ようこそ!タワシワールドへ♪

{やさしい曲を美しく弾く!}が目標。ぶきっちょな独学アマチュアピアノ弾きの日々。

歌え!左手くん!~シューマン「ふたりの兵士」

  1. 2012.
  2. 10.
  3. 15
  4. (Mon)
  5. 07:45
相変わらず、ピアノの正統派レパートリーに真面目に取り組む気にはなれなくて、歌モノの曲集(「世界名歌110曲集」やら「独唱名曲80番」やら)を、弾きあさっている時間のほうが長いタワシです。
歌モノはサイズがコンパクトなものが多いので、シューイチ録音にもぴったりだし、この前のナポリターナメドレーにみたいに何曲か束ねてメドレーにすることもできる。
前回記事の「懐かしい愛の歌」のようにいただけない伴奏の楽譜もたまにあるけど、そんなときは発想の転換をして自分でアレンジするための「教材」にしちゃえばいいのです。
というわけでこれからも歌モノはいっぱい弾くと思います。

昨日も「世界名歌110曲集」の楽譜は活躍しておりました。
世界名歌110曲集(1)世界名歌110曲集(1)
(2005/02/01)
全音楽譜出版社出版部

商品詳細を見る


その中にシューマンの「ふたりの兵士」という曲があり(「二人の擲弾兵」という表記のものもあります)、これは前にも一度ピアノソロバージョンで弾く練習をしていたのですが、中途半端なまま終わっていたのを、またやり直したいと思い、最近ちょくちょく弾いています。
シューマンの歌曲の中で最も人気のあるもののひとつだそうですが、芸術的というより通俗的に書かれていると言われてます。たしかに・・・納得です!ドラマティックで非常にわかりやすい曲ですものね。
(だいぶ昔のことですが、この曲をピアノの発表会で弾いていた人がいたんです。ピアノソロ用の編曲が出ているのかな。でもタワシは自己流アレンジでわが道を行きますよ~v)

原曲の途中、伴奏だけが3連符になる箇所があります。右手の4、5の指でメロディをとりながら1~3の指で3連ぴの伴奏音形を弾く、という方法も考えられるのですが、片手でポリリズムを弾くのはタワシの技量では非常に難しいということが判明しました(涙)
なので左手に旋律を移し、右手は伴奏符の譜面どおり3連符を刻むというアレンジを採用することにしました。
このアレンジだと、左手でどれだけ歌うことができるかが勝負です!
しょっちゅうお話していますが、タワシの左手くんは本当に鈍感で運動神経も発達していない困ったちゃんです。
この曲では、問題の箇所の前に、似たようなパッセージを右手で弾くところがあるのですが、そこは表情豊かに弾くのにそんなに苦労はしません。それだけに比較されると左手の弱いのが一目(一聴?)瞭然でつらいところです。

右手と同じ程度に敏捷に動いてほしいというのももちろんですが(タワシの右手が敏捷に動けるという意味ではありません、あくまで自分比で、ってことです)それ以上に、右手と同じように思いっきり歌える左手になってほしいのです。
これでも昔に比べたらだいぶマシにはなりましたが、やはり右手との差はまだまだ大きいですよね。強弱とかつけられないわけではないんだけど、カメラの画素数がぜんぜん違うという感じで・・・
もっともっとガンバレ左手くん!
そのためにはやっぱりバッハなどのポリフォニー音楽を真面目に地味練するのがいいんだろうな。片手ずつの、ゆっくり練習とかでね。
(れんしうかいで教わった地味練、ひところは一生懸命やっていたんですよ。雪が降るとか嵐が来るとかさんざん言われながらも(爆)
でもコンサート直前にで本番の曲目に集中しなくてはならなくなり、それ以来ご無沙汰しております。
復活させねば!)


Hans Hotter sings Schumann: Die Beiden Grenadiere

COMMENT

No title

タワシさんって左手、アホ左手なのかな?
全然、そんな風に思った事ないですけどね。
でも旋律は大体、右手に来るパターンが誰でも多いから左手があまり目立たないのかな?
私のアホ左手に比べたら比べ物にならないぐらいお利口左手だと思いますけどね。
私の場合、ホント、脳の指令が全然伝わらないんですよね。
右手と比べると鍵盤を押さえてる感覚も別の人の手みたいに違うし。
全然自由が利かないんです。
こういうのってタワシさんのバッハ大先生の地味練とかで改善されるのでしょうか?
どっちみち何か左手を意識する曲を弾かないとたぶん成長しないのででしょうね。

この動画の出だしの前奏から「おっタワシさんだ」って思うほどタワシさんの曲だなぁ。
うっかりタワシさんが弾いてるのかと・・笑
歌曲たくさんやるなら一曲ぐらい歌もつけちゃうのはど~お?
歌って苦手だっけ?

