ではおなじみですね。
今年はオリンピックイヤーだからその放送の中でも何度か耳にするかもしれません。
もしドイツ国民だったら、この国歌が表彰式で流れるのを聴いたら絶対大感激するでしょう。表彰式にぴったり過ぎます。特に最後の4小節はシンプルながら大いに盛り上がってすばらしいです。

お誕生日おめでとうございますv-300

プロフィールを書き換えなくても「永遠の20代」でいいですよ♪
ドイツ国歌は賛美歌なのですか。とても良い歌ですね♪

> 力強く歌ってくださったので、逆にこちらが自然に乗っかるという気持ちで楽でしたよ。
→ ピアノを長い時間練習をされたようでタワシさんの伴奏が歌いやすかったこともあるでしょうね。

お誕生日おめでとう

私はタワシさん お誕生日おめでとうございます 〇(>∀<)〇オメデト~~
私はタワシさんは、私と同じ20代だと信じてますよv-291
教会で伴奏される私はタワシさんを、私はいつも尊敬しておりますv-345
ドイツ国歌がハイドン作曲とは、知りませんでしたぁ f^_^;

ではまた☆

らべんだ~さん>

>永遠の20代は「永遠」なんだからずっとでいいんですよ(笑)
→おお~なんとうれしい!この意見が多数派なのでもうちょっと「永遠の20代」で粘りますよ!
それにふさわしい外見・・・とはどう転んでも無理ですが、内面と、できればピアノの演奏は、ずっといつまでも若々しくいたいなあ♪

>賛美歌と言うとどうもしずか~~な空気の中で神聖に歌うイメージがありますけど、こういう曲もきっとたくさんあるのでしょうね。
こちらはどうしても賛美歌と言うより”国歌”と言うイメージですけど(笑)
→実際のところ静かに荘厳に歌う賛美歌は、私の経験ではそんなに多くはないです。
教会によってもぜんぜん雰囲気違うと思いますが。
個人的にはこういう堂々とした曲のほうが好きです(やっぱりオトコマエ?)

kazkolineさん>

へ~え 私とはお誕生日一日違いなのですか!これでばっちり覚えましたよ。一日遅れになってしまいましたがkazkolineさんもお誕生日おめでとうございます☆

やっぱりドイツ国家のイメージ強いですよね。
ワールドカップなどのスポーツ中継でもおなじみですものね。
でも賛美歌としても長い歴史がある曲なんです。
この曲が賛美歌だなんて、普通は。教会にいってはじめて知ることですけどね。

白チェブさん>

>プロフは今のままでいいのでは☆
きっと若いですよね。腰痛もむくみもないようですし(笑)、元気なイメージがありますね。
ピアノも生き生きとしていいですよね~
→ありがとうございます。絶対的多数(!?)の皆様のご意見により、プロフは当分のあいだ今のままでいこう思います。
元気なイメージですか?でも年相応に、あちこち、がたは来ていますよ(涙)
ピアノは必死に若作り(!?)しています。個人的に、若々しくみずみずしい演奏が好きなようです。そういう好みが演奏にも出るのかもしれませんね。
でも・・・暗譜ができない、知っている曲なのに途中で急に度忘れする、など、指よりむしろアタマのほうが、老化をひしひしと感じています(汗)

@我楽多さん>

ありがとうございます。誕生日はいくつになっても、やっぱりめでたいということにしておきましょう(爆)

>多分歌詞も違うんでしょうねぇ~・・・
賛美歌が先なのか、国歌が先なのか・・・
ん~この関係は興味がそそられますねぇ~!!!
→もちろん国家と賛美歌では歌詞がぜんぜん違います
国家の歌詞はこちらに載ってます
http://www.worldfolksong.com/anthem/lyrics/germany.htm
賛美歌の歌詞はこちら
http://www.worldfolksong.com/classical/hymn/glorious-things.html
もともとは、オーストリアの皇帝フランツをたたえる曲として作曲されたんですね。さらに ハイドン自身が弦楽四重奏曲「皇帝」:の中にこの曲を取り入れたりもしています。

のんびりくろねこさん>

ちょっとお久しぶりです。
くろねこさんも、お元気でピアノもがんばっておられるようで、何よりです♪
くろねこさんは私よりずっと若々しいですよ、くろねこさんこそ永遠の20代といっても何の問題もなさそうです。


そうそう、こないだタワシさんの「黄金伝説」を聴いた
うちのどら息子ちゃんたちが、とっても感動していました。
こんなにかっこよく弾いてみたい!というので
「バイエル終わったら楽譜買ってあげるよ~ん♪」と
美味しいエサにしました(爆)
→あわわ~あんなにやっつけ仕事の演奏を、お子さんたちに聴かせるなんてだめだめだめ~!
探せばYOUTUBEなどにもちゃんとした演奏が載っていると思いますよ!それにしてもお子様たち、近い将来が楽しみですね!

イルカさん>

>プロフィールを書き換えなくても「永遠の20代」でいいですよ♪
また「書き換えなくてもいい」に1票入りましたね。
うれしいです。
現実の生活の中でトシを実感することが多くなりましたが、それだけブログの世界でくらい、いつまでも若々しくいたいなと思いますので、このままで行くつもりです。

>ピアノを長い時間練習をされたようでタワシさんの伴奏が歌いやすかったこともあるでしょうね
やっぱり伴奏は歌いやすいことが一番ですよね。
歌う人の気持ちになって自然に乗っかりやすい伴奏をこころがけてはいるんですが。
この日は割と長い時間まとまって練習しました。
でも礼拝も祈祷会もほとんどぶっつけ本番ということが多すぎて反省してます。

かほりさん>

>私はタワシさんは、私と同じ20代だと信じてますよ
本物(!!)の20代のかほりさんに、そういっていただけてうれしいです。
プロフ 書き換えしないで行きますね!
気持ちだけでも「永遠の20代」という看板に偽りなしとなれるようがんばります。

>教会で伴奏される私はタワシさんを、私はいつも尊敬しております
練習も祈りも足りなすぎで、お世辞にも模範的な奏楽者とはいえませんが・・・
こころ優しい教会の皆様に、あたたかく見守っていただいてます。
感謝なことですね~
プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

フリーエリア
ただいま練習中!
<8月4日> ♪4つのロマンティックな小品第1番(伴奏)(ドヴォルザーク) ♪シチリアーノ(モシュコフスキ) ♪20の小練習曲より第10番(モシュコフスキ) ♪アルザス舞曲(トーメ)
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
人気ブログランキング

ピアノランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
(ページビュー)アクセスランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon
楽天市場