タワシメドレー、三たび?

前記事に書いたとおり、次回の「人前演奏」ではバッハのトランスクリプション(編曲モノ)を弾く予定のタワシですが、それと平行して11月の「本番おんそうず(?)」(笑)の選曲と練習にもそろそろ取り掛からなければならない時期です。
予想外の好評をいただいた「ナポリターナ・メドレー」に磨きをかけて(というほど、光ってもいませんが)おんそうずでも再度かける、という選択肢もあったのですが、できれば違う曲で、新鮮な気持ちで、臨みたい・・・
というわけで、ここ数日、またまた、選曲作業に精を出しておりました。
そして、具体的な曲目は決まらないながら、今回のおんそうずでも、やっぱりメドレーをやりたい、という気持ちだけは固まりました。
第1回おんそうずのシャンソン・メドレー、前回のナポリターナ・メドレーについで3度目?
(ああ、その間に「れんしうかい」でも一度シャンソンメドレーやりましたね。
フランスもの縛りの前座タイム、ラヴェルもドビュッシーもフォーレも弾けないタワシの選択は、やっぱりシャンソンでした)

そもそもタワシがメドレーを弾くようになった動機はとても不純です。
みんなが弾くような、正統派クラシックの大曲を弾けないから。
以前あるサークルで、一人当たりの持ち時間は10分だけど、2曲以上あわせて10分以内というのは不可、というルールのところがありました。こうなると小品ばかりレパにしているタワシは他の人の半分以下、下手をすると3分の1くらいしかピアノが弾けず、さすがに少々残念な思いをしていたのです。(時間が余れば二巡目以降もあるとことでしたが・・・)
そんな中、ある人がメドレーを演奏して、持ち時間をフルに活用しているのを目の当たりにしました。
ああ、この手があったか!演奏時間1,2分という、ささやか~な小品のレパばかりが豊富なタワシにはうってつけかも。
とまあ、こんな次第で、メドレーという演奏スタイルに目をつけるようになったわけです。

人前での初のメドレーは、第1回おんそうずでシャンソン3曲を弾いたときです。
でも今思えばこれはちゃんとしたメドレーにはなっていませんでした。3つの曲をただ次々と切れ目なく弾いただけ。
そのときに比べたら今回のナポリターナ・メドレーはタワシなりに大いに進歩したと思います。
選曲の段階から、曲のテーマ、曲調、調性などいろんなことを考えながら、曲目と演奏順序を考えました。
終曲の「チリビリビン」では、メドレーの最後を華やかに飾りたくて、かなりアレンジを加えたりもしました。(演奏技術がアイディアについていかずミス連発で残念な結果にはなりましたが・・・汗)

11月のおんそうずも、メドレーで臨みたい、と某SNSのほうでつぶやいたら、あっという間に、たくさんの「イイネ!」がついていましたので、これは実行あるのみ、という結論に達しました。
何のメドレーにするかさえ決まっていませんが、タワシのメドレータイムが「一粒で何度でも美味しい」時間となることを目指し、精進します!

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

No title

こんにちわ。
昨日は、ご訪問ありがとうございました。

過去の思い出や、今の思いで頭いっぱいの状態でコメント返しをしてしまった為、読み返すと、せっかく頂いたタワシさんのコメントのお返事に、全くなっていませんでした。(滝汗)。 
これからも、一直線に暴走する事、大ありだと思いますが、どうかお付き合いよろしくお願い致します。

>メドレーという演奏スタイルに目をつけるようになったわけです

教会やオフ会・・・人前演奏を積極的に楽しんでおられるのですね。 
私はいつも逃げていましたが、新しい先生に変わったのをきっかけに、与えられた機会は全て挑戦してみようかなと、再出発に燃えています(笑)。
メドレーという程ではありませんが、2曲続けて人前演奏をした事があります。
続けて2曲弾けば良いだけと甘く考えていましたが、2曲1セットで1つの舞台を作らないといけないと教わり、どのような不雰囲気で弾き分けるか、かなり苦しみました。

習えば習うほど、知らない事ばかりだと感じています。

すももさん>

こんにちは。コメントありがとうございます♪

>過去の思い出や、今の思いで頭いっぱいの状態でコメント返しをしてしまった為、読み返すと、せっかく頂いたタワシさんのコメントのお返事に、全くなっていませんでした。(滝汗)。 
これからも、一直線に暴走する事、大ありだと思いますが、どうかお付き合いよろしくお願い致します。
→いえいえ~お気になさらず。
「暴走」だなんて思いませんが、一直線に突き進めるのはそれだけピアノ愛が強いってことでしょう。
こちらこそ今後ともお付き合いよろしくです。

>メドレーという程ではありませんが、2曲続けて人前演奏をした事があります。
続けて2曲弾けば良いだけと甘く考えていましたが、2曲1セットで1つの舞台を作らないといけないと教わり、どのような不雰囲気で弾き分けるか、かなり苦しみました。
→メドレーってただ漠然と曲をつなげればいいと思われがちですが、音楽的に魅力的な演奏にするためにはいろいろ考えるべきこと、やるべきことがありますよね。
いろんな雰囲気を弾き分けるのは難しくもあるけれど楽しくもあるところです。
すももさんも、お暇なときにでも自由にいろんな曲をメドレーに仕立ててみると楽しいですよ~
非公開コメント

        
*プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者もつとめています。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*カテゴリ
        
*月別アーカイブ
        
*フリーエリア
        
*ただいま練習中!
<6月11日> ♪詩人の魂(トレネ) ♪マリウ、愛の言葉を(ビクシオ) ♪ダイアモンドの雨(ワルトトイフェル) ♪Let us Serve Him(Don Besig)(聖歌隊の伴奏)
        
*にほんブログ村
        
*人気ブログランキング
        
*FC2ブログランキング
        
*FC2カウンター
        
*(ページビュー)アクセスランキング
        
*リンク
        
*カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
        
*TWITTER
        
*メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

        
*amazon
        
*楽天市場