No title

タワシさんは右手素晴らしく歌えますからねえ。それに比べたら左手は歌えないって思うでしょうが、きっとみなさん同じでしょうね。
自分の右手と左手を比べれば明らかに右手の方が動くし脳からの指示も伝わるでしょうし。それを考えれば左手は倍の練習をしなきゃないんでしょうね。
ちなみに左ききの人は右が苦手なのかな?とちょっと疑問に思いました^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

らべんだ~さん>

>タワシさんって左手、アホ左手なのかな?
全然、そんな風に思った事ないですけどね。
→たぶん、選曲の段階で左手が難しそうなのは徹底的に排除しているから、あまり気づかないんですよ。
たまにバッハとか弾くと、ごまかしようがないので恥をかきます。

>私の場合、ホント、脳の指令が全然伝わらないんですよね。
右手と比べると鍵盤を押さえてる感覚も別の人の手みたいに違うし。
全然自由が利かないんです。
→右利きの人は多かれ少なかれそんな面はあると思いますが、脳の指令がぜんぜん伝わらないのは困りますね。
(ただ、らべんだ~さんの演奏を聴いてても、そんなことぜんぜん感じられないので安心してねv)
神経の伝達経路のどこかを刺激すると良くなるのかな~
ツボとかがあるなら私もぜひぜひ知りたいものです。

>この動画の出だしの前奏から「おっタワシさんだ」って思うほどタワシさんの曲だなぁ。
うっかりタワシさんが弾いてるのかと・・笑
→そっか~私はやっぱりまだまだオトコマエ路線のイメージなのですね。
第1回おんそうずで弾いた「ヤマト」がすべての始まりだったりして・・・(笑)
>歌曲たくさんやるなら一曲ぐらい歌もつけちゃうのはど~お?
歌って苦手だっけ?
→クラシックはめったに弾き語りってしないですよ。
それにこの曲はやっぱり男声が絶対イイ!
そうそう、シューベルトの「魔王」の弾き語りを得意にしているひとがいるらしいの。スゴイ!一度聴いてみたいよね~

フクママさん>

>タワシさんは右手素晴らしく歌えますからねえ。それに比べたら左手は歌えないって思うでしょうが、きっとみなさん同じでしょうね。
→いやいや~右手だってまだまだですよ。でも左手と比べたら断然歌えるでしょうね。
右利きの人はみんな同じように悩むのでしょうか。

>自分の右手と左手を比べれば明らかに右手の方が動くし脳からの指示も伝わるでしょうし。それを考えれば左手は倍の練習をしなきゃないんでしょうね。
→倍の練習!?無理無理!そんなの毎日やっていたらピアノ弾くことじたい嫌いになりそうです。
片手練習、ゆっくり練習などの地味練が、とにかく苦手な私ですからね・・・
でもそれが日々コンスタントにできたら、それ相応の効果はあると思います。

>ちなみに左ききの人は右が苦手なのかな?とちょっと疑問に思いました^^;
→左ききの人にきいてみたいですね。
ちなみに私のポピュラーピアノの生徒さんで左利きの人がいますが、左手の音が大きくなりがちなのが問題ですけど、右手が苦手とか大変とか行っていたのは聞いたことがありませね。

鍵コメさん>

お久しぶりです。
心のこもったコメント、感謝します。
こまやかなお心遣い、とてもうれしかったです。
のちほど、またそちらのほうに伺いますね。

右利きのほうが有利では・・・

私は左利きで一応右も使いますが 基本的に不器用です。
(世の中は全てにおいて右利き用ですから・・・)

ピアノにおいても 主旋律はほぼ右手ですから
伴奏の内声が大きくなりがちな私は やはりバランスに苦労してます。
(といってもアラフォーで始めたので、そもそもが初心者なのです)

最近事情によりハープを習い始めまして・・・(ピアノじゃない話ですみません)、
ハープは形状的に左右どちらでやってもOKなので、試にやってみたら
断然左のほうが良い音が出せることがわかりました。
それがわかってからはハープの先生は まず左で弾かせて感覚をつかんでから、
そのまま右に同じことを反復させるようになりました。
そうすると、いきなり右でやるよりは ちょっとはましな音になるのです。

これを ピアノでも応用できれば良いのですけどね・・・
通常の右が旋律で左が地味な伴奏の場合とか やはり右利きのほうが断然有利ではないでしょうか。
逆に低音主旋律で高音が伴奏の曲があれば 違うかもしれません・・。





ものぐささん>

はじめまして!(ですよね?)
左利きの方からの貴重なコメント、感謝します!
やはりバランスで苦労されているのですね。
左手がメロディー、右手が伴奏というパターンは、圧倒的に少ないですから、やはり一般的には右利きのほうが有利でしょうか。

ハープを演奏されるんですか!
ピアノははっきり言って猫も杓子も引くような(!?)ありふれた趣味ですが、ハープを弾ける人ってすごく珍しいでしょう?
左右逆に練習できるというのは目からうろこでしたが、たしかに形状的には可能ですね。
しかしその練習方法をピアノで応用するのはちょっと難しいですかね~。
左右交差させて弾くという手がないわけでもないですが、私は実はそれもかなり苦手なんです・・・(苦手なことばっかり!)

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

私はタワシ

Author:私はタワシ
ぶきっちょな独学のアマチュアピアノ弾き。デジピ族。一応女性。
クラシックピアノの王道からは外れまくりですが、自由気ままなピアノライフを楽しんでます。
特技は捏造、ミスタッチ量産。
プロテスタント教会で奏楽者(礼拝讃美歌や聖歌隊の特別讃美の伴奏)をつとめています。
笛も好きで、時々リコーダーやオカリナなどを吹いて遊んでます。
これまでの経歴など、詳しくは当ブログの「自己紹介」カテゴリの記事を参照してください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

side menu(2)

今日の練習メニュー

<10月14日> ♪4つのロマンチックな小品・第1曲&第2曲(ドヴォルザーク) ♪タイスの瞑想曲((マスネ) ♪愛の挨拶(エルガー) ♪朝の歌(同) ※以上、伴奏 ♪子供のためのアルバムより、バルカローレ、ロシア行進曲(シャミナード)

にほんブログ村

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

(ページビュー)アクセスランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

TWITTER

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

amazon

楽天市場

Powered By FC2 blog

【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template:candy-color_a