ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

<今週の録音>モロイ「懐かしき愛の歌」

  1. 2012.
  2. 10.
  3. 12
  4. (Fri)
  5. 22:27
先週はキューブホールでのライブ録音をアップしたため、シューイチを初めて休ませていただきましたが、今週からまたいつものペースに戻ります!

今日は、アイルランドの作曲家モロイ(James Lynam Molloy 1837-1909)作曲の「懐かしき愛の歌」(Love's old sweet song)を弾いてみました。
「純クラシック」というよりは大衆歌謡に属するような曲ですので、ちょっと気分を変えるためにエレピの音色にしてあります。

モロイといえば以前、1年ほど前に、やはりこの人の作品である「ケリーダンス」を弾いてYouTubeにアップしました。
The Kerry dance
これが意外と好評で今でも時々リクエストいただきます。

今回の「懐かしき愛の歌」は「ケリーダンス」よりも知名度の点では一歩リードしていると思われます。
このひとは、こういう郷愁をそそる系の曲が好きなのかなあ。
が、なにぶんにも手持ちの楽譜が、ことごとく、ひどいアレンジでガックリでした。
ケリーダンスのときはほとんど楽譜どおり弾いていたんですが、これはちょっと・・・
というわけで、昔どこかで聴いた演奏のおぼろげな記憶に、あとは例によって「適当アレンジ」を交えて演奏しました。
タワシは決してアレンジの才能があるとは思いませんけど、それでもこの楽譜のアレンジには勝っている!とひそかに思っています(笑)
そのアレンジの演奏も聴きたかったですか? 実はちょっとトライしてみたのですけど、技術的には弾けそうなのですが、コードワークが不自然なものだから、ムダに難しくて・・・無理ですわ~(苦笑)


[VOON] モロイ 懐かしき愛の歌

COMMENT

本当に とても懐かしい

タワシさま
この曲 懐かしいです
昔 子供のころテレビの番組合間に よく流れていました
地方局だったと思いますが、なんという曲かも知らなかったけれど「懐かしき愛の歌」という曲なんですね
今聴いていて 当時の記憶がよみがえりました
素朴で温かい感じで好きです、後半の部分が特に良いですね
モロイ という名前も初めて知りました
過去の曲も みてみますね
タワシさんのおかげで 本当に 音楽の世界がひろがります、ありがとうございます

バッハっはさん>

>この曲 懐かしいです
昔 子供のころテレビの番組合間に よく流れていました
地方局だったと思いますが、なんという曲かも知らなかったけれど「懐かしき愛の歌」という曲なんですね
今聴いていて 当時の記憶がよみがえりました
→そうでしたか!バッハっはさんにとって、まさに曲のタイトルどおりだったんですね。
思い出の曲のタイトルが判明するのに、お役に立ててよかったです。

>素朴で温かい感じで好きです、後半の部分が特に良いですね
モロイ という名前も初めて知りました
過去の曲も みてみますね
→後半の部分はゆったりしたワルツになるんですね。拍子の変化が効果を挙げていると思います。
モロイという人はこういう路線の、歌曲、というか大衆曲で、歴史に名前をかろうじて(?)残しているようなので、クラシック音楽のファンでも知らない人は多いと思います。
ケリーダンスも郷愁を誘ういい曲ですので、ぜひ聴いてみてくださいね~

No title

おはようございます(゜▽゜)ノ

モ、モロイ?名前は聞いたことないですが、
この曲は聞いたことあるような...無いような(笑)

優しさと温かみのある曲・演奏で素敵です.+゜
何度も繰り返し聴かせて頂いてます(^ω^)

ナポリターナ・メドレーの録音も繰り返し聴かせて頂きましたが、
タワシさんのアレンジはなじみやすくて、曲の本質をうまく
出してあげてるところに才能を感じます+(・`ω・´)

No title

この曲聴いたことあります(^^)/
はじめの部分聴くと後は自然に歌えました。何ででしょう。音楽の授業で習った?
タワシさんのアレンジは素直に耳に入ってきました。
どうせならそのひどいアレンジも聴いてみたかったかな^^;

No title

拝聴しました~!!
先のコメントにもありますように、
優しさと温かみのある、ほんわかする演奏ですね。
エレピの音で一層ぬくもりが増すのでしょうか。

この曲は、私は初めて聴きました。
でも、懐かしさがあります。
とてもステキな演奏です。

空苑さん>

こんばんわ~

>モ、モロイ?名前は聞いたことないですが、
この曲は聞いたことあるような...無いような(笑)
→作曲家としてはマイナーな存在の人ですから、ご存じなくてもまったく恥ずかしくはないですよ。
この曲は結構いろんなCDに入ってたりします。たぶんはっきりとは記憶になくてもどこかで耳にしているはずですよ~。

>優しさと温かみのある曲・演奏で素敵です.+゜
何度も繰り返し聴かせて頂いてます(^ω^)
→おお~!リピートして聴いて下さっているんですね。感激です!
優しさと温かみはこの曲のテーマでしょう。つたない演奏ですがその辺のところ感じ取っていただけて幸いです。

>ナポリターナ・メドレーの録音も繰り返し聴かせて頂きましたが、
タワシさんのアレンジはなじみやすくて、曲の本質をうまく
出してあげてるところに才能を感じます+(・`ω・´)
→私のアレンジ、独創性はちっともないんですけどね。まあその分、それぞれの曲の持つ「らしさ」みたいなものを自然にあらわしたいと思っています。
自分では、基本的にシンプルで素直な編曲だと自己評価してます。凝ったこともしませんから、特別な才能は要らないんですよ~

フクママさん>

>この曲聴いたことあります(^^)/
はじめの部分聴くと後は自然に歌えました。何ででしょう。音楽の授業で習った?
→おお、フクママさんはこの曲ご存知でしたか?
音楽の教科書に載っていたかなあ?ちょっと記憶にないのですが、載っていても不思議はないですね。自然に歌えたのなら、その確率高いです。

>タワシさんのアレンジは素直に耳に入ってきました。
どうせならそのひどいアレンジも聴いてみたかったかな^^;
→シンプルで素直なアレンジをモットーとしてますからね。(特別な才能があるわけじゃないから、そういうアレンジしかできないのです)
手持ちの楽譜に載っているイケてないアレンジ。ひどいアレンジといってしまってはさすがに言いすぎかなあ~でもやっぱり、あまりにもしっくり来ない箇所が多いんですよね~
聴いてみたいという声にお答えすべく、さっきもう一度練習してみたんですが、イントロからしてすごく不自然なので、譜面づらはやさしいのにめっちゃ弾きにくい。ごめんなさい無理です!

No title

タワシさん♪
リンク貼らせてもらいましたよ~!!
相互リンクでヨロシク(*^^)v

また、お邪魔しまぁす♪

LLganzoさん>

お忙しい中、2度のコメントありがとうございます。

相互リンク承諾、嬉しいです!早速私のほうも貼らせていただいてますよ~ん♪

>拝聴しました~!!
先のコメントにもありますように、
優しさと温かみのある、ほんわかする演奏ですね。
エレピの音で一層ぬくもりが増すのでしょうか。
→歌詞の内容も曲調もまさに優しさと温かみにあふれてますよね。そのイメージを大事に弾いてみました。
エレピの音色、よかったですか。もっと華やかでキラキラした感じのエレピ音もあるのですけど、今回使ったのはエレピ音でも少し落ち着いた感じの音です。この音に、懐かしさをそそられるのはなぜでしょうね。
私は結構こういう「なつかし路線」の曲が好きだったりします。シューイチ録音でも時々取り上げていこうと思っていますので聴いてやってくださいね!

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a